買う前に欠点を調べたらズームのダイヤルを回すとカチカチ音を拾うというので録画して確かめたら、確かにカチカチと音を拾いますねー。防水の利点を生かし自転車のテェーんオイルをダイヤル周りにちょっとだけ入れたら、ほとんど消えました。防水だから音を拾いづらい、だから高性能マイクを使った、その結果が欠点にもなるといった矛盾ですねー。録画中に試しに本体を指でこするとその音もしっかり拾いますね(笑)それと録画中に突然切れるので短時間でセーブしながら使った方が良いというyoutube評価もあったんですが初期設定でオートセイブになってたので切りにするとokでした(笑)まあ、全体的にいうとかなり魅力的な商品ですねー。.

ネックストラップで、ぶら下げ、サイドパネルを開いてすぐ撮影。ちょっと前のガラケーをぶら下げている感覚で使用でき(今も、ガラケー)旅行やイベント時に撮りたい時にすぐ撮影出来るカバンやケースから取り出しての撮影、絶えずカメラを持っていての撮影から、解放されました。簡易カメラスタンドも便利ですね。.

Can only buy gwp88 in hong kong. It is best if amazon can delivery this to hong kong directly.

同じものを持ってたのに、修理不能なために買いましました。いま不具合ありません。.

良い点・・・・小さい。 手振れ防止の機能は高い。悪い点・・・・モニタの開きにくさ(シリコン家具滑り止めパッチを貼った)。 持ち難く、手の位置が定まらず、指がレンズにすぐ被る(防止アタッ        チメントを手造りして取り付けた) 撮影ボタン「ムーヴィー&スティル」押しにくく、硬い(円形滑り止めパッチを貼り付けて使用)         ズーム操作リングを回すとキュー音が出てマイクが拾う(編集時カットせざるを得ない、音楽シーンは雑音になり使えない) 強く        握ると、バッテリー蓋がキコキコ音を出し、雑音として記録する、編集でもカットできない(ボディ口にシリコン樹脂を塗りたくって、        蓋とのガタをなくした)。 風きり音が物凄い!(u-tubeを参考にフリースを被せて何とか我慢できるように改造)。 マイク口が        上向きなので、撮影者のコメントが大きな音で録音される。前方に有るべきだ(編集時ヴォリューム操作で何とか使えるが・・・・)*多くの人が星5ツの評価をしているが、本当にそうなのか? 私はパナの使い勝手を良く考えた形が良いと思うが、いかんせん手振れ防止が弱い。 この点がソニーの唯一の利点だ(パナも所持している)。.

水を気にせずに気軽に使用できるので重宝しています。本機はhddが無いので撮影時間はマイクロsdの容量に依存しますので、32gを購入しました。しかし、そんなに長く撮影できるほどバッテリーも持ちませんので、8gを2個購入するほうが良かったかなぁ?運動会やお遊戯会などで半日程度スタンバイしながらの撮影には向きません。待ち時間が長いならこまめに電源を切る必要があります。そうなると15〜30分程度の撮影がせいぜいなので、がっちり撮りたいならもう少し大きな機種を選んだほうが良いです。川・海、スキーなどの旅行でちょっと撮りたい時には大活躍しています。ラフティングした時はもっててよかったと思いました。ただし、静止画の画質が最悪なので、結局デジカメを別に持つか、スマートフォンで静止画を撮ることになります。静止画は諦めて動画専用と割り切っています。.

防水、軽量、高倍率、高機能でバッテリーが小さいので電池の持ちが心配でしたが意外に長持ちで気に入りました。.

シュノーケル時の水中撮影用に購入しました。海と川それぞれ使用しましたが、画質は大満足、使用感は満足といったところでしょうか。画質については、オート機能が優れているため、水中でも適切なモードで撮影出来ます。使用感としては、初めて水中に入れたときに気泡が発生したので、浸水していないかと焦りましたが、使用後2週間以上経ちましたが、問題なく安心しております。水中撮影時はモニタの明るさを最大にするとより撮影しやすいかと思います。難点としては、モニタサイズが小さいため、小さな被写体を追う際に、慣れていないせいかロストすることが多くありました。再生時の画質としても、大型tvにhdmi接続しても全く違和感なく見ることができます。全体としては、水中撮影が簡単に出来、この価格であれば、充分に満足いくものかと思います。.

