ソニー(SONY) ソニー SONY ミラーレス一眼α NEX-5 ダブルレンズキット シルバー NEX-5D/S – 簡単にコンパクトカメラとはひと味違う写真が撮れました

2010年6月に購入しました。自転車に乗りながら街の風景を撮りたいな。と思って購入しました。小さくて軽いので重宝しています。ボディケースを付けて、SEL18200を装着しても約960グラムです。サードパーティからお洒落なボディケースやストラップなども豊富にラインナップされているのもポイント高いです。ファームウェアのバージョンアップもPCがあれば簡単に出来ます。このファームウェアのバージョンアップではかなり使える機能が追加されました。録画機能は1回の録画で30分まで撮れます。画質もキレイです。録画時間の制限がなければもっと良かったのですが。。。長時間の録画を考えている方は32GBのSDHCカードがあれば充分でしょう。録画はAVCHDで30分録画でバッテリー約30%消費でした。ちなみに30分でメモリは3.58GB食いました。またNEX−5本体が若干熱くなりました。ライブハウスで2時間録画しましたが問題なく撮れました。ただ30分ごとにシャッターを押さなければなりませんが。バッテリーは予備に1つ購入することをお奨めします。液晶画面の保護フィルムは絶対に必要ですね。あとレンズがシルバーなのでカメラ本体もシルバーをお奨めします。.

これまで使っていたコンデジが落下で故障、修理中で購入を検討。これを機にデジタル一眼を検討するも、価格とスタイルを考慮、そして重さや「かさばり感」を考えた結果、購入。非常にコンパクトで撮影時のホールド感も良い。バッグに入れてもすぐに取り出せ、撮影できるのが良い。画像のクオリティも一眼並みで満足でき、誰でも簡単に撮れるという点で、家族向けのカメラ。シルバーは塗装がはげる、などのクチコミもあり、ブラックを購入。しかし、シルバーの方がsonyらしく、スタイリッシュである、と思う。.

性能、価格面ではおおむね満足ですが、一昔前の銀の携帯のように、激しく色が落ちます。床に当たる面は3週間ほど、本体の角の部分は2ヶ月ほどで色落ちしました。いまどきコンデジでももう少しましな塗装ではないかとがっかりです。一気にみすぼらしくなりますのでこの色を購入されるときは気をつけてください。まあ進歩の早い製品ですから、ぼろぼろに落ちるころには新モデルが出ているでしょう。、本体だけ買いなおせということでしょうか。.

この商品は、撮影することよりも、いろんなボタンやダイヤルをがちゃがちゃ操作すること自体が好きな人には向いていません。重いカメラが好きな人にも向いていません。何を示しているのかさっぱりわからないカメラの専門用語を、マニアックに披露したい人にも向いていません。成果を出すことより、どれだけ作業をしたかということに重きをおく人には、噴飯もののカメラです。だって、今いったことは、nexでは、何一つ実現しませんから!でも、「いい写真を撮りたい」「自分が撮りたいイメージを形にしたい」という成果にフォーカスしたい人には、これまでのデジタル一眼にはなかった、別次元の楽しい撮影体験が待っています。このカメラでは、成果を出すために、ムダな作業は必要ありません。人間がやることは、「撮りたい写真のイメージに集中」することだけです。ほかのことは、すべてカメラ側でやってくれます。発売前にかなりのネガティブキャンペーンがネットにあふれたので、とても心配していました。しかし、商品が届いてみると、すべての心配はふっとびました。このnex-5は、カメラのユーザー側にたった本質的なマーケティングのもとにつくられた傑作だと思います。★「いい写真を撮るために、マニアにならなくても大丈夫!」という、メッセージが、操作体系のすべてに感じられます。nex-5は、プログラムオートがとてもよくできていて、ムダな動きをしなくても、だいたい良く撮れてしまいます。風景は、オートhdrを使うと、ほっといてもいい写真になります。でも、こういうマニア否定のレビューを載せると、マニアからそれこそ、ネガキャン受けてしまいそうで恐いデス.

