オリンパスのe-300を使ってましたが買い換えてしまいました。e-300より失敗が少なく、よりカメラまかせできれいに撮れます。交換レンズの数が多く手ごろなレンズが多いのも非常に良いです。.

今では古臭さは否めないが、購入当初レンズキット込で15万円はしていた。最新機に比べ画素数は少ないもののa3印刷迄なら今でも充分通用する高画質。バッテリの持ちも非常に良く今でも現役で使っている。ニコンは名機ニコンf以来、マウント変更をしてないので、フィルムカメラ時代からの膨大なレンズが殆ど使える。特に望遠系はデジタルではめったに味わえない想像を絶する世界が広がる。全てマニュアルになるが、三脚を立て絞込み且シャッター速度を調整すればピンボケの無いカチッとした写真が撮れる。デジタルなので何度も試し撮りが可能で、今では高価になったフィルムの露出の検証等に使える…これはもう絶対手放せないぞ!。.

かつて持っていたコンデジから1眼レフへと移行するため、機種はいくつか候補をしぼっていました。購入時、10万以内の予算で考えていて、合致するのはこのd50に、canon eos kissデジタルの数種類。大手家電店でもd50とeos kissnは1万程度の価格差だったと思います。eos kissnはd50よりも新しく、画素数も800万画素、d50は610万画素でした。軽さも、eos kissの方が若干小さめで、なおかつ評判通りの軽さでした。ニコンのカメラは銀塩の時代から重いイメージがありますが、やはりちょっとだけ重いかなという感じ。でも、この手の一眼レフとしては、ニコンの中ではかなり軽量な方だと感じました。「シャッタースピード」は、他とはそんなに体感的な差は感じません。そんなシビアな写真を撮る必要がないので、そこはほどほどに早ければいいかなという程度。しかし、サンプル品を見て、結局d50を選択しました。決め手は、b4やa3以上のプリントをする必要がなければ、1000万画素はむしろ情報が多すぎてpc再生が重くなってしまう(一般で使う分には600万画素でも充分)という店員さんの助言と、店頭のサンプル品を見た時の、汚れ具合でした。ニコンはさすが、あとは、ボタンなどの部分の作りが、他機種に比べて安っぽくないと言うか、デザイン性が高く、パーツの材質も丈夫そうで、たくさんのお客さんの手に触れられても色落ちも傷もあまりなさそうでした。それで、18〜55mmレンズキット購入を決めました。ニコンは黒、というイメージですが、僕はサンプル品にあったシルバーを選択しました。写真だと白っぽいシルバーなのですが、実際はちょっとシャンパンゴールドっぽい感じでした。実際使うと、たしかに若干重いものの、操作性は抜群ですね。.

買いました。d70に比べて若干コンパクトになったがホールド感はいい!レンズの性能も申し分ないが、d70のレンズに比べて見かけが安っぽい気がする。どうせなら同じレンズを採用してほしかった。.

 代々NIKONのカメラを使っているので、買ってみました。 まず、ライバルの一眼デジカメよりも大きいので、逆に持ちやすいです。デジカメの良いところのパシャパシャ撮れる手軽さと、一眼レフカメラの目で見たままの映像と撮った画像が一致する良さが合わさっています。しかも、デジカメだから、容量にまかせて、何枚でも撮り直せます。その手軽さから、思わず、写真を撮りに行ってしまいます。 カメラ初心者にもお勧めできます。手軽に、一眼を味わえる良いカメラです。.

 このカメラ、ママカメを意識している割にはやや大柄で、グリップ部分も大きめに作られています。しかし、このサイズは意外と持ちやすく手の大きな私にはピッタリでした。このレンズキットの場合、片手だけで撮影が可能なほどホールド感は優れています。女性ユーザーを意識しているとは言っても、多分国際的サイズのママカメなのでしょう。 このキットのレンズはやや細身でとても軽くできています。レンズをかなりせり出しても重量バランスがボディ寄りになるため、前述のホールド感の良さに貢献しているようです。シャッター音は軽快でなかなか良い感じです。最近の低価格デジタル一眼レフの傾向ですが、キスデジやd70と同様に軽量化とコストダウンをかねてミラー式のファインダーになっています。しかし、特に使用上の不都合がでることはありません。 ccd撮像素子はaps-cサイズですが、キヤノンのcmos素子よりもやや大きめのため35mmフィルム換算で焦点距離1. 6倍)換算になります。このため18~55mmのレンズキットはキヤノンよりもやや広角寄りに使えるのが嬉しいところです。値段的にはキヤノンよりもかなり優位にいます。画質的にはニコンのデジタルカメラの中で最も優れたものと思います。風格はあまりありませんが結構良くできたカメラとレンズです。.

