ソニー(SONY) ソニー Sony デジタルhdビデオカメラレコーダー Cx560v ブラウン Hdr-Cx560v/T – 非常によい商品です。

ソニーのビデオカメラは、4Kに移行し、廉価版のカメラはリモコンもないのです。この商品は、本体、リモコン、取扱説明書まであり、昔からのユーザーにはわかりやすい。画質、音質、リモコンの遠隔操作ともに満足のいくものでした。アマゾンマーケットプレイスで、広島か岡山のカメラ店からの購入でしたが、対応もとても良かったです。.

550と併用していますが、560の方が、より洗練されています。ただ、550は互換バッテリーも問題なく使用できていますが、560は認識はしますが、数分後にメッセージとともに使用できなくなりました。互換バッテリーの種類にもよるかもしれませんが・・・製品よりバッテリー代のコストということで☆−1です。これ以外は、一般的なファミリーでの使用を考えれば、ほぼ満足なものと思います。.

幼稚園の運動会のために購入しました。家電量販店で下見をした際、子供が生まれたばかりの店員さんも色々比べてこれを購入したそうです。私もこれがいいと思っていたので決めました。運動会の写真も欲しかったのでデジカメでも撮影しなければならないと思っていましたが、動画を撮影中に静止画も撮影出来るし、あとから動画の好きなところを静止画にも出来るようなのでもうデジカメは必要なさそうです。色も気に入っています。手ブレもなくテレビ画面に映しても全く問題ありませんでした。.

Dvテープ機種からの乗り換えで購入しました。機能、使いやすさなどすべて満足しています。画質もよく、暗がりでもよく写ります。編集機能など一部ついていますが、こちらは、別のpcソフトで実施するので特に必要性は感じませんが、付属ソフトでデータのpc取り込みができるので、ここは助かります。.

あたりはずれが有るのでなんとも言えませんが、2回ほど使った頃にエラーが発生!sonyに修理に出しました。基盤交換でした。この時代までは良くトラブルが発生していた時代ですね。復帰してからは綺麗な絵が取れています。.

ブラックを注文したのに、ブラウンが届きました…残念です。なぜですか。.

子供が小学校の入学にあわせてデジタルビデオカメラを購入したのですが、そのときは東芝製。屋外光はそこそこきれいに取れたのですが、発表会の舞台の撮影はかなり画像が荒く、テープに戻そうかと悩んでいました。お店で、ソニーのビデオに出会ってびっくり! 今までのも悩みがうそのように消えてしまった!東芝を買って3年目の事だったのですが、即、価格を調べまっくった。 ヤマダ電機で何度も交渉したが思うように安くならずネットでの購入に決定した。 保障についてが心配だったが、価格差が1/3程有ったので、天秤に書け購入決定。前回のビデオ、その前のビデオ共にこれといってっ保障を使用する機会が無かったのも選考の要素に。映りが全く違います。 さすがソニー!! 代絶賛!!!.

スチルカメラから入った人間からするとビデオカメラは望遠ばかりを標榜して広角をないがしろにしていたことがずっと不思議でした。今時のデジタルカメラは25mmスタートが当たり前。そういう感覚でビデオカメラを使うと画角が狭くて大変違和感を感じてきました。そんな訳でビデオカメラはminidv規格の頃に購入したきり、あまりビデヲを使わない生活を送ってきました。どうしても必要なときはpanasonicのgf1でハイビジョン(liteですが)撮影をしていました。しかし、sonyの最近のモデルは広角を重視していると聴いて試してみて納得。これくらい広く撮れるならば購入してもいいかな、と感じました。実際に使用してみて、屋内はもちろん、屋外でも臨場感のあるロングの撮影が出来るため、撮影シーンのバリエーションが増えたように感じています。広角で撮影したい場合はこの機種を選ばない理由は無いのではないでしょうか。ただ私の使用環境での問題点を少し。・panasonicのavchdとsonyのavchdは同じカードに混在できない。<データが壊れます。・タッチパネルの反応は鈍い。最近のスマートフォンに比べるとどうしても反応が悪く感じてしまう。しかし、思ったような映像が撮れるのでおおむね満足しています。.

