価格以上の仕事はしてくれると思います。コンパクトなボディに光学5倍、ポケットに入れて持ち歩くにはいい大きさです。むしろ小さすぎて、手の大きい私は落としそうになることもあります。動画も、静止画もそれなりに撮れてくれるし、価格も安いので買っても後悔はしていません。昨年、キャノンのs100を購入しましたが1年と16日でレンズカバーが開かなくなり、有償修理になると言われたので、直す気にもなれずこちらに買い替えました。今までデジイチもコンデジもキャノンで来ましたが、今回からソニーに変えてみました。3万以上したs100が1年なので、このカメラが1年もてばラッキーです。.

最近はキャノンIXYがお気に入りで使ってましたが雨の日に使用したので故障し、安いカシオの製品を買ったのですがピンボケ写真ばかりで2度も交換してもらいましたがダメでしたので、この商品に至りました。300万画素の時代はすべてSONYを使用してたので信頼はありましたが、昨今の商品をよく知らないのでネットで評価を確認後に買った次第です。最近のはソニーレンズもあるようですが、購入の決め手はやっぱカールツァイスでした。ソニーのセンサーも良いんでしょうね、写りは本当にこの値段では安いなと感じるくらいいいと思います。.

ここ数年の買い替えは全部このシリーズです。薄いのでかさばらず、軽くて持ちやすい。操作もやりやすく画像がきれいです。.

価格も安価で 使いやすく 重宝しています。ありがとうございます。   ぽち.

 発売されてすぐこの機種を買いました。 以前は光学10倍ズームのややゴツい機種を使っていたのですが、長年使ってると自分に必要なスペックがわかってきて、5倍で十分だなと。 画素数も、1500万画素というのはすでにオーバースペックなレベルで、基本的に1000万画素に設定して撮っています(まぁでもほんとは、ほとんどの場合、500万画素あれば十分ですね)。 カメラは、当然のことながら個々人の利用スタイルに適したものを選ぶべきですが、私の場合、デジカメの使用はほとんど「ライフログ」的な用途に限られています。 つまり、旅行とか飲み会とかイベントとかの撮影用がメインで、いわゆる「写真好き」「カメラ好き」の人がやるような凝った写真には興味がありません。 とにかく、観光地のちょっとした景色とか、歓送迎会や誕生日パーティなどでの料理や人の顔が、ブレずに、シャープに撮れれば良い。要するに、facebookやブログの日記にアップするような写真がきれいにとれればいいわけです。 その他には、たまに仕事で、「現場見学」みたいな場面とか、カンファレンス会場で展示物やプレゼンテーションを写真に収めて持ち帰るといったケースがある程度です。 たぶん、そもそもコンパクトデジカメを買う人は基本的に、私と同じような用途がほとんどだと思います。で、そういう用途であれば、多くの場合、スマホのカメラで足りてしまうのもたしかです。実際私も、iphoneで撮ってfacebookにアップというのはよくやります。とくにiphoneのカメラはめちゃくちゃ画質が高いので、「もうデジカメはいらない」なんて言う人もいます。 しかし、iphoneに限らず一般にスマホのカメラは、フラッシュがないし(一応ライトは付いてますけどフラッシュとして使い物になるパワーはない)、光量がたりない暗い場所だととたんに貧弱になって夜景なんてほんとにつまらない写真しかとれないし、そもそも(解像度は高くても)シャッター速度が遅いためブレに弱く、両手でしっかり安定させて撮らないとシャープな写真は撮れない。また、逆光にも弱い。 なので、現時点では、スマホで「ライフログ」「ライフアルバム」用の写真を満足に撮り切るのは不可能で、デジカメはまだまだ必要だと思います。(言い換えると、私にとってはデジカメの役割は「スマホ+α」という位置づけになるわけです。) で、本機種wx50は、暗いところとか逆光にはめちゃくちゃ強くて感心しています。さすが、電気屋で「暗所に強いやつがいいです」と言って薦めてもらっただけのことはある。 ほんとに真っ暗な場所ではもちろんフラッシュをたかないと撮れませんが、たとえば暗い部屋で寝ている人の写真を隠し撮り(笑)するとかいう場合、隣の部屋からちょっと漏れてる光さえあれば、ふつうに昼間の写真かと思うぐらい明るく撮れてしまったりします。最近では、ディズニーランドに「アフター6」(午後6時以降の入場)で遊びにいったのですが、暗くなってからも写真を撮るのにフラッシュを一度も使いませんでした。 スマホよりは感度が高いからシャッタースピードが速くて、当然ブレには遥かに強いし、逆光にも強い。 また、iphoneとの比較でいうと、視野角がiphoneよりは広いので、近距離のもの……たとえば料理の写真を撮りたい時に、iphoneだと少し離れて撮らないとバランスのいい構図にならなかったりするのですが、そういうストレスがないです。 プラスチックの部分が多くてとても軽いし、コンパクトで、動作も非常に安定しています(ヘンな誤作動はない)。 充電はmicrousbの端子を通じて行うので、べつに同梱されているacアダプタがなくても、usb ⇔ microusbのケーブルを一本持っていれば、pcのusbポートとか、(iphone / ipadの予備電源として持ち歩いている)エネループとかがあればどこでも充電できます。 なので、携帯する際の負担感はあまりないですね。上記のような私の「スマホ+α」としての用途、つまり「スマホではちょっと性能が足りないような範囲をカバーする」ためのデジカメとしては申し分ないです。値段も安いし。 あと、動画もかなりきれいにとれます。マイクの性能はやはりビデオカメラには劣りますが、映像に関してはフルhdで撮れるので十分です。マイクも、ステレオ対応で2箇所に付いていて、私がこれまでに使ってきたデジカメよりはきれいに録音できています。.

