ソニー(SONY) ソニー Sony デジタルカメラ サイバーショット W200 Dsc-W200 : シンドい製品です

たしかに「高画素=高画質」と思っているユーザーをカモにした製品だと言わざるを得ません。通常のユーザーの持っているディスプレイでは一つの画面で画像全体を閲覧することができないでしょうから、よけいにアラが目立っているだけなのかも知れませんが新開発のccdもツァイス(本当にツァイスなのか)というオマケレンズによって台無しのような気がします。bionzのノイズ処理が強すぎて解像してなければいけない部分も「のっぺり」としてしまったり潰れてしまったのでは1200万画素の意味がありません。他社に追いつけ追い越せにしては「作り込み」の甘さが露呈しているようです・実際このw200よりt100のほうが世間の評価は高いようですし、せめてこれでraw記録でもできれば「一石を投じ」たかもしれませんが。.

1210万画素の高画素によって得られる精細な写真は実に感動ものです。ただし、他の評者の方の意見にもあるように、芝生のような単純な被写体に対しては、「これ、なに?」というほど、のっべらな無惨な結果になることもあります。反対に複雑な模様をもつ被写体(一般には被写体の模様は複雑です。芝生とか、真っ白な一様な壁とかは、むしろ例外的な模様のような気がします)に対しては、とても精細な画像が得られます。ピントと露出もオートで大抵の場合は満足できる結果がえられます。手ブレ補正もよく効きます。高感度を詠っていますが、それほどでもないなとおもいます。ISOをあげるとやっぱりノイズが出ます。あくまで、他の機種との比較でどうかでしょう。総合評価としては、買ってよかったと思っています。.

商品説明にはない、液晶内へのホコリの混入がありました。全体的にはキレイ撮影には影響がないので、今回は良しとします。.

「W」シリーズと言えば基本的に安価なイメージがあったのだが、とうとう4万円台になってしまったのは少し寂しい気もするが、その分内容はどんどんハイスペックになっている。まず他のカメラに比べて【最小F値】が高いレンズが使われていて、この値が小さいほど写真は明るく撮影できるし、美しくぼかす演出も出来る。また売り文句の「ISO6400」や「1210万画素」。マニュアル撮影も、簡易ではあるが使用できるので、今まで以上に柔軟になり、意思の反映が見えやすいカメラになったと言える。基本的に【ISO】と言うのは高いほど画像が荒れるので、どれほど画像エンジンが優れようと、やはり画像は荒れる。「暗所でも画像が写る」程度に考えてもらった方がいいが、従来に比べたらノイズが少ないのは確かな様子。あまりこの機能の恩恵は気にしない方がいい。画素数だが、描写力はレンズで決まるのでなんとも言いがたい。場合によるとデータの受け渡しをする時にボリュームがあって困ることも。A3で印刷するようなことがあれば画素数は多い方が良いが、レンズの描写力はそこまでついていかないだろう。小さすぎるジョグダイヤルによるモード撮影操作は慣れ次第。機能説明があるので、その辺はいままでよりずっと楽しめるはず。プレビューボタンの小ささもやや気になる。どうもハイスペックが良いという方は検討の価値あり。高級感のある外観も十分に魅力的な要素である。.

  • 液晶内へのホコリ混入
  • ハイスペック化してゆく
  • とても良いカメラです。

ソニー Sony デジタルカメラ サイバーショット W200 Dsc-W200

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : DSC-W200
  • レンズ : カール ツァイスレンズ バリオ・テッサー(レンズ構成 : 5群6枚〈非球面レンズ3枚〉)
  • 光学ズーム倍率 : 3倍
  • デジタルズーム : 倍率*1 プレシジョンデジタルズーム約6倍 / スマートズーム(VGAサイズ : 約18倍 / 2メガサイズ(16 : 9) : 約6.2倍 / 3メガサイズ : 約5.9倍 / 5メガサイズ : 約4.6倍 / 8メガサイズ : 約3.7倍 *1 光学ズームを含む、ワイド端からのズームです。
  • F値 : F2.8-5.5