ソニー(SONY) ソニー デジタル一眼カメラ「α6500」ボディSONY α6500 ILCE-6500 : カメラは星5っです。問題はソニーの、、、

α6000ユーザーです。α6500を買い増しでの購入になりました。aps-cのeマウントレンズ資産がそこそこあったので、α7シリーズは考えず、α6000は手放しても二束三文になりそうなので、ミラーレスは二台体制になりました。この他にeos6dを使っています。個人的に手ぶれ補正はどうでも良く、水準器が欲しかったのとグリップ形状やボディの質感向上がポイントでした。6300でも良かったのですが、クリップの形が6500でかなり改善されたので6500に決めました。使い勝手は6000より数段上です。ファインダーの見えが星さえ見えるレベルで、mfでのピント合わせが6dより合わせやすく、真っ暗なところでも、画面内に少しでも明るい部分があればafが効きます。バッテリーの消耗も6000より幾分改善されているようです。これは想定外でした。また同じレンズでも6500はよりリアルな描写になりました。これはセンサーはもとより、画像エンジンの世代交代が進んだからなのでしょう。まだまだ良いところがたくさんありそうで、これから使っていくのが楽しみなカメラに出会うことができました。.

Nex-6との比較を中心に記載します。【外観・デザイン】・nex-6のサイズ、重量は:120*67*43mm、345g(電池、sdカードを含む)・α6500のサイズ、重量:120*67*53mm、453g(電池、sdカードを含む) α6500には5軸手振れ補正の内臓などにより、本体が10mm厚く、110g重く なっております。・nex-6も金属外装による高剛性で高級感がありましたが、α6500では、チタン外装 のため、更に剛性が高く、より高級感がある外観の質感になっております。【ホールド感】・nex-6もグリップにより、重さの割にはホールドし易いというものでした。 α6500ではグリップが前面への張り出しが大きくなり、ミラーレスにしては グリップが大きくなりました。 その結果、手の大きめの私でも、強く握れるようになり、nex-6より110g重く なっているにも関わらず、非常にグリップし易くなりました。 更に剛性が高くしっかりしているため、重めの標準ズームsel1670z(308g)を 付けて保持した時にも安心感があります。【操作性】・nex-6からα6500になり、ダイヤルを回した時のクリック感が向上した。・nex-6からα6500になり、シャッターボタンが一回り大きくなり、シャッター ボタンを押した時の感触が向上した。・nex-6からα6500になり、シャッター音が静音化された。・nex-6では機能選択ボタンが「fn」ボタンだけでしたが、 α6500では「fn」、「c1」、「c2」、「c3」とボタンが増えたため、カスタマイズ、 即ち、機能のプリセットボタンが増えたため、機能へのアクセスが素早くなりました。・タッチパネルは(カメラでは)初めて使用しましたが、を利用してのタッチフォーカスは 便利です。 タッチパネルの反応については、hakuba液晶保護フィルムmarkⅡ α6500/α6300/ α6000/α5100用を貼っていますが、α6500出荷時のファームウエアは最新版1. 02 でしたので、タッチパネルの反応は良かったです。【機能性】・位相差afのaf速度については、nex-6とα6500では雲泥の差があります。 また、α6500に搭載されたafエリアの測距枠の「狭いエリアでのピント合わせ」⇔ 「広いエリアでのピント合わせ」表示の自動切り替えも非常に素晴らしい機能です。・nex-6もα6500も水準器付、視度調整付の2. 36m画素のevfを内蔵しており、 そのevfの機能には満足しております。 明るい屋外では、液晶モニター画面ではピントが分かりにくいし、evfの方が写真を撮るという モチベーション場上がります。 特に老眼の私には、視度調整付のevf装備が必須です。・nex-6からα6500になり、連射速度が最高11コマ/秒であり、連射速度には 雲泥の差があります。 また、バッファ容量の違いなどにより、連射時のsdカードへの保存時間がかなり 短縮され、連射がストレスフリーになりました。・α6500は、防塵・防滴構造になったため、屋外で気を使わず安心して使用できる様に なりました。 これに伴い、交換レンズの着脱が少し固めになりました。【画質】・nex-6の16m画素から、α6500の24m画素に向上し、画質が向上しました。 また、高感度特性も向上し、低照度で高感度時のノイズも改善されています。【バッテリー】・バッテリーは、sonyのミラーレスについては、(これから発売されるα9を除くと、) 小さめのnp-fw50(7. 2v、1,020mah)を全機種で共通して採用しているため、 従来通り、バッテリーの持ちは悪いです。 1日中写真を撮る場合は、予備のバッテリーを1個持っていれば十分です。 →私の場合は、nex-6とα6500の2台で、5個の純正np-fw50を使用しています。   (純正電池「単品」は割高なため、「充電器と電池のセット」を購入するため、   電池が増えて、5個になってしまいました。)  実用上は、カメラ2台で電池3個~4個あれば十分であると思います。 →然しながら、np-fw50バッテリーが、ミラーレスで全機種共通という点は、  sony独自の美点であり、複数のsonyミラーレスカメラを所有している方々には  便利な点です。【標準ズームレンズの選択について】・nex-6では、selp1650(118g、沈胴時は長さ29mmとコンパクト)を標準ズーム として使用しており、旅行などに携帯するのに重宝していました。 然しながら、電動ズーム操作の感触としては、レバーで電動ズームする場合も、 ズームリングを回してマニュアルでズームする場合も、反応が鈍く、停止位置が アバウトになり、感触的にダイレクト感がなく、私としてはズーミングの操作性などに 不満を持っていました。・α6500では、sel1670zを標準ズームとして使用しております。 操作性については、ズームリングを回した時の重さや操作は良い感触です。 画質としては、精細感があるし、ボケ味は想像以上に綺麗です。※ α6500の総合評価としては、現時点のaps-cのミラーレスとしては、   ☆5つの満点のカメラであると判断します。   ミラーレスにしては高い買い物でしたが、良い買い物をしたと思いました。(参考) sel1670zのレビューについては、私の2016. 13 レビューを参照してください。.

