現在のコンデジと比べると非常にコントラストが高くクッキリとした描写をします。液晶画面もタッチパネルになっていて反応も速く、撮った写真に付属のペンで文字を書き込めるなど遊び心もあります。レンズは年代的に広角側があまり広がっていませんが、これも構図の練習のためには好適といえます。.

サイバーショットが好きなので、気に入ってます。かっこいいコンデジだから。.

まずはこのボタン類のほとんどないデザインを見てください。ヘアライン処理もすばらしいと思います。また、ボタンが少ないことで初心者にも使いやすいと思います。そして、他の方も評価していますが、マニュアル設定による奥行きの広さです。初心者から、ちょっとカメラに凝ってますという人にも十分使えるかと思います。.

タッチパネル機dsc-n1の後継機種。今回もタッチパネルのハイスペック。魅力なのは勿論1000万画素オーバーの描写。レンズ性能云々ではなく、やはり描写密度は高い。iso1600も、その数値からは想像できないほどノイズが少ない。多機種と似たようなスペックだと思われがちだが、この機種の一番の魅力はマニュアル設定があること。今まで通りにオート撮影でもよいのだが、そこに一味加えたいユーザーには、やはりお勧めなのがマニュアル機であることと、その懐の広さ。シャッタースピードを変えての夜景撮影などは、マニュアル機でないと楽しめないもの。タッチパネルなので、なかなか数値の設定が面倒だったりもするが、どうして、はまると面白い。丸みのある形は賛否両論だが、底部の厚みは安定感があってよい。撮影が楽しくなるカメラの仕組みについて学べるカメラでもあり、1眼レフカメラはよく分からないというユーザーで、なおかつハイレベルを目指す入門にしてもよいのではないかと思う。手ぶれ補正機能なしでも、それを感じさせない低ノイズ。惜しむらくは、タッチパネルが持つ独特のストレス。ちょっと設定を変えたい度に、画面をさわりまくることになる。液晶面はよく出来ており、指紋はつきにくい。遊べる機能としては、あいかわらずのらくがき機能が面白い。触れば触るほど奥が深く、遊び尽くすには経験と時間を必要とするが、その分長く長く付き合っていける一台と言える。.

リチウム電池の問題、apple computerとの音楽配信機器での劣勢、等々、なかなかスランプから脱出出来ないでいるsony…。いくら長年appleを使ってきた僕でも、sonyにはどうしても頑張ってもらいたい!創業者、井深大、盛田昭夫氏の創ったsonyがこんな事柄で消えてしまっては日本として困ります!敢えて今日はあちこちの都内家電センターを歩き回って、これ!という製品を見つけて大々的に推薦したい、こう思いました。それがこのデジカメです。この価格の範囲でこの製品以上の精度・機能・手軽さ・画素数を持ち合わせたデジカメは他社では当分出来ないでしょう。これは一押しです。じっくり情報を分析して下さい。頑張れ、SONY!敢えて推薦します。.

利点と欠点

メリット

  • まだまだ現役
  • 触れば触るほど奥が深い
  • いい部品使ってる

デメリット

特徴 ソニー Sony デジタルスチルカメラサイバーショットn2 1010万画素 Dsc-N2

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 美しい有効1010万画素。ブレに強い高感度ISO1600。タッチパネルで使いやすい、高画質サイバーショット
  • メーカー型番 : DSC-N2
  • カール ツァイスレンズ : バリオ・テッサー(レンズ構成 : 5群6枚〈非球面レンズ3枚〉)
  • 光学ズーム : 3倍
  • F値 : F2.8-5.4

ベスト ソニー Sony デジタルスチルカメラサイバーショットn2 1010万画素 Dsc-N2 レビュー