ソニー(SONY) ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot TX5 – TX10もお勧め

このカメラにも防水機能は、ありますが、値段が同じの、tx10にも防水機能があります。私は過去に私のデジカメを水没させて壊してしまう為にtx10を購入しました。どちらもお勧めです。.

元々は canon の ixy digital 900is を使っていましたが、この機種に買い換えました。世代が全く異なる機種なので、単純に比較することはできませんが、素人目線で、感じたことを素直に書きます。一番驚いたのは、夜景がものすごくキレイに撮れること。少しの明かりがあれば、フラッシュも焚かずにくっきり映ります。フラッシュは不自然になり嫌いだったので、前の機種ではシャッタースピードを遅くしたり、iso感度を高めるなどして、薄暗い写真ながらも良しとしていたのですが、この機種では、そんな心配は一切要りません。面倒な設定などしなくても、手振れも気にせず、オートで鮮やかな夜景を簡単に撮ることができます。それから、起動も早いですね。前面のカバーをスライドさせると、一瞬で撮影できる状態になります。望遠で撮影してもレンズが飛び出さないですし、スライド式のカバーと言い、デザインにもかなりのこだわりを感じます。あと、sdカードに対応しているのもいいです。ソニー特有のメモリースティックは嫌いだったのですが、古い資源を有効活用できてgoodです。私がこの機種を選んだ大きな理由の一つです。この機種は、フルハイビジョン動画が撮影できる上位機種 tx7 とよく比較されますが、動画の性能は落ちても、tx5 は防水仕様になっており、動画にこだわりのある方以外は、コストパフォーマンス的にはこちらをお薦めします。残念な点としては、スマイルシャッターの感度です。去年、子どもが生まれたので、この機能にはかなり期待していたのですが、なかなか狙った通りにシャッターを切ってくれません。スマイルレベルを変更してもイマイチ。機械が判断することですから、期待し過ぎない方がいいです。ただその点を差し引いても、カメラとしての性能、使い易さは抜群で、買ってよかったです!.

残った人生は(?)、デジタルカメラで楽しもうと若いころに少しばかりやった趣味を今回は真剣にやり始めた趣味。キャノン、オリンパス、ニコン、カシオ、フジとコンパクトを始め一眼レフデジタルと旅行や外出するたびにに機種を替える。ソニーのcybershotは、形、薄いサイズ、使い勝手と毎日の通勤に持ち歩くのにピッタリ。適当に倍率もあり手に不思議と馴染む感じがいい。風景や人物を撮影するだけでなく、cloeupも利くので仕事上のメモ撮りにも大いに重宝している。2台目、3台目のデジタルになら特に超お勧めの機種だ。.

つい先日、約1年前に買ったpentax optio w60を処分しこのtx5に買い換えました買い換えた理由は、室内や暗所に強い裏面照射cmosを積んでいる事それと光学手ブレ補正が搭載されている事です去年ぐらいまでは光学手ブレ補正を積んだ防水カメラ自体が少なく仕方なくw60を買ったのですがやっぱり室内ではノイズが多く、操作レスポンスも悪くガッカリしていましたそこで、室内、暗所に強い裏面照射cmos搭載のこのtx5に白羽の矢が立ちました裏面照射cmosの凄さは年初に買ったwx1で充分知っていたのでもう迷わずtx5に飛びつきましたね^^光量が足りずどうしても手持ちではブレてしまう室内や夜景撮影iso感度を上げればブレは防げても今度は写真がザラついてしまう・・・そんな悩みを吹き飛ばす裏面照射技術は一度体験すると手放せませんね特に高速6枚連写合成処理でノイズを低減する手持ち夜景モード人物ブレ軽減モードは凄いですよ暗闇で目視じゃ読めないような看板などを手持ちで撮影してもちゃんと文字が読めるくらいに写ります^^その他色々遊べるスイングパノラマ、ペイント機能明暗差の激しいシーンで役立つ逆光補正hdr動画もhd(avchdではない)で撮れ、録画中の光学ズーム、afも可能でズームをしても比較的ズームレバーの操作音は拾いにくいと思いますまたフルオートの能力も優秀だと思います^^ここまでは良い点、↓からは悪い点ですまずwx1の時もそうでしたがホワイトバランスがあまり良くないですねその都度名刺などを使ってプリセットで合わせるのが良いかと思いますそれとwx1の時も指摘されていましたが日中屋外では露出がややオーバー気味です(それでもwx1よりは良い)全体的にツルツルした作りなんで滑りやすく持ちにくいです写りに関しては、解像感がありクッキリシャープ!とはいかず可もなく不可もなくで並レベルですかね^^;私が感じた良い点、悪い点を書きましたが悪い点はまあどのカメラにもあるような事ですし良い点とのトレードオフと思えば良いかと思いますそれでも良い点の方のメリットが大きいです買って損はしないかと思いますよ^^.

