ソニー(SONY) ソニー デジタルスチルカメラ「DSC-RX100M5」SONY Cyber-shot – AFと4Kが取れるのは良いのですが

私はソニーストアで購入しましたが、保証にこだわらなければソニーストア以外で安く購入すべきだと思います。以前は、sonyのrx100m3、m4、α6000と購入しており、m4をずっと使おうと思っていましたが、まさかのα6000以降搭載されている高速オートフォーカスをコンデジに搭載してくるとは思いませんでした。α6000を購入したのも高速オートフォーカスが主たる目的であったため、コンデジのm5に搭載されるのであれば、持ち運びの点や性能共に文句なしです。実際、軽く、性能も高いため、連写時でもストレスはありません。弱点としては、連写時に処理待ちで液晶がブラックアウトすること、意外とピントが合わずにぼける写真が撮れてしまうこと。それでもコンデジとしては他社製品と比べると優位にあると思います。私も購入時の比較対象として、キヤノンのg7x mark2や、パナソニックなどを検討しましたが、レンズの明るさ、重量、連写速度ではrx100m5にかないません。望遠は負けますが、超解像ズームで必要なときはカバーできるため気にはなりません。次のm6が出るのかは分かりませんが、今ならrx100m5がコンデジ最強でしょう。.

キャノンのsx120からの買い換えです。値段を考えて悩んだんですが購入してみて明らかな写りの違いにびっくりピントの速さも素晴らしいです。動画は使用していないので分からないです。.

初代rx100を発売当初に使っていましたが画質に不満があって親父にあげてしまいました。今回リベンジでm5を購入(タイミングが悪く10k程損しましたが…)。スチル画質:コンデジレベルであれば十分かと思います。従来nikondf+コシナ単のrawをlrで処理するのが自分のスタンダードですが、それと比較しても何とか我慢できます。比較的差が大きいのは階調性・暗部の粘り・ボケ味。差が少ないかm5が勝るのはシャープネス・逆光性能…でしょうか。弱点で一番目につくのはボケ味です。正直汚い(ボケないとは違いますよ)。lrでの現像プロファイルはdeepがお勧めです。一番絵が締まります。それと、評価測光はなんとなく弱アンダーに振っているような気がするので、液晶の明るさをチョイ落とししておくと、現像時の露出イメージと差が出にくいです。操作性:小さな筐体ですが特に不満なく操作できます。df+mfレンズのようにそれぞれ専用の操作系があるわけでは無いのでさすがにフルマニュアルではなく絞り優先オートで使っていますが、自分は背面のモードダイヤル上下左右をそれぞれ液晶表示切替(デフォルト)・露出補正(デフォルト)・iso感度・フォーカスモードにしていて、殆どそれで間に合う感じです。ごみ箱ボタンにも機能が割り当てできますが、自分の場合そこはロックオンafにしています。ただ、直接の操作性とは違いますが、完成されたデザインと質感・小型化の為のパーツ肉薄化故に、「丁寧に扱わなくてはいけない」という意味での取り回しの悪さはひしひしと感じます。ズボラな人にはあまりお勧めできません。強度的に弱いと感じるのは、レンズシャッター・evf・チルト液晶の中間板で、それぞれが関与する操作をする場合はできるだけそっと扱ってください。自分は一度evfがすっぽ抜けました。構造上そうなってもすぐつけられるようになってはいますが、あれは心臓に悪いです。レンズシャッターはペラペラなので、ケースはできるだけ頑丈なものを。機能:おおよそコンデジとは思えないくらい何でもついていますね。像面位相差afは一眼と併用でも違和感を感じません。ロックオンafもなかなか便利です。evfも反応・画質共に優秀です。ファインダー派なのでevfは本当にありがたい。撮影にリズムができて、姿勢も整います。ちなみに、それを機能として呼んでよいのか迷いますが、24-70mm相当の画角については一眼の同画角レンズがそうであるように「欲しいところまでちょっと足りない」感はあります。広角側は絵作り自体が難しいので24mmスタートでも十分に思いますが、望遠側はあとちょっと欲しいですね。そういう意味では初代の100mmは良かったかもしれません(とは言えアレはアレでf値に幅がありすぎで使いにくい)。自分はraw撮りしかしないので、それ以外の画像加工的な機能については無評価です。動画:なかなかどうして、4k動画は素晴らしいですね。モニタが4kかどうかに関わらず、別次元の空気感で動画を残せます。様々な要素から長回しは不可能なので、ワンショット30秒とか1分の範囲内で旅先の風景を要所要所残しておいて、後編集で繋げるような使い方をすればベストかなと思います。その他気になったこと:最大の弱点は【電池もち】。これは結構悲惨です。歩きながらパシャパシャやっていたら1時間位しか持たないのではないのでしょうか?(枚数にして100枚くらい?)対策としては予備バッテリを持つかかモバイルバッテリをマイクロusbケーブルで繋いで給電になりますが、マイクロusb端子のカバーが結構硬質なプラですぐに折れてしまいそうです。自分は予備バッテリ1個とモバイルバッテリ、それに、同社のアクションカムas100vを持って出かけています。バッテリが共通なので、1本使い切ったら予備に替えて、外した1本はas100vに入れて、カバンの中でモバイルバッテリから充電しておきます。これだと2本の電池で順番に撮影ができるのでとても便利。as100vは自転車動画用でそこまで頻繁に出番が無いので、持ち運びできる充電器として使えるのは儲けものでした。総評:ほぼ死角のないコンデジ。弱点は「荒っぽく扱えない(ソニーはなんでもそうですね)」「電池がもたない」。100kの価格はインパクトがありますが、このクラスは一眼のサブとして使われる方が多いと思うので、そういった向きには気になるほどの金額でもないでしょう。4k動画が想像以上に面白く、所謂「観光地」への旅行には一眼でなくこちらを持っていこうかな、と思わせるだけの力がありました。観光地のスチルは、どんなに良い機材を使っても余程時間と場所を選ばない限り平凡なスナップになりがちですが、動画だとその辺割り切れるからでしょうか?旅の思い出として素直に受け入れられて、かつ4kなので、やる気次第でちょっとしたものに仕上げる事ができます。スチルの画質も一眼とそこまで変わりませんから、いつもの旅行に新しい楽しみを加えるつもりでいかがでしょうか?.

