代々ニコン党です。結構前の機種ですが、安く買えたのでポチリました。小型ながらグリップがしっかりしているので握ったときの安定感がとても良い。売りはedレンズの良さ、当れば一眼にも負けません。それに小さいながらファインダー付きなので狙って撮影できます。一眼だといつも持ち歩けませんから、これを常時携帯するようにしています。raw撮影すれば作品作りにも、時にはokです。.

中古製品としては特上だと思います。デジ1のサブカメとして十分に機能しています。.

現状、とても満足しております。e-p1やdp2やg10など色々と迷った挙句、結局、これを購入するに至りました。一眼レフは大きすぎるし、コンパクトなコンデジでは物足りない――そんな方にオススメです。見た目がいい。グリップ感もいい。そしてハイエンド・コンデジでは値段は比較的リーズナブル。今回、プロのカメラマンさんと話す機会があって相談に乗っていただきましたが、彼曰く「レンズを創っているメーカー、自社製部品で賄っているメーカーが良い」とのことで、canon(g10)かnikon(p6000)かで、こちらにしました。価格も安かったので。扱いやすいです。絞りやシャッター・スピードなど、少しカメラを勉強するだけで、簡単に綺麗な絵を撮ることができます。素人に毛が生えた程度の自分ですら、そうです。他のサイトなどでは評価がいいのですが、こちらではあまり高くない様子。ですので評価を上げる意味も込めて☆5つを入れておきます。.

本体を購入した理由はgps搭載でジオタッギングが出来るとのうたい文句があったので購入いたしましたが、完全な期待外れでした。 gps測位が全く出来なかったので、操作方法が間違っているのだろうと思い、まずカスタマーセンターに電話をかけ指示どうり、梅田のnikonイメージングセンターへ持って行きましたところ、カウンター受付の人が本体の設定をされてどこかへ持っていかれ、(おそらくgps測位のため)結局修理が必要とのことで、預けて帰りました。約一週間後に修理が終わりましたとの連絡があり取りに行きましたところ、gps修理の必要はなしとの判断で帰ってきました。私の判断ではなく、イメージングセンター受付カウンターの対応された方が修理必要と判断され修理に出されて、(その間約一週間本体利用できず)修理の必要はなしとの回答???さすがの私も驚きで、では何処でgps測位ができるのかと尋ねたところ(例えば大阪駅と阪神百貨店の間では可能か)たくさんの理由を挙げられ、それも測位出来ない可能性の理由ばかり、結局測位できる場所の提示はなし。nikonはいまや日本を代表する会社ですので、もう少し、真面目に利用者の利点に立って、ものを考えてほしい。 .

  • コンデジもニコン
  • Nikon デジタルカメラ COOLPIX P6000
  • 納期や品質は期待通りでした

Nikon デジタルカメラ COOLPIX (クールピクス) P6000 COOLPIXP6000

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●COOLPIX P6000 ブラック●Nikon

とりあず、このデザインがグーググー!!かっこよすぎ。「gpsレシーバー」(撮影場所の緯度経度が写真に記録される)と有線lan端子を搭載。対応メディア:sdカードccd:1/1. 7インチの1350万画素レンズ:28〜112ミリ相当の4倍ズーム f2.

デジ一眼のサブとして購入。まあこんなものでしょう。ニコンD200、D3を持っていますので、不満はそちらで解消すればいいこと。初のコンデジ購入ですが、まあまあいい買い物をした気分です。GPSとかの機能に使うコストがあったら、背面液晶に使うべきだったかもしれません。速写性でいえばD200に劣っても、仕事カバンに納められる利便性が何より。WB設定はautoにせず、蛍光灯、電球と選べばアベイラブルライトも結構いけます。撮像素子が1/1. 7では、絞り優先モードの楽しみがない。(当り前か).

小形で使いやすくニコン一眼レフで仕事をしている者にとっては違和感なく使えます。軽いのでスナップ程度の写真にはちょうど良いです。液晶ビュワーだけでなくファインダーがついている所も使いやすいです。なんと言ってもグリップの形状が握りやすく、小型のクリップオンのストロボを付ければ十分に仕事になると思いました。プログラムも良く考えてあり、安定した画像を供給してくれます。単純なボタン操作が思考を妨げません。良いカメラだと思います。.