α6500を使い始めて10か月程になります。巷ではα6500をソニーaps-c群のフラッグシップモデルと位置付ける声がありますが、実際に使ってみるとこれは全く違う製品です。aps-cカメラはガチカメラ勢も使えるし、一般の方も使いやすい製品がほとんどですが、α6500はそんなんじゃない。大きくて重いからです。同社のα6000と違いメタルフレームなのでその分重いですし、同じメタルフレームのα6400に比べてもグリップ部が大きいので、それだけでバッグに入れるのを躊躇します。気軽に持っていけないので外に持っていくときはカメラリュックに入れて持って行ってるのですが、それだとフルサイズミラーレス、α7と同じ運搬方法になります。α6500はα7シリーズと比べますと小さく軽いですが、運ぶ方法が同じなのでフルサイズミラーレスを持っていると使い方を差別化できません。そして性能はα7Ⅱ以下で値段もほぼ同じなので画質優先ならα7Ⅱがいいと思います。…ただ、ですよ。フルサイズミラーレスが大き過ぎる、重すぎる、それで使いたくないという方はα6500は超お勧めです。現場までの運びはフルサイズと変わらないものの、現場での小回りの良さは圧倒的で機動力に勝ります。あれ程邪魔だったグリップも現場では握り易く、カメラを安定させ撮影時の画質安定化につながります。カスタムボタンもα6300よりシャッター近くのボタンが1個多いのですが、これが快適。ボディ背面を探さなくても一指し指を最低限、動かすだけで選択できるので撮影に集中できます。レンジファインダー式カメラの様に左側にファインダーがあるのも良いです。ファインダーを除いた時の顔面左の圧迫感が無く、両眼で被写体を確認しやすすぎます。カメラ中央にファインダーが無いため、カメラがスッキリとしているのも良いです。オールドレンズをよく使う為、本体がゴチャゴチャしてない分レンズが際立ち、本体が黒、レンズも光を通すので光と闇が両方そなわり最強に見える。実際に「そのカメラカッコいい!」と何度も声を掛けられました。画質ですが画像を参考にしてください。フルサイズ程ではないですが、十分綺麗に撮れます。副次的な効果ですが、オールドレンズを使う場合、フルサイズだと周辺減光や流れが発生し、ソフト上の修正が面倒ですがaps-cなのでそれが軽減するメリットもあります(センサーが狭く周りが切り取られるので)。上記の理由からα6500はaps-cカメラとしては取り回しが楽ではないもののフルサイズより扱い易い、なんとも絶妙なカメラとなっており、使う人を選ぶ大手ベンチャー企業ソニーのたまにやらかす製品となっております。現在eマウントカメラには3つの選択肢がある。フルサイズとaps-c、そしてα6500です。追伸:アナログ式の手振れ補正機能ですが、レンズ内に手振れ補正があるものを使っている場合はほとんど意味が無いですが、オールドレンズを使う場合は効果があります。電子式と違いふんわりとした感覚で支えてもらっている感があります。.