 静止物、屋内、近距離が主な撮影対象なので、仕様的に言って撮れる写真はdsc-rx100m4と大差ないのですが、960fpsのハイスピード動画の録画時間がdsc-rx100m5ではm4の2倍に伸びたので買い替えました。手軽に綺麗な写真が取れて、ハイスピード動画は使い方次第で測定機器としても使用できるので、非常に役立っています。あとdsc-rx100m4と比べて、dsc-rx100m5はオートフォーカスが速くなったので、サクサクと複数アングルからの撮影が行えるため、地味に作業効率が上がりました。.

これまで,ミラーレス一眼を2台(オリンパス,ペンタックス),コンデジを5台(ペンタックス,リコー)所持してきましたが,どれも決め手にかけており,iphoneでの撮影ばかりをしておりました.このカメラと出会ってからは,極力iphoneではなく,このカメラで写真を撮りたい!思えるようになりました.決め手は,サイズ感とうつりが,両立している点です.・ミラーレス一眼と比べ,小さいカバンにも簡単に入ります.個人的に,とても重要な点です.・印刷しない場合,アプリでちょっと加工すればまともな見た目になるiphoneの気軽さに勝てるほどの画質を,このカメラはコンパクトさを失わずに提供してくれます.少し値が張りますが,絶対におすすめです.何台も購入して失敗するのなら,これを一台買って大事に使うべきです..

ズームの音がごまかしようがないほど大きな音で録音されてしまうので、録画中にズームはあんまりしないようにしないと、動画の中に「ジーーー」というかなりでかい音まで収録されます。そこが残念。.

まずはコンパクトさが最強で、いつでも持ち歩きたくなる!写真も綺麗で動画も綺麗!ただ液晶がタッチパネルじゃない&もう少し広角があってもよかったかなという僅かな弱点がありますが、何より他のカメラにはできないスローがこのカメラの唯一無二だと思います!下記でアドレスでレビューしてます!!https://youtu.

