デジカメはもう何台も使用しましたが、このカメラはなんといってもコンパクトで持ち歩きが楽!しかも防衝撃性や防水機能まで備わり、難しいカメラの設定も気にすることなく使用出来てます。.

フォルムも機能も気に入り、ソニーでツバイスレンズ これ以上のカメラはないと飛びついて購入しましたが1回海外旅行で1000枚写真を取ったらシャッターが壊れて使えなくなりました。安物買いの銭失いの典型だったと反省しております。購入しないのが正解でした。.

スマホと違ってセキュリティーやバッテリー残量を気にせずに済むので重宝しています。合焦速度もまずまずで、同じタイミングでスマホを構えた方たちがシャッターを押す頃にはポケットにしまえます。.

色がいい。どこにあっても目立つし、且つビジネスユーズではまったく無いのを主張しているのが最高です。加えて、他の色より安く手に入ったのでなおうれしい。 リタイアしたシニアにお薦めです。.

性能は私の使い方では良いです。いろんな写し方ができて良いです。ただ本体はすぐに傷が付きます。傷にたいして神経質な方には不向きだと思います。.

さっそくヨットに持っていきました、防水なので、また花の接写につかうのが楽しみ.

SONY デジタルカメラ Cyber-shot TX30 光学5倍 シルバー DSC-TX30-S

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 光学ズーム5倍/デジタルズーム20倍

★重要!★ 背面はタッチパネルなので持つ時にちょっと苦労しますが、機能で絞ると機種が絞られるので仕方ないかなと思います。一般屋内、天井裏などで現場状況写真(特殊建築物定期調査や建築設備定期検査)撮影用に購入。防水性で、広角が26mm(非常に広範囲が撮れる)、高感度のもので機種選定しtx30にしました。防水性があるので防塵性もあるようです。前面パネルは下にスライドさせると撮れるものです。乾燥肌の方は滑ってしまうかも。。レンズが昔の機種みたいに前ににょきっと出てこないのでいいと思います。.

レンズカバーを開けると、電源が連動して素早く(約1秒)で起動します。高角が効くので狭い所でも使いやすいです。動画もビデオカメラとして使えるレベルですが、電池の消耗が激しいです。連続で15分〜18分程度。内蔵メモリが少ないのでsdカードの同時購入は必須です。クラス4でも使えますが連写の記録が遅いです。(クラス10の2倍くらいかかります。)写真だけの使用であれば4gbでも数百枚取れるので、大容量より、日本製のクラス10 4gb 〜8gb sdカードを2枚の方が使い勝手がいいかも。本体で充電するのが面倒なのでsony アクセサリーキット acc-csbnを同時購入しましたが写真だけなら結構バッテリーもちます。2014-10-28追伸夏に海やプールに持っていきました。ラフに操作しても浸水なし。(水深1m以内)水しぶきの写真や水中の写真、動画はは躍動感があふれ非常にいいです。半年使用しましたが買ってよかったです。おすすめします。.

題記の点は大変結構.仕上りもよい.左端を挟んで持つとレンズが左手の親指で隠れやすい.胸のポケットに入れてうっかりすると落してしまう.耐衝撃とはいっているが、周囲をゴムなどで保護しているわけではないので、コンクリートや石に落すとケースが変形して、本体との間に隙間ができる.(かがんだとき落ちているので、落下距離は1m程度)このような落下事故は保証範囲外で、有料修理となる.私の場合.¥21000.-の見積りであった..