利点と欠点

メリット

  • 補助用に購入
  • 優秀なカメラ
  • 迅速・確実・丁寧でした。

デメリット

他のサイトで高かったため、購入を諦めておりましたが、amazonさんで安く購入できました。とにかく画像が綺麗です。広角で撮影できるので、室内では重宝します。手ブレ補正も充分であると思います。小さな子供がいるため、今後活躍してくれると思います。良い買物が出来ました。.

孫が出来たので、色々な記録用に購入しました。その他、旅行やスキーや色々と使用してます。暗闇でも明るく撮影できてかなり気に入っています。.

シャッターがときどき閉まりません。電池の交換をしましたが、リモコンが使用できませんでした。中古ですからしかたがありません.

数年使ってますが、概ね不満はありません。手ブレも気にならない程度、音声もしっかりひろってます。ただ、録画時間が使うたび減っていってる…のかな?イベントなどで長時間撮りたいときも多いので、バッテリーの部分だけは少し考えものです。.

当初ヤフーオークションで探していましたが適当な物が無くこちらを覗いたところ無難と思い購入しました。星が一つ足りないのは付属品が発売状態時よりも不足している所が減点材料ですね。総合評価は満足な買い物でした。.

8/21頃購入。新品と言う事で発注しましたが、送られてきた商品は半年以上前に出品元と関係のないお店の保証書印が捺されていました。中身は未使用でしたが、これは新品ではなく新古品、いや中古でしょう。信用問題にもかかわりますのでアマゾン側でチェックできないものなのでしょうか。以来発送はアマゾンでも出品元がちゃんとしたところか必ず調べるようにしています。.

