D800とか使われている方にも絶賛されているのがうれしいですね。一方で、d3200を使っていた、被写体の95%が子ども(5歳)、という私の様な人も、ステップアップにお勧めです。fxならではの、立体感aps-cに比べて大型センサならではの立体感。これは取ってみるとすぐわかってくると思います。背景がぼけて、こどもが背景から浮き上がっている。(もちろん、単焦点やf2. 8ズームを使っているのもありますが)そうすると、子供が動いて若干甘ピンでも、相対的に子供が背景よりくっきりするので、小さいサイズ(等倍しない。22インチ液晶で見るくらい)で見る分には失敗に見えません。ここが〇!(ただ、これはfxならどれでも同じかな)d7200も高感度が凄く良くなっているので悩みましたが、ここで差が出たと思います。ただし、被写体が風景などであれば、絞り込んで撮影すれば、私は気付かないかもしれません。背景をぼかす用途では、、、それでもいいレンズを使えば気付かないかもしれませんが、、、歩留まりは明らかにfx有利だと思います。高感度が、好感度高い!d3200だとiso800位までしか使いたくなかったです。d750はiso3200でも、センサの実力から快調が残っているので油絵の様になりにくいです。結婚式に35mmf2. 0をつけてもっていきましたが、外部ストロボは使いませんでした。素晴らしい!afが段違い(d3200比)d3200はafも5点しかなく、d750の51点と比べるまでもありませんが、、、ホントによくaf-cで追従してくれます。意思をくみ取ってくれる。まとめ子どもの成長は待ってはくれませんので、5歳の子を持つ親としては、ギリギリ間に合った!(ほんとはもっと早く買えばよかった!)という感じです。撮影が面白い!子どもが好き、カメラも好き、ならばfxという選択はアリだと思います。高感度性能が充実し、画素数が適当なこの機種は、ちょうど手を出しやすいモデルでした。高感度性能は今後もあがるでしょうが、とりあえず今の使い方では不満がないので、しばらく使えると思います。ただし、金銭的に余裕がない場合、エントリーモデルでも十分、いい写真は取れるので、その分色々なところに家族を連れて行って、エントリーモデルで撮影した方がいいと思います。私は他にお金のかかる趣味がほぼないし、車にかかるお金も最低限なので、ここにぶっこみました!1年間ローンなので苦労しますが、悔いはないです!.

とてもホールドしやすく撮影が楽しくなるカメラです。slr/n・d200・d300・d800を現在使っています。d750はサブカメラのつもりで購入しましたがメインカメラとして使っています。af合焦、シャッターも小気味よく決まり気持よく撮影できます。ファインダーもとても見やすく、今まで眠らせていた50mmのmfレンズを引っ張り出してきて、このカメラに装着しています。mfでのピントの山もとてもつかみやすいです。チルト機構も今まで撮れなかったアングルで撮ってみたり出来て撮影の楽しさを再認識させてくれました。カタログの数字には現れない、使ってみてほんとに良いカメラだと気づきます。残念なのは、アイピース。すぐに外れてよく無くしてしまいます。。このコンセプトを上位機種にも取り入れて欲しいです。.

D700を売却しd750を買いました。主にd700との比較になります。まず、大きさですが、でかく持ちにくかったd700と劇的に持ちやすい。左右のバランスに差があるので、戸惑いました。確かにボディの質感のチープ感は否めませんが、価格からこんなものです。使い倒しましょう。つぎに、最初はモニターの画質が良いので、実際の露出が掴めなくて、ど!アンダーの写真を量産してしまいました。モニターの明るさを調整しました。撮影ですが、画素数とオートフォーカスのバランスがいいので、シャッターを切るのが楽しくなります。シャッター音は高いものの、連写モードならこぎみいいです。通常の撮影なら、スナップなど外付け無しで充分でしょう。まだ、長時間露光は試していないので、書けませんが、高感度撮影は、iso12800で粒子が荒くなりますが、ノイズ色が派手でないので、おおきなトリミングをしなければa4サイズは耐えられます。被写体にもよります。iso1600までなら、発色も良く満足な写真が撮れます。追加です。少しシャター音が高いので、サイレントモードが欲しいです。.