レンズが沈胴式(電源入れるとニュッと伸びる方式)ではないコンデジがだんだん少なくなり、いまはolympusとnikonくらいになってしまいましたが、どちらもアウトドアやマリンスポーツを主眼としていて、cybershot t系のようなスタイリッシュな雰囲気はほとんどありません。確かに現状スマホで撮れますし、いまとなっては向こうの方が画面は大きくて高精細だし、afも速かったりしますし、本体も薄いし、xperiaなら防水でもあるし、t系が割って入れるシーンというのは数少ないです(z5とかまともにやりあっても勝ち目なさそう)。でも、そこはそれ。ただのカメラで、小さくて、シュッと撮れるっていうのが欲しいのです。スマホだとバッテリーや熱の問題もありますし、やっぱりあちらはスマートフォンなので。そういう意味で、こういう小さくて薄くて街中でも違和感なくシュッと撮れるカメラも残しておいてもらいたいと思うのです。後継機開発がなさそうなので(おそらく開発リソースはxperiaとかへ行ってるのでしょう)、大事に使ってきたt30の代替機としてこちらを購入しましたが(家電量販yに在庫多数あり)、できれば後継機を作ってもらいたいと思います。願わくばフットプリントは変えずにもう少し薄く、軽く、でもボディはなるべくプラを使わず(金属外装のt30の方が作りはずっと贅沢です)、広角を22mmか24mm始まりにして、防水は当然ありで、バッテリーチャージャーもちゃんと同梱して、もし可能なら可動液晶にして180度上反転できるようにして(自撮り用…だけどなくてもいいかな)、4万円以下、実売3万円くらいで…どうでしょうか。やっぱり売れないかな…でも、スマホもそろそろ性能飽和状態ですし、バッテリーの劇的進化がない限り、写真や動画撮影能力にはキャップが付きますし、薄さを求めればレンズ性能も追えませんし、やはりカメラ機能は分化させておける可能性も残しておいた方がいいのではないかと思います。sonyさん、5年に一度でもいいので、どうかtシリーズ継続して新型出して下さい。少数派かもしれないけど、切に希望。本体レビューとしては、発売年を考えればスペック的・機能的に文句なし。ただし、外装がだいぶチープになっていて、シリーズの趣旨であるスタイリッシュさからは乖離してきているので★は4つにしました。バッテリーチャージャーが同梱でなかったのも(本体にケーブル接続で給電)マイナスです。.

買ってから何年になるのか、とにかく便利なカメラです。まずは薄くて持ち運びが苦にならない。私はジーンズ派なので右ポケット上の小銭入れポケットにキッチリ挟み込んで使用している(リーバイを履いてるからサイズが合うのかも、ラングラーのパンツの小銭入れは小さすぎて入らなかった)。携帯性最高、散歩には常に持って歩いているし、旅行にも欠かせ無い。次に、「拡大鏡プラス」モードの機能も素晴らしい。僅か3ミリか5ミリの野草の花でも難なく撮影出来る。添付の写真は風が強くて花がビリビリ揺れていたのでピントがもう一つ良くないけど、動かない静物ならなんの不安も無い。仕事上1ミリの機械部品の傷を検証したりする時にモノサシと並べて傷の長さを確認することも出来る。モノサシの最小刻みは0. 5ミリ。ソニーがなぜこのtxシリーズの後継機を出してこ無いのか理解に苦しむ。スマートフォンに移行してくださいよ、とソニーが考えているのであれば、間違い。写真を撮る人の皆が皆ケータイで撮影している訳では無いでしょ。.

SONY デジタルカメラ Cyber-shot TX30 光学5倍 シルバー DSC-TX30-S : この品を買う前も、ソニーのサイバーショットを使っていました。さらに使いやすくなって、防水という点でも気に入っています(前の機種は、雨で壊れてしまいました)もっともっと使いこなせるようにがんばっています。.

Txシリーズ最後のモデルだけあって完成度は高い。歴代モデルの極薄、軽量、防水のいいとこ取りした上に、アルミパネル等外装の質感も文句なし。このモデルならではの接写用のledライトまで付いていて、必死に生き残る道を探っていた跡も見ることができる。microsd採用は意見の分かれるところだと思うけど、現在のスマホ時代を考えると時代を先取りしていたのかな。現代的な視点でいうなら、wifi付けてほしかったり、afは更に速く高性能になったり、gpsくらい一緒に入れられるだろうと邪推したりするけど、現在ではこれが終作。最後だけあってプレミアム価格で取引されててコスパはツラいの一言だけど、あのころのサイバーショットが好きな人はぜひ手にとってほしい。しばし感傷に浸れると思います。立ち返って2019年平成終末期の現在、手軽さや小ささ、防水に高機能性という点ではrx0が後継と言えなくもないかな。また、スマホメーカーが屈曲光学系レンズでズームできるスマホを発表しました。huawei p30 proっていう。薄型・手軽さという点でスマホに喰われたこのシリーズですが、もしかしたら近いうちにxperiaシリーズの中でひっそりと、技術だけでも、復活しないかな……なんて。.

