ソニー(SONY) ソニー SONY ビデオカメラ Handycam HDR-CX680 光学30倍 内蔵メモリー64GB レッド HDR-CX680 R : 動画用に

Iphoneより画質悪いし、広角も効かない。なぜ価格コムで人気なのか理解できない。.

お遊戯会用に買いました。バッテリーは短いですが、2時間はもつので大丈夫です。安い時に買えました。こまめに価格チェックしたらいいと思います。.

さすがソニーの製品だと思います。.

今のは軽すぎて安定性が少し悪い感じがする。ある程度の重さが欲しい。付属品のhdmiケーブルは1mではtvにかぶり付きになる。中継コネクターと3mのケーブルを買い4mにした。usbも1mにacアダプター付き、こっちは電気コードを長くすればいい。デジタルズームは画質が荒くて記録で残すなら使わないだろう!他は気にならないからトータル90点にしときます。.

  • マーケットプレイス購入はお店の評価を見てから!!
  • 使いやすい
  • とにかく強力な手ブレ補正と手ごろな価格設定が強み。

ソニー SONY ビデオカメラ Handycam HDR-CX680 光学30倍 内蔵メモリー64GB レッド HDR-CX680 R + SONY ガンズームマイクロホン ECM-GZ1M C

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 運動会におすすめ「ビデオカメラ」「マイクロホン」のセット
  • 高速・高精度に、ピントを合わせてくれる「ファストインテリジェントAF」搭載のビデオカメラ
  • 撮影者の声が抑えられる「マイボイスキャンセリング」
  • ハイビジョンも長時間記録のビデオカメラ
  • 狙った音をしっかり収録できる、マルチインターフェースシュー対応ガンズームマイクロホン
  • 映像だけでなく音でも運動会の思い出を残そう

以前使っていたのがcx370、格段に進化していますが、cx370と一緒に買った三脚のリモコンが反応しない。ワイヤレスリモコンが無くなったなど、一部使い勝手が悪くなっていますが、満足しています。.

まだ、4kは、いらないかな。とおもいこのビデオカメラを購入しました。まだ撮影してテレビとか、うつしてませんが、大分小さく軽くなりましたね。作りは、プラスチックみたいで、チープ感がありますが、なかなか良さそうです。.

手振れの抑制効果が素晴らしい。歩きながらの撮影で、顕著な効果が感じられる。.

光学手ぶれ補正が強力なので、映像が全然ブレません。撮影対象物が動いているのを追って撮影しても滑らかに撮れます。買って大満足です!.

立ち上がりの画面が直ぐに撮影画面にならず、「接続先を確認して下さい …」と注意事項の画面が出て、何度かボタンを押さないと録画画面になりません。.

数年前にハンディビデオカメラが故障してからずっとスマホで動画を撮影してきましたが、撮影シーンによっては手ブレや風切り音が酷く、大きな画面では見るに堪えない仕上がりになっていたります。家族の記録を残していくうえで、なるべく綺麗で見やすい映像にしたいと思ってビデオカメラ購入を決意。数多くの製品から選ぶにあたって、手ブレ補正の性能と製品の重さ、価格のバランスを重視して、吟味に吟味を重ねて購入したのがこのhdr-cx680でした。レビューで一番伝えたいのは、とにかくブレない点。撮影したまま歩いても走ってもブレない!手の震えがある年寄りに撮影を任せても、とにかくブレませんでした。空間光学手ぶれ補正ってすげえ。価格は変動があるので、なんとも言えませんがsonyは結構キャッシュバックキャンペーンをよくやるので、対象になっているかチェックしてみることをお勧めします。.

子どものお遊戯会を機に購入しました。画像も綺麗で手ぶれ補正もしっかりしています。予備のバッテリーも購入しましたが、バッテリーの持ちも良く満足です。値段も電気量販店より安く買えました。.

カメラとして画質などは最高です。pcに取り込むアプリケーションソフトが分り難いのが玉に疵。.