これから暖かくなてきたら4k動画はまともに撮れない。録画に制限付くなのは、lsiが弱いから。昔からの伝統。パナはセンサーが弱いけど、lsiが強い。はやく4k対応したnex-vg40を出して欲しい。もうこんな制限だらけのカメラたくさんだ.

Aps-cのミラーレスカメラ。特徴などはソニーのサイトで見ていただくこととし数回使用しての印象を。afは、機敏に合焦するが雲などいくつか苦手なものがあり、トータルでは一眼レフにやや劣る。evfは、まあまあの出来だが細かいものが認識できず、厳密なピント合わせも行いにくい。これらはこのカメラだけのものではなくミラーレス全般の現在の水準なので仕方ないが、もう少しevfが進歩してることを期待したが残念。バッテリーや記録メディアは出し入れがしにくい。ニコンのdslrを何台も使ってきたが、こういうことはなかった。画質は、フルサイズをメインに使用しているので特にいいとは思わないが、特に不満もない。6500になるまで何度もモデルチェンジしているのに、改善されてない点が多い。.

フラグシップ(本体&レンズ)同士ではフルサイズが解像、ダイナミックレンジ共に圧倒しますが、このaps-cフラグシップの画質は2年落ちフルサイズ&キットレンズ を凌駕します。(価格も凌駕していますが、、、) 技術革新により、人力で運搬、撮影できるサイズの筐体に対し、aps-c程度のセンサーサイズが得られる利点が多くなった為だと思います。まずは、ボディ内手ぶれ補正です。 このα6500は本体サイズをほとんど変えず、α7iiを一段上回る手ぶれ補正を搭載しています。 センサーサイズが小さいことによるボディ内のゆとり、またセンサーに対して相対的に大きいイメージサークル(レンズを通って光が届く範囲)により、4隅まで画質を保持したまま手ぶれ補正を使うことができます。センサーの進化も大きいです。フルサイズはセンサー面積が2倍程度あり、本体サイズはあまり変わりませんが光学系の体積(=重量)は4倍になります。 本品、積層裏面照射型ではありませんが、dxomarkにも掲載がありますが、色再現、同iso時のダイナミックレンジ等α7iiと比較してもひけをとりません。旧世代のセンサーに巨大な光学系を積んでも、高感度時の画質含め得られるメリットはあまり多くないということです。それから、動画撮影です。 4kフォーマットを編集、再生できるデバイスが整い、またhddや4kテレビの価格低下により、動画の価値が相対的に高まっていると感じています。私の場合被写体は息子ですが、最も貴重な 800mpの4k撮影でフルサイズセンサーがもたらす利点は、高感度撮影くらいだと思っています。 浅い視界深度はピント合わせをシビアにし、また動画全体の情報量を損ないます。 動画は、「はいチーズ」の世界ではないので、誰が主人公かわからないことも多い訳ですから。皆様ご存知の通り、システム全体が軽量&安価で済み、またパンケーキレンズ装着時は頑張ればポケットに入ります。youtube で”jason liner”と引くと、本機のポートレート作例(zeiss 16-70)が大量に出て来ます。 16-50のキットレンズで済まそうとお考えの方は、rx100m5も視野に入れてみてもいいかもしれません。.

ソニー デジタル一眼カメラ「α6500」ボディSONY α6500 ILCE-6500

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 決定的な瞬間をものにする“4Dフォーカス”システム
  • 光学式5軸ボディ内手ブレ補正
  • タッチパネルにより高いフォーカス操作を可能
  • 表示言語:日本語のみ

α6000の買い増しとして購入しました。特筆は、連写モードです。動きの速い物を撮るには、本当に威力を発揮します。とても気に入りました。.