せっかく撮るなら画質は妥協したくない。でも、かさ張るのはタンスの肥やしになりかねない…。本体買えば、バッテリーやらケースやらメモリー類が必要になるわけで、純正品で揃えたらあっという間に予算超え。最終的にgwp88vとgw66vのどちらかで迷い、店頭で触り比べた結果、66vの軽さ、重量バランスの良さ、安さで66vに。88vはプロジェクター内蔵の液晶を開いたときに手首への負担が意外と大きかったのがマイナス点。液晶の厚みもマイナスだが、重さが結構手首にこたえた。価格も高いし。型落ちの77vも検討したが、防水性能の向上、録画時間が延びたのは大きい。しかもこの機種からmicrosdxcにも対応になったので、64gb以上のカードもさせる。オプションのワイコンも結構使える。道を覚えるのに車載カメラとしても使えそう。一台持っていて決して損はしないハンディカムです。.

 本機(sony hdr-gw66v)はとても気に入っていて、後継機種が出たら即買いすると思います。2013年に発売されてから2年半経っているものの、発売されそうな気配がないですが……。 しかし逆にいうと、既に2年半前のモデルではあるものの、今の自分の利用スタイルからすると、依然として他に欲しくなるビデオカメラが存在しないという感じです。まぁタテ型派だから事実上選択肢がないのですが・・・。 《とにかくタテ型が良い》 私はもともと、友人が昔持っていた三洋のxactiがいいなと思っていて、とにかくコンパクトなタテ型で持ちやすく、できれば防水・耐衝撃のビデオカメラが欲しいと思っていました。 私はべつにyoutuberとかじゃないのですが、スマホと同じノリで毎日ビデオカメラを持ち歩いていて、何かあったら動画を撮ります。例えば送別会か何かでお店に集まった時、スマホでパシャパシャ写真を撮る人は多いと思いますが、私は短くてもなるべくビデオで撮るようにしています。旅行などのイベントの際はもちろんビデオカメラがフル稼働です。こういう使い方だと、遊びに行く時などはズボンのポケットに入れておきすぐに取り出せるというのも重要なので、xacti並のコンパクトさが必要です。 それで実際、xactiの後継機であるパナソニックのhx-wa30を買ったのですが、いくつか不満があったので本機に買い直し(もったいないけど……)、ずっと使い続けてます。いずれも既に生産中止となっていて、タテ型ビデオカメラは世の中から一掃されつつあるのですが残念ですね。 《撮影性能は優秀》 本機は小さくて軽く、タテ型だから手が疲れにくく、防水だし耐衝撃ということもあって多少手荒く扱っても壊れる気配がありません。 しかも、コンパクトなのに撮影性能は十分です。私が求めるのは「毎日持ち歩けるコンパクトさがあり、高品質は求めないが、スマホやコンデジの動画モードでは撮れないレベルの動画が撮影できる」です。性能としては、具体的には、 ・解像度はフルhd(スマホでも満たしてるが) ・60pで撮れる(かなり重要。60iや30pでは不満) ・そこそこの最低被写体照度 ・ある程度広角(35mm換算で28mmぐらいとか) ・手ブレ補正がしっかりしている ・音声が不自然でない といった点で、本機はこれらを満たしているので購入に至りました。  手ブレについては、購入前にyoutubeで他の人のレビュー動画を見たりして、けっこう安定してるなと判断しました。 また、音声についても、防水ビデオカメラは防水加工のためヘンな音になることが多いみたいですが、本機はかなり自然な音だというレビュー動画やブログ記事を購入前にみて安心しました。 一応比較のためにパナのhx-wa30について言っておくと、フルhd+60pでは撮影できない点、手ブレ補正がショボイという点がダメです。また、マイクが液晶モニタの裏側という変な位置に付いているので、撮影している自分の声は入りにくかったり、モニタを折りたたんだ状態で撮影すると本体の動作音を拾ってしまうという点が不満でしたね。 