思ったよりコンパクトですごい持ち運びやすいです!画質もきれいで愛用しています!.

α99とxperiaz1の間を埋められたらと思い購入しましたが、、ペアリングに時間が掛かりすぎます。この一点が全てを台無しにしています。面白いアイデアと作りのよい仕上がりにワクワクしましたが、まるで儀式のような起動待ちには興ざめです。qx−10も同様でしかも機能が中途半端です。rx100にすれば良かったと後悔しています。.

昨日手元に届いたので使ってみました。各種オートやタッチafは非常に優秀。また、大口径レンズと大型cmosセンサーの組み合わせによるクリアな画像と低ノイズは拡大にも十分に耐えうるレベルとなっています。ズーム倍率を抑えた設計のためワイド端、テレ端ともにディストーション補正も良好です。カメラ機能のスマホからのコントロールも良好ですが、接続するスマホが若干古いため操作が快適とはいきませんでした。最新のスマホ(特にソニー製がいいのでしょうか?)なら、この点は改善され快適度が上がると思います。付属アダプターを使ってカメラに取り付けたところ、200g近い重量が災いしたのか保持した際のバランスはそれほど良くありませんでした。この点についてはqx10の方が良好と推測されます。映像表現としては、カメラを任意の位置に配置しての撮影がスマホ上でコントロールできる点から非常に自由度が高く、工夫次第であっと驚く写真が取れるのではないかと期待できる内容でした。ペットのケージ内にカメラを置いて撮影したところ、興味を持って近寄ってきたペットを正面から撮影することができました。通常のカメラでの撮影と全く違う視点での写真となり、非常に面白い写真が撮れました。さらに何点か撮影したところ、ガラス越しの撮影でやや映り込みが目立つ状態でした。円偏光フィルターが使えれば問題ないのですが、フィルターを取り付けられる構造ではないのが残念。この点を考慮し、☆4としました。wi-fiの通信は障害物なしで5〜6m程度が限界のようでした。スマホとカメラの間を体で遮ったところ、3m程度で接続が切れましたので思ったより通信の強度は高くないようです。スマホと連携可能なカメラ製品も増えましたが、まずスマホありきで作られたこの製品の操作性は圧巻の一言。着眼点は非常に面白いと思いましたが、実際に触ってみてやはり面白い製品でした。通常の撮影に飽きた方には大変おすすめの一品です。.

いろいろなアングルでシャッターが切れるので面白いと思います。また手軽に持ち歩けるので、慣れてくるとレンズだけで撮影もできるようになってきました。暗い処でもクリアに撮れるのでgoodです。ただマクロ的にボケを狙いたい場合はエクスペリアで確認しながらでない無理です。コンデジは面白味がなくなりました。こんな商品が発展していくといいですね。.

  • うわさより使える。
  • ほぼ期待とおりでした。
  • 反応は少し遅い

SONY デジタルカメラ Cyber-shot レンズスタイルカメラ QX100 光学3.6倍 DSC-QX100

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 有効約2020万画素(1.0型 CMOS)/光学3.6倍ズーム/焦点距離(35mm判換算)28-100mm/手ブレ補正○/HD動画対応/液晶なし/Wi-Fi対応
  • 表示言語日本語のみ

包装もしっかりしていて、中古でしたがとてもきれいでした。配送もとてもはやかったです。.