(写真ですが、左がα6500にselp18105G、右がα5100にsel50f18です)新婚旅行の為にα5100を購入し、子供が生まれ、単焦点レンズの魅力にはまり、晴天の動物園に行ったときにファインダーと、絞り等の素早い撮影設定切替の必要性を痛感。それからはファインダー付のα6000、α6300、α6500の性能、評判を毎日狂ったように閲覧し、家電量販店を行脚した結果、こちらを購入。(理由は後程紹介します)手元に届き、冷静さを取り戻して、α5100ユーザーがα6500に思ったこと。『あ、これ気軽に使えないわ』α5100は下取り前提だったので、別れの夜、α6500と使い比べたときにα5100の取り回しのよさ(カタログ比較では表現できない小ささ、軽さ)、画質含めた費用対効果の高さを再認識し、惜しみながらお別れしました。あと、使い比べてわかったのですが、α5100はプレミアムオートモードで、明るさと彩度などが調整できます。(α6500ではできず、あせりました(笑))これはめちゃくちゃ便利でした。ビギナーの方で、高性能で大きいα6500と、使い回し重視の軽量コンパクトを比較されている方は心の隅に置いておいていただければと思います。まずは取り回しのよいカメラに単焦点レンズと、あれこれ考えないでフルオート撮影で写真の楽しさの入り口を味わったのちのステップアップ機種として、α6000シリーズを考えるのも良いかと思います。rxシリーズもそうですが、αシリーズも製品の息が長く、下取り価格が高いので、エントリー機種で興味を持って機能不足を感じたときに買い換えても大きな損はしないと思います。(特にカメラのキタムラのトクトク交換はオススメです。α6500の購入資金に大きく貢献してくれました。)さて、遅くなりましたが、ビギナーに毛が生えた程度の私としてα6500は申し分ないものです。評価の良さは価格. Comやyoutubeなどの高評価点に対して概ね頷けます。特に私が感じているのは以下です。◎:α6500唯一の使い方:ファインダー+タッチ操作の便利さ、楽しさヌルヌルとは動きませんが、微妙な『痒い』ポイントにドンピシャ合わせられるのは気持ちいいです。◎:レフ機を越えるファインダーの性能美まるで一眼レフの様に美しく、反応が速い上に、モノクロなどエフェクトを効かかすと、ファインダー映像もエフェクトがかかります。これってレフ機越えてます。◎:ボディ内手振れ補正がすごい。特に動画撮影なんですが、sel18105gとの相性はものすごく、歩いて撮っても浮遊感があります。両親や兄弟家族に自慢できる動画が取れます。また、手振れ補正無しのレンズも使用出来るので、社外品含めて今後のレンズ選びの枠が広がり、楽しみです。◎︰尖ったレンズ(oss無し)が敵無しになる。例えば、aps-cのeマウントで最強と称される単焦点レンズsel24f18z、極薄のパンケーキレンズsel20f20、マクロレンズsel30mf28、1万円台から高解像度が楽しめるシグマの単焦点シリーズにはossはありません。α6500で使うことにより、手ぶれ補正が付与されて魅力が増します。○:他のマウントレンズが使える。アダプターを購入すれば、af&手振れ補正付で他のマウントレンズが使えるそうです。eマウントは超望遠のラインナップが弱くて高いですので、子供の運動会があるときに検討してみようと思います。◯:その他α5100になかった機能・スキル無くてもバシッと水平がとれる水平器・連写しまくっても恥ずかしくない無音シャッター。(※使えるモードは制限ありますので注意)△:バッテリー消耗がかなり早い。電動ズームレンズselp18105Gにて、小一時間ほど子供と遊びながら写真を撮って残量100%→65%旅行へは予備バッテリー必須ですね。△:画質の向上感があまり無い。α5100との値段の差(約3倍)に対して、画質の向上の実感は1. 2倍くらい?暗所撮影会では差があるかもしれませんが、それよりはレンズの性能差の感度のほうが圧倒的に大きいです。巷で、画質はボディよりもレンズという言われている意味が良くわかりました。~さいごに~同時にα6500の撮影ガイドも購入し、毎日楽しみながら基礎から勉強しています。α6500性能に見合うテクニックを身に付け、良い写真を撮っていきたいです。.