13,4年前のsonyのビデオカメラが壊れてこちら買いました。10年前の物とは全然違いますね。軽い小さい画質よし、手ぶれに対応してレンズが動く、起動も早い、音質もよし、とにかく悪いところが見当たらないです。10年前の物は10万しましたがこちらは値段も半分以下♪映像系はsonyがいいです。.

扱い易くて、安価、即使用に便利です。youtuber動画アップに最高です。.

電源も付かない、充電もできない。最悪です。.

一台目のhdr-pj670があるのですが、ライブ撮影で失敗が許されないので、サブとして購入しました。このcx680はスマホからビデオのon-offやズームがコントロール出来、さらにビデオカメラの撮影している画像をスマホの画面で見れるので、さらにライブ撮影の失敗が少なくなりました。pj670のプロジェクターもかなり活躍していますが、cx680がこれからはメインになると思います。.

軽くコンパクトで、モニターも画像がきれいです。何よりも手ぶれが無く動きながらも、記録した画像が綺麗です。光学30倍がいいです。.

機械オンチの私でも、すぐに必要最低限な操作は使いこなせました。運動会ギリギリに注文しましたが、すぐ届いて助かりました!.

モニターのガタツキが思った以上に酷かったけど我慢すればよいのですが安い価格どうりのでした。.

他の方のレビューにもありましたが、画質的にiphon6と同程度かと思います。ババに使わせましたが手ブレはほぼありませんでした。.

まあ、ハンディカムですので安心して買えますが、買ってみて、以前とは違って電源ケーブルが付属していない(usb給電になっている)avマルチケーブルが付いていないことに驚き、それらを追加で購入しました。avマルチは使わない人が多いと思いますが電源ケーブルはあったほうがいいと思います。こちらを購入される方は合わせての購入をおすすめします。.

デジイチと使い分けてます。動きのある撮影にはやはりハンディカムが強いですね。.

さすがにテープのハンディカムは動画編集ソフトもwindows10すら対応しなくなって買い換えました。軽さは時代を感じますね。プラスチッキーで、おもちゃみたいですが、やむを得ないでしょう。ただ昔のマイクやワイコンレンズが使えたら100点満点でしたね。.

今までcx630を使用していたが、当たりはずれがあるのか故障が多かったので、今回新にcx680に機種変更してみました。軽いと聞いていたので、早速開封して手に取ってみたらcx630と比較したら断然軽いことに驚きました。420gから300gですから違うはずです。cx630より機能面も必要な機能だけに絞っていますので、軽くなっています。両者とも空間光学手振れ補正機能は凄いと思いますし、今回、光学12倍(x630)より光学30倍(cx680)となり、物足りなかった倍率が今では満足しています。ただ、cx630よりは、画質が落ちているのであまり気にしない方にはcx680でも充分だと思います。.

