ソニー(SONY) ソニー Cyber-shot DSC-WX300 : DSC-30Vと比較して

以前は同じソニーのwx10を使用。新しく出たwx300についに買い換え。背面のインターフェースや内蔵ソフトの使い方は全くといって良いほど同じなので使い方に迷いは無い。wx10は電源onにしてから立ち上がるまでに時間がかかってそこから静止画動画撮影が始められるまでにまた時間がかかった。でもこの300は電源onにしたらほぼ同時に撮影体制が整う。動画も電源onとほぼ同時にmovieボタンを押すと直ぐにスタンバイと表示され撮影が始まる。速い。当然静止画撮影も電源onとほぼ同時に始められる。隔世の感がある。今のソニーがここまでやれるとは、、、と言った感じだ。ただ欠点もあって撮れた写真を等倍で見るとwx10の頃からあまり成長が無い。なんか油絵のような独特のタッチの画像が出来上がる。pc画面表示や葉書大の紙に印刷したら全く問題ない画質なのだが、等倍にすると(あくまで等倍であって拡大じゃないのであしからず)、正直荒い。実用上問題無い画質ではあるのだが。動画も質はwx10の頃と全く同じだと思うのだが(wx10の頃でも動画の質はある種デジカメレベルでは完成されてたって感じる)、なにより上記に述べたようにハード的な問題=電源onから直ぐ撮影やスタンバイの長さといった事がwx10に比べて確実に解消されているので全体的に明らかに「使える」レベルになっている。ただ動画撮影が長くなると本体が結構熱くなる。持てなくなる程じゃ無いけど明らかに熱いとわかるくらい熱くなる。結構注意。あとはバッテリーの持ちは素晴らしいといいたい。動画を30分連続で撮影してもまだまだバッテリー表示が減っていない。内部的に減っているのはわかるが表示上まだ保っている。wx10だと30分も撮影すると半分以上なくなっていたが、wx300はかなり保つ。これは素晴らしい改善だ。その分熱くなるということか。正直予備のバッテリーを買おうと思っていたのだが現状その必要は無いとすら感じる。あと1つ欠点というほどじゃないが改善してほしいと思ったのが上部右のモードダイヤル。ちょっと回しづらい。少しはみ出ていたら指が上手くあたると思うのだが、本体の幅に完全に収まってしまっているので逆に回しづらい。これは要改善。wx10からの移行なので満足感がとても高い。sdカードは是非ともclass10を用意する事。transcendだと安くて信頼性も高い。お勧め。.

前回の機種dsc-30vが1年半くらいで不具合が出たため、注文。急いでいたため、すぐに届き、すぐに使えてよかった。ずっとサイバーショットを使っていて、思い出せない機種から使っているが、前々代のdsc-hx7vと前代のdsc-30vと比較して意見を。その前に、クオリティにはさして影響はないかもしれないが、今回はじめて中国製だった。今までがずっと日本製だったため、少しだけ不安。まあ、前回のdsc-30vは日本製で、個人的にとても気に入っていたとはいえ、1年半で不具合が出ている時点で、中国製でも大差ないかもしれない。私は室内撮りのみというとても限定的な使い方しかしないので、多機能はたいして求めていないが、autoの時の表示される色合いと、マクロ撮影がどれだけできるかということのみ焦点を当てている。autoの色合いはあまり気に入らなかった。全体的に黄色っぽい。色合いがどうしても嫌で1年足らずで手放したdsc-hx7vの表示にそっくりだと思った。dsc-30vのはautoで、比較的現実の色に近い色が表示されていたので、新機種とはいえ、ランクダウン?した結果の液晶具合なのかなと思う。ただ、pcにおとして見たときの色合いは、dsc-30vで撮影したものに近く、少しだけ黄みがかってるかなーという感じのみだった。シーン別に切り替えればいいが、やたらとブルーベースになったり、イエローベースになったり自然さがなくなるので使っていない。マクロはdsc-30vと比べてかなり精度が上がったと思う。ただ、ズームのつまみの調節がしにくく、行き過ぎたり、戻りすぎたりする。慣れかもしれないが、dsc-30vのつまみは調節しやすかったので、それから思うと、とても使いにくい。ただ、dsc-30vではズームを使わないと接写での焦点が合わなかった位置でも、そのままピントが合うということが多く、それはすごいと思った。wifiで、スマホから操作できるのは面白くていいと思ったが、一体いつ、どういうシーンで使うの?という疑問が。私自身の使い勝手ではまず使わない機能。ただ、いろいろな機器と連携が取れるというのは今後さまざまなことで期待できると思う。コンパクトで軽いが、コンパクト故に、とても持ちにくく、グリップもないため落としそうになる。私はどうせ室内のみなので、落としてもたいして問題ないが、外出先で使う人などは気を使うと思う。いつもは使わないが付属のストラップをつけて、落下防止にしている。この機種でかなりよかったと思っていることがひとつだけあって、バッテリーの持ちが物凄くいいこと。今までの4.5倍?それ以上か?と思うくらいのバッテリーのタフさだ。この点では新しいものにしてよかったなーと思った。デザインやカラーについて、もともとソニーは他社よりすっきりしているのにオシャレなデザインだと思うので、このデザインもまあ、気に入っている。色はブラウンにしたが、画像で見るよりも、落ち着いた色合いで気に入っている。以上で個人的な総合評価として、可もなく不可もなくといった所だと思う。前回のdsc-30vは本当に気に入っていたので、それを10とするならこの機種は7と言った所か。値段相応と言うか、これ以上のことを求めるなら、もっと高い一眼レフを買えということになると思う。ある意味、程よい価格なのにとても優秀といえるカメラだと思う。.