フルサイズ機を触ってみて、でかく、重く、高く、能力的にも時期尚早と思い、当面はaps-cのフラグシップで良いかと思い購入しました。a5100が結構ちゃちな感じだったので追加購入です。フルサイズのミラーレスはこれから他社もどんどん投入してくるだろうし、それまでのつなぎです。a5100と比較して、タッチパネル、手ぶれ補正、サイレントシャッターに惹かれて購入しましたが、期待していたほど高画質という感じはしませんでした。同じくnex-5と比較してもあまり高画質とは思えません。レンズはsel35f18、sel1670zなど、それなりのを付けてみているのですが。ピント拡大がmモード以外でもできるのは助かります。それをカスタムボタンに割り当てられるので、操作性はa5100と比べて段違いですが、om-d e-m5 mark iiの操作性の方が上だと思います。playmemories mobileは、a5100ではいろいろな操作ができるのに、a6500につなぐと、できるのはシャッターを押すだけです。録画すらできません。おまけにサイレントシャッターにしているのに、このアプリ経由だと普通のシャッターに戻ってしまいます。いくら何でも手を抜き過ぎです。自撮りは不可です。どこにもそういう注意書きがありません。リモコンアプリもいちいち起動しなけらばならず、カスタムボタンにも一発で登録できず面倒です。一発で呼び出せるようにしてほしいものの、何もできないアプリを起動してもがっかりです。sonyのラインナップは、変な差別化をしようとして、すべて必ずどこかに不満が残ります。その点、om-d e-m5 mark iiは本体操作だけでなく、アプリとの接続は一発で、アプリからもさまざまな操作ができ、使い方を限定されないので、とても秀逸でした。画質さえ良ければsonyなどきっぱり捨てていたと思います。aps-cと3/4の画素の大きさの差でしょうか。a6500を買って良かったとは思っていますが、画質が変わらないならレンズにお金をかけるべきだったかなとも思います。a5100のほうが使い勝手が良いケースもあるので、売っ払うことができなくなりました。恐らく、a6500はカメラを持って撮るのが前提というコンセプトなのでしょうけど、om-d e-m5 mark iiは本体からもアプリからも好きな使い方ができ、sonyのように使い方を縛るようなことはありません。フルサイズのミラーレスをオリンパスが出してくれたときが楽しみです。いつまでも本体からしか操作できません的な使い勝手を押しつけるsonyは切って捨てると思います。.

利点・・・・6300にボディ内 手ブレ補正が搭載され、弱点だったバッファの容量不足も      改善されています。ただ暑い時期に高速連写をしてると熱で勝手に止まる      『熱ダレ』は、冬なので確認できてません。弱点・・・・未確認の高速連写『熱ダレ』を除けば、ほぼ弱点は無いように思われます。      ミラーレスは構造上の制約で高速afできないハズでしたが、克服されてるのが      実感できます。まだトップモデルの一眼レフには及ばないものの 時間の問題 ?      と思わせてくれます。      カメラは素晴らしいけど、ソニーの販売姿勢がヒドくて星1っです。      ボディ内手ブレ補正は撮像素子を動かすユニットとスペースが必要で内部を見ると      6300とは全く別モノ。これほどのカメラを6300の発売後に数ヶ月で開発するのは      無理なのは明白です。      ( そんな簡単に開発できたら韓国や中国あたりから類似品が出るでしょう )      これほどのデジカメを開発するのは大人数が数年かかる一大事業なので複数の案を      併行して進め,簡易型の6300を先に販売して売り,1年弱で約30%も価格を落として        6500を発売する。      かつてキャノンやニコンでは絶対に売らないだろうマニア志向のrx1を発売した      時も わずか1年もしないうちにrx1rを発売してます。      趣味の道具のカメラを家電と同じつもりで売ってると 顧客からの信用を無くして        売れなくなりますよ、申し上げたい。      ソニー勤務の写友も,上層部はカメラの売りかたを知らないと,コボいてました。      私は様子見していて、正解でした。制度や製品に対して 自由で多様性ある意見こそが 民主主義の基本なので、好き勝手を書かせていただきました。恐縮です。.