 【まとめ:忙しい方のために、要点抽出】・スマホでもデジイチでも動画は撮れるが、ビデオカメラが優れている点はまだまだ多く、本機はそれを余すところなく搭載している。強力なズーム、5. 1ch録音…・動画は時間の流れを切り取るもの、動画で重要なのは静止画レベルの品質よりも、映像の流れを捉えやすくしその質を保つこと。本機の超強力な手ブレ補正や、大メモリによる長時間撮影が意識する点であり、デジイチやスマホカメラとは考え方が異なる。・本機を買ったら、手に入れておくべきもの。例えば500mlのペットボトルカバー・付加価値… メディアサーバー化などネットワーク機能、下位機との差はメモリ容量だけではない・残念な件… usbケーブル直出し(笑)、ダウンロード提供のpcソフトやスマホアプリはいささか貧弱・サンプル動画————–以下は、その詳述となります。長いですが、時間のある方はサンプル動画ともどもご覧いただけると嬉しいです。————–【ビデオカメラがなくても動画は撮れるが】きょうび、お手軽に動画を撮ろうと思ったら、スマホのカメラでできますよね。逆に、本格的に撮りたいと思ったら、デジイチの動画機能でできますよね。じゃあ、ビデオカメラの出番はあるんでしょうか?「あります」(← 若手女性科学者ふうに)そして、そのビデオカメラならではのいろいろを詰め込んだのが本機(以下cx680と呼びます)です。【写真(静止画)と映像(動画)は別物、ビデオカメラは映像に必要なものは何かを中心に考えられている】写真は静止画で絵画に似ていると思います。しかし、映像は違います。むしろ絵画より音楽に近いのが映像です。なぜなら、動画には音楽と同じように時間と流れがあり、その時間と流れをいかにうまく表現するかが映像に求められることだからです。例えば、月は写真で撮れば単に静止した月ですが、空の月を眺めていると数分間の間にゆっくりと東から西へ動いているのがわかるでしょう。鳥や雲がその手前を飛んでいくこともあります。それら一連の時間と流れを切り取る(あるいは編集で作り出す)のが映像の役目です。小さな時間と流れが積み重なることで、小さなストーリーが生まれ、小さなストーリーが集まるとドラマになります。それが映像の目指す方向です。そうすると、ビデオカメラに求められるのは、静止画レベルの美しさよりも、時間と流れ捉えやすくその質をいかに保つかということになります。cx680の非常に強力な手ブレ補正は、静止画のそれというより、流れを阻害しないためのものです。歩きながら回してもスタビライザーの役目を果たしてくれます。大きいメモリを積んで長時間の撮影に対応させたのもそうでしょう。デジイチやスマホカメラとは思想そのものが違うのです。【素子のスペックで劣るが、それが長所となることもある】●撮像素子の画素数 cx680 < スマホ < デジイチ●撮像素子のサイズ cx680 < スマホ. 1chによる多チャンネルサウンドは環境音の臨場感がなかなか良いですね。デジイチは画質の良さが災いして長時間撮影に耐えられないものが多いです。スマホはファイルあたりのサイズ(≒撮影時間)に上限があったり、撮影以外のことにもストレージが必要なので長時間録画に向きません。cx680はメモリを多く積みカードの使用もできるので、電源さえ確保できれば、長時間撮影はお手のものです。【cx680を買ったら、そろえておくといいもの】ビデオカメラを買ったらワイコン買えというのが一時期常識だったのですが、cx680はワイド側の画も広いので、ワイコンは必要ないでしょう。ワイコンやプロテクターをつけるねじ溝はあります。私は魚眼レンズをつけることはあります。それよりもおすすめなのは…◎ペットボトル(500ml)用ボトルカバー100均で売っている、ペットボトルのカバーです。これが立派にcx680のケースになります。サイズとしてちょうどいいですし、モノによってはクッション性も。もともとペットボトルの保冷保温のためのアイテムなので、夏の暑い日ざしや冬の北風など、高温低温からcx680を守ります。〇三脚ケースを安くあげたら、三脚に投資してください。パンやティルトでガタが出ないのが理想です。ただしあまり大きくなくてもいいでしょう。品がそこそこ良ければメーカーはどこでもいいです。cx680は一般的な三脚やクイックシューが取り付け可能です。手ブレ補正があるからいらないって?そんなことはありません。手で持ってずっと撮影し続けるなんて大変ですし、ブレなくてもカメラが動き続ける落ち着きのない動画を長時間鑑賞するのは無理です。また、三脚を使っていても、ズーム状態でカメラに触れる時に手ブレ補正が必要になります。あるいは手ブレ補正機能が苦手とする被写体の場合、補正offにして三脚で固定するということもあるでしょう。