近い物を写す場合は大きく写りとても便利です。オープンのカバーが少しあけ難いくいですが。コンパクトで扱いやすいです。.

少し重いが防水でコンパクト、拡大マクロ+ledでスマホの領域外がいい。.

登山中の撮影に使用するので、反応の速さと耐水、耐衝撃性が気に入っています。最初は指がじゃましましたが今は問題ありません。.

大きさも薄く、ポケットに入りスライドさせるだけで電源も入るため使いやすいです。.

操作性も良く、画質も良くて気に入って使っていましたが、メーカー保証が切れて10日ほどたった時点で故障し、まったく作動しなくなりました。サイバーショットはこれが2台目で、「初代」は4〜5年は使えましたのでたまたま運が悪かっただけかもしれませんが・・・.

長期の海外自転車旅行で使用しました。ポケットに入れたまま水を被ったり汗で水没させたり川を泳いだりし続けても問題ありません。ポケットに入れたまま寝転がって押しつぶしても問題ありません。走行中の自転車から何度も落としましたが問題ありません。前面パネルのスライドで起動するので機動性で有利です。タッチパネル式でボタンが少ないのでポケットから出すときに引っかかったりしません。マイクロusbがあれば充電できるので海外に強いです。道具としての機能性、耐久性、汎用性を含めた総合的な信頼性より星5つの評価としました。.

カメラに関しては素人で、写真は趣味でもありません。旅行先でたまに撮るぐらいです。起動~撮影まで2秒かからない。他のカメラに比べて速いなと思いました。ただし、1枚撮った後の画像処理に時間がかかるので、連写はそれほど速くはありません。普段はカメラをカバンに入れておき、シャッターチャンスがあればすぐに取り出して撮影・・・というスタイルに向くと思います。.

もっと大きい、重いサイズをイメージしていました。オレンジを選択。よく目立っていいだろう。忘れ物防止。内容・操作性は密。いいおもちゃだ。記録簿として活躍しそう。防水、防塵、耐震?アウトドア―に大活躍するでしょう。落とさないようストラップをきっちりして瞬時に起動できるようにしたい。まだまだデジタルカメラデビユー仕立てなので感想評価はこれからが本物。今はここまで。おって追記したい。.

海で使いたくて購入しました!子どもがいるためいつも一眼レフで写す時は濡れないように気を使っていましたが、思う存分写す事が出来ました❗あまりカメラには詳しくないのですが、写真もキレイに撮れるし軽いし小さいし❗と普段使いにも役立ちそうです。オレンジもかわいい❗シルバーウィークにも使います‼.

とった写真のレヴューのボタンの反応が非常に悪い2回3回タッチしないと反応しない、本当にsonyのデジカメか?と疑いたくなるものでした.

防水、小型薄型、使用ケーブルはマイクロusb, 三脚の穴が標準サイズで使い勝手が良いが、長期使用で電池を抑え具が損傷したり電池部がの開閉がおかしくなるなどのトラブルあり。水中仕様のため始めに購入した店では画面保護フィルムは薦めないといわれ、なしで使っていたら小傷が増えたため、再購入。すでに生産中止で、価格は高騰。送られてきた商品は店頭に置かれた使用済みのもの。店内の写真が内蔵メモリに残っていた。新品の表示でしたが?.

以前から同じ商品の古いものを使用していましたのでスムーズに使いこなせました。ただ一点SDカードを別に買い求めないと使用できない旨記載されてなかったのが残念でした。【amazon. Jp限定】transcend sdhcカード 32gb class10 uhs-i対応(最大転送速度45mb/s) (無期限保証) ts32gsdu1e (ffp) を間違って購入してしまったのです。今は机の引き出しで眠っています。.

レンズ交換できる一眼カメラなど合計6台を主に業務で使ってますが、これはサブカメラとしてはなかなか優れものですね。最近スマホの画質が良くなったといっても、起動するのに時間がかかるし、nrは強めだし、光学zoomも無いのでサブカメラとしては使い物になりません。雨中でずぶぬれでも問題ないし、avchd動画撮影できるし、画質もいいのにスリムでコンパクトで、機動性は最高ですね。高機能を小さくまとめるsonyの実力を垣間見る気がします。できればもう一台欲しいです。.

