子供が大きくなって、昔買ったビデオカメラも古くなり、ハイビジョンのビデオに興味があったのですが、なかなか購入を踏み切れずにいました。家電が大好きなので雑誌で研究していたのですが、手ぶれ補正や暗所撮影に優れることなど、評価も発売前からとても高いので思いきって買いました。雑誌の評価ではパナソニックやキャノンに比べてやや大柄なことが気になったのですが、実際に使ってみると男性の手にはぴったりとフィットしますし、液晶画面の開閉による電源のオン/オフやレンズの自動開閉、液晶タッチパネル方式などとても使いやすく大変満足しています。.

良い点は他の方が書かれているので、良くない部分の意見を書きます。初めに、録画してから気付いたのですが、初期設定ではフルハイビジョンではありません。1440×1080のspモードです。最強画質と宣伝してるなら1920×1080のfhモードが初期設定の方がよかったと思います。画質にこだわる方は変更しましょう。ファインダーの引き出し長さと、起き上がる角度はかなり小さいです。元々標準サイズのバッテリーが5mm以上はみ出ているので、最大サイズのバッテリーをつければファインダーの邪魔になり、起こして使おうとしても少ししか上がりません。昔のモデル並みには動いて欲しかったです。暗い所の感度が2倍と言う事ですが、すごく明るく撮れる訳ではありません。ノイズで変に明るかった所が、ちゃんと黒くなって自然にみえると言う感じです。ナイトモードとgpsのスイッチが大変操作しにくいです。gpsは電源が入って無くても動作するので、バッテリーが気になる方はスイッチを切ると良いでしょう。あと、新型なのにデザインはあまり代わり映えせず、箱から出したばかりなのに、家に昔からあるソニーのビデオカメラのような馴染み具合でした。デザインと画質の良さとフォーカスの早さはキヤノンの方が良いと思ったのですが、広角時の手ブレの無さと液晶モニターの解像度の高さはこちらの方がバツグンに良く、一応ファインダーが付いていたのが決め手になりました。だいたいは満足しています。追加です、純正の液晶保護シート pck-l32wを貼ると、晴れの日は反射がひどくて使い物になりません。純正の意味無しです、ひとつマイナスの★★★に変更します。 カメラ用品メーカーの、低反射コーティングされたフィルムの方がまだましでした。.

位置情報を記録できるgps機能が便利です。小旅行で、箱根に行きました。箱根ロープウェー、海賊船の窓際でもgpsを受信しているようで、内蔵の地図に見事にプロットしています。スマイルシャッターも楽しい。湿生花園での花の撮影も、絞り羽根6枚のソフトなボケ。湯本の川で見つけたカワセミを液晶ファインダーを開き、すぐ撮影、手ぶれがそれなりの見易い映像で記録できました。うわさ通り、強力な手ぶれ補正です。手もちのMCプロテクトフィルターをつけるとレンズ面キーが押されて、レンズ横フラッシュが使えなくなります。たぶんワイコンをつけたときの対策です。.

楽しみに待ってたのですが、まず、使いやすいし、商品も美品でした。満足しました😃.

液晶のタッチパネルで簡単に操作できます。ボタンの配置も感覚的に違和感がなく基本操作はマニュアルを必要としないぐらいです。手ぶれもしっかり補正されるので片手で簡単に撮れます。難を言えば、旅行を考えると標準のバッテリー時間は少し短いかなと思います。.

