遊びにはいいですが、約30万画素は荒すぎます。もう少し画質が欲しかったです。パソコン画面で3dで見ても荒すぎていまいちでした。.

軽いのでカバンに入れておいて、ちょっとしたときに撮影しています。楽しいです。.

普通の3dカメラは1万円以上するけど、このトイカメラを見つけて購入しました。画質はそれほど良くないですが、簡単に3d写真撮れるのでおもちゃとしては最高です。液晶が無いのは、それはそれで「取り込むまでのお楽しみ」というのと、コストダウンという意味では問題ないです。一つ気になる点は、sdカードの性能によるのかもしれないけど、書き込みに数十秒かかること。つまり連写ができないんです。class4の安物を使ってるかもしれませんが、シャッターを押して書き込みが完了するのに10秒。長いときは20秒くらいかかります。友達同士でワイワイやってるときは少しその待ち時間が興ざめしちゃうかも。まあ、それ以外は楽しいおもちゃですよ!.

さすがに写りはいまいちですが3dは体感できますね、ただ、印刷しなければ見れません。l判の上下に2つ印刷できればもっと良かったかな、でも十分に楽しんでいます。.

解像度の低さは、プリントされる写真のサイズを考えれば全く問題ありません。液晶モニターが無くても、昔のカメラの現像されて写真が戻ってくるまでのワクワクが戻ってきたようで楽しいものです。昔、アメリカ製のviewmasterというおもちゃで楽しんでいた3Dが自分で作れ、気楽に、かつ安価に(これ重要!)楽しめるのは最高に贅沢ですね。華奢で壊れやすそうだから、コンスタントに出し続けてくれるとうれしいなあ。ビューアーは無くても、そのままアルバムに普通の写真のように入れて3Dを楽しんでいます。私は平行法とか交差法とかよくわかりませんがとりあえず問題ありません。.

不良品であったので、そっこく返金をしてもらった。手間暇のムダな時間を使ってしまった。.

Takara Tomy 3d ショットカム ホワイト 3d トイデジ W

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • Takara Tomy 3d Shot Cam Digital Camera

当初は半信半疑で購入しましたが、この価格でこの性能3Dの機能はもとより、SDをプリンターに挿しさえすればOKと利便性もデジタルならでは、と感心しています。フジの二眼やソニーのWXに飽きた人にお薦めしたいお品です。.

トイカメラとしての3Dカメラの良さがある。トイカメラの楽しさは、価格的にも限られた中の製品で、偶然の出来も含めて、その撮影や写り具合を楽しむ事だと思うのだが、まず感じたのは撮影の楽しさ。まあどんなシーンでも3Dとして見えるが、「すごーく3Dらしく見える被写体や風景」というのがあって、ソレがだんだんと分ってくる。ソレを楽しみながら探している自分がいて、出来上がりをビューアーにセットして集めていく楽しさがある。また、そのビューアーごとプレゼント出来るのも良い。ちなみに、ビューアーには撮影場所をペンで記入したり、お祝いの言葉を書いてプレゼントしたりできるし、「ビューアーをのぞいて見る」という高いカメラにはないイベント性もあるので、一人に見せて「おーっ」と感心の声が上がると、他の人も「見せて、見せて」となるので、その場が楽しくなる。なるほど良い意味で、おもちゃ会社が考えたカメラで、独自性があり楽しいカメラである。.

本体前面に左右のレンズ、背面に電源スイッチ、バッテリー(単4電池3本)入れの蓋、上面にシャッターボタン、下面にsdカードスロットがあります。中央上方にファインダーがありモニターはありません。全体がプラスチックのかたまりです。レンズの間隔は62mmぐらいです。1シャッターで左右の画像が1ファイルに一緒に記録されます。店頭のL判プリント機で2画像が一緒のプリントを出力し紙製ビューワ(2個付属)をのぞき込んで見ることになります。pcのモニタに映しても平行法で見ることができます。パンフォーカスで距離目盛り等はありませんので、シャッターを押すだけです。被写体があまり近すぎては左右の像全体がうまく重ならないし、遠景は立体感が得にくいので1〜5mぐらいの距離のものを撮るようにします。時計機能が内蔵されてないため撮影画像の日付が2011年1月1日に固定されています。sdカードのフォーマットや不要データの削除はカメラ本体ではできません。30万画素で決して写りがいいわけではありませんが、50年ぐらい前に全盛期を迎えたステレオカメラと似た使用感で、とりあえずステレオ写真が撮れるので遊んでみるにはいいと思います。.

江戸時代から続く3Dの原点が創作できるカメラです。この価格で3Dが楽しめるのは素晴らしい。フジやソニーの所謂本格的な3D液晶付き3Dとカメラと比べても3Dの立体感は優れています。入門3Dには優れています。.

お手頃値段で、しっかり3dに見えるので、面白いものです。ただ、認識できないsdカードがあったので、、、、、、、.

Takara Tomy 3d ショットカム ホワイト 3d トイデジ W : 購入前に解像度は分かっていたのですが、試してみると、やはりもうちょっと解像度が欲しいですね。まあ、トイカメラですから贅沢を言えませんが。.

写真が趣味なので撮影旅行に行くときには、是非とも携帯したいアイテムになりました。デジカメだからいくらでも取り直しが利くので、お気に入りの写真だけプリントすれば良いのですから、こんな良いものありません。手前にものを置いたり、アングルを変えたりするだけで3Dの迫力が違ってくるんですから、面白くって仕方ありません。.