今までコンパクトデジタルカメラの3万円ほどのものを買い換えてきましたが、この商品のデザインがとても気に入り、発売日からすぐに購入しました。ひと月に数十枚程度しか撮らないため、あまり活用していないような気はしますが、簡単なメニューをダイヤルで選び、シャッターボタンをポンと押すだけで、コンパクトカメラでは撮れなかったような写真がすぐに撮れるので、大満足です。初期には電池の持ちが悪い問題がありましたがファームアップで改善し、私のように頻繁に使わない使用法でも、次に電源を入れた時バッテリーがカラということはありません。操作で少し変わったことをしようとするときも、メニューからダイヤルキーに登録可能ですので、やはり簡単な操作で写真が気軽に撮れます。本体がコンパクトでレンズを2つとバッテリーなどを持っていても苦にならず、少し大きいコンパクトカメラの感覚で使っています。いろいろな簡単さを重視する方にはとてもおすすめの商品です。.

デザインですが無駄を削ぎ落した精悍なフォルムですはじめにレンズありきという感じのすばらしいガジェットといえますズームレンズのデザインも近未来的というか、本体にぴったりの感じレンズマウントあたりの本体とのかっちり感はすごくいいですsel18200のレンズのデザインもよく、レンズより本体が小さいnex-5の特徴を極限までデフォルメした感じでいいですアルミのレンズの質感も、ズームしたりフォーカスしたりするといい感じです画質について今まで使っていたサイバーショットの絵と比べると同じ庭をとっても一目瞭然です、インパクトありますボケを意識して撮るなんてことはサイバーショットでは、不可能に限りなく近かったですがなんとダイアルでコントロールできるとは、凄いです30インチのデルのモニターで写真も見てますが今まではフルハイビジョンの動画に合わせて解像度を1920*1080にしていましたサイバーショットで撮ったものを見てる分には感じませんでしたがnex-5の静止画を見るうちに、もっと解像度を上げたほうがいいことに気づき今はモニターの上限の、2560*1600ピクセルに設定しています、nex-5でとった高解像度の写真もとても綺麗に細かく表示できるようになりました操作性についてですが今まではサイバーショットの操作系に慣れていたわけですがなんと、ボタンの数は、サイバーショットより少ないですそれより、ずいぶん親切に分かりやすくなったなという感想です十字キーがくるくる回って楽しいです2010年10月14日に二回目のアップデートがあり、さらに便利になりましたマウントアダプターla-ea1を介した際に、aマウントレンズはマニュアルフォーカスのみでしたが、すべてのssm/sam搭載レンズでオートフォーカスが可能になりまた、よく使うモードや機能をソフトキーに割り当てられ、ボタンを押すだけでスピーディーに設定を変更できるようにそして、メニュー第2階層の最上段から最下段、最下段から最上段へのカーソルの回り込みができるようになり最後にカーソルがあたっていた項目をラストカーソルとして覚え、再度同じ第1階層の項目を選んだときはラストカーソル位置にカーソルを当てるようになりました「iauto(おまかせオート撮影)モード+背景ぼかしコントロール」および「絞り優先モード」において直前の絞り値をキープしたまま動画撮影が可能となりましたmfアシストの拡大初期位置の変更がなされて今までは、拡大位置を変更しても、mfアシストをやり直すと常に中央にもどっていましたがmfアシストの拡大位置を変更した場合、拡大位置を記憶するようになりましたこれだけの機能が、アップデートで進化してくると、使っていてほんとに良かったと思いますソニーのカメラは回転が早いので、最新版を持っていようとすると下取りと買い替えが大変ですがnexの場合はじっくりファームで育成の方針にしてくれると助かりますバッテリーについて色々な書き込みで、一日おいておくとなくなるとかまあ、デジカメを買うと、スペアの充電池はいつも買っているのでアクセサリーキットacc-fwcaをアマゾンで買いました予備の電池と50センチ四方ぐらいのラッピングクロスとレンズカバーホルダー、太いショルダーストラップなどついてました。ケースとか革製のをごてごて付けるの嫌なので最初は本体に付属のストラップをつけていましたがそれでも、ちょっと大袈裟かなとも思い、いまは片手で持ちやすい帆布のカメラ用ハンドストラップをつけてますacc-fwcaのストラップは相当太いですし、本体付属のストラップもいまはケースの中で眠っていますというわけで電池二個体制で使ってますが使わないで消耗するという感じはしないですガイドをずっと見てたりすると、それなりに減ってきますが普通に撮ってる分には問題ないレベルです携帯性について普通の肩掛けカバンに、標準ズームレンズに、レンズフードつけてラッピングクロスで包んでいれてますがカメラ用のケースがもう一個必要という感じではないですこのへんの自由さがいいですねsel18200ズームを持ってズーラシアにも行ってきましたが装着したままで、ラッピングクロスで包むことができずっしりと重くはなりましたが、まあ普通のカバンで持ち運びできるレベルですやはり、本体が小さいのが効いてると思います機能性について2010年9月10日にハンデイカムNEX-vg10が発表されましたがイメージセンサーなど主な部分、eマウントレンズも含めてフルハイビジョン画と静止画撮影などができるように設計されているようでnex-5でも、実際にとても綺麗な動画が簡単にワンボタンで取れます連射機能も相当早くて、最高画質で秒間七コマで14−5枚撮れますその後も全く止まるわけではなく、秒間2. 3枚で撮り続けられますシャッター音は、一眼のメカニカルな音質で本当にシャッターが動いているのを感じれて一回シャッターをきると、かしゃっかしゃっと、シャッターが開いて閉じるのを感じれます最初このシャッター音を聞いて連射モードにしてるのかなと勘違いしたくらいまた3dパノラマも、なかなか面白そうです、自分は3d環境にないので宝の持ち腐れですが^^普通のパノラマもサイバーショットに比べると、ずっと解像度の高い画像で記録できますその分ファイルサイズは大きいですが、パソコンや液晶テレビでで拡大してみると、その違いは歴然ですまた、2011年6月20日からnex-c3の発売に伴い3回目のファームウエアのアップデートが公開され、「ピクチャーエフェクト」機能の追加ぱなやオリにあって、nexになかったのがこの機能ですねもう一つの改良点が mf(マニュアルフォーカス)時のピーキング機能の追加これはマウントアダプターを使ってマニュアルフォーカスで撮影するときにすばらしい効果を発揮しますピントの来た写真が撮れる割合が格段に上がりました液晶についてチルト可動式の3型ワイドモニターですが花を地面すれすれからとったり高いところの木にある花をとったりと大活躍です画面の明るさを野外晴天にすると、ぎらぎら日が照っていてもとても綺麗でボケとかもわかるんですが3. 5型のタッチパネルにしてくれたら良かったのになと思いましたtx9では可能なのだからソニーさんが本気出したら3. 5型のタッチパネルのチルト式ってのができそうな気がしますホールド感についてこれは文句なしにいいですカメラの適度な重さに加え、右手で支えるのに最適です今までサイバーショットを使ってきましたがつまむ感じで撮影するのに慣れてましたがnex-5で撮ってみるとこれがカメラなんだなと、再認識です感想としては私のような、一眼レフ未経験の初心者にとってはデザイン、画質、操作性、機能性、携帯性などとても高いレベルで実現している素晴らしいガジェットだと思いますeマウントのレンズのロードマップも公開されてeマウントレンズが7本追加されるようです、楽しみです2011年2月10日に、新色のゴールドがダブルレンズキットに追加されました、とてもいい感じの色なので、女性の方でかわいい色をと思っている方も選択肢の一つにするのもいいのではないでしょうか.