《画角について》 なお、私は室内での撮影がけっこう多いので、画角の広さはとても重要です。本機は35mm換算で29. 8mmで、パナのhx-wa30が28. 1mmなので正直負けてます(小さいほうが画角が広い)が、まぁ許容できる範囲ではあります。 というか、結局28mmぐらいあっても狭いので、ワイコンを買いました。これにより23. 8mmまで広がり、25%程度画角に余裕ができました。生産終了していて入手しづらく、しばらく探し続けてヤフオクで定価の倍額を払って(笑)落札しましたが、私の利用スタイルではワイコンは必須アイテムなので買えてよかったです。 《使い始めてから気付いた良い点》 実際に使い始めて感心しましたが、本機の手ブレ補正は、かなり優秀な部類だと思います。光学補正のみか光学+デジタル補正のみかをモードで選ぶことができて、光学補正は正直全然威力を感じないですが、デジタル補正がとても優秀で驚きました。 もちろん、デジタル補正特有の、やや不自然な画面の動きが少し発生するのですが、許せるレベルです。というかまぁ、手ブレ対策にこれ以上こだわるなら、sonyの他の機種の「空間光学手ブレ補正」月を買わないとダメですね。  あと、光学10倍のズームって、買う前は重視してなくて、どっちかというと画角の広さが気になってたのですが、実際に使うとけっこう便利です。まあ外で動きながら撮ることが多く、10倍も拡大するとブレが大きすぎるのであまり使いませんが、たまに威力を発揮してくれて助かる。 《不満な点》 不満な点も上げておきます。 まず、バッテリーがとにかく持たない。本体がコンパクトなのでバッテリーも小さくて、まぁ仕方ないです。連続だとたぶん1時間程度しか持たないです。なので、替えの純正バッテリーを1個買いました。 最近は、無駄に長回しせず編集時を意識して必要な場面を細切れに撮るようにしているので、結婚式〜披露宴〜2次会を1セットぐらいならバッテリー1個でもギリギリ持つか持たないかぐらいです。2個あっても、1日あるイベントとか、旅行に行って夜に充電を忘れたりすると、不足します。 あと、本体の起動は一応早いほうらしいのですが、もうちょっと早くなって欲しい。さらに、バッテリーを一度抜いたあとに再度起動すると、最初に使用上の注意画面が表示されるのですが、これも鬱陶しいですね。数秒程度のロスではありますが、何かに気付いてすぐに撮影したいときとかあるので。 また、ズームの操作が少し分かりにくい。丸い部品を回す操作なのですが、ズームインはどっち回しだっけ?ってのをよく間違えます。ズーム操作はうまくやらないと見るときに見苦しいので、recスタート前に調整するようにしてるから大問題ではないですが。 音声は、防水カメラであることのハンデは感じさせないですが、本体の構造が簡素化されているせいか、ズームなどの操作音が微妙に入り込みます。すごく静かなところで撮るのなければ全く気になりませんが。.

さまざまな撮影シーンに対応できるので重宝しています。雨の中の移動などに安心して持ち歩けます、撮る撮らないに関わらず、気を使う必要がありません。パナソニックと比較になりますが、ザクティシリーズの優位点は持ちやすさだけです。光学手ぶれ補正、画質、さまざまな面で上です。水中撮影はしませんが、それにも耐えうる防水性能は、防滴などの機種に比べれば安心度が違います。.

SONY ビデオカメラ HANDYCAM GW66V 光学10倍 10m防水/防塵/耐衝撃 ホワイト HDR-GW66V(W) : 小さくて軽く、水中でもきれいに撮れるので、夏の旅行の必需品になりました。キャンプやスキーにも持っていきたいです。.

ものすごく気に入って使用していたのですが、液晶に不具合が発生したため、ソニーに修理に出したところ、「交換するための部品がないため修理不能」との返答でした。購入してから1年以内なのに、修理不能って。。。メーカー保証期間中に対応できないって、一体どうなってるんでしょうか!?気に入っていただけに残念です!(ちなみにお金が全額返金してもらいました。).