前のカメラが悪すぎたのかこのカメラに替え撮影してみて、暗くてもきれいに撮れピンボケもなし。フルオートでここまで差を感じ驚きです。.

明るさ、鮮明度は大変満足度高い。カメラの倍率上仕方ないのかもしれないが、近接でも、望遠でも、稼働状態では、コンパクトカメラの割に長すぎる。.

  • 2台目です
  • スキーの動画撮影
  • 満足

ソニー Cyber-shot DSC-WX300(T) ブラウン

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●DSC-WX300 Cyber-shot ブラウン●

価格が安いのに性能はいいです!画質も問題なし☆ただ、写真を撮ったあとの処理の時間が少し長い気がします。その為、次にすぐ写真を撮りたくても撮れません。それ以外は、大満足です!!.

母親の古希のお祝いでプレゼントしました。今まで使っていたデジカメが古かったので、喜んでくれてます。.

実は同じ型番のサイバーショットを1年以上愛用しています。が、結構日常的に持ち歩き、使用回数も多いので電池やメディアを出し入れするところのカバーが壊れてしまいました。使いやすかったので同じシリーズの最新のものを春に通販で購入しましたが、色が気に入らず、返品も面倒だったので娘に譲り、結局壊れたものを使っていました。やはり使い方が荒いのか、とうとう液晶モニターに線が入ってしまい、同じ色の同じ商品を探しました。前置きが長くなりましたが、とても使いやすいです。何よりも色が落ち着いていて好きです。最新のものはレンズの横の色が銀色なので安っぽく見えて気に入りませんでした。タブもスマホもソニーなので、データーの共有が簡単で重宝しています。同じ品物が見つかって本当によかったです。ありがとうございました。.

7~8年ぶりに、同メーカー(ソニー)/cyber-shotの新機種購入です。従来品(dsc-t700)も現役で、まだまだ使えますが、wx300は、このサイズにしてズーム倍率20倍、又、動画も撮れる優れものです。今までみたいに、カメラとビデヲの両方を持ち歩く必要がないほどで、画像も綺麗ですし、技術の進歩に驚くばかりで、大変満足してます。.

とってもつかいやすく、画質も満足です。色もブラウンが大人っぽくてお気に入りです。.

最近のデジカメは凄いですね。あれこれ出来ます。他店とも比較したのですが、送料やら何やら考えるとアマゾンの価格は悪くないです。.

性能などについてはまったく問題ありません。(お薦めの点)専用ケース(sony ジャケットケース lcj-wd)は絶対に買うべきです。これの便利な点は、両釣りになるので使い勝手が良くなるというのはもちろんですが、なにより、本体をケースに入れたままで充電が可能という点です。本機の充電用のコネクタはサイドの上部にあるので、ケースと干渉しないので、とても良いです。また充電ケーブルはUSBケーブルも兼ねているので、パソコンと接続すると(当方の環境では)勝手に充電してくれますし、その状態で本機の電源を入れると自動的に写真や動画の取り込みの開始などが選択できるので、撮影したデータを読み込ませるのに、SDカードを取り外すのにケースをはずすなどが不要です。wi-fiはまどろっこしいので、まだ使っていません。w個人的には、以前は単三電池仕様派だったんですが、このように現在ではUSB充電できるのでもう戻れません。w(気になる点)かなり満足度が高いのですが、画質に関して一つだけ気になる点があります。というか、欠点だと思います。というのは、逆光に物凄く弱いのです……。派手に紫のフレアとかゴーストとか言われるものが盛大にはいります。こんなに逆光に弱いのは個人的には観たことありません。wちなみに、サブ機として使っているカシオのex-h15(ccd機)で同じ逆光状態で撮影したのですが、こちらはそうでもないんですよね。ただ、もしかしたら個体差があるかもしれませんし、本機で逆光が弱点だと思っているのは私だけかもしれませんが。(とくに満足している点)逆光の弱点(!?)はともかく、逆に特に満足しているのはオートでのホワイトバランスの正確さです。いままで私が使ったコンデジは、青に転んだり赤に転んだり緑に引っ張られたりと、それがメーカーの個性だと思っていたのですが、本機ではかなり正確です。(と感じます)所有の同じソニーのdsc-wx10よりも良いと感じるので、やはり進化ですね。(注意点)かなりリアルに描写しようとする傾向なのか、風景などのスナップでは最強です。ただ、人の顔のアップなどはシーンセレクトの美顔などを使ったほうが良いかも……。顔のシワが良くわかるので不評でした。本機に限らず最近のデジカメで人を写す時は注意が必要ですね。とくに相手が女性の場合はほどよくソフトに!?w私はシーンセレクトではなく、Pモードを人物専用にセッティングしました。というか、dsc-wxシリーズのPモードのカスタマイズ性は、項目が多すぎて悩みますが。w.

スキーの動画撮影用として購入しました。軽量で、ピントも合いやすく、光学ズームも十分で、ipadへ転送して活用しています。低温で使用するので、予備バッテリーを常に持っています。満足しています。.

やはり☆ いくらスマホのカメラが良くなったといえど、カメラには敵わないなぁ、と実感させられました☆.