Nikon p6000は、重くて大きな一眼レフを持ち歩かなくても手軽に使える高性能カメラです。撮りたいイメージが計算出来る点に満足しています。GPS機能は、いまいちですがこれはサイズ的に止むを得ないでしょう。.

かなり古い機種ですが写りや機能性は古さを感じません中古では過去に苦い経験もありましたがこのp6000は長く付き合える良品です.

先日購入しました。買った理由は、ニコン党であるから。あとは、やっぱり、性能・操作性やホールド感から一眼レフだと、ちょっと・・ってときにコンパクトカメラは大活躍。今は一眼レフはまだフィルムですけども。。僕が今気に入ってるのはlanの機能。usbケーブルでもいいんだけども。lanでサーバーにアップできるってのが、非常に手軽で楽です。画像を保存するのにいちいちpcを立ち上げなくてもいいし、ソフトを起動しなくてもいい、ってのが気に入ってます。使い方によりけりですけど、このカメラのlan機能がどういう風になってるか知りませんが、ファームウェアのアップグレードとかで、ホームネットワークに接続して、アクセスできたら、もっとおもしろいですよね。以前にもニコンからwifi対応のが出てましたが、ネットワーク接続ってのは、今後一つのテーマになってくると思います。あとは、もっと使い込んでいきたいです。生活に楽しみがまた一つ増えた気がします。.

2008年11月ニューヨークで購入。26,000枚ほど撮影。gpsアップデート5秒毎。感度が悪く、三段階表示で最強信号になるのが稀。腰につけたり並木の間を歩くと測位できないこと多し。電源オンの後に軌道データを取るのに10分はみる必要あり。歩いて写真を撮るには使える。オートシャットオフを30分にし、モードダイアルを一瞬picturetownにしてレンズを引っ込めてからgpsにしてまたケースに入れて持ち歩くという面倒な作業をしないと歩きながらでも嫌になる。picturetown接続モードは「パワーを切らないでレンズを引っ込める」ためだけには使える。乗り物に乗っていて何かをぱっと撮るには向かない。日常持ち歩くカメラとしては大きさ・重量の上限。グリップがちゃんとあるが重いので落とす(撮影にじゃまなストラップは取ってある)。落とす前から保護羽シャッターが不調になっていたが、3回落としらズーム不能になって有償修理した。カメラとしては設定がどうなっているか制御しやすくて天体も撮れ、basicモードではjpg圧縮率も高く映像面はすばらしい。感度はまあしょうがないか。ズーム倍率は思い切りの選択。アクセサリーシューがついているのには落涙だ。電池は持たない。2年間で9本買って残っているのは4本。怪しいのも選べば純正の半分以上の容量はあるようだ。純正電池も繰り返し充電可能数はあまり大したことなかった(膨れて取り出しに差し支えた)。非純正は安全回路が不安だが$5だ。p7000にはgpsがつかなかった。gpsは位置情報だけでなく、正確な時刻が取れることが考慮されているんだろうか。カシオの加速度センサーの威力は未知だが、携帯電話の電波を使って三角測量と軌道データ受信で測位を早くする機能がついたカメラを望む。.

コンパクトでニコンを選んだのははじめてです。一眼デジのd200とd300を所有していますが、いつでもどこでも一眼レフというわけにはいかないので、コンパクトデジカメの購入を考えていました。比較したのはリコーgx200とgr digital iiの二機種。p6000を購入した理由は、ニコン製品であること、edレンズ採用であること。その他に、本体のグリップ感(私の感想ではリコーは握りにくい)、rawフォーマット、ワイド側28mm、iso6400対応などが選択の決め手です。一眼と同じクオリティを求めるのは難しいですが、画質、性能、ボディのデザインなど、良い買い物をしたと思ってます。目玉であるgps機能ですが、座標を確保するまでにかなりかかります。この機能に期待を抱いている人は、ちょっとがっかりすると思います。時間をかければ座標を捉えることができますが、実用には少し厳しいと思います。そして私が最もがっかりしたのは、raw現像が純正のキャプチャーnxで行えない事。他社のソフトウェアで対応できますが、これを対応させてほしかった。気に入っている点も数多いのですが、不満が少しだけあるので、総合評価を4つ星にしました。高画質でrawが使える機種がいいけど、一眼レフはちょっと大きすぎるという方にはおすすめです。一眼のサブとしても良いと思います。.