2009年に買った520からの買い換えで購入しました。1/2. 88型“exmor r”cmosセンサーという大型の裏面照射型cmosセンサーは現在のソニーのフルハイビジョンのビデオカメラにはないサイズです。現在のフルハイビジョンのビデオカメラはセンサーの小型化が進み、カメラ全体の小型軽量化やコストダウンにはつながっていますが、暗い場所、例えば東京ディズニーランドのパレード「東京ディズニーランド・エレクトリカルパレード・ドリームライツ」などを撮影すると、最近のフルハイビジョンのビデオカメラではノイズが盛大に発生したり、色がキレイに撮影出来なかったりと、何年もの技術革新が間違った方向に蓄積されてしまったように感じられます。最高級機の4kを選択しても、暗所性能はそれほど向上していないですし、この機種よりも望遠の性能が落ちています。ビデオ撮影中に写真を撮影したい、暗い場所でも撮影したい、解像度はフルハイビジョンで十分、という方には、結局、この機種がベストセレクト・ベストバイと思われます。ソニーの4kは10万円くらいの機種を選ばないとマニュアルフォーカスが出来るリングがついていません。パナの4kは暗所性能がそれほど良くありませんし、手ぶれ補正もこの機種と大差ないレベルで、6万円ほど。この機種だけ、飛び抜けて、安価です。2万円を切る、というのは、非常に魅力的です。2009年に買った520からの買い換えで真剣に検討しましたが、結局この機種を1. 5万円で購入しました。520の方は、4~8万円と、何倍ものコストになっています。仕様の違いは内蔵のストレージが120gbになっているくらいの話です。これも、現行機種は内蔵メモリが64gbと本機よりも半減しているので、大きな問題となりません。2009年に買った520からの買い換えで検討の結果、2018年2月のベストバイがこちら。商品の耐久性については、2009年に買った520が、調子が悪くなりつつも今でも動作していることから心配なし。評価はもちろん、★5つ、文句なしです。.

大変気に入って使用しています。 中古商品なのでバッテリィが長持ちしないので、新しいバッテリィを購入して使用しています。.

少し前のカメラが欲しかったため購入しました。カメラの機能は、問題ありませんでしたが傷が多少ありました。少し残念です。.

利点と欠点

メリット

  • あと少し
  • 画面の感じが
  • 買いました

デメリット

ハイビジョン時代の進歩に、子供の成長は待ってくれないので、sony bdレコーダーの導入を機に、子供のハイビジョン記録を目的として購入しました。レコーダーとの連携を主眼に選択しましたが、タッチパネルを含む使用感はこなれたもので特に不便は感じません。それよりも使って驚いたのは、暗所での画質の良さです。exmor rセンサーの高感度耐性は掛け値なしにすごいです。また、スマイルシャッター機能があり、ビデオ撮影中に笑顔を検出すると、スナップショットが保存されます。これがまったく気づかないうちに画像保存されており、録画データそのものにも何の影響もありません。画質はスチルカメラには一歩及びませんが、それでも過去所有のビデオ機に比べ格段に進歩しています。個人差はあると思いますが、l版や2l版ぐらいなら充分使えます。何より、行動が予測しづらい子供の笑顔を勝手に、しかも自然な形の満面の笑顔でコレクションできるということは大きな強みです。その他にgpsとマップ機能まであり、とにかく遊べる機種です。より大容量のxr520vもありますが、あまり容量に余裕があっても結局溜め込むだけなので、このくらいが私には良いです。とにかく一押しの機種です。.

購入して1ヶ月ほどになります。実際に使ってみて、手ぶれ防止機能がここまで進んでいるとは知りませんでした。本人は止まっているつもりでも、カメラのあたりでは微妙に揺れていることが多いのですが、撮れた画面には、ほとんど手ぶれらしい痕跡は残りません。三脚なしでも揺れない画像は、さすが・・・という感じでした。左右にカメラを振るときは少し遅れて画面が動き始め、停まったところで少しのゆり戻しが出ます。おそらく手ぶれ防止が悪さをしているのでしょうが、機能を考えればそれを補って余りあると思います。液晶とメインスイッチが連動しているところも、直感的で良いと思います。ファインダーも付いているので、今まで液晶を見る習慣のない人にも違和感がないと思います。.

外観的には大きな傷や凹みはなく、各作動をチェックしましたが問題ないみたいです。おまけの大容量は新品同様のパフォーマンスでgood。商品の詳細通りでした。次回の撮影が楽しみです。.

他社製品と色々比較検討しましたが、やはりこの機種を買って大正解でした。手ブレ補正は従来製品に比べ、10倍の手ブレ範囲を補正します。子どもを撮影するときなど、一緒に走りながら撮ることがありますが、従来製品のように後から見て酔うような気持ち悪さを感じることもなくなりました。映像も42型フルハイビジョンTVで見ても、十分綺麗です。操作性についても説明書を見なくても、(携帯電話のような感覚で)ボタンを押していけばすぐに分かります。機械に疎い方でも、十分に扱えると思います。ただ、長時間持って撮影するには若干重いので、三脚を購入予定です(sony純正のリモコン三脚など便利な対応商品もあるので)。その他、暗いところでの撮影に強くノイズが出ませんし、言うことなしです。動画だけでなく、静止画も最大約1200万画素が可能ですので、カメラを忘れた場合も問題なしです。一つ欲を言えば、色がシルバーだけなので、ブラックとの2色にして欲しかったです(xr520vは黒なので、仕方ないかもしれませんが)。あとは、標準バッテリーが最大約90分程度の撮影なので、もう少しあると良いですが、何かの行事を長く撮り続けるようなことがなければ、困りません。お薦めの商品です。.

