ソニー(SONY) ソニー SONY ビデオカメラHDR-CX675 32GB 光学30倍 ホワイト Handycam HDR-CX675 W – コストパフォーマンスに優れたベストバイ

8年前位に買ったhddハンディカムと比べて、かなり小さく本体にあるボタンも数個しかないくらいシンプル。手ブレ対策に高価なスタビライザーも真剣に考えていた時期もありましたが、空間手ブレ補正という斬新な構造にも関わらず値段が安いですよね。撮影は、他人が見やすいように気を付けているので、スタビライザー内蔵のカメラは本当に有り難いです。まさに運動会に威力を発揮しますよね。これから色々な撮影が楽しくなりそう。小さいので気軽に持って行けます。ちなみに付属してるバッテリーだと1時間くらいしか撮影できないので、予備バッテリーも買いました。それとレンズが動くため、汚れた時の拭き掃除が難しい事と、ホコリ侵入予防で46mmのレンズフィルターも買いました。運動会で使ってきましたが手ブレ補正がかなり効果的で、望遠撮影が楽しくなります。でも、望遠にすると画質がかなり劣化してるように感じます(光学ズームでも)。手ブレ補正が優れているだけに、もったいないと感じました(‘・_・`).

そろそろ 限界になって来た 前型からの乗り換え 前型と操作系がさほど変化無いので 説明書読むことなく 使えてます 画質に関しては さほどの変化は感じられませんが ピント合わせは こちらが早く 賢いので これだけでも 良かったと 感じられ 乗り換えて正解かなと 感じました ただ 暗所のノイズは さほど進化はないかなと 印象受けました.

子供の記録撮影とyoutube動画撮影用にと購入しました。1)必要な機能を装備してこの価格!どうせ新しいビデオカメラを買うなら押さえておきたい様々な機能を網羅してくれているのがこちらのhdr-cx675でした。・新 空間工学手ぶれ補正 上位モデル同様の高性能な手ぶれ補正を搭載・ファストインテリジェントaf オートフォーカス性能を大幅に向上。 ロックオンでの自動追尾にも対応・xavc s対応         50mbpsというハイビットレートに対応してくれるのが嬉しい!・マルチアングル対応     hdr-as50を持っているのでソニー製品との連携にはこれ・wi-fiで画面共有       ズーム(低速)と録画/停止のみですが、スマホで遠隔操作、映像確認ができる・内蔵メモリー          32ギガバイトの内蔵メモリーで最高画質でも1時間近く撮影出来ます。・usbケーブルを内蔵     ハンドストラップ部にusbケーブルを内蔵、データのやりとりや充電ができ、モバイルバッテリーからの給電にも対応・ホットシュー          ソニー独自規格なので変換アダプタが必要ですが、外部マイクを使用するのでハードポイントとして必要・外部マイク入力        外部マイクを使うので無いと困る!これだけ出来てこの価格は非常に嬉しい!2)逆に削除した機能・4k対応            正直うらやましいですが、家の液晶もパソコンの画面もしばらく1080pなので不要かなと。・バリオゾナーテッサー    レンズが1ランク安くなってます。残念。3)ちょっと残念なところ・ホットシューのカバー    スライドして本体内部に収納されるタイプだと非常にスマートですが、こちらはカパッと開くタイプ・外部マイク端子の位置   液晶モニターを開いたところの本体側にあります。マイクをつけたまま液晶しめられない・・・総評それにしてもこの価格でこの性能。そしてこのコンパクトさ。最高ですね!レンズ保護のためにプロテクターとレンズキャップを購入しました。買って良かった♪.

すぐに壊れた!メーカーに問い合わせたが横柄な対応!まったくダメ!.

Made in china になって、ソニー製品に品質の当たりハズレ出てきましたね。性能はいいので重宝しています。.

お店で簡単な物とだけ指名したらこちらを強く勧められました。レンズ自体がユラユラして手ブレを補正してくれるところを目の当たりにしてまず気に入り、ハードディスクに32か34ギガ分録画出来ますがmicrosdカードも併用できるし、静止画も9ギガ(動画と静止画って別なんですね…知らなかった)分撮れるそうです。wi-fiに繋げるのも良かったです。我が家には4kよりもこちらの方が都合もよく、もちろん操作も簡単で撮った動画も大満足。しばらくは買い替える必要もなさそうなモノが買えたと思います。.

