解像度は申し分なし。62mm大口径の長玉に1インチセンサーを組み合わせてるだけあって素晴らしい画質である。画質がいいだけにパラパラカクカクなのが惜しい。場面によっては破綻も多い。レートが明らかに足りていない。静止画ではなく、あくまで4kムービー。ならばこその製品を次回こそ願う。.

発売日に購入し、約2ヶ月時点でのおおまかなレビューです。4kでは、3機種目の購入(gy-hmq10、fdr-ax1)で、モニタは4k 31. 5インチ(ips-igzo、60p)を使用、premiere pro cc +video edit components(sonyプラグイン)で編集しています。sdxcへの品質保証の兼ね合いから、4k30pになってしまったのが残念ですが(カード型番指定で60p対応にしてほしい気もしますが)、それを差し置いても、これまでと比べ格段に持ち歩きしやすいですし、センサーも大きくなり、現時点ではよくできた機種だと感じます。バッテリーに変更がなかったのもありがたいですね。サラウンドマイクを搭載しているものの、xavc sではステレオになってしまうのがやや残念で、同社のワイヤレスマイク(本体側が今回小型になりましたね)使用時でも、センターに記録することがavchdを除いてできなくなりました※。ワイヤレス単独はもちろん、本体マイクとのmixを選んでもモノラルになってしまうのは困ったものです(mixでも本体マイクのステレオは活かしてほしい)。※)これまではセンターにワイヤレスマイクを分けて記録できたため、編集時(dm等)に音の調整がしやすいというメリットがありました。画質はセンサーサイズが変わったことにより、ax1比でダイナミックレンジがややよくなり、逆にピントはシビアに。ただ、顔認識が有効に働くので(オフも可能)、カジュアルな撮影でも破綻せずにピントが合うのは利点なように思います。レンズと補正にがんばったようで、色収差も少なく、デジタルズーム時も極端な画質差がなく優秀。ただ、色に単板らしさは残ります。夜間の感度はax1比で大幅に向上しましたが、画素が小さいためよいとはいえず、もう1ステップよくなればとの感はあります。またnrなどでやや眠い絵になりがちですので、あまり暗所での撮影は期待しすぎないほうがよいかもしれません(これまでと同様に感度の上限はセットできます)。ndフィルタースイッチがついたのが嬉しく、またその操作もしやすいです。オート(1まで)があるのも面白いですね。ビューファインダーも以前よりは見やすく感じます。アクティブモードは空間光学になる前の同社機種に近く、歩きながらの撮影(人間ドリー)ではやや慣れがいるものの比較的良好な部類に入ると感じました。一部レビューにあるような、ブレやすいと感じる方は、脇を閉めたり、左手を添える、バンドの長さを調節する等、持ち方を工夫されると大幅に改善すると思います。特にバランス等に問題がある機種だとは感じません。ハイフレームレート撮影は720p限定ですので、4kの素材と混在させて編集するには、かなり物足りない絵になってしまいますが、リピートでのスローを小さくpinpで入れるなどすれば、違和感も少なく編集できそうです。mp4縮小ファイル同時撮影や、wi-fi機能も便利ですが、スタートストップとズームがアプリで操作できる機能が個人的には一番ありがたく感じました。録画スタートのタイムラグは、やや遅めなものの許容範囲でした。逆にストップがわずかに遅れる点がやや気になりました。無編集で見せる予定がある場合はボタンを押してから、一呼吸カメラをホールドしたほうがよいかもしれません。なお編集ですが、4k30pでは60mbpsとこれまでのこのクラスの4k60p素材に比較すると軽く、扱いやすさはあります。ただ精一杯圧縮している感があり、hdへの切り出しなどに十分使えるレートとは言いがたいように思います。画面の一部をhdへ切り出して編集しようと思われる方は、業務用などビットレートの高い機種を選ばれることをおすすめします。今後の機種への要望としては、60p、xavc s時のサラウンド対応に加え、ぜひ4kの楽しさを広げるためにも、インターバル撮影機能が追加されればよりよいなと感じました。.

