専用の台座につけると勝手に撮ってくれるので、後でその写真で笑えます。笑顔で撮るはずなのにバラバラでへんてこな写真が続出で笑えます。はっきり言ってサブカメラと考えて、置いておくだけなので簡単です。買ったところも中古と思えないほど傷も汚れもおかしいところもなくよかったです。.

画質はともかくバッテリーがすぐに減るのでメモリーの容量が台無しです。手ごろな価格と、コンパクトさは非常に気に入ってます。.

高性能で操作が簡単です。手ぶれに強いのが良いですね。サイズもかばんの中で主張しない大きさなので、常にかばんに入れています。男女問わず好まれるデザインだと思います。.

つかまり立ちを始めた子供を撮るために購入しました。ルミックスtz7と迷ったあげくに室内に強いこちらにしました。字を読める程度の明るさの室内だと、目で見たよりも明るく写ります。字を読めない程度の暗い室内だと、さすがにロドプシンには敵いません。が、赤い光を照射してきちんとピントのあった真っ黒い(笑)写真を撮ってくれます。つまり、後で処理すれば何が写っているか分かります。すごいね〜。スマイルシャッター、面白いです。シャッターが下りるスマイルレベルを自分で決められるので、いわゆる笑顔でなくても少し子供の表情が動くとシャッターを切ってくれて、意外と泣き顔でも撮れちゃったりします(いいのか?)。まだ「笑って!」という日本語が通じない相手ですので、予想外に有用でした。連写は1秒間に2、5、10枚と3段階に設定できますが、専用のボタンがあるのでとてもスムーズに切り替えができます。また、設定は電源をoffにしても保存されるので、「もう面白い絵はおしまいかと思いきや」の場面で再起動して撮影再開できて大変良いと思います。動画は、フルハイビジョンではないがピントがあっていればとてもきれいです。どうやってピントを望むところに合わせるのかな?これから研究します。録画中にズームができるのはいいが、ズーム音がうぃーいっとシッカリきっぱり録音されてしまうのは無粋です。操作性はとても良いです。これまで使っていたのはオリンパスの2003年のモデル、ミュウ20でした。sonyを使うのは初めてでしたが、wx1は取り説を読まなくても自分がやりたいことは全部できました。ボタンと画面表示を組み合わせた操作経路(?)は最節約ながら十分という印象です。フラッシュが真ん中あたりにあって手の陰にならずにすむとか、前面がゴールド背面が焦げ茶でセンスが良いとか、突起物が最低限でスマートだとか、とにかく気に入っています。.

 手持ち夜景については、室内での人物撮りに流用しようとすると露出が暗すぎるため、menuから明るさ補正(ev)を操作したほうがよく、また被写体ブレを軽減できるわけではないところに注意が必要。 そのため、人物が入っている場合は、素直に人物ブレ軽減を使用するほうがよい。こちらは、isoが3200となるものの、露出も適正で、シャッター速度も稼げる。ノイズがあったとしてもブレ写真よりはよい。 しかしながら、手持ち夜景、人物ブレ軽減どちらもピントの位置を中央一点とすることができず、狙ったところにピントを合わせることができない。そのため、モードの選択としては、暗くて人がいないときは手持ち夜景、暗くて人物が入っているときは人物ブレ軽減、ピントを合わせたい場所がある場合はpモードのisoオートで中央一点を選択した設定で使用し、通常はインテリジェントオート(緑)にするのがよいと思われる。 気軽にパノラマ写真を撮影できる点は非常に評価できる。.

高感度をうたったモデルで、室内での撮影では他社の同価格帯より格段に綺麗にとれます。ただ、日差しの強い屋外などでは逆に色が淡い印象もありますが、モードで好みに調整できる程度だしノイズもモニタに収まる程度のサイズな気にならないレベルで全体的には格段に進化したモデルだと思います。動画に関してはあくまでコンデジなのでズームがなめらかでなかったりしますが従来のcmos特有の歪みに関してはかなり抑えられているようで、これは嬉しい驚きがあります。この点では動画専用のxactiなど安価なcmos機種より優れていると思います。同クラスのルミックスなども動画はかなり優秀になりましたが、あちらはccd特有のスミア(光源が視野に入ったときなどに出る縦の線状のノイズ)がかなりでます。ただ、この機種も新しい技術がこなれていないせいか、動画ではとくにオートフォーカスがあまくafについてはtz7などパナソニックの機種が安定しているようです。カメラや被写体に動きがあると、かなりafが迷うのでこの点は我慢ならない人もいると思います。弱点も強みもはっきりした機種ですが、室内用途がメインのかたにはおすすめできます。sonyが主要な機種をccdでなく裏面照射型cmosという新しい技術の投入に踏み切ったのは驚きましたがもうちょっと磨かれてくれば、フラッシュが必要無くなるくらいの画期的なモデルだと思います。.