この価格帯でかしこく纏めてあります。惜しいのはシャッターが左右同時に切れないこと。子供向けトイカメラだからこそ惜しい!良く動く子供を写すとブレる。.

この価格でデジタルカメラであり、ファインダーとレンズのパララックス(位置ズレ)を考慮して撮影すれば結構良く撮れるし、デジタルなので、撮影写真がずれていても直せるのでいいと思った。ただ、いつ発売された商品か分かりませんが、商品を入れた「ブリスターパック」がかなり汚く、裏の紙の一部も破けていたので、誰かにプレゼントしたいと思いましたが、やめる事にしました。私個人としては、大変面白い商品なのでまた買うかも知れません。プリントする用紙は絶対に光沢紙がいいです。.

低価格だったのであまり期待していませんでしたが、本当に3Dに見えてびっくりです。面白くて沢山撮ってしまいました。誕生日カードに使えそうです♪もっとビューアーがいろんな種類があるといいですね!.

「ステレオフォトメーカー」と言うPC用アプリで加工して楽しんでいます。GIFアニメにするとPC上で裸眼で楽しめるので良いです。撮影物の距離を色々調整しながら使うと良いです。.

これで遊ぶのに夢中になって、休みの日が過ぎていく、なんてことはザラ。前に買った海外製のトイデジカメが、へぼ過ぎた反動でもある。あれは、電池を入れるだけで、勝手に消費するからな…。.

娘もお気に入り♪安価で小学生が使うのにちょうどいい感じです。ありがとうございました!.

撮った画像をその場で確認できないのであとからがっかりすることもあるのですが、とにかくたくさん撮影すれば意外とよい写真もあったりするので結構楽しめます。単4電池3本ととsdカードが必要ですが、これらは付属していません。電池寿命は「約640枚撮影可能」とのこと。sdカードは128mb〜8gbのものが使用可能で、2gbのsdカードで約4000枚程度保存可能です。レンズカバーがないのでケースを用意したほうがよいと思います。カスタマーイメージに撮影サンプルをアップしました。価格の割に楽しめるのですが、時計機能がないのが残念なので☆4つとしました。.

撮った写真を専用レンズ付きの筒(六角形の筒)の中に入れて、レンズを通して見ると見事に3D!奥行きがはっきり分かる!これはスゴイ!面白い!現在、光沢紙に撮った写真を印刷して楽しんでいます。この値段(私が購入をしたときは2000円ぐらいでした)で、これだけ遊べるトイカメラ・・素晴らしい!単四乾電池3本で動作するところも気に入りました。さすがは玩具のメーカーのタカラトミーさんです。文句なしに星5つ。.

このカメラと専用のビューアーが最高の組合わせです。他のビューアーでも見えますが専用のビューアーの立体感が凄いです。もう一台買います。.

カメラの性能、特に画素数にこだわる方には向いていません。この商品は、気軽に3Dを楽しめるオモチャです。モニターや調整ボタンは無いですし、保存は別途SDカードが必要です。自宅で楽しむには、カードリーダーや編集するパソコンのほか、プリンタや画像編集ソフトも必要です。自宅で写真をプリントする環境がある方へオススメします。撮影方法は簡単、撮影対象へ向けてシャッターを押すだけです。撮ったら、SDカードを取り出して、パソコンにデータを取り込みます。プリンタ画像編集ソフトで開いて、プリンタにより用紙サイズや設定をしていきます。商品についているサンプルを参考にすれば簡単です。調整は大まかで、はがきサイズでフチあり、なしの程度の調整でOKです。それを印刷して線に沿って切り、付属のレンズつきのスリーブ(簡易望遠鏡っぽい形)に入れます。これで3D写真が見られます。見るときは、顔を近づける遠ざけるというアナログピント調整ですので、印刷サイズが多少幅が大まかでもOKなワケです。ペットの全身写真を撮ったら面白かったです。うちの場合はリクガメですが、小さいカメが入ってる様に見えました。ただし、画像は粗いです。任天堂3DSも持っていますが、比較の感想として、写真として立体感が引き立つのは3DSですが、3DSには出力機能がありませんので、手にとって気軽に楽しむとか、人にあげるなどの用途にはこの3Dショットカムをオススメします。ただしサプライは高価です。.

立体カメラはいろいろあるけど、シンプルではトップクラス。デジカメプリント立体視では代表格で、チープ、シンプル。子供用途かなと思うけど、オモチャカメラの範疇でもある。いろいろなステレオカメラを使っている人には、ぜひ追加でこれを勧める。.

専用ビューアーは付属していますが、平行法で立体視でも楽しめるカメラです。記念撮影や永久保存版など、大切な一枚の撮影には不向きです。遊びだけの目的で使用するおもちゃのカメラです。16万画素相当の画像なので、画質を追求される人には不向きです。液晶モニターや操作表示、ストロボ、フォーカス、ズーム操作等は一切搭載されていません。撮影して記録するだけの機能しかありません。単四電池×3本使用で、しかも電池部のフタは、プラスねじの開閉式なので、ドライバーが必要です。本格的な3Dデジカメとは、位置づけが全く違いますが、立体写真に興味があれば、妥協点が気にならないほど3Dを楽しめると思います。乾電池は充電式を使用しても問題なく作動します。フィルムカメラ同様、プレビューできませんが、どんな写真が出来たのかが楽しみになってきます。.