受け取った、商品予想以上に、大変満足しています。大事に使用中です。ありがとうございました。.

各部の操作感触が良く、シャッター音も心地よい。操作をしてみるとわかるが、高級感が他の機種とは明らかに異なる。メモリーは新型のxqd方式をつかっているが、放送業界向けのxdcam ex方式の派生的メディアである。このxqdの脱着フィーリングも素晴らしい。この記録メディアについても、他のcfやsd方式のカメラとは明らかに違う別格のカメラを使っている気持ちが湧いてくる。新型機種からは、xqd方式で、是非とも二重化(ダブルスロット)して頂きたい。.

ずっとほしかったd4を手にすることができました。d4はデビューから時間経過しており、市場価格も下がってきているものの、なかなか手がでませんでした。ここまでならと期待し探していたところ、この度ちょうど目に留まり、中古品ではありますがコンディションが思っていた以上に大変良く文句無しに気に入りました。d4の実力に感動です。ありがとうございました。.

D3系から乗り換える場合にバッテリーとメモリーがネックになります。バッテリーは買ってしまえは使用感は変わりませんが、cfのダブルスロットは変更しない方が使い勝手が良かったです。2種類の記録メディアは面倒です。連写枚数の性能の為に仕方ないとは思いますが。操作感やシャッター音はd3sに比べやや大人しめですが、キレは良いです。動画撮影は確実に良くなってます。ただ液晶のプロテクターは欲しいです。画質ですが25600は良くなってますが、6400から12800付近は個人的にはd3sの方が若干良い感じがします。ですが総じて良い機種であり永く使えると思います。.

まだ製品発売前ですが、現時点での評価です。(実際に届いたら、細かくレビュー致します)まず、雑誌のライターさんの評価では、d3とあまり変わっていないとか、1dxと比較するとスペックで負けていると散々なようです。でも、僕は待っていたカメラなので予約しました。フルサイズは、d700を使っていますが、d3は購入しませんでした。その理由は、縦位置の操作性に一貫性がない、センサークリーニング機能がない。この二点でした。逆にd700の欠点は、視野率が100%でないこと、縦位置グリップをつけるとd3より重くなってしまうことでした。d3sの登場でセンサークリーニングの件は解決しましたが、縦位置の操作性が未解決な点と、どうせならマイナーチェンジではないd4の仕様次第で購入するか否かを判断しようと考えました。そして高感度特性はそのまま、画素数も無理のない範囲で向上。シャッターの耐久性、オートフォーカス機能などの基本部分の改良は、正当進化モデルとして十分でした。元々、d3のコンセプトに満足していたので、唯一気に入らなかった部分がクリアーされたのですから、d4の予約は自然の流れでした。【更新】d4が届いたので気がついた点を追加していきます。・ファインダーの見易さは流石です。ピントの確認も安心出来ます。・シャッターのキレが良いです。レリーズした時の安心感があります。・バッテリー充電器が二個のバッテリーに対応しているので便利です。二個セットしても、同時ではなく順次に充電されるのですが。・カメラにセットしている時の電池の消費(自己放電)は少し早いかもしれません。・バッテリーの容量が前より少ないのにも関わらず、d4が省電力化されている為か、公称値より連続使用での電池の持ちは良いみたいです。1日に五千カット撮影して電池消費量は六割程度でした。・ホワイトバランスのオート2は、d7000よりも更に補正しない方向でチューニングされているようです。・背面液晶が大型化されましたが、思っていたよりも大きくて見易い。数値以上に大きくなったと感じます。・画質については、低感度側の画質も向上しています。ハイライトの繋がり、シャドー部の描写など流石だと思います。どうしても、新製品が出ると画素数や高感度ノイズにばかり言及されてしまいがちですが、d4の魅力は、階調の良さにあると実感しています。例えば、青空のなだらかな繋がりは、これまでの他のデジカメにはないように思います。・アクセサリーシューの付属カバーは、ちょっとお粗末。・背面液晶のカバーは標準で付けて欲しかったです。溝はあるのでフードマンあたりから発売されると思います。・サブセレクターの位置は、通常、縦位置共に同じ位置になるように配置されていて違和感がありません。・接眼目当てdk-19とマグニファイングアイピースdk-17mをセットでつけると便利です。・各種ボタンがイルミネーション点灯するのは、夜間撮影でとても便利です。・エリアオートフォーカスの顔認識は、ウエストアップぐらいであれば、的確にききます。全身になると、ちょっと怪しいです。・ダブルスロットは同じメディアにして欲しかった。現時点ではxqdは時期尚早な気がする。ポートレート撮影で仕事で使ってもcfカードでもバッファフルになったことがありません。全体的にニコンユーザーであれば、取説を読まなくても分かりそうです。(オートフォーカス関連の設定変更は、d7000方式に変更)とにかく、使っていて感じるのは、ポテンシャルの高さです。全体の半分ぐらいの力しか使っていませんよという、余裕を感じます。画素数だけ比較すれば、入門機にすら抜かれてしまいましたが、本当に必要な画素数はいくつなのか、高感度特性、懐の深い画像、撮影のし易さといった、トータルバランスで考えたら唯一の存在だと思います。また、解像度の数値以上に解像しているように見えるのは、ローパスフィルターの性能によるところが大きいと思います。.