防水性能もあるカメラでスタイルも良く、さらに性能の良さに驚愕し同じものを色違いで妻用にかってしまいました。タッチパネルが非常に使いやすく、瞬時にカバーをスライドするだけで電源が入り撮影が可能になるところもベストです。「スタイル、性能」 全ての面において最強のカメラとおもいます。.

久々のソニーデジカメです、かなり期待しましたが、防水機能を除けば割と普通のサイバーショットです小さい・薄いといってもtx66ほどではないし高級感は感じられません立てて置くには流石にこの薄さで安定しませんねそれからpictbridgeには対応してません、pictbridge対応プリンターにusbで直接接続しても印刷はしません元来そのような使い方を想定してはいないようですね付属アプリも日付アルバム(ipadのような)といった使い方を推奨してるようだし印刷はそこからしてくださいということなのであろう。超初心者にはお勧めできないかな勿論欠点ばかりではありません拡大鏡プラスはledライトが点灯して親切ですがジャスピンで撮るには少々修練がいるかも全画素超解像ズームはかなり使えると思昼間の撮影ではうまくいきましたが、夜間撮影はそれなりでしょうねコンデジですからノイズ処理で画質は落ちますそれから起動はコンデジとしては早いほうの部類だといえますが記録はそれなりに時間がかかりますシャッターを押すと画面がブラックアウトして0. 7秒とかそれくらい記録に時間がかかっている感じです(正確な時間ではない)ただ内部バッファが大きいのでしょうかシャッターーは連続して切れますので撮影には支障はないかと思います。最後にこのカメラを買って良かったかと言えば微妙です、決して悪いカメラではない、が、愛着がわきにくい素材に統一感が無いことが原因のような気がしますこれなら機能を落してもtx66が良かったかなでもさすが裏面照射cmos製造しているだけあって暗い場面には非常に強いです、さすがです。総合的にtx30は現在のデジカメの水準以上であることは間違いありません結果的に愛着は別としてアイテムとした場合コストパフォーマンスは非常に高いですこれを超えるものが出ない限り使い続けるでしょう。.

サイバーショットはこれで3代目か4代目になりますが、どれもその当時は良いカメラだと思いました。今は一眼レフと併用ですが、小回りがきくのと近接撮影ができるので活躍する場面が多いです。ミラーレスも良いですが、この薄さの携行性はなかなか優れものです。.

先日、中古品を当初の2倍の価格でも購入。新古品というほどの良品で満足、ですがさすがにこんな価格なら、新品で売れ残っている他社の某コンデジを買えばよかった思いもありますが、このレンズ格納式は他に変えられません❗️要望は、bionz-x、wi-fi、マニュアル操作(特にシャッター速度優先)が追加されれば鬼に金棒。数少ない欠点ですが、液晶が上位の綺麗なものが搭載されなかったこと(黒潰れ気味)は悔やまれます。コンデジも終息気味ですが、この薄型でevf搭載のカメラや、この薄型で液晶が上下とも90°チルトするカメラをぜひ。まだtxシリーズは終わらせてはなりません!.

残念でした!データーもカメラも紛失してしまう自己責任ということであきらめました。そこで生産中止には、なりましたが同じTXタイプ初期の物を使用していたので、TX30を購入しました。良い所はカメラタイプと違いでっぱりがなくポケットに入れて問題なし。スナップ撮影には最高です。SONYはなぜ生産中止にしたのか分かりません???感度も良く撮影は簡単だし、プリント仕上がりも最高だしなぜ生産中止にしたのか分かりません。大きな会社の考えることはわかりません。知っている方がいましたら教えてください。.

同じsonyのデジカメからの乗り換えでした。まず、起動が早い。蓋?をずらすとすぐ起動します。写真・動画共に機能も充実していて、申し分ないです。が. 動画を撮る時のバッテリーの喰いが半端ない。みるみるうちにバッテリーが減っていきます。動画をこまめに撮るなら予備のバッテリーがあると安心です。あ. まだ水中での撮影はしていません。心配性なんで(笑)。.

接写時にレンズのまわりにライトが点灯して被写体が暗くならず、たいへん良い。外見にプラスチックむき出しの部分があり少し安っぽい感じ。.