Cx590vを持っていましたが、ディスプレイが壊れてしまったため、乗り換えました。同じソニーハンディカムのため、操作はほとんど変わらず、説明書を見なくてもカンタンに操作できました。我が家ではブルーレイディスクレコーダーもソニーのため、usb接続してワンタッチするだけでレコーダーに取り込みすることできるのもとても便利。外側からレンズを見ると、水に浮いているように中でゆらゆらとしています。手ぶれ補正してくれそうだなとワクワクしますw。本機は「マイボイスキャンセリング」という撮影者の声を低減してくれる機能もあります。前の機種では、私の声が入らないように黙り込んで撮影するということが多々ありましたが、やはり話しかけないと赤ちゃんなどのリアクションが撮れないという悩みがありました。しかしこの機能を使うことで、私の声が小さくなるので(完全には消えないけど)気にしないで撮影することができるようになりました。本機はwi-fi接続でスマホに撮影した動画を転送できます。撮影時には高画質動画と同時にスマホ向けの画質の動画も録画しています。(設定でoffにできる)本機ディスプレイに表示されるqrコードを読んで接続することで、パソコンやレコーダーを介さずにスマホに転送することができます。snsへのアップや、その場にいる人への転送もカンタンにできると思います。その他、wi-fi機能はパソコンへの転送やテレビでの再生、スマホからのリモコン操作などでも使うことができるそうです。.

小型軽量は良いのですが、玩具のようで質感がないことと高額ズ-ムが40~50倍くらいほしい気がします。手ぶれ補正は、歩行撮影しても静止殺意に近く非常に制御され素晴らしいです。現在貴社のdcr-trv9を愛用していますが、手ぶれ補正と画質は格段の差です。ただtrv9に比べますと機能が省略されているのが残念です。.

利点と欠点

メリット

  • 運動会用に購入満足
  • CX535からの乗り換え
  • 再生画質は満足

デメリット

安くて買えたので良かったです。ただビデオの性能は数年前前に買ったものとそれ程違いが無いのは残念。.

いつも通り丁寧な梱包に安心。欲しかったものが安く買え、数ヶ月経ちますが問題無く使えています。自慢の手ブレ機能はさすがと、言ったところです。コレを使ってしまうと、他のカメラのブレは気になってしまうかもしれないので、中毒性抜群の製品です。.

今まで使用していた機材は、キャノンhg10というhddの機種で、撮像素子が大きめで、ライトもついており、画質的には満足でしたが、何せ重いため、長時間用のバッテリーだとちょっとした筋トレができるくらいでした。また、バッテリー交換もしなければならなかったこともあり、入替をした次第です。今回購入の際には、cx680とも比較検討したしたが、記録容量の違いしかないようでしたので、安いこの機種したうえ、浮いた分で、メモリーカードを購入したことで、容量の不足も補うことができたので、よかったです。そもそも、64gb分の撮影する前にバッテリーが持たないと思いますので、自分的には、フルハイなら32gで十分だとおもいます。重さも、565g(hg10)→360g(cx675)と200グラムも軽くなり、いままでなら10分構えると嫌になりましたが、これなら1時間くらい手持でも行けるか!?というくらい違いがあります。あと、ソニーご自慢の「空間光学手ブレ補正」ですが、他の方も仰ってるように過剰な期待はできませんが、ワイド端で撮る場合はほんとに効果ありで、ほんとに手持ちなのというくらい安定してます。(ただし、テレ端は、それなりに揺れますというか、酔いますw)少し残念な点は、前機種購入から8年経過していますが、画質はほぼ変わらず、ハイビジョンはこの辺が限界なのかと思います。これ以上望むなら4k行くしかないないんですね・・・.

Gopro的なカメラを使っていましたが、手振れ補正が欲しくなって購入してみました。使ってみたところやはりアクションカムとは比べだいぶ見やすい映像となりました。バッテリーの持ちもよいし、操作も簡単で満足しています。欠点的なのを上げるとすると、mp4形式で撮影できるけど高画質撮影はできないことと静止画モードの画質がちょっと残念なところですね。この辺はカメラと使い分けていくのがよさそうです追記mp4の高画質録画はxavcs方式と設定を変更するとこで可能でしたので訂正させていただきます.