巷で言われているコンニャク現象や映像のパラパラ感が気にはなったのですがこの値段で、このサイズで、4kの収録が出来るという本機の魅力に負けて購入。日頃、私が撮影するものはその殆んどが三脚を必要とする花鳥風月やステージ撮影なのですが、こうした状況下での撮影においては、コンニャクもパラパラも殆んど気になりませんでした。久しぶりのsony機ということで、操作で多少戸惑うことも有ったには有ったのですがそれも何日か継続して使用しているうちに慣れましたので評価を下げるポイントにはなり得ません。4kの、ハイビジョンを遥かに凌駕するその美しい画質は賞賛に値しますがそれもさることながら、今、私が持ちうる編集再生環境の中で最も感心したのは4kスペックのままパソコンに取り込んだ映像を、フルハイビジョン(fhd)設定で立ち上げた編集ソフトに用いると編集ソフト上で倍の大きさに引き伸ばしても、fhdの品質を保ってくれることでした。つまり、一台のカメラで収録した映像を、まるでマルチカメラで収録した映像の様にカメラを切る換えるかのように、引きの画で見せたり、寄せて見せたり出来る点です。子供の学芸会をこの方法で編集した結果、無駄にカメラを振ったり、無理なズームを使わずとも舞台中継のような映像に仕上がったことに大変満足しています。現在の4kの普及率から言っても、最終的に、撮った映像はdvdかブルーレイで配布することになりますからそれを考えると、こうした編集方法も十分有りだと思いました。このように、使い勝手の良さ、映像の品位の高さから言えば星5つを差し上げたいところでしたが、使用していく中で、何故こうなった?と疑問に思う難点がいくつか見つかりました。消費電力を抑えるためなのか、液晶モニターとファインダーの同時使用が不可能となっていますがこれは、撮影して行く中で案外不便に感じる点です。せめて、設定を任意で変更できる仕様にして欲しい部分でした。その他は何れも、互換性に乏しい端子を搭載したことにより発生しています。中でも、最も不便に感じたのは手持ちのsony製外部マイクやズームリモコンを直接つなげて使えない点でした。これらはアダプターの類を別途用意して間に挟めば一応は解決するのですが見た目に良くないし、余計な出費を余儀なくされるしこの点については、非常に残念という印象を受けました。近年のsonyの凋落ぶりは、長年同社の製品を愛用してきた者にとっては残念でなりませんがこうした、過去の自社製品を切る捨てるような、互換性に乏しい製品を平気で出してくるあたりにその原因の一旦を見たような気がします。互換性の高さも、消費者にとっては性能の内なのですからその点しっかりと見詰め直し、消費者の使い勝手が良い物を出し再び、世界のsonyと呼ばれるような企業になって欲しいと切に願います。.

頼まれ購入品。普通に綺麗に撮影でき、綺麗に映っているそうです。.

最初誤差動(パワーが落ちたあと、回復しない)がありましたが、現在は大丈夫みたいです。それ以外は綺麗で問題ありません。.

筐体サイズから、4k装備へのハードルは相当に高いと改めて感じた。筐体に見合わず、予想外に手ブレが大きいので頑丈な三脚は必須。スチル写真のような解像感を楽しむにはもってこいだが、何せ手ブレが酷いのでほぼ三脚に載せたままの固定撮影になるだろう。cmosセンサーなので、フラッシュ厳禁。バッテリーはfv100を2個くらいストック必要。4k記録では秒間30コマに限定されるので、秒60コマのような滑らかな映像は得られない。4k+ビオンズx+カールツアイスの気合いの入れようは評価できるが、いかんせん手ぶれが酷い。クリアすべき課題は山のようにある。.

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX100 4K 光学12倍 ブラック Handycam FDR-AX100 BC

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 高感度・低ノイズの1.0型 Exmor R(エクスモア アール)CMOSセンサー
  • 4K撮影にチューニングされた大口径ZEISS バリオゾナーT*(ティースター)レンズ
  • 画質処理能力がアップ。新世代の高速画質処理エンジン「BIONZ X」
  • 豊富なマニュアル撮影機能
  • 互換性を広げる「マルチインターフェースシュー端子」を採用

初めて手にした4Kカメラで、画質の良さに驚いています。発売当初よりも値段が下がってきた事もあり、思い切って購入しました。高画質であるが故、三脚がないと手振れが気になるところですが、日常の映像記録には十分なスペックだと感じました。.

映像をよい画質で残したいと思うのはある一定のニーズがあることではありますが 突き詰めると値段との兼ね合いが難しくなります一般ユーザーの手の出る範囲の金額で ここまでの画質が得られるこのカメラ 現段階では4kでは一択ではないでしょうか…とはいえ 4k環境がいまだ普及していない現段階で 4kの使い道は広角で撮り続けて 編集時にhdのズームをかけたり 編集時にパンかけたりするというものでしょう切り取っても 画質が見劣りしないというのもとてもいいですミラーレスや一眼で4kビデオを撮って切り取ると ピントの山 ボケの関係で なかなか思った映像になりにくいのでその点ではセンサーサイズが1型という大きさが絶妙ともいえます.

