T30の方がバッテリーが長持ちするし、画面も大きいからT30をオススメ。T30はいまのSONYのあのサイズでの技術の最高の商品だからね。でも、T10は背面デザインがT30よりかっこいいと思う。.

Dsc-t9を買い替えすべきか、店頭で弄り倒してきました。◎動画撮影でズームが使える。◎ジャストフィットするケースがある! 他メーカーではありますが、fujiのsc-fxz1h,sc-fxz1bが超オススメです。○拡大鏡モードへの切り替えがスムーズ。○セルフタイマーに2秒モードがついた。○スマートズームの倍率が上がった。△レスポンスが悪くなった。×(明るい屋外で撮影しても)isoのauto撮影ではiso125より下がらない。 特に拡大鏡モードで、どんなに明るくセッティングしてもiso80にならない(出来ない)のは致命的かも。◎付属のリストストラップがいい!金属など堅い部分がなく(ロゴの箇所もラバー製)、ストラップによる本体へ傷つける心配がない。部品として取り寄ができ、210円(ヨドバシ)と安い。pdaや携帯ゲーム機など、大切に扱いたい機器への活用にお薦め。.

他社のデジカメとは決定的に違うのは、動画撮影中に ズーム が出来きる事です。もちろん、ピントも合わせてくれます(他社でも、動画デジカメの場合、もちろん出来ますが)。感度も画質を劣悪(P社のように)にしてまで、あげる方針ではないので好感がもてます。.

5インチディスプレイも見やすく、非常に扱いやすいデジタルカメラです。スライド式の電源操作が好感触で、被写体に遭遇した時も撮影レスポンスが良い。多きさも小さめで、ポケットサイズなわりに、操作性が素晴らしく良いのが特徴です。なかでも魅力なのは、オートフォーカス状態でも干渉することのできる明るさ補正。これにより、格段に自分の意図を表現しやすくなっています。画面内の明るさの設定は、コンパクトデジカメでは多様する機能。それを、簡単操作で行えるようにした点は、さすがソニーです。拡大機能である「虫眼鏡機能」も相変わらず優秀。身近な被写体をどんどん撮影してみたくなること請け合います。軽さ・レスポンス・意図の反映。そして何よりカラーリング。4色から選べるのは魅力です。個人的にはピンクが珍しく可愛いと思っていますが、白色のもつ、艶のある感じも非常に捨てがたい可愛さです。日常から持ち歩けるデジカメとしての活躍と共に、ルックス重視のアクセサリー的な要素でも十分に応えてくれます。ブラックは指紋がつくのでは?という不安は的中しますが、予想より酷くありません。ちょっとシャツなんかで拭いてあげれば、ちゃんと綺麗になるので、シックとカッコイイボディならブラックで。.

  • とにかくノイズが少ない
  • 操作性が光る!

ソニー Sony デジタルカメラ サイバーショット Dsc-T10 ブラック Dsc-T10

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●DSC-T10 ブラック●

5インチディスプレイも見やすく、非常に扱いやすいデジタルカメラです。スライド式の電源操作が好感触で、被写体に遭遇した時も撮影レスポンスが良い。多きさも小さめで、ポケットサイズなわりに、操作性が素晴らしく良いのが特徴です。なかでも魅力なのは、オートフォーカス状態でも干渉することのできる明るさ補正。これにより、格段に自分の意図を表現しやすくなっています。画面内の明るさの設定は、コンパクトデジカメでは多様する機能。それを、簡単操作で行えるようにした点は、さすがソニーです。拡大機能である「虫眼鏡機能」も相変わらず優秀。身近な被写体をどんどん撮影してみたくなること請け合います。軽さ・レスポンス・意図の反映。そして何よりカラーリング。4色から選べるのは魅力です。個人的にはピンクが珍しく可愛いと思っていますが、白色のもつ、艶のある感じも非常に捨てがたい可愛さです。日常から持ち歩けるデジカメとしての活躍と共に、ルックス重視のアクセサリー的な要素でも十分に応えてくれます。シルバーは擦り傷に強いことがt30で分っているので、メッキ加工に心配のある方はシルバーがお奨めかもしれません。.

人物・風景・接写などの様々な撮影をしてみた。撮影後パソコンで写真を見て、拡大をしてみたところノイズの少ないことに驚かされた。また、手ぶれもなく、とても綺麗に撮影が出来る。.