ど素人のレビューなので、使いこなせてないだけだと言われてしまえばそれまでなのだけど。まだ最新のとき10万円以上だして買いました。評判がものすごく良いカメラなので期待していたのですが、未だに満足できる写真が撮れません。オートフォーカスが早いとか、逆光に強いとかあるのですが、これより安いミラーレスの方がよっぽどよく撮れると思います(自分はペンepl6+45mmf 1. 8)。コンセプトの違うカメラなので比較して良いかわかりませんが、今だに昼間ならリコーgrd4のほうが自分の中ではビビッとくる写真が撮れます。巷で言われているような、一眼を食っちゃうようなってのは言い過ぎです。.

利点と欠点

メリット

  • 噂以上でした
  • 高画質・操作性・高級感
  • 高いだけのことはある

デメリット

Sonyのコンデジカメラはdsc-wx350を持っていますが、コンデジの高級機がほしくなり購入しました。発売から間もないので、値段はこなれていませんでした。しかしズシリとした重さ、アタッチメントグリップを付けたホールド感はいいです。私はオリンパスのファンで、em-1とem-5を所有していますが、このrx100m5を持つとその描写力や使い勝手の良さから、フォーサーズでさえも、かさばって重く感じます。これはカバンに入れて街に出かけるには最高です。画質、操作性、電池の持ち、液晶画面、ファインダーなど、アマチュアには十分です。欲を言えばズーム比が4倍はほしい。定番カメラとして長く生き残ることを願っています。.

色々迷った末rx100mvを買いました。最大の決め手はafでした。私は動画主体ですのでこのafには満足しました。10万超えのコンデジだから、せめて外部マイクとフィルターぐらいは付けられるようにして欲しかったです。この2つについてはガッカリしました。歳とってきたので機材を小型化しようと思ったけど・・・6500の方が良かったかな・・・.

問題なく使え、カメラの品質としては満足です。しかし、液晶モニターの壊れがあり、画面に見えない部分があります。.

普段は一眼レフとiphoneseのカメラを使っていたが、iphoneseのカメラは細部の像質が悪いので、それの代わりに購入した。画質はiphoneseと比較にならないほど良い。ぱっと見、変わらなく見えても細部の再現性が全く違う。ただし、使いにくい。モード変更のダイヤルが軽すぎて、アウトドアなどで夢中になって撮影していると触れてしまい、使っている内にコロコロとモードが変る。あと、ほとんどの状況で中央一点のフォーカスが使いえない。さらに、シャッター後、次のシャッターを押せるまでにタイムラグが2秒くらいあり、これは場合によっては致命的。決定的瞬間を逃す。あと、スマホ並みに燃費が悪い。あたりまえだが一眼レフと比較すると携行性以外、全て劣っている。特に操作性は雲泥の差。特に動物や昆虫を追って撮影するのは難しい。ロックオンフォーカスも使いにくい。そういう状況では、一眼レフに慣れている人はおそらく不満が出るだろう。ただし、ポケットサイズのカメラでこれ以上の像質のものは無さそうなので、常時携帯するカメラとして重宝している。色々書いたが、買ってよかったと思っている。.

通常1kg超の一眼レフ使いとしては気軽にシャッターを切るための道具が必要だった。好きですよ。モノ好きとしても、写真好きとしても。実際に手にして気づいたこと、それはコンパクトなサイズにしては意外にずっしりとした重さ(299g)と液晶がタッチパネルでないこと、この二点である。[3か月後追記] ずっしりとした重さのため同梱の片手ストラップでひょいと取り出すよりはネックストラップを別に用意して首から常時ぶら下げている方が使いやすい。dsc-hx100v付属のネックストラップを転用しているがちょうどよい。購入前より懸念はしていたがフルサイズ一眼の使用頻度が激減している。よく写ります、このカメラ。.