マイクロフォーサーズを持っているのですが、つい買ってしまいました。オールドレンズ遊びが目的だったのですが、実際に6ヶ月ほど使うともうNEXに惚れています。気に入っているところ。1.斬新なデザインで、小型で、実用的なところ。 実際に手にするとボディーの薄さとそれでいてグリップしやすいことに感動です。 またボディをはみ出すマウントとレンズもカタログでは違和感あったのが、使ってみると持ちやすく収まりも良い。 なんと言ってもこの小ささには感動です。2.APS−Cの画質 ボケ描写、暗部描写で、やはりコンパクトデジカメとは隔絶しています。 また、暗所、高感度に強く、手ぶれ補正無しで不自由を感じません。3.コンパクトデジカメの延長の撮影しやすさ。 普通に家族写真や街撮りなら、iAutoやシーンセレクトで押すだけです。4.本気に応える機能。 絞り優先、シャッター優先のオートやマニュアルもこなしますから、ここ一番の写真もできます。 滝を撮るのに、水滴を止めるのも、流れを白い糸にするのも自由自在。5.まめなアップデート。 NEX−C3に搭載されるピクチャーエフェクトやピーキングMFをファームアップデートで搭載してくれたのはうれしい。 買い替えさせようと言うより、ファンを増やそうというように感じる。6.フルハイビジョン動画も良い。 42インチテレビで見てもきれい。何か映画を撮ってみたくなるほどです。 静止画より少し画角が小さくなるのが残念です。正直に言うと、最近NEX−5しか持ち歩かないくらい好きなので、少し割り引いていただいたほうがいいかも知れません。一点だけ期待しているのが、レンズラインナップの拡充です。パンケーキレンズの解像感が今ひとつのように思います。35mm換算くらいのスナップ用レンズ、そして大口径の標準から中望遠レンズがあると人物撮影用にうれしい。近い未来に一眼カメラはみんなこうなるのではと感じさせてくれる、良い買い物でした。.