コンサートのlive映像を撮影するために入手通常、カメラ3台で撮影をしていますが、同じ被写体をオートで撮影した場合、この商品は白飛びが激しく使い物になりません。マニュアルで絞りを入れると、暗い映像になってしまうし、ちょっと期待はずれでした。live会場のような薄暗い場所で、強いスポットライトが当たるような場所での撮影には不向きです。また、水中撮影でも白飛びが起きやすいです。使い方が普通ではないので、しかたないのかもしれませんが他社の製品だと白飛びが気にならないのでこの評価です。.

この機種の中古購入は要注意。過去センサーが大型1. 0型の高画質で映像を撮れるのはこの機種だけだったので、fdr-ax100を愛用していた方のほとんどが長時間撮影や長期間で使っている方が多く、センサー等が相当酷使されています。ですので外見は傷や使用感が少なくても、内部はボロボロの場合が多く見受けられます。2014年に販売で4年経過している事を考えますと長期間使用したことによる劣化、又は異常を感じて手放される事が多いので、この機種の中古購入は注意された方がいいでしょう。 中古販売やオークションやフリマを見ていると『傷が少ない』とか『新品同様』等のフレーズで良く売られています。このビデオカメラはアクションカメラとは違い振り回して使う事は殆どなく、傷は輸送中の機材との接触やバックなどとの擦れ、長期間使った事で手による擦れ、不注意によるぶつけが原因。なので落としたり激しくぶつけない限り、外見は使用感や傷などが少なくきれいなものがほとんど。しかし使用頻度は外見では全く分からず使ってみないと判らないもの。『使用頻度少』と唄っていても実際には仕事や業務用で長時間長期間使われていて、センサー劣化か老朽化により録画映像にパラツキや線が入ったり、レンズ内に埃やチリの混入又はカビが発生していて映像や画像に影が映ったり、マイク又は本体の異常で異音が入ったり、ズームの際に異音がしたり、SDカード接触部に埃やゴミなどが混入、又は錆が発生して書き込みが上手くいかず録画が途切れ途切れになったり。液晶がドット落ちしたりタッチセンサーの反応が悪いこともあります。本当に使用頻度が少なくても、管理状態が悪く高温多湿や埃の多く発生する場所で保管されていたりして同じ様な状態になっていることも。結局、ボロを掴まされる恐れがあります。中古を扱う業者によっては外見と電源を入れる程度の動作確認しかしていない所も多く、これらに気付かず美品と唄っている場合も多いのが現実。もしくは気付いていたとしても、外見が良ければ高く売れるからと見てみぬふりをしている業者もいます。フリマやオークションでも同様です。なので中古の場合はこれらのリスクを十分承知の上で検討すべきでしょう。ちなみに劣化した部分を修理や交換した場合、30000~100000円以上掛かり、買い替えと変わらない事も。売りに出される方はそれを熟知しているからこそ、修理せずに中古で出して新しい機種を買う資金にするわけです。 あと箱や付属品が新品なのも注意。sony製品のバッテリーやコード類は旧機種と互換性が高い為にそれを使い、転売用に付属品や箱を新品の様に取っておく場合もあります。展示品がその典型で、本体は販売店の営業時間中に人ごみと埃だらけの店内で、1日中電源を入れたままデモストレーションしていたもの。箱や付属品が新品なので比較的高値が付きやすく、高額で買ったはいいが本体はすぐ駄目になったという話も聞きます。 確かに手放す方の中には、サイズが大きすぎると数回使っただけの新品同様の場合もあります。購入者がセンサーの大きさと高画質に憧れて本体の大きさを考慮せずに購入してしまったという選択ミスもありえますが、購入価格から考え慎重に選ばれる事が大半なので、まれだと思った方が無難です。 さらにこのビデオカメラはボディ剛性に良質で丈夫な合金を使っている為、研磨剤などで手入れすればきれいな状態を維持できます。但しロゴや機器に記載されている文字は再生できないので、一見全体がきれいに見えても、ロゴや文字が消えかかっていたり完全に消えてしまっているものは、相当使い込んだと判断すべきでしょう。 他のビデオカメラよりも大きい1. 0の大型センサー搭載で高画質撮影ができますが、その分ボディサイズが大きいのでかさばり、旅行の記録撮影やスポーツ記録には向きません。手振れ補正も光学手振れのみなので高画質な分、手振れが大きく記録される為、持ちながらや歩きながらの撮影にはジンバルを使うかプロ並みの動かし方でないと、見え難い映像記録になってしまいます。なので旅行やスポーツ記録に使うなら、より小型で手振れ補正が効く光学空間手振れを搭載したハンディカムの方がいいでしょう。このビデオカメラは三脚にしっかり固定し、屋内でのパーティーや結婚式の撮影、広大な風景やビルの屋上などで街並みを撮影するのに向いています。 なお、形状がほとんど一緒のfdr-ax700はさらに高機能高性能ですが、操作が複雑なプロ仕様なので、初心者の方は選択されない方が無難です。.