いろいろな機能がありますが、評価の高い手ぶれ補正とafのピント合わせの早さが魅力です。実際使ってみて、素人でも簡単に綺麗な動画が撮れるので満足しています。本体はとても軽いが、素材は高級感に欠けます。線キズがすぐ付きそうです。1点、端にあるタッチパネルが若干押しにくく感じました。タッチパネルは今どきなので時期に慣れるかと思います。本当に必要なボタンだけあり、操作が分かりやすく、かつ高品質な動画が取れます。デザインも秀逸です。さすがはソニーです。.

電器店より少し安かったのでアマゾンで購入しました。ちゃんと動きます。手振れが恐ろしいほど出ません。言うことなしてす。.

操作もかんたんで機能もすごく大変いいものです。スマホと連動できるのがいいです。.

お遊戯会などバックが黒でステージが明るい場合、全体を写すとステージ上の人物が白とびしやすい。少しアップにして画面内の黒の面積を小さくすると回避できる。そのほかは不満なし。手ぶれ補正は本当に効果が大きい。スマホ用に動画を同時記録してくれる点も◎.

1つ前のモデルを購入しようと考えており、半年くらい悩んでいました。値段が安くなったので購入しようとしたら、「新しいモデルがあります」とのこと・・・。性能もアップしましたが、価格もアップしておりどちらを購入しようかまた悩むことに(泣)ネットで色々調べてみると、前モデルでの不満や改善点が改善されているとの情報がありました。値段は高くなりますが、差額以上の価値があると思いこちらを購入しました。操作もしやすく、大満足です。ただ1点!上部に付いているホットシューの形状がSONY規格なのが唯一の残念ポイントでした。外部機器を使用予定の方は注意して下さい。.


メーカーより

さらに手ブレに強くなり、美しい映像を残せる高画質スタンダードモデル

拡大表示

拡大表示

拡大表示

拡大表示

ワイド撮影時は約15倍ブレない、“新”「空間光学手ブレ補正」

レンズとセンサーが一体になり、カメラ本体が動いても空間光学ユニットがバランスを保つので、ズームしても、動きながらの撮影でも、手ブレを抑えて安定した映像を撮れるのが、ソニー独自の「空間光学手ブレ補正」。そこへ新たに「インテリジェントアクティブモード」も搭載し、ワイド撮影時は約15倍ブレない安定した映像を実現した。旅行や運動会で、歩き撮りやお子様を追いかけながらの撮影する時になど、さまざまなシチュエーションで安定した滑らかな映像を簡単に撮影できる。

高速・高精度に、ピントを合わせてくれる「ファストインテリジェントAF」

ソニーのαやサイバーショットで採用している独自の空間被写体検出方式をハンディカムにも搭載。従来のオートフォーカス速度に比べて、大幅な高速化を実現。ズームやカメラの向きを変えた際に効果を発揮。撮影チャンスを逃さない。

身体全体を追尾してピントを合わせ続ける「ロックオンAF」

狙った被写体の顔だけでなく、身体全体を認識しピントを合わせ続ける「ロックオンAF」機能を搭載。自由に動きまわる子どももピンボケにならずくっきり撮影できる。

拡大表示

拡大表示

拡大表示

さまざまなシーンを、より美しく、すばやく「Exmor R CMOSセンサー」

どんなシーンでも、高精細で高画質な映像を実現。とくに、夜景や暗い場所での撮影に威力を発揮。ノイズを低減し、美しく鮮やかに撮れる。

撮影者の声が抑えられる「マイボイスキャンセリング」

写体の声や周辺の音はそのままに、撮影者の声を大幅に低減して録音できる。たとえば、運動会でわが子を大声で応援をしながら撮影しても、自分の声ばかりが目立つという心配はない。

楽しい動画がカンタンにできあがる「ハイライトムービーメーカー」

撮りっぱなしの映像を、カンタンな設定だけで、1本の作品に仕上げてくれる「ハイライトムービーメーカー」。BGM解析・色味解析、そして、ハイライトボタンを押した任意のシーンなどを編集して思い出に残るステキな作品を、ハンディカムが作ってくれる

子どものラグビーの試合のために買い直しました。以前はついつい、カメラから目をはなして、直接見てしまうとブレまくちゃいましたが、これを使うと激しい動きもバッチリ‼ボールの動きに合わせてカメラを動かせても問題なしでした。テレビにつなぐのも簡単で満足です。.

