ソニーはRX-100を使用中。メインはD810ですが高画質レンズを装着したときの重さに閉口してもろもろ期待をして本機を購入。結果はかなり微妙な感じで保有継続を再考中です。理由はオートフォーカスの遅さと合焦能力の低さです。レビュー等で覚悟はしていたものの、オートフォーカスは故障しているのかな?と思うくらいに合焦しません。猫の柔らかな動きの瞬間を写そうとすると、まずピント合わせが間に合わずがっかりさせられます。高い評価を得ている画質ですが、薀蓄豊富な方にはダイナミックレンジがどうのとか怒られそうですが、ざっくりいうとコスパ相当で、たぶんカメラマニアの方でなければうまく撮れた時のRX-100の絵と拡大しなければ分からない位です(信者の方、申し訳ございません。只の私感ですのでご容赦を)。 ソニーさんの名誉のために付言すると、RX-100は名機でさくさくストレスなしに撮影できて、画質もA4印刷程度でしたら問題なく綺麗です。本機はかなりカメラの撮影経験が豊富な方で、本機の弱点をよく理解したうえで、小型ボディーにフルサイズセンサー、良いレンズ搭載という意義を評価できる方がご購入すると楽しめるし幸せだと思います。追記 2016年2月15日二か月使用してみて、ツァイスレンズの描写は当初の評価を改める必要ありと感じました。まったくカメラをいじらない人間に本機で撮った写真を見せると、綺麗だと感心されました。私も同感でメイン用にツァイスの35ミリマニュアルフォーカスレンズを購入しました。後継機でオートフォーカスが改善され、かつ値段を2割増しくらいのを出してくれればソニーさんに感謝するところですが、値段倍付けは感心できません。.

Quick delivery;better price;good service;nice rx1r.

レンズ交換ができない単焦点レンズなので、おまけでマクロ機能がつけてあるのは評価できる。でも、望遠とかより広角で撮りたいというニーズは必ずある。ソニーはその要望には応えてくれないようで、オプションとしてコンバーターレンズが用意されていないのが残念。ローパスフィルターレスなのでモアレが出るかどうかが気になるが、液晶画面でモアレが出ても撮影した画像には出ないようです。フェンスや縞模様等々撮影してみましたがモアレは一度も発生したことはあません。かなり優秀なコンピューターを搭載しているようです。.

わたしは、α99を発売時に購入し使っていますが、ツァイスレンズで撮る画像は、キャノンともニコンとも異なる品格の高いもので、絶品というほかありません。この度、RX1がローパスフィルターを外してRとなったので、早速購入し、37年目となる「式根島キャンプ&ダイビング」で試しました。一眼とは比べ物にならぬ小型軽量ですがフルサイズ!こどもたちの魅力あふれる笑顔をたくさん撮りましたが(小型なので撮られる人が固くならずよい表情が撮れます)、解像力では、α99+プラナー50mmを上回る画像で呆れかえるほどです。ツァイスならでは品格の高い色の美しさと共に、大伸ばしにしたプリントを見た人はみな言葉を失います。実在感・立体感では新型プラナー50mmには及びませんが、史上最高の50mmとの比較ですので、それは致し方ありません。とにかく、このカメラで撮れば、唖然!とする絵が撮れることは保証します。ライカのような渋さの美ではなく、輝く地中海のような明るさで、あまりの美しさに息を飲むでしょう。最高の画質を維持する為にレンズ内の手ぶれ補正機構はありませんが、プログラムオートでは感度を高めてシャーター速度を上げる設定ですので、きちんと構えて撮れば、手振れは起きません。ISO6400でも驚くほど綺麗です。デザインや撮り心地は、味や親しみのあるというのではなく、宝石のような硬質のカメラです。一つだけ至急改善を望むのは、外付けEVFのファインダー(必需品)がアングルを変えられるように動くのですが、ロック機構がなく、覗いているとしばしば上方(縦位置では横方向)に動いてしまいます。カメラ本体の問題ではありませんが、これは「リコール」にすら値するソニーの明らかなミスです。.

フルサイズ撮像素子の威力に満足、82歳の僕は多数の機能を備えたこのマシンを使いこなせるまでは生きて居たい.