まだ余り撮影していませんがとても綺麗に撮れていますこれからは動物園に行って動物動画でも撮ろうと思います.

ソニー SONY ビデオカメラ FDR-AX100 4K 光学12倍 ブラック Handycam FDR-AX100 BC : やや早いパン撮影をしたシーンを観ると、画面が揺れている。cmosセンサの宿命か。その他、4kハンディとして文句なし。.

新品同様の製品でした。メーカー保証書も同封されているが、何時からの保証なのか、不明ですね。最初の購入月日が不明ですからね。商品に関しては、以前に同商品を新品で購入して2年程使用している物と大差なく使用出来て満足です。.

4kのハンディカムを作ってしまった、というのはスゴい事ではないかと思います。それも、いままでの経験を積み重ねた成果が見えます。ハンディカムなので軽いのかと想像していましたが、箱がズシッと来ました。どっこい、中身がギッシリという感じで逆に新鮮です。ソニーのビデオカメラは歴代使ってきましたが、fx1に次ぐ歴史的なhc1を彷彿とさせる重量感とデザイン。ボディーが黒なので目立ちませんが、hc1より少し大きめで、重さもあります。液晶画面が繊細。ファインダー画面も大きくなり見易い。実用充分です。しかも数段階に拡大しピントを確認できるので、とても良い。時計合わせの瞬間からモニターで別次元を感じさせます。ピッピッと合わせ易く、いままでの液晶画面とは違う精細感。そこで、4kで撮るならsdxc 64gが必要で、sdhcではhd撮影までと知ります。フォーカスはゆっくり目。良く言えば慎重。それが良い場合があります。二段階の手振れ防止はアクティブにするとかなり優秀、しかもデジタルズームの品位が高い。手振れがヒドいというのはちょっと言い過ぎでは、、。カメラを振ると画像が横に揺らぐ現象も指摘されていますが、レースを走り回る乗り物などシビアな画像でなければ問題にならないでしょう。カメラを振り回す映像なんて、だれも観たくないはずです。カメラデザインはオーソドックスで好感が持てます。バッテリーが従来のハンディカムと共用なのでありがたい。充電はac電源から本体に差し込む形で、単体のは別売りです。取り説は簡素。再生紙の小冊子ですが、初心者以外は充分かも知れません。ある程度カメラを使い慣れた、業務用カメラも知っているユーザーも喜びそうな機能です。今回装備されたndフィルターも然りです。大型のセンサーを搭載したのは素晴らしい。映像に品位があります。特筆すべきはレンズの優秀さもあります。ふつうハンディカムのフィルターサイズは37ミリ。これは62ミリもあります。奥行きのある大型レンズをボディの中に格納してしまった技術の凄さ。外観ではそれを感じさせません。大型センサーと相まっていままでにない高品質な画像。パッと写した画面で直ぐにその優秀さが伝わります。ツアイスはダテにレンズを大きくしていません。特に、ライトが必須と思われる陰影があるシーンを、そのまま見事にノイズ感もなく描き出します。その独特の立体感。各種のカメラを見て来た方なら直ぐに違いが判ります。それでありながら、、4kテレビでない従来のハイビジョンテレビでも楽しめるようになっています。カメラが良いと再生スペックが低くてもより美しいのです。このカメラは万能向けを意図しているように見えますが、やはり、安定した画面をじっくり見せる、そんな使い方をしたいカメラマンのもの、と感じます。なにを撮ってもいままでにない新鮮な驚き。初めてハイビジョンを見た時の感動に負けないものを感じました。世界最高の技術が凝縮された、技術者たちが自慢に思うカメラに違いありません。ーーーーーーーーーーーーーーーー長くなってスミマセンが、一ヶ月使っての使用感を追加させて下さい。とにかく画質が数段上です。hdに戻るのが辛くなりました。編集に使うパソコンモニター(imac)は4K対応ではないのですが、それでも全然違います。プロキシを作成してパソコンの負担を軽くしても、画面上はオリジナルと同じに見えるほど優秀。スクリーンキャプチャーして写真にした時に断然違いが出ます。さすがの4k。映像の違いだけでも価値が高いと感じています。.