Nikon D50 ブラック デジタル一眼レフカメラ レンズキット〔AF-S DX ズームニッコール ED 18~55mm F3.5~5.6G〕

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • B0009VDOD0

今年の5月に兄夫婦の結婚式用に。。ちょうどいいタイミングと購入しました。その後、妊娠がわかり秋には、なんと私も結婚。プロカメラマンには頼まず簡単な説明を家族にして、バシバシ撮ってもらったのですがなかなか良く撮れてました!自分の結婚式でも思いがけず役立ってしまいました。来年も生まれてくる子をバシバシ撮るつもりですので引き続き、大活躍の予感です。カンタンに操作できるので、買って良かったな〜と思います。.

素晴らしいカメラです。シャッター音が好きで、ずっと使ってます。レンズを色々使い分けると、これ一台で十分、という気になります。独特の大きさと重さも好きです。一生使うかも。。。.

シャッター音すごくいいし小さすぎないサイズでグリップ感いいです。AFレンズで使う限りはccdのせいか発色もいいし今でも不満ないですね。ただしオールドレンズ遊びにはも向いてないです、ファインダー倍率が小さいのとニコン共通ですが自動露出が効かないので。壊れるまでAF用として使うつもりです。.

会社のデジカメを更新することになり、限られた予算で検討したところd50レンズキットに決まりました。本当は、私個人のデジタル一眼がeos 20dのため、同じキャノンのeos kissのレンズキットにしたかったのですが、予算的に合いませんでした。まずd50を手にとって感じたのは、一眼レフでありながら、コンパクトでグリップ感は良いという印象です。600万画素という画素数は、最近のデジタル一眼では物足りないように感じられますが、同じ画素数帯のコンパクト・デジカメと比較した場合、写りは格段に良いです。これはコンパクト・デジカメよりも面積が広いccdを搭載できるという一眼レフならではの強みでしょう。また、メニューの言語がマルチというのも、ユーザーとして有難いです。私の会社は、中国人社員もいるため、中国語のメニュー表示はとても便利です。ところで、気になった点を上げさせてもらえば、eos 20dと比較して、コストを抑えた設計が随所に感じられます。まあ、だからこの価格が実現できたとも言え、欠点とは言えませんがeosユーザからすればちょっと気になります。また、撮影された画像は、eosと比較して少し赤みがかって温かみがある印象です。反対にいえば、d50と比較してeosが少し青みがかって冷たい感じがするかもしれません。この辺は好みの問題かと思います。とにかく、廉価版の入門機ではありますが、raw撮影ができたり、画像の解析もできたりと中級機並みの機能が備わっています。銀塩からのeosユーザーの私ですが、d50もなかなか良いと感じています。.

一眼レフ初心者で、d50が一眼レフデビューの最初の1台になりました。年式は12年前ので古いですが満足出来ます。新しいのは手振れ補正とかありますけどね。逆により慎重に撮影しないといけないから練習になります。動物園での撮影に使ってますがいいショット撮影出来てます。画質をいいのにすれば編集ソフトでアップにも出来るし。またレンズを買って練習していきたいと思います。.

Nikon D50 ブラック デジタル一眼レフカメラ レンズキット〔AF-S DX ズームニッコール ED 18~55mm F3.5~5.6G〕 : 初めてのデジカメ、初心者に使いやすいです。値段も安過ぎかなとと思うほど、見栄えがよく満足です。機能も自分なりに丁度いいのかなと思っています。早く花の咲く季節がこないか待っています、雪国より。.

D40の発売直前に、今更という感じですが、買ってしまいました。購入の決め手はその重さを含めたサイズと質感です。他社の同クラスの製品も触って比べましたが、このd50のしっかりとした作りというか、質感に参ってしまいました。購入後”試し撮り”と称してかなりの枚数を撮りましたが、画質、手触り、シャッター音、全てにストレス無く満足しています。画質に関しては、やはりコンパクトデジカメとは比べようがないかな?というくらい自分には十分に良いものだと感じています。大きく引き伸ばしたりすることも無いので600万画素で十分のようです。操作方法も簡単で、simpleな感じも気に入っています。付属のレンズがもっと明るければ、もっと良いのになと感じていますが、これは今後のレンズ購入の際の楽しみかな?くらいに考えています。持っていて、面白く、嬉しくなるカメラだと思います。nikonって良いですね。.

ニコンd50に18-55レンズの極めて初心者向き、且つ発売から7〜8年年経過して総画素数600万程度という、クラシックな「デジイチ」がなんと¥185. 000円と表示されていますが、どなたかの勘違いか機種を間違えた可能性があるようですね。間違えて売れたら「アマゾンさんの恥」になる様に思います。確かに2005年当時に遡ればいい商品と思いますが、オークション等では中古の極上品が¥15. 000円迄で手に入ります。デジカメについては、古いものは新品でも劇的に安くなるのは、誰もが認識していますから、骨董価値はまったくありませんから。.