主に動画撮影メインの目的で購入しました。当機以外に、rx100 m4g7x markⅡの二台も検討したのち、rx100 m5を購入しました。購入に至った主なポイントは・オートフォーカスの圧倒的な速さ・4k動画撮影可能(あまり使いませんが・・・)・ある程度の手ブレ補正が期待できる上記3点です。1つ目のオートフォーカスに関しては、これがあるからこそrx100 m5を選んだと言っても過言ではありません。動画撮影時、人物⇆背景のオートフォーカスが非常にスムーズかつ高速です。rx100 m5とg7x markⅡの比較動画は動画サイト等で多数公開されていますが、フォーカスのスピードに関しては一目瞭然です。ただ、手ブレ補正に関しては、同じくsony製のアクションカメラ hdr−as300の方が効きが良く感じます。アクションカメラの手ブレ補正が、「ほぼ振動が伝わらず、スーーっと動く」のに対して、rx100 m5の手ブレ補正(インテリジェントアクティブ使用時)は、「やや縦揺れがおさまった?」くらいで、歩きながら撮影すれば、割と上下の手ブレは残るような感覚です。気に入ったポイント・afの速さ写真撮影・動画撮影に共通して言えることですが、今の所ストレスなく撮影ができています。この速さに慣れると、これ以上遅いフォーカス速度に戻れないような気もします。イマイチなポイント・タッチパネルがないこれは意見が分かれるかと思いますが、私はメニュー操作等ではなく、任意の場所にスムーズにピントを合わせたい場合に若干不便さを感じます。基本的にafで写真撮影を行う私にとっては、いちいちmfにメニューから切り替えて、任意の箇所にピント合わせを行うのはやや面倒で、この価格でタッチパネル仕様ではないのにはやや不満を感じます。・動画撮影時の逆光に弱いこちらもg7x markⅡとの比較動画をご覧いただくとわかるかと思いますが、逆光時に撮影した場合、人物の黒つぶれが気になります。・ズームに弱い私はズーム機能をほとんど使用しないので気になりませんが、24mm-70mmと、ズームは弱めです。運動会でお子さんをズームして撮影、等はかなり厳しい倍率だと思われます。その場合は諦めて一眼レフに望遠レンズの使用時をお勧めします。写真メインで使う予定方はrx100 m4で十分かと思いますが、正確かつ高速なafを活かして動画撮影メインに、あるいは高速に動く被写体の写真撮影を行いたい方にはオススメのカメラです。.

30人くらいの記念写真を撮り、大きく引き伸ばしてプリントしたが、すごく鮮明に写っていて、みんなに喜ばれた。.

最初に買ったのはm5で、ライブの静止画と動画撮影のためです。静止画はとにかく薄暗い場所でもピントがバッチリ合います。逆にスポットライトが当たると色白の方は露出オーバーで白トビしてしまうことがあり、露出補正が必要なことがあります。動画も一瞬でピントが合いますし、内部マイクですが音質も十分満足な良い音です。次にm3ですが、m5とスペック上違うのは動画性能だけのように見えますが、実際にはピントの合焦能力が天地ほどの差があります。もちろんm5>m3です。m3のピントは考えたあげくに微妙に外れるので、困ってます。もちろん薄暗い場所なので、他の機種よりはずっと良いのですが・・・。次はm3を売って、m5かm5の後継機が出たらそちらを買うつもりです。.

期待以上ではなかったかな?サイズ・値段からしたらかなりいいものだとは思います。しっかり使えば良い絵は撮れると思います。.

特徴 ソニー デジタルスチルカメラ「DSC-RX100M5」SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100V DSC-RX100M5

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 進化した画像処理システム
  • 広いAFカバー範囲と0.05秒の高速AF
  • 全画素読み出しの高解像4K動画記録
  • 言語表示 日本語のみ

メーカーより

世界最速の高速AFと高速連写で、一瞬を鮮鋭に捉える

DSC-RX100M5

拡大表示

拡大表示

拡大表示

高速化と高画質化を実現、新開発フロントエンドLSI採用の、進化した画像処理システム

位相差検出方式AFセンサーを配置した新開発のメモリー一体1.0型積層型CMOSセンサーと、画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)の処理をサポートする新開発のフロントエンドLSIを搭載し、画像処理システムを最適化。新開発フロントエンドLSIは、高速化だけではなく高画質化にも効果を発揮し、高感度時の解像感の向上を実現。また、新システムにより画像処理が高速になったことで、24コマ/秒の高速連写においても20Mを超える高解像の撮影を実現した。