△microsd系メモリーカード容量をさらにアップ。予備に、貴重な録画のバックアップに、他の機器に撮影データを渡す方法のひとつとして△予備のバッテリー△電源アダプタ(dc)usbで充電できるため、こちらは別売りです。コンセントが取れれば長時間の使用も心配なし。 ※おすすめ度 高 - ◎〇△ - 低【付加価値】・マニュアル操作可基本はオートだとして、弄りたい機能がマニュアル操作で変更可能です。フォーカス、明るさ等ですね。・ネットワークwi-fiでスマホや家庭内ネットワークと連携できるのは今風です。ネットワーク上のcx680をメディアサーバーとして認識させることができます。amazon fire tvもネットワーク動画用アプリ(たいてい有料ですが)をインストールすることで、cx680の撮影データを再生することができます。pcとは「テレビ鑑賞」でメディアサーバー、「パソコン保存」でネットワークストレージとして接続です。・mp4ファイルxavcsやavchdなど通常のfhdフォーマットで撮影すると同時に、mp4ファイルを生成して同時記録してくれます。元の映像を変換しなくても、アップロード用のファイルができているというわけですが、画質的に言ってオマケです。綺麗な動画をアップするなら、元の映像からpcなどで変換した方がいいでしょう。・cx470との違いより安い姉妹機について、違いはメモリ(ストレージ)の大きさだけとよく書かれていることがありますが、ほかにも多くの点で違います。手ブレ補正はcx680と比べると少しだけ簡易版です(それでもまあまあの性能があります)。サウンドは2chのみ。そして上記のネットワーク機能に対応しません。よほど価格差がない限り私は本機cx680を薦めます。【ちょっと残念な点】・usbケーブル直付け(笑)cx680はusbで充電やpc接続を行いますが、usb端子はなく、cx680本体から短いusbケーブルが直接出ています。短くて不便なので、さらにusb延長ケーブル(付属品)を追加して充電やpc接続を行います。これは勘弁してほしかった。直付けのケーブルが断線すると、充電やら、データ転送やらに重大な支障が出ます。まあ、電源は別売りのアダプタを買ってdc-inに接続、データ転送はwi-fiでも可能なので、断線=即死ではないものの、やはり困ります。・ダウンロードソフト(pc、スマホとも)が貧弱cx680のユーザーのためにplaymemoriesという名前でpcソフトやスマホアプリがダウンロード提供されていますが、どちらもたいしたことがなくがっかりです。pc版は、撮影データの転送と管理と閲覧、光ディスクへの焼きこみとその際必要な最低限の簡易編集等ができます。が、これだけです。低機能な割に動作が軽いわけでもありません。映像の編集にはもっと本格的なソフトを買う必要があります。playmemoriesがなくてもストレージ(usb/wi-fi)やメディアサーバー(wi-fi)として認識されるので転送はpcの基本機能や他のソフトでもできます。スマホアプリは、cx680の映像をスマホの画面で見ながら遠隔操作できるのが売りですが、操作といってもできるのは撮影のスタート/ストップ、静止画と動画のモード切り替え、ズームイン/アウトで全てです。cx680本体のタッチパネルでできる細かい操作とは大違いです。いちどこちらを使うと、あらかじめ本体側で調整していたマニュアル設定がすべてオートに戻ってしまうというのも考えものです。【サンプル動画について】タイトル : おぼろ作者(演出撮影その他一式) : otopon (私)音楽(曲) : lassus作曲 ave regina caelorum(a3) クラシック/パブリックドメイン(≒著作権フリー)音楽(データ作成と演奏) : otoponとotoponのpc機材 : カメラ hdr-cx680 (レビュー対象機) / pc dell inspiron15 / 編集ソフト cyberlink powerdirector13内容 : 雲の向こうにぼんやりと見える月。雲が西から東へ忙しく、月が東から西へゆっくりと動いてゆく様子を、3分とちょっとのあいだのんびり鑑賞していただきます。解説 : すべてcx680で撮影した実写です。特殊効果その他一切なし、操作はズーム、フォーカスのオート~マニュアル(固定)~オートの切り替えくらいです。かなり厚い雲がかかっている夜で、対象が対象なのでぼんやりとした画ですが、快晴の夜に撮った月はもっとリアルで美しいですよ。動画の終わりあたりに、別の月が数カット挿入されますが、別の日にcx680で撮影した月です。トータルで7日くらい月ばかり撮っていたので。.

価格の割には画像も綺麗だし、初心者でもとても使いやすいので気に入りました。.