この機種の映りが堪らなく好きで予備、ストックとして。また買わねば。コンデジはセンサーにゴミがつき易いのが難点。あとteleとwideのボタンの効きが悪くなったが、6本ネジを外してボタンのトコからごっそりゴミが取れたら治った!しかしセンサーのゴミを取ろうとやり過ぎたら液晶の映りが暗くなって、目を凝らさないと見えない。涙.

これまでだいたい2年に1回くらいデジカメを買い換えています.casio,casio,canon,canon,と続いて,今回はじめてsonyを選びました.ixyの930isもなかなかよい機種なので最後まで悩みましたが,買って正解でした.気に入った点は以下の通りです.(主としてcasio,canonの旧機種との印象比較です.)・レンズの解像力は十分.明るさも予想以上でした.もちろん撮像素子の解像度も普段利用には十分.・広角24mmは意外に重宝します.屋外だけでなく狭い室内での集合写真にも威力を発揮しました.・日頃からデジタルズームは使わないことにしているので,光学5倍ズームは魅力です.・動画の記録形式がmpegなので,たいていのパソコンですぐに見れるのもありがたい.・パノラマ撮影はおもしろい.撮影中にも移動量を検知してくれています.・全体的にメニュー画面や設定操作がわかりやすく,買い換え組ならばマニュアル不要で操作できます.・色はブラックかゴールドかを悩みましたが,ゴールドにして満足しています.キレイな色です.・重さは他機種より軽い方ではないのですが,見た目が小さく見えるので気になりません.ちょっと気になった点は以下の通りです.・ズームの反応がちょっと悪いです.動画撮影中にもズームできますが,反応は遅いです.・sonyなので当然ですがメモリスティックなので,これまで使っていたsdカードは使えなくなって, その点では残念!・他機種も同じですが,無圧縮記録ができるとよかったです..

利点と欠点

メリット

  • 格安で買った型落ち。でもこれで十分。
  • 液晶の映りが悪くなったのは初めに買ったやつ
  • バッテリーがすぐ減る

デメリット

室内で使うことが多く、高感度ノイズと手ぶれが気になってきたので、約3年ぶりに購入を決意。ソニーのデジタルカメラは初めてです。薄型のtx1、finepix f70exr、powershot s90と本機を比較しながらずいぶん悩みました。決め手は、明るいf2. 4のレンズ、24mmの広角、5倍ズーム、tx1よりも多いバッテリー容量、それから値段差。tx1のほうは、出っ張らないレンズとタッチパネルの点でメカ的に壊れにくそうなイメージがあったことと、マクロに強いため最後まで捨てがたかったです。結果的には、タッチ操作に慣れていないことと、夜の室内でレンズの明るさが若干心配だったので、無難と思えるwx1にしました。色はシルバーと黒はありがちなので消去法でゴールドにしました。明るめの金色で、背面の茶色とのツートンカラーが思ったよりも上品で落ち着いた感じです。外装はアルミで質感もよく、モノ全体としての印象はウォークマンや携帯電話の高級機に似た趣があります。大きさも同じようなものでしょうか。私は今まで単三電池のデジカメを使ってきたので、その小ささに驚きましたが。発色はソニーのハンディカムのような薄めの柔らかい絵作りで、想像通りでした。コントラストの強い、濃い絵作りのカメラが多い中、ナチュラルな画像で個人的には好感が持てました。解像感も今時のコンパクトデジカメにしてはなかなかのもの。ただ、ホワイトバランスとオートフォーカスの精度は、少し使った限りではキヤノンに分があると思いました。そして、何といっても夜景モード。購入前にネットの掲示板を見て期待が高まるばかりでしたが、わずかな光量でプロのライティングもどきの写真が気軽に撮れるのはスゴイです。初めは思わず驚嘆しました。合成写真なので状況によっては非現実的に写りますが、久しぶりにデジタルカメラの新しい可能性を感じました。カメラを振るだけでパノラマ写真が撮れるスイングパノラマも実用的。最初遊んでから出番は多くないものの、おもしろい風景写真が撮れそうです。惜しいと思った点。・レンズの特性なのかフレアが出やすく、安定しない感じがあります。夜間の部屋でよく、中央部分が白くなったり、紫の丸いスポットが発生します。・露出/ホワイトバランス/ズーム位置などの設定を記憶可能にしてほしかったこと。電源切るとクリアされます。・モードダイヤルが動きやすいこと。持つときに自然とダイヤルの中心に親指が触れますが、立てておいたカメラをつまんで持ち上げる際に回転することがあります。若干詰めの荒さは残るものの、新技術を思う存分楽しめる機種です。第二世代を待つことも考えましたが、思いきって購入してよかったです。.