画質はやっぱ一眼デジって事もあってとても綺麗です。今までコンデジを使用してましたが差は歴然。。。ズームは機能はコンデジの場合ズームして撮影するとちょっと粗さが目立ったりしますがズーム撮影してもとても綺麗です。贅沢いうともう少し伸びないかなと。。一番気に入ってるのはこの重量感。コンデジでは味わえない重すぎず軽すぎずって感じでとても扱いやすいです。グリップも握りやすく手元が安定して撮影しやすいです。本格的すぎない一眼デジが所望なら絶対にお勧めです。.

利点と欠点

メリット

  • 新しさを感じるカメラ。良いレンズが欲しくなります。
  • これは
  • いい商品でした

デメリット

価格が安く、ちゃんと動作するかと心配でしたが軽快に動きます満足しています。.

銀塩フィルム時代に一眼レフカメラのミノルタαを使用していましたが、デジタルに変えてからは、今回で5台目。小型のものは、画質に満足せず、何度も買い替えていましたが、今回は、手軽さと画質の良さの両方で大満足。家内と秋の伊豆旅行には持ってこいの画質と手軽さのカメラでした。お薦めです!.

海外旅行用に買いました。一人旅行でしたので、荷物もあまりかさばると邪魔と思い、なるべくスリムなものを探していました。ただ、海外旅行なんてなかなか行けないので、少しでもよい写真を綺麗に収めたいとのことから、こちらのカメラを購入。小難しいことはあえてかきません。1.使い勝手いつも使っている普通のデジカメと同じ感覚で利用できます。でも、出来上がった写真はしっかり一眼レフみたいな仕上がりです。シーンごとに全自動でいろいろとカメラの設定を変えてくれる、フルオートモードがあるので頭使わなくて簡単です。また、ムービー録画も、カメラに録画開始ボタンがついており、ワンタッチで簡単でした。走行しながら写真を撮ると、通常のデジカメではボケてしまって撮影できませんが、こちらのカメラはシャッタースピードを最大限まで上げることで、車内からも綺麗に風景写真が撮影できました。2.画質やはり普通のデジカメとは明らかに異なる画質です。とても綺麗ですね。3.望遠性能自然がたくさんあるヨーロッパ旅行でしたが、湖、山、動物、自然とばっちり撮影できました。欲を言えば、さらに望遠可能なレンズがあれば、もっとたくさんの被写体をおさめることができたと思います。4.携帯性これが一押しですね!とにかく邪魔になりません。ゴツイ一眼レフ、たしかに性能はよいでしょうが、やはり写真は気軽に取れてこそ日常に溶け込めると思います。その点、このカメラはとにかくコンパクトに作られているので、持ち運びも楽ちんです。レンズの取り外しも簡単ですし。マニアな撮影をしたい方にはお勧めしませんが、普通のデジカメの延長で綺麗な写真を撮りたいという方には、最高の商品だと思います。.

特徴 ソニー SONY ミラーレス一眼α NEX-5 ダブルレンズキット シルバー NEX-5D/S

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:

ベスト ソニー SONY ミラーレス一眼α NEX-5 ダブルレンズキット シルバー NEX-5D/S 買い取り