世界最多315点像面位相差AFセンサーによる広いAFカバー範囲と世界最速0.05秒の高速AF

位相差検出方式AFセンサーを配置した有効約2010万画素のイメージセンサーを新開発。新開発のイメージセンサーには世界最大となる撮像エリアの約65%をカバーする領域に、315点の像面位相差AFセンサーを配置。広いAFカバー範囲と高密度配置により、ピント合わせが難しい小さな被写体や動く被写体も、画面の広い範囲で精度高く捉えられる。さらに、高速性と追従性に優れた位相差AF方式と高精度なコントラストAF方式を併用するファストハイブリッドAFを搭載。

世界最速AF・AE追従で最高約24コマ/秒、連続連写可能枚数150枚を実現した高速連写

新開発の高速フロントエンドLSIと、高性能な画像処理エンジンBIONZ X(ビオンズ エックス)の連携を最適化することで高速処理を実現。ファストハイブリッドAFとの組み合わせにより、AF・AE追従 最高約24コマ/秒の高速連写を実現し。さらに、バッファーメモリーの大容量化などにより、150枚まで連続撮影が可能になり、決定的瞬間を逃さず捉えられる。

拡大表示

拡大表示

拡大表示

屋外でも明るく見やすい高輝度・高精細ディスプレイ

約122.9万ドットの高精細3.0型エクストラファイン液晶を搭載。高コントラストで深みのある黒を実現。さらに、液晶面には、外光反射を抑えるARコート(反射防止処理)を施し、明るい屋外でも見やすい。

撮影意欲をかき立てる、高精細で高コントラストな収納式有機ELファインダー

コンパクトボディに、235万ドット相当の有機ELを採用した「XGA OLED Tru-Finder(トゥルー ファインダー)」を内蔵。XGAの高解像度と自発光方式ならではの忠実な黒を再現する高コントラストが、被写体を細部まで表示。さらに、T*コーティングを施すことにより、外光の映り込みを低減し、すみずみまで高い視認性を実現。

自分撮りも快適にできる、180度可動式液晶モニター

アングルやポジションの自由度を高める可動式の液晶モニターを搭載。上方向は約180度、下方向には約45度まで角度調整ができる為、ハイポジションからローポジションまで楽な姿勢で撮影可能。また、自分撮りや友人とのツーショット写真の際も、モニターを約180度反転させて構図を確認しながら、快適に撮影できる。

RX100M5で撮影された写真作例

拡大表示

拡大表示

拡大表示

拡大表示

拡大し細部までご覧ください

拡大し細部までご覧ください

拡大し細部までご覧ください

拡大し細部までご覧ください

有効画素数 約2020万画素 約2020万画素 約2010万画素 約2010万画素 約2010万画素
センサー 1.0型(13.2 x 8.8mm) Exmor CMOSセンサー 1.0型(13.2mm x 8.8mm) ExmorR CMOSセンサー 1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor R CMOSセンサー、アスペクト比3:2 1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3:2 1.0型(13.2mm x 8.8mm) Exmor RS CMOSセンサー、アスペクト比3:2
焦点距離 28-100mm F1.8~4.9 28-100mm F1.8~4.9 24-70mm F1.8~2.8 24-70mm F1.8~2.8 24-70mm F1.8~2.8
連写性能 最高連写約10コマ/秒 最高連写約10コマ/秒 最高連写約10コマ/秒 最高連写約16コマ/秒 最高連写約24コマ/秒
動画撮影 フルHD撮影 フルHD撮影 フルHD撮影(XAVCS対応) 4K撮影 4K撮影
モニターチルト可能
スーパスロー撮影
ファインダー
バッテリー使用時間 約330枚 / 約165分 約350枚 / 約175分 液晶モニタ使用時:約320枚 / 約160分 ファインダー使用時:約230枚 / 約115分 液晶モニタ使用時:約280枚 / 約140分 ファインダー使用時:約230枚 / 約115分 液晶モニタ使用時:約220枚 / 約110分 ファインダー使用時:約210枚 / 約105分

画質が良いのとオートフォーカスが早いので購入しましたが、噂以上でした。rx100m5aでは、タイムラプスなどのアプリが使えないと聞いたので旧タイプのrx100m5 にしました。.

他のusbミニケーブルが使えない、それじゃユニバーサルでないだろう。カメラとのインターフェースをソニー独自のものにすればいい、最近のソニーはいい加減すぎる。カメラはいいので、α一眼、nex6、wx300など所有。.