Sony デジタルカメラ cybershot wx1 (1020万画素/光学x5/デジタルx10/ブラック) dsc-wx1/b(広角レンズ) 今までキャノンのa590isを使っていたのですが広角側の写りに不満がありました。その点でwx1はスッキリと歪みの少ない広角24ミリ(35ミリフィルムカメラ換算)で、なんだかウデも上がったような気さえします。(cmos)  cmosを使ったデジタルカメラは初めてなのですが本当に感度が高いですねえ。人間の目よりよく写ってますので、同じ雰囲気にするにはevでマイナスに補正しないとかえってヘンなくらいです。 (高速連写) 残念なのは高速連写が10コマまでしかできないことです。10枚撮ったら本体のメモリーからメモリースティックに転送する仕組みのようです。このため、10枚以上へ進むには待ち時間が発生します。 (スイングパノラマ) スイングパノラマはちょっと練習すると簡単にパノラマが撮れるようになります。面白いですよ。 小さいくせに高性能で簡単といいことずくめ、この上ほしいのは防水機能くらいかな^^;.

親がこれと同じものを持ってって、画像素子にホコリが付いて絵が汚いと言うことで新たに買い直した。10年くらい前のものなので新品同様の中古品を格安で手にいれた。有効画素数は今のものと比べると少ないし、画像処理も劣るけど、スナップ撮影で使うには十分の性能。赤が強いけど自分的にはバランスが取れて良いものだと思う。.

4の「gレンズ」に加え,裏面照射型cmosセンサーexmor r,スイングパノラマなど新しい技術を搭載したカメラです。どちらかというと,どんな場面でもokなオールマイティなカメラではないかもしれません。私は,他での評価どおり暗所での撮影に威力を発揮するカメラという感じを持ちました。また,24mmという画角は確かに魅力的ですが,明るい場所では解像感や階調性にもう少し改良の余地があるような気がします。でも完璧なカメラというのはないので,むしろ使いこなすことでこの点はカバーすべきかもしれません。色々とくせのあるカメラですが,私が一番感動したのはパノラマ写真でした。すでにhx1で実証済みとのことですが,私はこの機能をこのカメラで知りました。パノラマ撮影の簡単さは,驚異に値します。結局,暗所に強く,24mmの広角で撮影ができ,パノラマ写真が簡単に撮れるというのがこのカメラの特徴です。そこに魅力を感じれば,買いだと思います。私は,一眼を含め数台のデジタルカメラを所有していますが,当分wx1がメインのカメラになりそうです。.

室内で黒い犬を明るくきれいに撮影したくて口コミでも評価の高いこの機種に決めました!動物を撮る場合フラッシュを使うと目が光ってしまうので、レンズの明るいwx1はわたしの用途にぴったり。びっくりするほどほんとに明るいです!曇りの日の薄暗い室内でも、レンズを通せば、そこは晴れた日の室内。想像以上の性能に、思わず「凄い!!」とつぶやいてしまいました。広角24ミリが広すぎて被写体が遠く感じてしまう事もありますが、買って大正解でした。室内撮りメインの人ならこれは使えると思います。.