夏にネットショッピングで購入しました。暗い場所でもフラッシュなしできれいに写ります。華奢に見えますが意外に作りも頑丈に感じます。電池のもちも悪くないと思います。かばんの中でカバーが勝手にスライドしていることがあります。.

ダイビング用に純正マリンパックと同時購入しました。動画性能等で最後までtx7と迷いましたが防水機能でtx5にしました。水中で撮影しましたが静止画・動画ともに大満足・大感激です。動画は40インチのフルHD液晶TVで鑑賞してもとてもキレイです。水中モード搭載で、マクロにも強いのが魅力ですね。ダイビング用には本当にお勧めです。参考動画[.

Sony製品は製品寿命の信頼性が今ひとつのような気がして意図的に敬遠していたので、久々のsony製品購入です。防水防塵でhd品質の高圧縮動画が撮れるものというと選択肢が限られてくるのですが、サンプルを見ても問題なさそうだったこと、スイングパノラマが魅力的だったことから本品を選択しました。ちょうど時期を同じくしてpanasoncからもft2が出たり、pentaxからもolympusからも防水防塵性品が出たので悩みましたが、熟慮した結果です。hdr補正や暗所における複数枚連続シャッターによるノイズ軽減など機能的にも色々と詰め込まれていますが、それぞれ満足できる仕上がりになっています。注目していた動画はブロックノイズに近い独特のギザギザ感がありそれなりです。dvdに焼いて46インチtvで見てみましたが、hdでないビデオカメラ専用品よりもやや劣る品質くらいをイメージして頂けるといいかと思います。ただし鑑賞に耐えないということはないですし、デジカメ一台で手軽に賄える長所を考えると十分納得いくレベルだと思います。最大の弱点はバッテリーだと思います。今までコンデジはlumixとricoh gr ii(現役)を使いましたが、消耗が断然早いです。「いざ!」という時に電池キレだと困るシーン(結婚式とか子供の出産とか)での使用を想定されているのなら、充電池の追加購入は必須になるかと思います。後は満足しています。問題は壊れないかですが。。。こればっかりは現段階で評価できません。今現在では総じておすすめできます。.

スノーボードに持っていけるデジカメを探していました。購入時のポイントは、タフさです。このカメラは、防水は水深3m、対衝撃の性能も高く、マイナス10度まで耐えれるという設計。電気屋で手にとったとき、そのコンパクトさとデザインに衝撃を受けました。アンチsony派な私ですが、購入後は満足の一言。動画はフルhdじゃないですが、十分綺麗です。この冬、ボードの最中に、友達を追い撮りしましたが、この価格帯のカメラなら十分に満足できる画質です。使わないときも、小さいのでウェアのポケットに入れていても、そこまで邪魔になりません。あと、リフトに乗っているとき、インナーグローブでタッチパネルを触ると反応したのは、驚きでした。タッチパネル液晶への圧力で反応するタイプなのかもしれません。その前に、海にも持っていきましたが、防水なんで気にすることなく、海に浮き輪で浮かびながら撮影しました。(防水と知っていても、最初は、ビビるのが人間の性ですが。。。苦笑。)若干の不満は、何となくですが、室内の写真が薄暗いこと。もしくは、フラッシュをたくと、不自然な写真になります。以前、使っていたキャノンのコンパクトデジカメの方が、その辺は綺麗かもしれません。野外撮影はそこまで不満はありません。パノラマモードはすごい!の一言です。とりあえず、タフなので、気兼ねなく使えます。雑に扱ってもokなので、本当に、どこでも持っていけます。このカメラを購入後、キャノンンのkiss x4を買ったのですが、やはりこのカメラの機動性に負けてしまいますね。どこか行くにも、ポケットに気軽に入れていけるので、ちょっとのお出かけなら、ついつい、楽なほうを持って行ってしまいます。アンチソニーの私ですが、このカメラはとりあえず、買って良かったです。.