カメラの大きさ、撮れる写真のきれいさは素晴らしいです。ピンボケが多かった私にはぴったりでした。.

4k動画が記録可能なコンデジと探して、こちらを購入しました。静止画はフルサイズ一眼を持っているので、バックアップ程度に考えていたのですが。いくつかrx100m5でも比較用に写真を撮り、後ほど確認してみてビックリrx100m5の方が細かい文字や、輪郭など綺麗に描き出しているのです。正直これにはビックリ、メーカーごとの作風などあるかもしれませんがメインカメラで持ち歩いても遜色無いかと、唯一の難点は広角が欲しい時ぐらい価格もスペシャルですが、性能もスペシャルです。【デザイン】高性能を小型に凝縮しています。チルト画面が意外に便利。【画質】非常にシャープで情報量豊かです。また、暗い部分も違和感なく持ち上げてデティールを出します。資料写真など重宝します。【操作性】ある程度使えば問題ないです。メニューが多少煩わしいといいますかもう少し直感的に撮影時に設定変更ができればと感じますが。【バッテリー】usbバッテリーを持ち歩き、危ない時は補充しながら撮影しようと考えていましたが、今の所そこまでバッテリーの消耗はないです。8/16 加筆待機時というか、保管時のバッテリーが1ヶ月程度で放電が進む感じでした。バッテリー残量が半分になっている場合があり、使用前に再充電や予備のバッテリーの用意は必要かと【携帯性】小型で、重みがあるのでストラップやポーチは必要です。【機能性】この機種を選択する人は写真を撮る人でしょうから、その部分には問題ないかと高倍率や、携帯性を求めるのでしたら、他を選択すれば良いかと【液晶】高精細なモニターです。このクラスでは必要十分では【ホールド感】標準は凹凸がないので滑るかもしれません。オプションのグリップをつけるとホールド感が増します。【総評】想像以上のカメラでした。レンズが明るい、画がシャープ、撮っていて楽しいカメラです。多少ビデオ的な画風と感じることもありますが。.

Rx100m3が壊れたのでm5を買いました。1とにかくピントが早い2ツアイスレンズとsony1インチセンサーで高画質3なんとrawで撮影が出来る4暗さにも強い5無線lan機能機能的にsonyの一眼と同機能が、この小さいカメラに収められています。セカンドカメラとして十分に役立つカメラです。.

この間まで画素数を考えたらスマホで十分と思っていましたが、全く無知でした。ここまで違うとは・・・もっと知識のある人は一眼やミラーレスになるのでしょうが、敷居の低さと旅先に気軽に持っていけることを考えコンデジにしました。スマホで撮った料理は味を思い出せないのですが、このカメラで撮ると冗談抜きで美味しかった記憶が蘇ります。簡単な操作で綺麗な写真が撮れるので、ここ最近で一番満足な買い物となりました。.

落下傷のあるカメラを使用傷があるだけという表現で、設定も良になっている。製品は怪しいと思われます。使用はできましたが大きい傷があります。.

子ども撮影がメイン、カメラ初心者の意見です。これとは別にペンタックスk-s2を所有しています。しかし、rx100m5の購入でほとんど出番を失ってしまいました。室内ではrx100m5のほうがしっかりとれます。afは超高速で、こどもの激しい動きを追いかけます。レンズはf1. 8でとても明るく、シャープな写真になります。動画もafが追従し、顔認識があるため、我が子にピントが合い続けます。子どもを撮る人にはこれ以上のカメラはないです。一眼を持ったまま、こどもの世話をしつつ、追いかけて撮影は不可能です。手ぶれ補正も強力で、昼間だとまず手ブレしません。動画にいたっては、インテリジェントアクティブで撮影すると、歩きながら子どもを普通に撮影できます。一眼だと、大きくて重いし、子どもの相手をしながら撮影が難しいので、外出時に常に携帯しようという気になりにくいのですが、これだと常時携帯できます。コンパクトなので、こどもの警戒感が少ないため、自然な写真が取れるのも意外な副産物です。一眼だと、いかにも構えてしまうので。唯一、望遠は弱いです。また、シャープすぎて一眼と比べると絵的な情緒にはすこし欠ける気がします。これらは、一眼で適切なレンズを選択したほうがよいです。しかし、それらは些細な事で、我が家では写真の99%がm5になりました。とんでもない化物カメラです。rx100m6が発表されて望遠200mmとなりましたが、これで屋外も死角なしでしょう。ただ、屋内がメインだと明るいレンズのm5のほうがいいかもしれません。価格はたしかに高いのですが、お金をかけてレンズを揃えていきたい人や、カメラそのものを趣味としたい人でなく、子どもが産まれたからカメラを買う、という人はこれで間違いなしです。一眼やミラーレスを買っても、こどもの手を引きながら撮影はできません。これだけの価格を出すのなら、ミラーレスが、と考えたくもなりますが、子どもを撮るにはこれ以上のものはないと思います。.