ニコンの技術が凝縮されたカメラです。ロクヨンとの組み合わせですが、腕が上がったかとかんちがいするくらいです。.

D3、d300sなど使ってきたが、d4でいよいよ完熟した感じ。d4の画素数に物足りなさを感じている方もいるかもしれないが、高画素機にはない、リッチな画像ピッチが、「光を捉える」という写真アートの最も基本的な芸術性を犠牲にせずに、撮影を行うことが出来る。また、堅牢で精緻なメカには惚れ惚れする。現行において、使っていて最もキモチよいカメラではないか。ニコンの真摯なモノ作りには敬服する。だがその画づくりは中庸でバランスに優れている一方で、いまひとつ個性の無い優等生とも言える。しかしそこはカスタムピクチャーコントロールを使えば良い。モノクロの風合いから、ブリーチバイパスの表現、シャープネスまで、まるでフィルムを入れ替えラボに指定するかのようにタッチの調整が可能。某舶来メーカーはモノクロ専用レンジファインダーデジタルを発売しているが、nikon d4を一度でも使えば、このカメラの全方位に渡る表現力に圧倒されるだろう。そういう意味でレンズ選びがまた一層楽しくなる一台ともいえるが、スナップ向きから超望遠、アオリレンズまで取り揃える「不変のfマウント」が絵筆を替えるようにレンズの選択が可能。ジウジアーロデザインのボディが品格のある、良いカメラである。.

D4は最高のカメラだと感じる。高額だが、それだけの値打ちはあります。シャッターを切る時の満足感がたまりません。.

利点と欠点

メリット

  • 初一桁機
  • Nikon D4を購入して
  • 念願の‘D4’我が家に!