自分が求める要素が高次元でバランスした素晴らしいカメラ。画素数、高感度耐性、af性能、軽さ、グリップ、操作性、これら全て満足。とくに高感度画質は画素数の少ないdfと比べても互角以上で、個人的にはiso6400~8000辺りまでは十分使えます。自分はできるだけ軽量なフルサイズカメラを求めますが、これ以上軽いと24-70mmなどがバランスしなくなるのでもうこれで十分です。価格を考えると完璧に近いカメラと思います。.

  • 下手でもいい子ども写真が撮れるようになります。
  • 買い換える価値は大いにあります
  • 何かの後継機ではない。まったく新しいカメラ!

Nikon デジタル一眼レフカメラ D750

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 高密度51点AFシステム
  • f/8対応AF 機動性の高い超望遠AF撮影も可能
  • 不規則に動く被写体も「面で捉える」、グループエリアAF
  • -3EV対応AFシステム
  • 高い強度・剛性を保ちながら小型・軽量化を実現した「モノコック構造」
  • 約91,000ピクセルのRGBセンサー採用
  • 視野率約100%の光学ファインダー

D810(その前はd800メイン)をメイン機で使っています。レンズ交換の頻度を減らすためにサブ機として購入しました。ざっくりというと、手軽に使えるオールラウンド機。カメラを使う時のエモーショナルな部分(ボタンのクリック感・シャッター音等)はコスト削減で優先順位が下げられています、スペック的に優等生だけれどある種個性に欠ける印象です。とは言え、撮りやすさはかなり高いレベルなので、初めてのfx機を選ぶならd750はいい選択肢だと思います。解像感は等倍で確認しなければ、十分なレベルです。あまり嬉しくなかった点は・解像感はd810とはパッと見た感じで違和感がある、等倍ではっきり確認できます・d810と比べると全体的につくりがちゃちい。特にボタンのクリック感がペコペコです、決して安い買い物ではないのでそこはケチらなくておいて欲しかったです・操作系でiso感度のステップが1/3、1/2の二択で、1刻みがありません・大口径レンズをつけるとボディのみでは重心が前になってしまう。大口径レンズの時はマルチパワーバッテリーパックがあった方が良いです・シャッター音はカシャッ、カシャッという音に高音成分が多く、好みが分かれます・良い点は・2400万画素という余裕のある画素ピッチなので、手ブレにそれほど気を使わなくて良いので気軽に使えます・売りのafの強力さはさすがです・常用iso感度が12800で普通に使えます。d810ではiso3200くらいでノイズの入り方が限界線を超えていましたが、こちらはiso6400、iso12800が限界線くらい・チルト式の液晶は結構使えます・メニューのiボタン押下時の画面は一覧性が上がっていてd810よりもかなり使いやすく改善されています.

 dx d7000を使用していましたが、いくつか不満がありfxのカメラを検討していました。 当初はd810を検討して、寸法がかなり大きくなる、予算オーバー、画素数が多すぎる事の弊害とシャッター音の静かさ、機能的には不満が全くない点 等々で悩んでいた所にd750の発表。 不満点が無い訳ではありませんが、現状ではd750の方が高いレベルでバランスがとれており、特に低照度時のafがd810を超えて-3evまで対応というのが決め手でこちらを選びました。(実際展示会で確認した際、d810でaf不可な状態でもd750はaf可能でした。)◯d7000との比較で改善した点fx化による広角側の撮影エリア、低照度時のaf性能 & f/8まで多点対応、高iso時のノイズ耐性、チルト液晶、細かい使い勝手(特にokボタンの拡大表示)、d7000とそれほど違わない寸法、グリップの握りやすさ、内蔵のwifi接続◯悩ましい点1/4000までのシャッタースピード、dxモードで比較するとd7000:16. 3mなので望遠側で少し不利になるd810の完成度(試写した感触、データの解像度は代え難い物がありました。) f/1. 4の単焦点レンズで昼間や、逆行で撮影するのが好きなので、ssはかなり悩みましたが、その他の改善が多かったため妥協しました。 いくつか妥協できない場合は、素直にd810にいく事をお勧めします。  また、sdカードは出来るだけ高速な物を推奨します。 sandiskの30mb/s程度の物でraw 14bitが12コマ、東芝の90mb/s(type 1)でスペック通りの15コマまで遅延無く連射できました。   .