Finepix f100fdが品切れで、売り場をうろうろしていたら見つけました。画質は言わずもがな、実は皆さんに不評のgpsが決め手でした。はっきり言ってこのgps機能は「先物買い」です。性能はまだまだです。だから「こういうカメラもあっていいんだ」と割り切れる方が、覚悟を決めて購入されたほうがいいと思います。性能を過信されるとがっかりするでしょう。私はそれでも「位置情報」が記録される便利さのほうを取りました。地図と連動させると実に楽しいです。カメラとしての性能は、他の方々が書いていらっしゃるとおりです。ただ、fujiの愛用者の立場からすると、isoの常用上限はせいぜい400〜800程度です。1600以上は不愉快なノイズが目立ちます。また、室内でのノーフラッシュ時の色調の赤さは異常なほどです。しかしこれは「性能の差」というよりも「写真」に対する考え方の違いだと思います。fujiは「写真は暗いところでもきれいに」という考えであり、nikonは「写真というものは十分な光の下で正確に描写されるべきだ」という考えなのでしょう。実際、自然光のもとでの描写力の正確さは、fuji(f10ですが)の比ではありません。ですから、ふつうのコンデジとしては文句ありません。こういう「新性能」なカメラはなかなか難しいですね。結局f10は売り飛ばさずに取っておくことにしました。.

比較的古い型なのですが、以前から使っていました。先日紛失して、新しい機種を探していましたが、使いやすかったの同じものを購入しました。附属のバッテリーが古いためなのか、到着後フル充電しても1週間程度で空になってしまいました。それ以外の性能には満足しています。これまでと同じ機能を使えて便利です。.

メインはnikon d300sを使っていて、(携帯電話で撮影するのが嫌なので)本機を持ち歩いています。本機は発売当初から使っています。本機はホールド感が非常に良いので、しっかりと固定できます。レンズは広角側がf2. 7、ccdサイズが(大抵は1/2. 3インチと小さいですが)1/1. 7インチとパフォーマンスモデルならではのスペックです。※商品説明にもccdサイズは書いてありますが、ここをよく見ておいた方が良いでしょう。 暗いところで撮影する人はf値も見ておくと良いです。マクロ撮影では綺麗なボケ味を出せますし、出来上がった画像がコンデジの中ではきめ細かい方です。暗い所でもf2. 7の明るいレンズの特性を生かして、それなりのシャッター速度で撮影できます。液晶は構図用の枠が表示できますので、それに合わせてカメラの傾きを調整すれば、出来上がった画像は斜めになりません。合焦音やシャッター音なども完全に消せますので、外食時に食べ物を撮影するのにも良いです。raw形式で保存しておけば、メーカーが無償提供しているツールviewnxを使い、画像の劣化無しでホワイトバランスなどを調整できます。jpeg形式のみサポートする機種では出来ない芸当です。gps機能は衛星の捕捉まで非常に時間がかかる上、バッテリーの消耗が激しいので殆ど使っていません。どうしても位置情報を記録したい時だけ、3〜5分くらいかけて捕捉して撮ります。実用的ではないです。後続機が未だに出てきておらず、本機の値段も大分落ちてきました。(望遠を重視しないのであれば)値段の近づきつつあるs8000よりは本機を選んだ方が良いでしょう。.

ファインダーは意外と便利で、動きが速い対象の動画場合、液晶の画面をみて撮影するより、ファインダーをのぞきながら撮影した方が、的をずらさずに撮影できます。GPS機能は便利と思いますが、バッテリーの消費が多い用です。.

初nikonのコンデジです。他候補としてリコーgx200、パナソニックのlx3、オリンパスsp565uzが浮かびましたが最終的にこれに決めました。持った時に一番しっくりくるサイズだったので。屋内でのホワイトバランスに癖があります。誕生会のような暗いシーンでは真っ赤になりそう。受信感度の低いgps、今時有線lanで専用サーバのみにアクセス…等、無駄な機能も盛り沢山。至る所に付いてるcoolpixのロゴも邪魔。欠点かと言われると「無くてもいい物」程度なので全体的に迷走中といった感じ。充電を本体を介して行いますので別売りの充電器は必須かも。点滅うざいし。肝心の画質は嫌いではありません。暗めで硬質な絵。ややピンボケ風味。空気を捉える感じのリコーと光を捉えるニコンっていう印象で愛機gr-dと使い分けてます。.