基本的に人物撮影しかしないので、風景写真や無機物の写真については、私の感想の範囲外ということになる。35ミリ単焦点。レンズ交換はできず、ズーム機能もない。被写体をまじかで撮影したければ相手に近づき、風景の中に置きたいのであれば、自分が離れる。写真撮影の基本に従って、撮影することになる。シャッター音は静かで、カメラの筐体も小さめなので、被写体に威圧を与えることはほとんどないだろう。そして、これまで撮って来たどんなカメラに比較しても、画質は素晴らしい。被写体とすごしたかけがえのない時間を、自分だけのものにした、という充実感が半端ではない。ISO感度も高いので、屋内であればわずかな蝋燭の光を光源として被写体を撮影したとしても、かなり写る。ことに被写体が女性の場合、美肌モードで低照度下撮影すると、6連写して最適化する機能も備わっており、被写体の肌の美しさや輝きが、息をのむほど綺麗に描画する。瞳が大きな人や目力が強い人は、とりわけ素晴らしく写る。屋外よりも屋内。日中の日差しよりも未明や早朝、夕方や夜間といった時間帯は、特にこのカメラの機能を引き出すように思う。電球のような人工照明下では特に強い。他のカメラでは補助光を必要とするような場合であっても、そのままシャッターを押すだけで、美しく撮影することができる。手振れにさえ気をつければ、低照度下でもストロボを使わないほうがいい。ストロボがついているが、私は使ったことがない。使う必要がないほど、暗い場所でも問題なく撮影できる。ストロボはいらないので、上位機種のようにファインダーを標準装備としてほしかった。フレーミングを決めて、呼吸をとめてシャッターを押す。一発必中を目指している私には、これで十分だ。私にとっての欠点は特にみあたらない。だが、私のような使い方を考えていない人のために客観的な弱点も指摘しておこう。動体認識力が遅れ気味で、すばやい動きをする動物や小さな子供を捉えるのは苦手のようだ。被写体の動きを予測してシャッターをきるしかない。自動焦点機能は、確実であるとは言えず、被写体の瞳を捉え切れず、手前の襟元などに合焦してしまう場合もある。最上位のrx1r2と異なり、ディスプレイは固定式なので、高位や低位で被写体を捉えようとする場合は、撮影姿勢を変えるか、フレーミングを予測して見込みでシャッターを押すしかない。バッテリーは、ソニー製のほかのカメラやムービーと同様に、もちが悪い。複数のバッテリーを用意していたほうがいい。映像撮影モードには撮影しながらボタン一つで移行できる。ただし映像の記録を始めると、静止画は撮影できない。また最大画質で撮影すると、記録時間が生じるので連写には不向きだ。連写モードはあるが、私は使ったことがない。防水機能などがない宝石のようなカメラなので、荒天や登山などの状況下で酷使するのはためらわれる。これらの弱点を差し引いたとしても、手にした人は、このカメラで撮影された人物写真の素晴らしさに心を奪われるだろう。心にとまった姿を、思いをこめて撮影する。このカメラを手にする喜びを撮影のたびに味わっている。.

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX1R 2470万画素 光学2倍 DSC-RX1R

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 解像度をさらに極めるローパスフィルターレスモデル
  • 35mmフルサイズ“Exmor”CMOSセンサー
  • 大画面で美しく楽しめる「トリルミナス(R)カラー」
  • 表示言語日本語のみ

レンズは変更できない。ズームも2倍(デジタル4倍)一眼ではない。しかし、基本性能が凄いカメラです。この素晴らしさは使用してわかると思います。.

The auto focus slow though its quite accurate. The picture as such taste of its own. A camera you can have for a long time. And for me, i don’t need no evf to put extra weight & vol.