 【2014年1月31日にアップデートがあり、より使いやすくなりました。詳細は文末に追記】まずこのレンズカメラを見て大半の人は「面白いけど…」と躊躇するように思います。そらそうですよね。とりあえずこれを要らないとする理由を挙げると、1.rawが撮れない。2.動画がフルhdではなくhdな上、30fpsのmp4(←アップデートによりフルhdに対応しました)3.反応が鈍い。いや他にももっとあると思いますが。普通に考えたら、このカメラのベースになっているsony サイバーショット dsc-rx100m2でも買ったほうが幸せになれるでしょう。でも「うまく説明できないけど楽しい」というのがこのカメラにはあってですね。必要以上に色んなアングルに挑戦してみたくなるんです。rx100m2もそうですし、ミラーレスのnexにも最近のモデルはwi-fi転送できるようになっていますが、それらの追加機能としてではなくこのカメラの場合それメインですからね。カメラとしてもっさりしているといっても、転送だけ考えれば随分と速いです。自分の持っているカメラだとnex-6というカメラがwi-fi転送機能付きですが、nex-6のwi-fiを立ち上げてからこのqx100の電源入れたって先にqxの方に繋がります。そこはさすがに専用機かと。普通のカメラだって様々なアングルに挑戦する人はいますけど、リモート撮影を常時してる人ってあまり見たことないです。このカメラの場合寧ろ挑戦しないといけないような、そんな気持ちにさせられるのですね。スマホに取り付けできるようにホルダーがついてますが、そんなんよりいつも離して使いたくなる。キワモノなのは間違いないですし、飽きるのも早いかもしれません。でもきっと「こんな使い方ができるんだぜ!」と敢えて探求してドヤ顔する、そんなカメラなんだと思います。ちなみに画質は高く綿密に綺麗で、特にワイド端のf値1. 8は夜景や室内撮りにも有効ですし、被写界深度的にもスマホのカメラとは明らかに違うぜ感をスマホの画面ですら堪能できます。バッテリーがrx100やアクションカムas15のものでなく、sonyコンデジシリーズのものだったので、as15を持っている自分としては使いまわしができないのが個人的には残念でしたが。ちなみにケースは純正のsony ソフトキャリングケース lcsーbblでももちろんいいのですが、単体での持ち運びも視野に入れるならlowepro レンズケース レンズケース 8x6cm ブラック 363016というのもおススメです。久々に持ち歩く喜びを感じさせてくれる商品なので星5で。参考になればコレ幸い。※2014. 31のアップデート内容従来では撮影モードが「プログラムオート」か「絞り優先」の2つで、iso感度に関してはオートのみであったものが、撮影モードに「シャッタースピード優先(30-1/2000秒)」が追加され、iso感度も任意設定(160-12800)できるようになりました。これで撮影の幅が広がり、暗所における撮影にも更に強くなり、長時間露光撮影などもできるようになりました。また動画撮影がhdからフルhdに対応。このカメラの存在として「こうであったら」という部分はかなり改善されたのではないかと思います。.

スマホとのwifi接続も簡単にできた。撮影画像もきれい。qx100を左手に持ち、スマホを右手に持って、ローアングルからの撮影も便利。難点は、撮影後データ保存に2秒程必要な事とqx100の再接続時に多少時間がかかることくらいかな。.

【私は本製品を買おうか迷って、qx10にしたので、厳密には本製品を買っていません】レンズカメラを購入するなら、絶対「qx10」の方をおすすめします。「いや。やっぱりこのレンズとセンサーじゃなきゃ…」とおっしゃるなら、本製品購入でもよいです(笑)← でもそれって、とっても羨ましいです。もし、フルサイズのcmosセンサーやf1. 8の明るいツアイス製レンズに魅力を見いだすのなら、レンズカメラでなく「rx100ii」をおすすめします。【私?私はレンズカメラの「qx10」と本製品と同じ機構をもちいたコンデジの「rx100ii」の二台持ちです】(あなたがとてもお金持ちなら、qx100とrx100iiもしくはもっと上級機の複数持ちでもokかな…?)「レンズカメラ」って、本来はスマホ本体のカメラではちょっと頼りないから、instagram等snsにpostするために購入するという方がほとんどだと思うのです。だったら、「qx10」でもビックリするほどキレイな写真が撮れますよ。スマホにwi-fi接続してつかうのなら、レンズカメラの方が接続(ガジェットとのペアリング)はずっと早いですし、アタッチメントでスマホに固定できるので便利ですが、本来のかめらとしては、本製品では、rx100の機能のうち「プレミアムおまかせオート」機能のみをつかって撮ることになります。これは、マクロ・逆光・明暗・被写体の動き…その他から瞬時に最適のプログラムを選んで写真をとりますから、ほとんどrx100を持っている人でも、この機能で撮るのかもしれません…しかし、せっかく1インチのフルサイズcmosセンサーやf1. 8という驚異的明るさのレンズがついているのですから、rx100のように各種プログラムやマニュアルが使える方がよいのかもしれません。※ 更に2014年春にコダックから100ドルほど安い製品が出ます。外観がソックリでメイン機構はコダック製ですが、スイッチやダイヤル類が本製品とまったく同じで、聞けばsonyのoemらしいです。それを見てから決めても良いかも知れません。【余談ですが…】興味深いことに、rx100iiでwi-fiによってiphoneに転送した写真は1:1の写真で「1080画素×1080画素」ですが、qx10だと「1944画素×1944画素」と倍近く大きくなります。rx100iiの取り説ではファイルのサイズは「2メガ」と書いてありますが、実際は700キロバイト程度の小さな画像となります。レンズカメラではだいたい1. 5〜2メガバイトくらいになります。.