Iphone7と併用してます。とても小さくて手のひらに隠れちゃいます。撮った画像はsdカードはフラッシュエアでiphoneに転送。光学5倍あるのはやっぱり便利。マクロもバッチリ!液晶もキレイ。先日、乾電池も使えるんで便利かなと思い、nikonのcoolpixL32(2005万画素)を¥6500で購入しましたが、倍の値段出してもこっちの方が断然いいですね。sonyに乾電池対応でこの性能のカメラ出してもらいたいです。.

コンパクトデジカメは、一眼レフデジカメのレンズ1本の値段より安いものが多いです。この商品は、明るいレンズと優れたノイズ処理・高感度処理・手ぶれ補正で、暗闇に近い状況でもしっかりと撮影をしてくれ、それなりの画像を作り上げてくれます。同じメーカーの一眼レフも使っていますが、さすがに画質はこれには及びませんが、夜の町歩き・パーティーシーンなどで、胸ポケットからさっと取り出し撮影をし、また素早くしまうという使い方で、抜群のコストパフォーマンスをもたらしてくれます。一眼レフと三脚を持って遊びには行けません。.

長年使い続けてきたdsc-p100が故障したのでこの機種に買い替えました。まず驚いたのが手持ちでも夜景をブレずに綺麗に撮影できることです。dsc-p100の夜景モードはブレたりピントが合っていなかったりと、なかなかうまく撮れませんでしたが、このdsc-wx50は「手持ち夜景モード」で撮影すると暗い場所でもぶれずに綺麗に撮影ができます。動画は60フレームのフルハイビジョン(インターレース)で撮影できます。手ブレ補正やズーム機能などの性能はビデオカメラと比べるとさすがに劣りますが、コンデジの割には頑張っている方です。なお、バッテリーの持ちがあまり良くないので、予備のバッテリーを用意しておくと安心です。.

利点と欠点

メリット

  • 価格以上
  • さすがSONY!!
  • 今のコンパクトカメラはすごい!

デメリット

スマホを持ってないので、もっぱらデジカメ。以前も同じ型を使っていましたが、壊してしまって、修理に出すより買う方が安いだろうと(苦笑)家電量販店に他メーカーや、新商品も見ましたが、使い慣れてて安いのが一番だなぁと。とても小さい割に画面が大きく、ボタンもシンプルで使いやすいです。.

他機種も似たようなものかもしれませんが静止画は今ひとつです。昼間は塗り絵的で前に使っていたpnasonicfx37の方が良いです。望遠端での描写もシャープさ欠けます。一方動画と暗所での画質ははすばらしいです。7000円弱で購入したのでお買い得だったと思います。.

これだけの機能、性能を備えながら、ここまで凝縮したカメラは、デジカメの鑑ではないでしょうか。似たようなカメラが多く飽きあきしかけた最近のカメラに、このカメラにチョッとした魅力を感じて櫻咲く日を心待ちにしている今日この頃です。但し1万円以下の価額では下げすぎではないでしょうか。もうひとつ、最近になってもmade in chainaの、ムラだらけで、品質の悪さに辟易しています。そろそろ値段が高くても本来のmade in japanを出されたら、と思う今日この頃でもあります。.

用途)出張のお供でスナップを撮る1) オートの判断がすばらしく、「プレミアム・オート」にしてシャッターを切るだけで美しく撮影できます。2) 夜景が美しい。都会の夜景が好きでよく撮影するが、プチ高級機(nikon p300)並だと思います。しかも手持ちで・・3) ともかく小さくて軽い。コンデジは好きで何台も持っているが、最小、最軽量です4) usb充電可能で、しかもusbの形状がスマホなどと同じマイクロb型なので、特別なケーブルが要りません (nikon、casio、olympusにもusb充電対応機があるが、特殊な形状のケーブルが必要) usb充電には賛否両論あります。大量に撮影する人には不便なのでしょう。が、私の場合はスナップ撮りで一日数枚〜せいぜい十数枚程度の撮影なので十分です。小型軽量が売り物なので、正直それほど期待していませんでしたが、いい意味で裏切られました。.

娘がコンパクトカメラが欲しいと言い出した時は、携帯電話のカメラで充分と思っていました。ずっと一眼レフカメラを愛用している私としてはコンパクトカメラなんか中途半端なおもちゃに毛のはえた程度にしか思えませんでした。ところが実際手にして撮影してみるとびっくり。むかしの高級一眼レフカメラでしかできなかったような事も簡単にできてしまいました。軽くて小型なのでどこにでも、持っていけます。おかげでシャッターチャンスが増えますし、気ばらず撮影できます。ただ、シャッターを切る瞬間の指に伝わるあの感触とシャッター音はさすがにありません。最後にレンズはあのカールツァイスです。涙が出そうです。.

ベスト ソニー SONY Cyber-shot WX50(1620万CMOS/光学x5)ゴールド DSC-WX50/N 買い取り