Rx100を約一年前に購入し、前まで使っていたixyのコンパクトデジカメとの能力の差に愕然とし、今のコンデジの進化に驚きました。初めてiphoneを触ったときくらいの衝撃でした。そこで一撃にsonyのカメラの信者になってしまい、今回かなり値段は変わりますが、rx1rを入手しました。ですのでこれは、一眼レフを使いこなしていたわけではないカジュアルユーザーのレビューということでご了承ください。私は、一眼レフのクオリティには憧れこそあれ、歩くのに邪魔になるレンズ等重い荷物を持ち運びたくないという気持ちが強いのですが、私と同様、カジュアルユーザーからrx1に行く人も多いのではないかと思います。まずは気になる画質です。すべては画質のために私は、コンパクトなrx100から乗り換えたのですが、とにかく「凄い」の一言です。35mmフルサイズってこういうことか、と驚きます。画素数は2430万画素。縦横6000x4000の世界です。通常のパソコンの画面では3倍(面積9倍)に拡大しないと本来の解像度が味わえないし、あの話題の4Kテレビでも横が4096画素ですから、2/3しか表現できないわけで、全画面見ることのできるディスプレイが手にはいるにはまだ当分先のことになりそうです。この画素数ですから、パソコンで3倍(面積9倍)に拡大して見ても、当然まったく解像度は落ちないです。これはすごいですよ。人間の視力では認識できない細かい部分がはっきり写ります。ノイズもまったく認識できません。レンズも画素もボディもみんなスゴイんでしょうね。rx1rは、rx1と比べてローパスフィルターがないだけの差ということですが、線の多い建物等を撮りましたが、モアレらしきものは全く認識できません。rx1rが出て、rx1の価格が下がっていますが、赤い字で「R」って書いてあるだけで、なんか付加価値みたいなものを感じます(GTRみたいな)。これだけの能力をもったカメラなのだから、いわゆる「撮って出し」(デジカメで撮ったまんまの写真)だけだともったいないので、早速lightroomにチャレンジしました。デジカメなのに「現像」というんですね。rawモードで撮影し(jpegモードでも読み込めます)、lightroomに読み込ませ、補正をしてみると出来てきた写真は、もうホント、雑誌とかでみるレベルの写真ですね。こんなことが素人で出来てしまうと、本業のカメラマンさんたちはどうするのか心配になります。逆に言うと、「撮って出し」だけだと、なんだかんだ言ってやっぱりプロの写真には見えません。さらに、rx100の写真をlightroomで補正してもプロのレベルには達せないです。要注意としては、このカメラ、光学ズーム機能はありません。極力メカを排除して究極の精度を期すために犠牲にしたのだと思いますが、カジュアルユーザーの方には要注意です。ただし、前述した通り、パソコン画面の面積9分の1を切り取っても解像度がまったく落ちないだけの能力を持っているので、光学3倍ズームに等しいと言えるのではないでしょうか。当然デジタルズームも可能です。次にサイズです。たしかに一眼レフのサイズではもはやありませんが、かといってコンデジか?といわれたらやっぱりそこまで小さくないですね。rx100は、ストラップを片手にかけて気軽に撮影できましたが、rx1rはとてもとてもそんなわけにはいきません。ショルダーストラップになります。私は多少ながらファッションにはうるさいので、このショルダーストラップはカッコ悪すぎです。recoilという手作りレザーのショップを見つけ、ブライドルレザーハンドストラップに替えるとかなりいい感じになりました。あとケースですが、rx100のときは小さなケースをベルトに通して使ってましたが、rx1rにはちょうどいいケースがなかなかないです。ロープロ フォーマット 100を購入し、サイズ的にはちょうどいいのですが、いかにもカメラが趣味!ってなかんじでしたが、edificeのpuレザーボディバッグを見つけ、これならばレザーでかっこいいし、とても小さいバッグながらrx1がうまく納まって大満足です。総括ですが、今rx100を使われている方、lightroomを使えば、友人や家族はきっとあなたの写真をプロの写真のようだと褒めてくれるでしょう。でもサイズの差はやはり大きく、rx100のように気軽に持ち運びはできません。私は20万だして全く後悔はしていませんが、ご自分のライフスタイルをよく考えてご決断ください。.

孫の写真がプロが撮ったような写真で、何でも撮ってしまいます。また、コンパクトなため何処に行くにも持っていけます。高かったが、大満足です。.

It can bring me beautiful pictures.

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX1R 2470万画素 光学2倍 DSC-RX1R : 高いだけのことはあって、画質はちょっと次元が違う印象。さすがに後だしジャンケンは強い。モニターはappleの”r”etinaノートブックで確認したが、写真に立体感、透明感があるし、その場の空気感までも繊細に美しく”r”ealに映し出されてる。今しか撮れない風景、場面、瞬間をこのカメラで半永久的に残せることの幸せ。値段も高いが、満足感はそれ以上だ。ここはぜひrx1ではなく、ローパスレスの”r”を 強くおすすめ致します。”make. Believe” make a fresh “r”esolve .

今までコンデジ、ミラーレス、エントリー一眼くらいしか使用した事なかったのですが、何気なく撮った写真のクオリティに驚愕です。コンデジに比べると厚く重く大きいし、レンズ交換もできませんがが、エントリー一眼以上の画質を気軽に持ち歩ける利点は何物にも替え難いです。多少撮影シチュエーションに制限はありますが、カメラに詳しくない私のような素人こそ購入すべき商品かと。もっと撮影の腕を磨いて、コイツの性能を引き出してやりたいと思わせてくれるカメラです。.

Still learning about all the features. Hope the next generation will make some improvement in following aspects:1. Besides japanese, adding at least english interface;3. A perfect matched shutter button.

少し重いし、ボリュームがあってポケットに入らないのが難点か?しかし、画像はきれいで文句なしと言える。長く大事に使えるカメラだと思う。.

運動会と秋の紅葉など、今年の家族写真や年賀状のために購入しました。 いつもは、eos1dsを使ってますが重くて、出番も少なくなりがちでした。 rx1rは驚きの質感です。人物とかよりは、自然と人工物ですかね、得意分野は。 連写性能とスポーツや人物等は流石にeosが断然良い。 イチガンとrx1rを使い分ければ、楽しい撮影ができます。 電池は予備をお忘れなく。 ケースは、ポーターがいい感じです。.