タカラトミー 3d ショットカム専用ビューアー 5枚入り 3dショットカム ビューアー : ほんとに見えた

箱はプラスティックでシールされていて、新品として全く問題ありませんでした。生産が終了している品とは思えないくらいピシッとしていました。この製品は以前から使用しており、気に入っていて今回追加として購入しようとしたところ、すでに生産終了となっていて、一般の販売店では在庫がなく、amazonで探して購入しました。.

半信半疑で購入ほんとに3dに見えてびっくりしました.

 普通のデジカメで撮影した写真を入れて、楽しんでいます。専用デジカメでなくても、適当にカメラを平行に移動して撮影した写真が、立体的に見えます。 タカラトミーの3dデジカメと違って、600万画素のカメラなのですが、プリントサイズが限定されるので、画素数による細部描写の差違は、感じられないかも知れません。 特に家庭用プリンターでは、600万画素が効果的だと思われるほどの写真にはなりません。カメラが記録したほどの細部描写は無理です。 さてこの商品ですが、明かりが入る部分は、筒型になった左右の空間からしか、光を取り入れられません。そのために、写真が暗くなって、鑑賞しにくいと感じます。 この欠点を解消するために、製品の一部に、明かり取り窓を切り抜いてみました。切り抜いた部分には、補強の意味をかねて、厚手のトレーシングペーパーを貼りました。「メッセージ」や「メモ」を製品に書き込む必要はないので、窓を切り抜く際の目安ラインとして利用しました。 窓を切り抜く大きさですが、【写真1】が最初に作ったものです。この程度(わかるでしょうか?)で、充分に光を取り込めます。トレーシングペーパーで光が拡散されるので、写真の明るさのムラも少なくなります。【写真2】は、もう少し窓を大きくしたほうが明るくなりかと思い、大きく切り取ってみたものです、でもこの状態では、製品の枠の部分に余裕が少なくなって、強度に不安が出ました。【写真3】は、かなり小さめに窓を切り抜いたものです。これでも、トレーシングペーパーで光が拡散されて、明るさは充分に行き渡りました。トレーシングペーパーは、厚手の“製図用”を文具店で見つけて、利用しました。貼り付けには、一般的な両面テープを使用しています。 写真を見やすくするために、ちょっと工夫をしてみると、この製品はずっと使い心地が良くなります。 中国製で安く作られているので、このような加工を施すと、コストアップになりますので、購入者が各自で工夫をするほうがよいようです。.

5枚でこの値段はちょっと高いですね。1枚100円程度になればいいのですが。.

  • 写真が暗く見える
  • Amazonカスタマー
  • ほんとに見えた

タカラトミー 3d ショットカム専用ビューアー 5枚入り 3dショットカム ビューアー

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • サイズ(約):幅10.5cm×奥2.5cm、高さ15cm
  • 対象年齢9歳以上
  • 原産国:中国