今まではsigmaのdp2merrillとsd1merrillを持っていました。この二つのカメラの画質の右に出るカメラは現在世界中のカメラの中にはありません。それだけの吐き出す画質は正に銀塩のフィルムに一番近い画質であると信じています。しかし使い難さも世界一の最悪なカメラであり、不満は爆発寸前の状態を我慢我慢で来ました。で、こちらのsony製・m5を購入し数日間使用した感想を書きますが、画質はsigmaのmerrillには及びませんが記録の速さ・afの速さ・4kの動画・zeiss製のレンズなどなど絶賛に値する愛着感まで感じる素晴らしいカメラです。毎日持って歩きたい愛嬌のカメラです。レンズの透明度が絵に出てきます。流石sonyである。画質がsigmaのmerrillを超える日を期待しながら・・・・・・.

コンデジにしてはかなり高いカメラ。でも、高いなりに質感も高く所有欲を満たしてくれます。.

いつでもどこへでも持ち歩いて写真撮りまくっています。印刷に使える写真が撮れるのがいい.

旅行用に購入しました。ホントはカメラ女子を目指しているので、デジイチ、ミラーレス、と悩みましたが、取り扱いの簡単なコンデジに決めました。旅行中のカメラ素人には、レンズ交換やメンテナンスで苦労してしまうかも、やっぱり躊躇してしまいました。rx100MⅢか、Ⅳを購入しようかと思っていましたが、ずっと欲しかったので、思い切ってrx100Ⅴにしてみました。ワタシにとっては、清水買い、なのです。サイバーショットは、HX200VとHX90Vを持っています。カシオとオリンパスも持っていましたが、ソニーは、自分の好きな色合いに撮れるような気がします。液晶部分は、タッチパネルではありませんが、上向き180°、下向き45°に動くので、人混みの中から腕だけあげて撮影する場面で重宝しています。暗い場所もキレイに撮れますので、美術館とかで撮影するのに向いていると思います。もちろん、瞳AFと美肌効果で人物もキレイに撮れます。構図さえ完璧なら、おまかせオートで、いい写真になります。ピントがすぐ合うので、気持ちがいい。団体ツアーでも気になるものを直ぐに撮れるので、周りに迷惑かけにくいと思いますよ。外寸(mm)は、W101. 0(レンズが伸びると90ぐらいかな)重さは、299g(と書いてあります)ワタシは、不器用なので、スマホのカメラで撮影すると、うまくシャッターが押せなくて、手振れでボケボケ写真になってしまうのですが、コンデジは、キレイに補正してくれるので、自分の思った通りの写真が撮れます。ありがたい。.

自分撮りがしたくて液晶が画等するrx100無印から買い替え。pモードで撮影。ダイナミックレンジが狭いのか、すぐに白とびする。画像が綺麗と言われるが、安いコンデジでもそれほど変わらない。無印から進化なし。起動時間もとってぱ程とはほど遠い。皆さんおっしゃっているように電池の減りが早すぎる。値段が高いから一眼並みにとれるだろうと過度な期待しちゃだめ。液晶の可動が必要でなければ、旅のお供や日常のスナップなら画質は全く変わらないので無印のほうがよい。この値段ならミラーレス買ったほうがいいかも。.

動画の手ブレ補正が若干弱いかな…センサーサイズ大きいから、効きにくいんだろうけど。あと、画角が狭くなるの結構ネック。ファンクションキーに動画の手ぶれ補正のメニューいれて、場面に合わせて切り替えながら使ってる。.

