現時点でαマウントのデジタル一眼レフカメラでは唯一のフルサイズcmos搭載機です。比較的「安い」と言われていますが、それでもフラッグシップです、いい値段します、性能は悪いはずがありません。圧倒的な高画素により、レンズの性能を最大限に発揮します。ここまでくると、何のストレスも無くフィルムから移行する事ができます。最高のファインダー、しっかりとしたボディと内蔵式手ぶれ補正、連射性能、全てが一級品です。カメラ単体として、文句の付けようはありません。このクラスのカメラを買うなら、まずマウント選びから考えた方が良さそうです。α900は良く出来た機種ですが、αシステムのレンズラインナップは他社と比べると層の薄さが気になります。このカメラはどのレンズを付けてもそのレンズの性能を目一杯引き出してくれますが、α900に見合うレンズとなると、選べる程は無いかもしれません。(これはユーザーのコダワリ具合にもよるかもしれませんが)弱小野球チームに、一人だけメジャーリーガーがいてもどうにもならないように、α900はまだまだトップ2に追いつけないαシステムの中で、特別突出した機種です。他社と比較、検討しているなら、この状況を踏まえてみてはどうかと思います。カメラはレンズと組んで働きます。チーム選びは慎重に!.

感想などは他の方が書かれてる通りなので省きます。私が強調したいのは「説明書」です。前の方のレビューにも作文以下の…と書かれていますが、その通りです。表示と言うか説明書その物を見てビックリします。携帯するための、ポケット取説かと勘違いするほどです。.

ソニー神話の復活を期待させる素晴らしい製品だというのが第一印象。性能も見た目も非常に良く、それでいて価格は抑え気味。手にすると意外に軽く、レリーズボタンは自然に指が乗る位置にある。一部のメーカーのような独りよがりのエルゴノミックスデザインの押し付けがましさや窮屈さがなく、さすがソニーと感心させられる。ファインダーの見えも素晴らしく、α9の再来を思わせる。そもそもカールツァイスの新作レンズを製品ラインナップに加えた時点で、高級フルサイズ機の登場は必然だったとも言える。現時点でもstfレンズやプラナーなど中望遠に魅力的なレンズがあり、ポートレート用としては無敵のラインナップを呈する。これにαの85mmf1. 4やプラナー100mmf2などが加われば史上最強のポートレート用システムになるだろう。ペンタカバーの三角形は、富士山を模したような優美な稜線を描き、ソニーの秘めたる野心が伝わってくるようだ。これだけの製品だから、従来のαユーザー以外からも支持されて当然だし、そういう売り方が出来ないようではソニーに未来はない。ソニーではsrgb対応のノートpcを登場させるなどの展開を図っている。確かにそういう連携も必要だろうが、変な囲い込みの方向に進んでしまうと逆に敬遠されるので、その辺の良識や自重は必要だ。具体的には、vaioユーザーだけを優遇するとか、macでは機能を制限されるなどの、余計なことをすると、いきなり購入検討の対象外となる可能性がある。そんなことでこの製品を埋もれさせてしまわないように考えてもらいたい。カタログの説明文はあまりにもお粗末で稚拙だ。一本調子でぶっきらぼうで、小学生の作文以下。(私が言うのもなんだが)質実剛健な雰囲気を演出するには程遠い。あのカタログを見て購買意欲が刺激される人は、きっと相当に個性的な人だと思う。.

Nikon cannon にどっぷり浸かった人からは評価されないカメラ。それもそのはずです。コンセプトが異なります。nやcは、作り込む画像をはき出してきます。しかし、a900は違います。・素直なデータ特性は、レンズの性能をそのまま裸にしてくれます。・無理のないフルフレームでの高画素。・秀逸のファインダーさぁ、買いましょうw.

  • これこそ一眼レフ
  • 御礼の遅延、誠に申し訳ありませんでした。
  • フルサイズ

ソニー SONY デジタル一眼レフ α900 ボディ DSLR-A900

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●α900 DSLR-A900 ブラック●SONY ボディ

いろいろな一眼レフを使用してきましたが、これ程までに自然な光を撮影できるカメラには初めて出会いました。夜、白熱灯の温かい光を完全に表現できます。sonyのカメラということで注目はしていませんでしたが、完全にその先入観を打ち破られました。とても良い優れたカメラです。.

光学ファインダーで、フルサイズのセンサー、そして往年の一眼レフそのものスタイルなおかつミノルタ時代のレンズも使える。生産終了を知って慌てての購入でしたが、手に入れられて良かったと思います。.

フルサイズとしては、まだまだ現役だと思う。使うレンズ次第です。.

最新型モデルのα99とα900では古いαで出来ない事の多さに閉口するかもしれない。しかしα900はミラーアップしてレンズの光を全てセンサーに送る。α99はトランスルーセントミラーを透過させないといけない。ここに大きな落とし穴がある。トランスルーセントミラーの損失は30%、シャッター速度で1~2段分、f値にして一つ分は劣る。その為、sn比を犠牲にして高感度にしなければ無かった。ここに一つの写真をあげよう。夜間の撮影で絞りf30、シャッター開放時間30秒の絵である。ノイズと言えるものは絵には全く表れていない。リコー社のdc2に匹敵する感度と解像能力の表れだと思う。α7 digitalシリーズの最終後継機として、この一台をお勧めする。.

αシリーズがソニーに移るとのニュースを聞いた時、αマウントの終わりを感じた人は少なくないと思う。自分もその一人だった。α900の登場はその絶望感を打ち砕くのに充分だった。このカメラを一言で表すならば、クラシカルなカメラで求められた性能を追求した機体である。これは裏を返せば、最新の技術面でフォローされる分野に弱いということでもある。お世辞にも高感度域に強いとは言えず、動画が撮れるわけでもない。ライブビューもない。そこを求める人間にはお勧めできないカメラだ。ただ、「写真を綺麗に写す」という、写真の基本性能に立ち戻った時このカメラは強い。常用感度内での圧倒的な解像感は、写真を写すことの喜びを思い出させてくれる。驚くほど広く明るいファインダーは、かつて覗いたフラッグシップ機のそれである。フォローしておくと、もちろんデジタル化による処理性能は高度であろうし、レンズを選ばない内蔵手ぶれ性能など、最新の技術を投入した部分も大量に投入されているのだとは思う。だが、その最新の技術をユーザーに感じさせないところがこのカメラの凄みと言えるだろう。銀塩時代に扱ったカメラ。それを超えるカメラとして、自分の手の延長のような感覚で使えるのがこのα900の特徴だと思う。正直、ソニーからこれほどスタンダードに優れたカメラが発売されるとは思っていなかった。イメージで物を語ってはいけないということだろう。余談だが、趣味の他に仕事上の記録写真の撮影用具としてもこのカメラを使用している。解像感の面で、そのような用途にも優れていると思う。.

ボディ、ファインダー、ミラー、モニターなどキズ擦れ無く年代に比して綺麗でした。満足しています。.

夜分遅くすみません。もう、お忘れかもしれませんが、ソニーα900を貴店よりamazonさんから買い取らせてもらった 名古屋市南区の木村です。お礼のレビューが大変遅くなり申し訳ありませんでした。限りなく新品の状態の品物であり非常に喜んでおります。取説さえも手あかが付いてない状態で満足しています。本当にありがとうございました。大事に使わせてもらいます。それでは最後になりますが、貴店の益々の御発展とともに健康に留意されて下さい。貴店へのレビューが大変遅くなり申し訳ありませんでした。それでは、また、失礼致します。.