スマホやタブレット端末をファインダーとして使う以上、仕方ないのですが撮影後のデータ書き込み時間が設定解像度に比例して遅いことがかなり難点で、レンズスタイルカメラの欠点かもしれません。ほかに自分の使用環境下では思っていたよりもズームレベルが低く、画質はほどほどですがスマホや携帯のカメラより使い勝手が悪いです。af一眼カメラとの差別化といえばそれまでですが、物足りないでは済まないレベルの使い勝手なので買い替え検討しています。.

とにかく久しぶりにsonyらしい商品企画に感激です。写真を撮るまでの準備に時間が掛かるとか、若干ズームが遅いんじゃないかとかそんなの関係ないです。レンズもcmosセンサーも素晴らしく夜でもフラッシュなくても驚くほど綺麗に撮れます。この値段でこの画質は大満足です。このサイズのカメラなのでソフトキャリングケースに入れて鞄に入れて持ち歩いても全然苦にならないし写真撮るぞ!って気合いを入れてカメラ持ち歩かなくてもよいサイズ感がとても良いです。.

Iphoneでwi-fiにつなぐ時遅かったり時々固まったり…。でも画質とコンパクトさからかんがえると十分すぎるくらい。周りの人にも見た目、画質の良さにビックリされます。.

0型の画質はやっぱ良いですね。4年前のソニーコンデジよりはフォーカスなど早いです。特に暗所や動きのある物に強くなって、hdr(プレミアムおまかせオート)は格段に良くなってます。しかし、本体のアップデートやアプリの機能追加はpcのみと言うのは残念です。.

展示会でフィギュアを撮影する機会が多いのですが、混雑した会場で腰の位置にある物を撮影するのは、大変でした。またお約束アングルになるとしゃがまないとモニターが確認出来ないので。なので、コンパクトでモニターがチルトするカメラがいいなぁと思ってたところに、powershot nが。なやんでいたところにこのqx100が発売されてこっちにしました。モーターショーとワンフェスで長時間運用しました。1型センサーとf1. 8レンズのおかげで室内でもほぼノイズが無く明るい写真が撮れました。この時点でも買った甲斐がありましたが、あらゆるアングルでもモニターが楽に確認出来ます。一脚などを使えば、人垣の上からの撮影も楽チンでしょう。電池の持ちは、スマホと接続したままで、約2時間です。なので自分は、予備電池を購入しました。あとはスマホみたいに充電できるアダプターがあれば、さらに撮影が出来るのですが、、、肝心のスマホ側の電池の持ちですが、iphone5s、 xperia feat. Hatsune mikuともに30%ぐらいの減りで済んでいるので中々優秀なソフトですね。使い方を間違わなければ、メリットの方が圧倒的に上回る優秀なカメラです。.

アイディアは面白いが実用性が無い。流石に画質はそこそだが、充電しながら、撮影できないので、長時間の撮影ができない。いざと言う時電池切れということがある。何故、usbで繋いでスマホやタブレットから給電・確認しながらも撮影できるようにしなかったのかソニーの技術者は馬鹿なんだろうか?何といっても、起動・接続に時間がかかり過ぎる。興覚めです。スマホ用のアダプターしかないのでタブレット用のアダプターも欲しい。まだまだ改良の余地がある中途半端な製品だと思う。.

もう少し望遠がと思ったが、イマイチでした。値段の割にイマイチ。.

アイフオンとの 連携が非常に 悪い うま 行くときは 一発で 繋がりますが ドウカスルト 10回ぐらい遣らないと 繋がらない 時も あります サイバーショット のカメラ の方が 良かった 感じです。.

スマホとの接続に少し時間がかかる。すぐにシャッターを切ることができなく、シャッターチャンスを逃す時が多かった。たまにフォーカスを変えると、スマホのアプリがフリーズする場合もある。静物の撮影に向いているからもしれない。.