デメリット

これまで、D1、D2X、D3、D3Sと使用してきましたが、撮影後、D1を除き、アプリケーションによる調整が欠かせませんでしたが、D4では、殆ど不要で、性能が格段と向上したのに、驚きました。アクティブDライティングの機能も充実し、輝部と陰の部分とが、巧みに自動調整されます。しかも、発色が素晴らしく、画像処理エンジンEXPEED3の威力によるものと驚嘆しています。画像が素晴らしくなった点のほかに、ステキな機能を、以下、纏めてみました。(1).軽量化が進められ、格段と、使いやすくなった感じを受けます。ボディで、80グラムの軽量化とのことですが、バッテリーも軽量化されています。(2).さらに、AFモードの切り替えが簡単になり、AFエリアオート・モードにも、動体撮影に用いる3Dトラッキング・オートエリアフォーカス・モードにも手軽に転換でき、大変重宝します。もちろん、通常のシングルオート・モードへ戻すのも気楽に出来ます。(3).焦点を合わせるとき、通常、シャッター半押しで行ってきましたが、D4では、AF−ONボタンが、カメラを持つ親指の位置にあって、このボタンを無意識に使っていることが多くあります。使いやすくなっていることを実感します。(4).また、これまで通り、ISOオート機能は維持されていて、絞り優先で使用するとして、最低シャッター速度、最高ISO感度を設定しておけば、その範囲内でISO感度が自動で決定されます。ISO感度が不足するばあいは、シャッター速度で調整されます。常用ISO感度として、最高は、12800と規定されていますが、実際自分で撮影した限りでは、その倍の25600(H1)の設定下でも、殆どノイズが出ませんでした。夜の漁り火だけのなかで鵜飼を撮った結果です。(5).ぜひ強調しておかなければならない点があります。それは、ライブビューモードでの撮影が大変やりやすくなったことがあります。これまでは、大変使いづらく感じていましたが、D4では、ライブビューボタンを押せば、ミラーアップをして、以後、ピント合わせも落ち着いて出来、合焦すれば、フォーカス点が赤色から緑色に変わり、見易くなり、使い易くもなりました。例えば、庭の花などの静物を撮る場合にも、大変便利で、3. 2インチの液晶画面を見ながら、主体のピントと背景のボケ味や構図を余裕を持って決められる利点が生じました。(6).しかも、植物、特に花を撮る場合に、風で揺れる被写体を捉えるのは、非常に困難を伴います。一秒10コマの連写速度が生きてきます。更に、51点測距機能も生きてきます。風で揺れる相手を捉まえる業は、ニコンd4をおいて、ほかに方途はないでしょう。例えば風船唐綿の実がはじけて、種が風に乗って飛び出すのをキャッチするには、速い連写機能と、51点測距機能なくしては、撮り得ないと思います。スポーツ写真はもちろんのこと、植物の写真にも、なくてはならないカメラです。(7).オートブラケティング撮影の際には、通常、5コマ、ないしは7コマの連続撮影をすることになりますが、ニコンD4では、コマ送りが、大変早く、あっと言う間に、終了します。手持ち撮影の時には、構図の維持には、大変便利で助かります。連続撮影が早くなった改善点が、ここでも生きてきています。(8). 申し遅れましたが、特筆すべき便利な機能が、まだあるのです。例えば、京都の紅葉を撮るため、数カ所の寺院を撮ってきますと、はじめの2カ所ないしは3カ所までは、これはこの寺の写真だと記憶にありますが、それ以降、この一枚がどの寺で撮ったものか、記憶が定かでなくなった経験があります。その場合、ワンショットずつ音声を吹き込む設定が可能です。これは、際立つ特徴だと思います。( 注 )別売りのカメラ電源を維持するのに使うACアダプター、EH−6、ないしは、6aのほかに、EP−6が必要になります。これがありますと、映像の取り込みの際にも、バージョンアップの際にも、便利だと思います。また、XQDカードリーダーも、入手しておかれると、ファームウエアのバージョンアップの際に、便利だと思います。.

D4が欲しくて探していたんですが、こちらで展示品で中古の値段位での、商品があったんで迷ったんですが購入。値段もあるていどしますので、ネットでポチ!は、迷いました。商品はすぐ届きました。最初電池が充電ゼロで起動確認さえ出来ずあせりました。商品は綺麗でモニターの下のプラスチックに線のような傷があったぐらいでした。充電完了の電池を入れ起動。別に問題なく撮影も出来ました。新品購入できないんでしょうがないんですが、満足しています。.

初めて一桁機を買った。d800系の機種も考えたが、高画素はあまり必要としないので2世代前の機種だが、やっぱり一桁機は買って間違いない。画素ピッチはこのぐらいの画素でじゅうぶん。満足してます。.

特徴 Nikon デジタル一眼レフカメラ D4 ボディー D4

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • Nikon D4

ベスト Nikon デジタル一眼レフカメラ D4 ボディー D4 買い取り