タッチパネルなので初心者でも操作は簡単。初期設定が終わればすぐ撮影ok。今日買って明日使える位でせっかちな方にお勧め。ただ撮るだけならそれで十分です。また今年の機種の中では夜景や手振れに一番強い上にオプションパーツが豊富なので、楽しんで使うとなると一番良いです。hddも120gbと大容量で高画質モードで約14時間保存できるので、容量は気にせず高画質で撮れます。さらに付属のバッテリーはカタログスペックでは他社機種と一緒でメーカー発表の実撮影時間で約40分〜1時間しかもたないのですが、大型のバッテリーなら他社が約2時間の所、約2時間40分もちます。撮影状況で差はあるので発表値とは違うはずですが、多いにこした事はありません。 デメリットはタッチパネルで操作は簡単ですが、細かい操作・設定はかえって面倒だったり、hddモデルの為大型で重い事です。それさえ問題なければ2009年のイチオシ機種です。.

Cx12を買ったばかりでしたが、買い替え。手ブレ補正・・・満足cx12を使ってたときには十分と思っていましたが、レベルが違います。感度・・・満足これは色合いとの兼ね合いもあるので、人それぞれかもしれません。gps・・・面白い思い出ツールとしての「gpsと映像」がこれほど親和性が高いとは・・・。この後、デジカメ用にgpsロガーを購入してしまいました。故障・・・半年ほどで、ハードディスクが不調をきたしました。sonyの修理対応は満足でした。大容量で便利なだけに、バックアップは必須です。逆に言えば、このあたりの手当てをうまく出来ないと、使用にあたっては厳しい部分はあります。(テープモデルが主流から外れたため、選べませんが)総じて非常に完成度の高い機種です。.

Xacti dmx-hd700に買い足しです。dmx-hd70自体は持ち運びには非常に便利でお手軽でよいのですが、やはり画質的には今ひとつといわざるを得ません。子供の発表会や運動会など、ここぞという時の記録をぜひ美しく残したいと思い購入しました。メモリのcx-500vにするかhdd採用のこの機種にするか悩みましたが、重さが気になるときにはdmx-hd70を使えばよいし、また、ビューファインダがcx-500vにはついていないことも気になって、この機種を選びました。hddタイプは大きいといわれますが、まあ6年ほど前にかったdvテープのビデオカメラに比べればそれでもやや小振りで、個人的にはあまり気にならず、これ以上小さいとかえって撮影の際に安定しないかなとも思いました。画質ですがこれは期待通りの高画質といってよいと思います。色の再現性もよいし、ノイズも少なく、満足できるものです。特に、暗い室内やろうそくの明かりでの撮影などでも、きれいにとれるのには驚きました。手ぶれ補正に関しては、実際にはよく実感できませんが、すこしは効いているのかなという程度です。lワイド端がやや不足気味といえば不足気味ですが、dmx-hd70よりは随分ましで、特に数十センチまで近寄ってもピントを合わせてくれるのも驚きました。gpsは室内ではほぼ測定してくれてません。付属ソフトはなかなか秀逸の出来で、特にカレンダー上に撮影日ごとの画像を並べてくれるのは便利で、見ていて楽しいです。やはりパソコン上で再生するには、それなりのスペックが要求され、core2 quad6600でぎりぎりという印象です。全体として、手軽に非常に高画質な記録が残せるということで、hddが気にならなければおすすめできるものだと思います。.

特徴 ソニー Sony デジタルhdビデオカメラレコーダー ハンディーカム Xr500v 120ghdd Hdr-Xr500v/S

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : HDR-XR500V/S

ベスト ソニー Sony デジタルhdビデオカメラレコーダー ハンディーカム Xr500v 120ghdd Hdr-Xr500v/S 買い取り