 使用後1年余りで破損したので、追記する。評価も下方修正したい。 機種本体の性能には、大変満足しているのだが、購入しようかという人のために、破損したらどうなるのかを記録していたほうが親切かと思い、参考のため、付加する。 同一機種を2台買って、使っている。 購入当初から気になっていた部分が破損したので修理を依頼した。 この機種では、電池を格納する場所に、電池を固定する樹脂製の爪がついている。 電池をバネで排出する仕組みなので、電池が飛び出さないように固定する爪が必要というわけだ。 だが、この爪は電池本体を押さえるには、あまりにも小さい。過度な加重がかかるのではないかと懸念していた。しかも、ソニーカメラの共通の弱点として、電池容量が小さいので、頻繁に電池交換する必要があるからだ。つまり、爪をセットしたり外したりする頻度が多い。 それなのに、こんなにも小さな爪でいいのだろうか。そう思っていた。 そして、懸念していたと通り、1台の爪が破損した。 問題は、そこからである。 購入店に修理依頼して、ソニーから示された修理代金は、17213円だった。 このカメラの購入価格が22000円だったので、実に購入価格の70%を超える修理費用なのだ。 しかも、「全損扱い=修理代80%以上」にはならない姑息な修理代金の設定なのも、気になる。 爪は、カメラにとって決定的に重要なものではない。カメラ本体の心臓部にあたる記録領域でもなければ、駆動部分の破損ではない。電池を抑えるだけのものだ。 設計次第では、本来は必要が無い無駄なものだったかもしれない。 電池の出し入れに不便があるので、場当たり的にバネをつけて、バネを抑えるために爪をつけた。ソニー製品としては、とても不細工な設計による、構造的不具合を内包していたと言えるだろう。 自動車に例えれば、この破損は、エンジンの破損とかではない。燃料タンクの注入口の扉が破損してしまった。そのくらいの破損だ。またはサイドミラーの破損とか。その程度だ。 しかし、修理代金は、まるでエンジンが破損して交換せねばならないような比率。爪をつけなおすために、人手で大部分を分解して、再度組み立てるにしても、購入価格の70%以上を払えというのだ。 納得が行かないので、カスタマーセンターに食い下がった。 修理代金が法外である点。通常の使用をしていて、ツメが破損したので、構造的な問題なのではないか。保証が適用されない点にも納得ゆかない。 これに対して、カスタマーセンターの回答は、「販売価格を安価にするため、人件費がかかる修理代は、お客様からすると高額に見える」「通常の使用であれば、破損するはずがない。お客様が限界を超える圧力を加えたのが原因」と伝えられた。 「高額に見える」のではなく、購入価格の70%超の修理代は、絶対的に過大だと思う。 そして「限界を超える圧力」など加えた覚えがない。そんな圧力を加えようがないほど、小さなものだからだ。意図的に破壊でも企てない限り、狭い空間に太い指をつっこんで破損することなんかできないだろう。破損するには、器具がいるくらい小さな爪なのだ。 「限界を超える圧力」って、どのくらいの圧力なのか。まるで怪力で意図的に破壊したみたいで、承服できない気分である。 デジカメ自体の使用感は、満足しているので、電池押さえが不要な構造に変更するなど、メーカーの改善を求めたい。◆前回までのレビュー◆ このサイズは、T110時代から愛用しているので、携帯性が非常に高いことが最大の長所だ。デジカメの入門機しても、お勧めだ。 ハイビジョン動画撮影ができる。撮影が楽。という点は、T110時代から実感している。しかも、ほとんど同じサイズで、防水、防塵、耐衝撃性能が追加されているので、全天候型の機体となっていて、非常に便利だ。降雨や水濡れを気にする必要がない。機体が汚れたら、水で洗える。 T110時代は、初期設定のレンズが広角すぎるのと、動画と静止画の切り替えが、画面でいちいち変更しないとならなかったが、TX30のシリーズは、外部ボタンで使い分けできる点も、とてもいい。 強いて言えば、電池の互換性がT110との間にないことか。まったく同じサイズで、充電器も共有できるのに、T110電池をTX30で共用できるのだが、TX30電池をT110で使おうとするとエラーになる。微妙な仕様変更がされているらしい。電池を共用したかったので、この点だけが、ちょっと残念。 .