写真の素晴らしさを教えてくれた、nex5もっと長く使うつもりだった、無印のnex5nex5nとnex7が発表になり、nex7のパフォーマンスにノックアウトされ結局nex7を半年待って1月27日に購入無印を下取りに出すか、迷っていたのだがとりあえず、2月に入って、5年ワイド保証を使ってnex5の傷ついてコーティングの禿げた液晶を修理できないか相談したところ可能なので日通の引取りを手配するとのこと無事ソニーサービス負担で発送完了数日して、ソニーサービスから電話があり確かに液晶の交換が必要だが、タイの洪水の影響で部品が入るめどが立たないのでnex5nと交換します、とのこと一週間程して、代替え器としてnex5nをゲットしました後日、3年半分の新しいワイド保証が効く旨の証書も届きましたこれ以上は考えられないと思われる、ソニーストアの対応これからも、ソニーの製品を使って行こうと、心新たにしました結果として、nex7とnex5nの二台体制で行くことになりました主に、nex7とnex5nの違いを比べてみようと思います【デザイン】無印のnex5とは、デザインとしてはキープコンセプトで変わった点としては、本体の上部パネルが一枚構成になったこと上部パネルの前面が斜めに傾斜して、よりシャープになったことグリップの形状はほぼ同じですが、質感がマット調になりより、持ちやすくなったことなどです全体的に見て無印の5に比べて、質感がだいぶ上がってるなと感じますデザイン性は、nex7に比べて、1年前のモデルにしては今でも新鮮で、個人的にはnex5nのほうが好きです【画質】最初にnex7の吐き出す写真を見て、衝撃に近いインパクトがあったので、nex5nの吐き出す写真を見てどうかと言われると意外と、二台の撮影条件を同じにするというのが難しく思ったよりnex7とnex5nの画質面ではそんなに差はないのかなという感じもしますsel24f18z、zeissれんずですが、高い買い物でしたので半日検討して予約入れたところ、12月20日と言われている初入荷をゲット出来ず4ヶ月過ぎましたこのレンズを使えば、nex7とnex5nの差が出てくるのではと思っています【操作性】無印の5において、nexの弱点と言われる操作性ですが、これを改善するために、nex7は電子ビューファインダー+トライダイアルナビnex5nはタッチパネルを搭載してきましたnex7は、ファインダーを見ることを前提にしたので手探りで素早く設定のできるトライダイアル、nex5nは、ファインダーがオプションですので基本は背面液晶を見ながら直感的に操作できるタッチパネルを採用したものと思われますnex5nのタッチパネルは、純正のセミハードシートをすぐに張りましたが、とても反応がよく使いやすいですaeロック機能も搭載されてます、カスタムキー設定できる数も随分増えましたがまだ、割り当てるボタンが足りないです【バッテリー】バッテリーは、無印5、nex5n、nex7共通ですバッテリーの持ちは、nex5nのほうが、無印の5とnex7よりだいぶいいですオプションのファインダーは持っていませんので、つけると同じくらいかも【携帯性】無印の5の、本体のみ229グラムから、さらに20グラム弱軽量化して210グラムコンパクトに磨きがかかりましたnex7とnex5nを比べると、やはりより気軽に持ち出せるのはnex5nかなという感じもします高さと幅が1センチほど小さいのですがnex5nなら小さなカバンに放り込んでという感じになるかnex7と比べて微妙なところです【機能性】nexシリーズは、手ぶれ補正はレンズに搭載されていますsel16f28とsel30m35とsel24f18zには、レンズにも補正機能は搭載されていません同様に、ボディに手ブレ補正を搭載するaマウントの、レンズにも搭載されていないのでマウントアダプターla-ea2を使って、aマウントレンズを使う時も手ブレ補正はないということになりますピクチャーエフェクトは、nex7とnex5nとも15種類と豊富ですクリエイティブスタイルはnex7の13種類に比べ、nex5nは6種類となりますスイングパノラマ、3dスイングパノラマ、手持ち夜景、人物ブレ軽減モードは引き継いでいますマニュアルフォーカスアシストは、タッチパネルのほうがやりやすいです速度優先連射で、画像サイズをjpeg fine レンズの歪曲収差補正を切るとnex5nは、10コマ/秒で、10枚連射しますnex7は、10コマ/秒で、17枚連射しますこの時、露出とピントは、1枚目に固定です両機とも歪曲収差補正を入れると半分ぐらいで連射が止まります動画は、nex5n、nex7ともavchd2. 0対応で、60pのなめらかな撮影が可能です【液晶】5nになって、タッチパネルが採用されました少ないボタンによる操作性の困難さを、大幅に改善していますとても見やすい液晶画面は、変わらずというかより見やすくなったようです上下可動式は、もちろん引き継いでいます【ホールド感】nex5nのグリップも凄くいいんですが、nex7のグリップはさらにラバーを巻いたように手に吸い付きます【総評】同じaps-cセンサーサイズで画素数が2430万画素nex7と1610万画素nex5nを比べているわけですが、ライトルームに取り込んで念入りに等倍鑑賞して比べてみましたが拡大した限りでは、あまり差は感じられませんでした唯、無印の5とsal30m35で撮ったものとnex7とsel30m35で撮ったものを比べるとnex7は、質感、色乗りなど、吐き出す写真に雰囲気がありますそれに比べて、nex5nはnex7と非常によく似た高解像感、リアリティが感じられます総合的に見て、吐き出される写真はほぼ同等ファインダーでの撮影に、力を入れたnex7タッチパネルを生かして使うと、圧倒的な小ささからは思いもよらない操作性のnex5nオプションのビューファインダーを使わなければ費用も抑えられるし、コンパクトに使えていいんじゃないかと想います.