この商品が出て3日目にd610 からの買い換えで購入。フルサイズで、常用iso感度が高く、バリアングルモニターであることが買い換える一番の決め手になりました。d610 より少し小さいながらグリップしやすく、手が小さい自分には使いやすいです。買い換える前、d800 にするかと迷いましたが、大きさ、重さ、値段を考えると、こちらにして良かったです。d610 を買ったとき、24ー85mmレンズセットで買ったので、ボディーだけ買い換えました。長時間ライブビュー撮影をしたり、多用しなければバッテリーの持ちも良いと思います。(ライブビュー撮影をするとバッテリーの持ちが悪くなるのはどのカメラでも同じかと思います。)旅行に持って行くには大きさも重さも苦にならないのでとても良いと思います。掲載した写真は当機種で撮ったもの。.

4ヶ月程の使用後現在はcanonの5dmk3を使用しているものです、カメラとしての性能自体は正直mk3よりいいともいます。バリアングル、画素、高感度、どれもd750の方が高かかったです。しかし個人的にはcanonに変えて一つも後悔はしていません。根本的に光の捉え方が違います。.

出るか分からないd700の後継機を待ち続けて数年。もう諦めて他を検討していた矢先にd750の発表がありました!胸を踊らせて記事を読んで、思いっきりズッコケました(笑)名前こそd750だけど、これはd700の後継機じゃないんじゃ??どちらかと言えばd600の進化系じゃないの??って。しかし、実際に現物を触ると、d600系とも異なるカメラでした。何かの後継機だと思うからダメなのであって、まったく新しいカメラだと思えば、こんなに良いカメラは無い!って事で、とりあえず現物を見に行きました。そして、買ってしまいました。まず一番に気に入った点はグリップです。こんなに握りやすいグリップはaps-c機を含めても他に有りません。握った瞬間に、本当に手に吸い付く様でした。これが決め手で、一発で気に入りました。検討中の方は、是非とも一度グリップを確かめて頂きたいです。ボタンの配置などはd600系ですが、ボディの作りはまったく別物です。とってもスリムで、アスリートって感じです。肩液晶もスリムになっています。しかし表示する情報が厳選され、その分、文字が大きくなっています。無駄な情報が無いから視認性が高くて非常に良いです。残念な点は、やはりaf-onのボタンが無い事。他のボタンに割り当てられるけど、やはり専用ボタンが欲しかった。wi-fi機能は、ちょっと中途半端な印象。今の所、スマホで操作出来るのは、シャッターだけです。露出補正の類は出来ません。この辺は、家電メーカーのカメラにまったく及びません。私はwi-fiを重要視していないので良いですが、期待している方は、何が出来るのか確認しておいた方が良いと思います。最も重要な、カメラとしての性能は申し分ないです。昼間から夕暮れ時、そして手持ち夜景と三脚での長時間露光を試しました。高感度も強いし、オートフォーカスも速くて正確。ダイナミックレンジが広くて夕暮れ時でも粘る。なによりローパスフィルターも付いてるし、安心です。何かの後継ではない、新しい流れのカメラです。.

コマ撮影、暗部耐性、程よい画素数バランスの取れた機体であり、値段もまだ求めやすいsd2スロットは容量のことを忘れさせますただしこの軽量さが大筒を構えた際にバランスが取りにくく縦グリを考えています.