Nex 5nからの乗り換えですが、2420万画素なのにかなり高感度も強くなったと思います。ボディ自体の質感も向上していて所有欲を満たしてくれます。目玉のボディ内手振れ補正ですが、純正の手振れ補正付きレンズとの併用であればかなり効いていると思います。オールドレンズも複数所有しているのですが、十分に効果を感じれました。ただし、階段の段差でのガクッとした動きには弱いですね。これからのアップデートに期待ですね。.

ソニー デジタル一眼カメラ「α6500」ボディSONY α6500 ILCE-6500 : フルサイズ&ジンバルの組み合わせだと、とてつもない重さになるためジンバル使用時の相棒として本機を購入しました。携帯性も画質もよく満足しています。ジンバル用に買ったため、動画での使用機会が多いのですが、4kで60pにも対応していますし、HDであれば120pでも撮影できるので、写真だけでなく動画撮影にも優れた機種です。また、ジンバルを使用しない場合でも本体のホールド性が良く、長い付き合いになりそうな製品です。また、使いこなすうえではカスタムボタンがとても便利で、ファンクションボタンに加えて3つのカスタムボタンがあるので、非常に操作性も良いです。デジカメからの初めてのステップアップとしてもオススメできる機種ではないかと思います。是非お試しを。参考までに所有するレンズで同じ位置から撮影した写真を添付します。焦点距離が違うのであくまで画質の参考にしてください。1枚目:sonnar t* 24mm f1. 8 za sel24f18z2枚目:zeiss touit 2. 8/12 e-mount3枚目:vario-tessar t* e 16-70mm f4 za oss sel1670z.

「α6500」には新しくボディ内手ブレ補正が搭載されているにもかかわらず、ボディ内手ブレ補正が非搭載の「α6300」とほぼ同じサイズを実現しており、マグネシウム合金製の小型なボディはキープされています。総重量は49gだけ増えました。グリップ部が厚くなったことでよりしっかりホールドすることが可能になりました。純正のボディジャケットに小指がしっかりかかり手に吸い付きます。シャッターボタン横のカスタムボタン「c1」の位置が変更されて、「c1」に加えて「c2」ボタンも追加されています。背面右下の「c3」と合わせて、カスタムボタンは合計で2つから3つに増えました。モードダイヤルとコントロールダイヤルのローレット部分が変更されて操作感質感が向上しています。背面ボタンの印字は刻印に変更されて高品質なデザインになりました。シャッター後幕の走行完了前にブレーキ機構を追加してメカ構造の工夫を行うことで、低振動でブレを低減し、シャッター音の静音化も実現しています。シャッターボタンは少し大きくなりました。チルト液晶を可動した状態ではアイセンサーが無効になりファインダーには切り替わらなくなっています。チルト液晶は上90°・下45°で同じ可動域です。「α6300」より柔らかいアイピースカップに変更されて使用感が向上しています。新開発のフロントエンドlsiにより、中感度から高感度域での解像感や質感の描写力が向上しています。センサーは新開発されたものが搭載されています。「α6500」は「α6300」よりafの追従性が倍以上に向上しています。「α6500」は大容量のバッファメモリと新フロントエンドlsiを搭載したことで、秒間8コマで jpeg エクストラ fineで約270枚の連続撮影が可能です。連写撮影後の即時再生にも対応しています。書き込み残り枚数も表示可能になりました。新インターフェースにより、メニューの分類方法が変更されてグループ表記が画面上部に追加されています。タブごとに色分けがされ、設定したい項目に簡単アクセスが可能です。また、新たに playmemories mobile アプリを使って、ブルートゥース通信で接続しているスマートフォンから位置情報を取得して、画像撮影時に位置情報を記録できるようになりました。α6300からα6500に買い替えてシグマのemaunt30ミリつけてお花の接写で比べてみましたが、解像感が全く違いました。手振れ補正の効果かセンサーの進化か、フロントlsiの効果かわかりませんが、apscセンサーの最高の結果が得られます。6300と6500で迷う必要はありません。.