M3を数年愛用し、m5に買い換えました。af性能が向上したのはとても良いのですが、バッテリー性能が著しく落ちたのが残念です。m3では予備バッテリーを使う機会はほとんど無く、帰ってから充電で十分でした。m5は同日中にバッテリー切れで予備に交換する事が多く(スチルのみで動画は使っていない)、簡易三脚を付けたままで運用しているため、取り外しと取付の手間が毎回掛かり面倒です。一番問題なのは、待機中の放電があまりに大きいこと。満充電して1ヶ月ほどでカラになり、起動しなくなります。旅行など、撮影する予定が予め分かっている時は前日に充電し直せば済みますが、急に何かを撮る必要が出た場合、いつもバッテリーがカラで使えません。機動性は格段に落ちました。初代rx100でこの異常放電が話題になっていましたが、その後のモデルでは改善されていました。m5になってまた電源周りの不具合が戻ってしまったのでしょうか。総じて、m3の方が優れていた. と思います。動画を撮らないのでしたら、m5ではなくm3かm4をお勧めします。追記:1ヶ月でバッテリーが空というはさすがに酷いと思いましたので、サービスセンターに修理依頼しました。待機時の放電量やバッテリーも調べて頂き、メーカーが保管している比較機とほぼ同じ値、つまり「正常」との回答でした。m5は仕様として、満充電後に放置すると1ヶ月程度でバッテリーが無くなります。追記 2:このままでは困るので、こちらから指定して電源基盤と電源スイッチを交換してもらいました。ネットの情報で、電源スイッチの接触不良によりカメラケース内で勝手にスイッチが入り、レンズが出せないためエラーとなりそのままフリーズ。そして電池がなくなってシャットダウンという不具合を何件も見付けたからです。かなり強く言わないと対応してくれませんでした。クレーマーとして扱われたかもしれません。結果、直ったようです。修理から返ってきて3週間置いてみましたが、電池マークは1つも減っていません。sonyのアフターサービスでは、何を出しても必ず「検査しましたが異常ありません」と言われますね。目で見てその場で分かるような物理的破損以外は、そのように回答するように決まっているかのようです。そこからが本当の修理依頼で、どの部分をどのように交換するか、などをこちらから細かく指示して初めて進み出します。過去十数回、どの製品でも全部それでした。最終的には「異常なかった」はずの製品が、修理か交換をして直るのですが、非常に長い期間と交渉が必要です。.

Rx100 初代 + イノン ワイコン ➡️ ノーティカム ワイコンでワイドは満足してました。下手なミラーレスのワイドドームより周辺まで、ピシッと。ワイドなら、α6000 + 10-18mmは水中では、周辺流れが酷いですから。ただ、afが鈍くマクロはマクロコンバーター付けると使いものにならず、tg-4やマクロメインではミラーレスにマクロレンズにしてましたが、2台にフラッシュ付けるのは流石面倒でした。rx100 m3,4と待ち矢張り使えずm5で初めてノーティカム マクロコンバーターで動く魚がcafで追えます。24mmからなので、大抵のハウジング、ソニー含めイノンワイコンは使えません。ノーティカムwwlにノーティカム ハウジングでも26mmからです。ワイコン使うなら、アクアパッツァのハウジングが唯一24mmから使えます。ソニーのハウジングは他、使い物にはならずこのカメラには危険です。.

コンパクトなサイズでありながら大型の一眼に匹敵する高画質、高い操作性をもち、レンズは高級感あるツアイス。重量級を持つのがつらい年には公的です。.

Rx100m4と比べると、動画撮影機能とオートフォーカスが強化されています。外観はや重さはほぼ一緒です。rxシリーズは夜でも明るく撮影でき、コンパクトで高性能なすばらしいカメラです。動画を撮影しない方や4k撮影しない方はrx100m4やrx100m3の価格が下がってきていますのでそちらでもいいかなと思います。価格は安いとは言えず、初心者向けじゃないかもしれませんが、カバンからすぐ取り出せるサイズで大事なシャッターチャンスを逃さず、高画質で撮影できるのはすごく魅力的だと思います。.

ベスト ソニー デジタルスチルカメラ「DSC-RX100M5」SONY Cyber-shot(サイバーショット) RX100V DSC-RX100M5 レビュー