みなさんはtr55という「パスポートサイズ」のハンディカムをご存知でしょうか。その当時からずっとソニーのハンディカム一色。 tr55 tr7 tr3000 vx1 vx1000 vx2000 pc7 pc9 hc3 cx520などを使い続けてきました。20年来のソニーファンです。どの機種も、使い倒してみな故障しましたが、その当時のいい映像を残してくれました。さて、ネットで評価が高かったcx560を入手しました。この映像が、この価格と大きさで撮れること自体に、技術の進歩の素晴らしさを感じます。入手のポイントは、520では狭かった画角が一気に28mmあたりに広がったこと。hxv9で確認済みの60pの映像で撮影したかったこと。(60pはavchd規格に入りましたので、安心して使えます) この2点です。使い勝手●大きさ:小さいです。vx2000 2キロ近いビデオで撮影していた頃に比べると 不安になるくらい小さいです。これ以上小さいとかえって使いづらい気がします。●仕上げ:隅々の端子まで、フルカバーされていて、ゴムキャップに逃げていたソニーが、モノづくりに帰ってきた気がします。スライドドア、フリップドアの各種を丁寧に作ってあります。特に、マイク・ヘッドフォン、avr端子のスライドドアと、端子の角度のつけ方に「さすがソニー」と感心しますよ。●使用感:液晶をオープンするとすぐに撮影できます。遅い、という口コミもありましたが、私は気になりません。それよりも、相変わらずのホワイトバランスが最初青いのが気になります。タッチパネルは、520よりレスポンスが落ちています。どうしたのでしょう。ここで映像エンジンとcpuに負荷が掛かる処理をしていて、一呼吸しているのかもしれません。●メニュー:これは使えません。まず、アイコンが出てきますが、これから先の設定に統一感がまったくありません。たとえば、シーン選択をしようとすると、たどってたどってやっと到着・・・多分撮り逃しています。相変わらずの矢印移動もいただけません。スマホのスワイプ方式に変えるべきです。6つのアイコンが出てきますが、ここにシーン選択をいれるべきでした。セットアップなんて、メニューの端っこにいれておけばいいことです。使うものからアイコンに。セットアップに頻繁に使う内容をいれるのなら、それは別のアイコンメニューに入れるべきものです。●液晶:たいへんきれいで、どの角度からも見えやすいです。ips液晶でしょうか。このパーツには多分お金が掛かっていますね。パナソニック45番の液晶とくらべると、その差がわかります。また、ハンディカムの180番とも違うようです。ステレオスピーカーもついていて、これで観て楽しんでください、というソニーの提案です。いいと思います。画像●アクティブ手振れを標準に 60pで撮った映像は、おまかせオートでため息が出るくらい美しいです。これはビデオカメラですから、その当時の映像を最大限きれいに残すのが仕事です。デジカメのビデオが「動画」なら、やはりハンディカムで撮った映像は「ビデオ」です。●静止画は撮りませんので無評価です。●pmbはバージョンが5. 8になってより使いやすいです。サイバーリンクのパワープロデューサー9との連携も非常によいです。音声●マイクがカプセル化、5・1サラウンドで撮影できます。ただ、あまり必要を感じません。キャノンのg10は2チャンネルです。半業務機は2chマイクです。質の良いマイクが載っていそうです。カプセル化、マイク数を増やすより、良質のマイクをきちんと2つつける このほうがよかった気がします。普段使いでは、2chで設定。よく音を拾ってくれますよ。マイクの録音レベルを、5チャンネルで表示するというのはいけてます。かっこいいです。外部マイクも接続できますので、オーディオテクニカ822という昔のマイクを接続しています。録音レベルがわかりますので、いいですよ。電源●usbの尻尾だしは、だめですね。こんなもの必要ないです。本体にあるusb端子とpcを接続して、pmbに取り込んでいます。使い方があらましいので、だんだん緩み本当に尻尾のように出てきます。接着剤で固定する予定です。この端子のせいで、パットが520に比べて3割くらい小さくなっています。●バッテリー 付属のもので90分ほど撮れます。相変わらず、型番を変えては、前機種のバッテリーを使わせませんね。ここがソニーの肝っ玉の小さいところです。フジフイルムなんて、どれもこれもおなじ50番のバッテリーです。びっくりするくらい無頓着です。でもこのほうがユーザーとしてはよい訳です。ソニーも環境とリチウムのエコを考え、使いまわし禁止バッテリーはやめるべきです。本体●黒を選びました。ブラウンはcx700と同じマット仕上げです。シルバーは同じつるつるテカテカです。安っぽいです。手に触れる部分は、きちんとマット仕上げになっています。めんどくさいことをやめて、いろんな金型にお金をかけるくらいなら、全部良質のマット仕上げにすればいいのに、と思います。黒を買いたい→テカテカはちょっとな→じゃcx700か  という購入ストーリーを作っているのでは、などどやましいことを考えるくらい、ソニーはこういうことをします。色は車でいう「ブラックメタリック」です。ラメ状のきらきらした粒子が見えます。520がブルーグレイのような仕上げでしたが、560ではしっかりと黒に色目を落としてきています。自分は、手垢や指紋跡のつかないマット仕上げが良かったです。比較●cx700と比べて :いろいろと触って確かめました。700のビューファーは使えません。というか、こんなもの要りません。見えずらいですから。視野調節リングが遊びが多く、展示品もくるくる回っていました。hc3でさえ、視野調整はビューファーのしたにスライド式(絶対に動きません)で適切に作ってあったのに・・・。あとレンズカバーがかっこいいですが、これをつけるとナイトショットライトと干渉するようです。つけたりはずしたりしながら撮影はしませんから、やはり要らないものです。90gを超えるメモリもありますが、これも64gで十分です。あと、ゼブラパターンや、マニアな撮影をするちょっとしたアイテムが盛り込んでありますが、私は要りません。すっきりとしたデザインの560のほうがいいと思います。下手すると3万円近く差がありますので。 ☆広い画角 ☆規格化された60pの最高画質 ☆圧倒的に安い価格 この3つがお勧めポイントです。お読みくださってありがとうございます。.

特徴 ソニー Sony デジタルhdビデオカメラレコーダー Cx560v ブラウン Hdr-Cx560v/T

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●HDR-CX560V ボルドーブラウン●SONY

ベスト ソニー Sony デジタルhdビデオカメラレコーダー Cx560v ブラウン Hdr-Cx560v/T レビュー