670シリーズの発売からやけに早いマイナーチェンジだなーと思っていたのですが、いざ670を購入、現場で使用してみると、afが外れまくり。夜の街頭でも、車のライトでも、とにかくafが迷って定まらない。絵も、コントラストが強すぎてとても見られたもんじゃない。sonyに相談しても、事象を絶対認めませんでしたが、この早すぎるマイナーチェンジが物語っているんでしょう。675を購入してみたのですが、前記した事象は見事に修正されていると感じました。670もファームウエアの更新とかでなんとかならんものかなぁ。.

初めてビデオカメラを買いましたが、非常に使い易く、これまで愛用していたデジカメの出番が減りました。基本的に、ビデオ録画ボタンとズームのツマミと静止画撮るボタンが持ち手の右手の指そばにあるだけで、余計なボタンは隠れてるので誰でも録画できます。液晶画面はタッチパネルで、簡単にwifiでiphoneに接続できます。おそろしく簡単にスマートに使いこなせるなと感じています。.

小型で性能もよく持ち運びにとても良いです。演奏会に使用しています。.

最初に買うなら使いやすいし、値段もそれなりかと思います。スマホは普段用に、これは行事用にしています。.

孫の野球試合に使っていて、最高画質でモニター画面で少し見えにくい時もあるが、再生すると鮮明にとても写りが良く満足しています。ただ、攻守交代時には切ってメモリカード節約しているが、切り忘れた時カメラ内で簡単にカットできるといいかなと思いました。使いこなしには今暫く慣れが必要とも思います。.

 アマゾンさんでは無く、近所の量販店で買わせていただきました。通常ポイントや特別ポイントなどでアマゾン価格よりずっと安くなったのと無料で5年保証がついたので。 さて、「ソニーのhdr-cx675」と「パナのhc-w580m」でどちらにするか迷っていました。価格はパナの方が5000円程安く、サブカメラ付きと言うのも気になりましたが、店頭で手持ち撮影をして画面を比べてみたらまったく違っていました。パナの方はデジカメで動画を撮影するよりも手ぶれ対策は良いですが、やはり電子処理なので限度があり、自分の持ち方では画面がふらついておりました。しかし、ソニーの方は手持ち撮影でも殆ど手ぶれがなく、同行した家族が「これならいつもの車酔いしたような映像を見せられなく済む。」と言ってくれたので、これに決めました。「ソニーの空間光学手ブレ補正」のおかげで腕をあげられそうです。.

壊れたのが届いた。録画が出来ないしタッチパネルが出来ず、即返品。でもう一度同じ機種を買ったが壊れている訳でないが、タッチパネルが弱い感じがする。頼むぜソニーさん。こんなんではパナソニックに負けるぞ。画質もパナソニックと変わらない。しかも、パナソニックのが安価だし。.

便利に使わせてもらってます。機能的のも問題ないので旅行にもっていきます.

最新のモデルということもあり、コンパクトだなという印象です。2世代前くらいのハンディカムと比べてみると、質感は落ちる気がします(メカっぽさがなく、プラスチックさが強い)。マニュアルフォーカスやファインダーなど、省略された機能が多いです。あとメモリーカードがマイクロsdのみ対応となっていたのは見落としました。仕様にはちゃんと書いてありますが、もっと目立たせて欲しいです。既存のsdカードを使いまわそうと考えている方は要注意です。また、購入後すぐに使用していたところ(バッテリーはフル充電)、いきなり初期状態に戻るという現象が起きました。調べてみると、内蔵のメモリ記録用バッテリーを充電するため、購入後しばらくは本体も電源に繋いでおいてほしいとの事。日付が狂うくらいで済みましたが、現場で初期化されるのはかなりビビりました。.

ベスト ソニー SONY ビデオカメラHDR-CX675 32GB 光学30倍 ホワイト Handycam HDR-CX675 W 買い取り