細かい評価はマニアにお任せするとして。普段持ち歩いて、撮りたいときに撮るという目的で使っています。そういう意味では、小型軽量なのがいいです。全体に邪魔な突起物はなく、一眼レフみたいに「持ち運ぶだけで一苦労」みたいなのはないです。料理を撮るモードもあり、ほとんどお任せに出来るのは楽です。暗い場面に強く、パノラマ撮影が出来て、解像度も悪くないです。動画も簡単に撮れます。スマホのカメラみたいに音が邪魔をしないのもいいですね。モニターも本体の大きさに合わせていて小さくなく、これで十分です。私は黒を買いました、大人しいデザインでいいです。大きいバッグのストラップに、大きさの合うポーチを付けて入れています。本体にカバーは使っていません、こういう製品は直に使う方が好みです。(細かいキズは付きますけどね、そういうものです)欠点を書くと、まず動作が遅いこと。電源とか、撮影した直後とか、ちょっと間があります。こういう部分でイライラしてしまう人には向きません。次に、デザインがシンプルだけに、ホールドしづらいこと。これも慣れですけど、指が引っかかる突起とかないので、神経を使う部分です。ズームが速すぎるのも、使いにくいです。折角ズームが付いていても、丁度いい所で止められないのは物凄いストレスになります。電源ボタンの位置も悪いです、片手で取り出して撮影して仕舞うという動作をする場合、こんな場所に電源ボタンがあってはねぇ……感触も悪く、上に書いた通り反応も遅いので、「あれ、押したはずだけど?」って感じになります。マクロがイマイチなので、小物を撮影するならやめた方がいいです。充電池の持ちが短い気もします。気軽に使えるデジカメとして、そう悪くはないのですが、人に勧めることはないです。自分の場合、わざわざ買い換えるほどのストレスはないから使っているだけです。(小物を撮るときはリコーのデジカメを使ってますし)撮影するだびに、他にもっといいデジカメもあるんだろうなぁって想像はしています。.

《評価》◎解像度が高く、細部の再現性が高い。◎色が少し薄味な気もしますが、リアルな色合いで良い感じ。◎フラッシュ時のホワイトバランスや高感度時の細部の再現性など、bionzが?格段に進化(dsc-t900以降?) ⇒人物撮影でも違和感なくなりました!◎動画撮影中にズーム&AF&マクロが使える!(使えない機種が多い)◎[動画]ファイルが管理しやすい。(quicktimeで再生可能。更に拡張子をdvに変更すると「デジカメde同時プリント」で再生可能!逆にtz7は、専用ソフトが必要)△メーカー推奨の純正ケース(lcs-csva)が若干大きめ。△[動画]マイク感度が低い?△[動画]機械ノイズが気になるかも?ズームは極力さけるのがオススメ。×静止画の圧縮率低すぎ!(5mでファイルサイズが2. 0mbも…)※色はゴールドがオススメ。裏側のパネル茶色味かかっているなど、全体の配色も良いです。.

ほぼ1年使い、普段持ち歩いて使うデジカメとして気に入っています。何より小型で暗所に強い。携帯と同じサイズですので、気軽に使えます。ただ、フラッシュが強く被写体が白飛びしやすい傾向にあります。このため、可能なかぎりフラッシュは使っていません。この点はフジのfinepix系の方がよくできていたように思います。細かい難点としては、バッテリ容量がやや小さめなことと、記録媒体がメモステduoということでしょう。後継機のwx5はsdを使えるとのことで、やや気になりますが、デザインはwx1のスクエアっぽい方が好きです。.

第1に,サイズがいい。ポケットに放り込み,必要なときにさっと出せる。第2に,室内などの暗いところに強いのがいい。とても重要です。第3に,画像が重くなりすぎないのがいい。シンプル イズ ベスト!アップ・ルーズの調整がやや難。.

特徴 ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot WX1 (1020万画素/光学x5/デジタルx10/シルバー) DSC-WX1/S

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●Cyber-shot DSC-WX1 シルバー●SONY

これまでメモステを買うのが嫌でsonyのコンデジは避けてきましたが手持ち夜景モード、人物ブレ軽減モードの6枚連写合成スイングパノラマ等の先進的な機能に触手が動いてしまいましたデジイチも持ってますが、居酒屋などでのちょっとしたスナップ撮りにはコンパクトで広角、そして高感度撮りに強いこの機種が持って来いだと思いますさすがに飲んでる最中にデジイチ構えるのは・・・ですし酔って壊してしまいそうで(爆)ただ、日中屋外での撮影はやや薄味な為、露出補正をその都度行いたいのですが露出補正がワンプッシュで出来ないのがマイナスですかねボディが小さいのでボタン類も小さめで人によっては若干扱いにくいかもこの辺は実機で確かめて買われた方がいいと思います液晶保護フィルムはダイソーで買った3インチ用が黒枠まで含めジャストサイズでしたこれまで室内撮影での手ブレに悩まされてた人は【買い】でしょうね.

I am disappointed with this product as you cannot change the menu on it into english. Although you can read instructions in english which are on the cd provided, the menu on the camera is only in japanese. Therefore it is not convenient for international customers.

そろそろ新しくしようと思い、同じメーカーで古いデジカメを持ってるんですけど旅行先で使おうってことで購入してみました!前のもソニーだったため操作方法はすぐに慣れました。じゃんじゃん撮れるので、面白いです!.

ベスト ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot WX1 (1020万画素/光学x5/デジタルx10/シルバー) DSC-WX1/S レビュー