Nex-3から買い替えました。機械としての質感はnex-3よりも明らかに上質です。特にシャッター音が気に入っています。書き込みの早いsdカードを用意すれば連射はたいへん高速で気持ちがいいです。モノクロモードの質は向上しています。フィルムカメラ程ではありませんが、階調性豊かなモノクロ写真が撮れます。また、発展途上ではあってもevfが装着出来るのでカメラの保持がよくなることを楽しみにしています。ただし、以下の理由があってまだ購入していません。絞り優先モードでは、何故かピントが合いません。ピント合わせが出来ないのでレンズが脈動していて気持ちが悪いです。当然のことですが写った写真はnex-3に較べるとボケたような写真になります。お任せモードではこの脈動は起こりません。ピントについてはコンデジのixyの方がはるかに優秀です。画像素子と処理プログラムがよくなっているらしいので画質の向上を楽しみにしていました。しかし、残念ながらむしろ低下したと感じています。付属の16mmやズームレンズともに、周辺部分の色収差が顕著です。心配なのでメーカーに問い合わせたところ対応は丁重でした。でもその判断では、これは所定の規格内だそうで、私が期待し過ぎていたようです。nex-3に戻りたいです。nex-3とも共通ですが、ストラップがジョグダイヤルに当たると設定が変わってしまいますのでご注意を。.

ミラーレス一眼で静止画はもちろん本格的な表現が可能でお勧めですがその画造りがそのままハイビジョン動画にも活用できます!これは驚異的で新開発のノイズの少ない高感度exmorcmosを採用していることもあってiso感度を高く設定して(6400,12800など)シャッタースピードを1/50,1/60にして夜間の街や景色をハイビジョンの高画質で照明無しで神秘的な明るい映像で撮影できます!このような技はビデオカメラでは不可能でまるで映画の夜のシーンのような映像が簡単手軽に撮影できてしまいます!本来はビデオ撮影に向いているnex-vg20が理想なのですが小型でしかも半額以上も安くほとんど同じ品質の動画が撮れるとなれば穴場的な発見です。マイクが補助的な物ですのできれいに音を取るには別売りのマイクがお勧めですがレンズを取り変えて様々な映像を小型軽量なカメラでお楽しみいただけます!バッテリーもスタミナで観光などでしたら夜まで1本でも十分持ちます。メモリーは32gbがおすすめ!最高画質で500枚以上写真を撮って動画を3時間弱(fhモード)撮ってもまだ余ります!.

動作内容も確認し、とても満足できる商品でした。商品も綺麗でした。.

I want to buy it but i want to know first if it has english?.

今までは、一眼レフでフィルムを使っていました。が、デジタルはどうか、と、使ってみました。まだ使いきれませんので特別ここに書けません。お許しあれ。もう少し使ってから、また、書きましょう。.

利点と欠点

メリット

  • 良かったです。
  • 安くて良いもの
  • 7に劣らぬ名機5n

デメリット

ベスト ソニー SONY ミラーレス一眼 α NEX-5N ダブルレンズキット E 16mm F2.8+E 18-55mm F3.5-5.6 OSS付属 ブラック NEX-5ND/B レビュー