利点と欠点

メリット

  • 写りがいいです
  • 久々のSONY製品
  • Sonyのデジタルの初体験。おやっと思わず見なおした!

デメリット

スライドカバーの塗装が一気に剥げた。スキーに持って行って、低温0℃(雪上)、常温30℃(体温)と急激な温度変化を与えてしっまたからだろうか?保護フィルムが浮かびあがった様になり、そしてぺろりと剥げてしまった。黒ボディーに銀のスライドカバー、ちょっとスタイリッシュだけど指紋が付きそう。きっとTXシリーズすべてに共通するのだろう。(購入後1. 5年後のことです。).

Tx7を店頭でいじったとき、タッチパネルの操作性に驚き、初めて触れたのに思いどおりに動かせることに感動しました。スイングパノラマは、広角レンズ以上のことができ、連写性能も一秒に10枚と卓越し、iautoで、マクロ撮影、逆光など、カメラ自体がシーンを見分け、シャッターを押しさえすれば、適切な設定で撮影できてすばらしいと思いました。tx7をまさに買おうと思ったとき、はたと情報を検索して、tx5の存在を知りました。防水・耐低音、これがtx7に加わったtx5は、まさに最強です。tx7に比べると動画性能が落ち、液晶が0. 5インチ小さくなりますが、スキーに、水辺に、スイングパノラマが使えることは、撮影できるシチュエーションの幅が、一気に増えます。それに、このカメラで動画を撮るには、録画しながらのズームイン・アウトがやりづらすぎます。動画をやるなら、ズームの速度が調整できるカメラでないと。したがって、静止画中心に考えた場合、tx5はtx7に、決して劣るものではありません。液晶は3型で、十分な大きさ。今まで写真は印刷するか、tvに写すものだと思っていましたが、これならカメラで楽しめます。携帯よりも写真が見やすいので、これならアルバム代わりに写真を持ち歩こうという気分になれます。起動も速く、蓋を開けて構えたときには撮影可能です。ペイント機能で撮影した写真にちょっとしたメモ書きができるのは便利。本気で落書きもできるし、花の名前など、メモをすることもできます。ペイント用のペンはストラップにつけっぱなしにしておけ、しかもかさばらない便利なもの。トリミング機能を使えば、パソコンを使わなくても、クローズアップしたい部分で切り取れます。いずれも元画像が残るので、心置きなく編集できます。びっくりしたのは撮影した写真に対する加工で、ピント修正ができるもの。ちょっとしたピンぼけなら、なんとかなります。サイズはコンパクト。でも、機能は無限大。先日送別会で使いましたが、ちょっと照明を落とした室内でも、iautoで十分連写撮影ができます。とても暗いカラオケボックスでも、シーンセレクトで高感度モードを使えば、フラッシュなしで撮影できます。当然フラッシュを使えば普通に撮れます。薄暗い室内という感じはでませんが。併用しているcasioのfc150に比べ、露出アンダーのエラーは出ません。つまり、撮影できないとは言わない、ちゃんと撮れる、まさに万能なカメラです。ただし、広角レンズの特性上、人間の集合写真を撮るときは、画像端の人の顔がゆがんでしまうので注意!メカニカルシャッターのためにゆがまないとカタログには書いてあり、確かに電子式シャッターのようなゆがみはでないのかもしれないけれど、広角特有のゆがみは出ます。デジカメ・ディスプレイ・つや消し・タッチ操作用保護フィルター・プロガードAG for sony cyber-shot dsc-tx1 / dcdpf-pgscstx1-agcasio デジタルカメラ用ケース esc-220bksony リチャージャブルバッテリーパック np-bn1sony バッテリーチャージャー bc-trn.

ベスト ソニー SONY デジタルカメラ Cybershot TX5 (1020万画素CMOS/光学x4/ブラック) DSC-TX5/B 買い取り