今まで、あえてデジタル一眼ではなく、コンパクトで美しい画像を望んでかなりの機種を購入しました。nikon p5000, gr digital, gx100などなど試しましたが、今ひとつ納得のいく画像ではありませんでした。今までのコンデジは、宣伝ではいい写真が撮れると言っていても、実際はたいした差のないものばかりだと感じていました。今回、dr1を購入して、ようやく感動する画像にめぐり合えました。確かに操作性には問題があるとは思います。記録やafが遅いとかマクロがないとか・・・しかし、目で見た色合いがきちんと出るコンパクトデジカメはこれが初めてです。また、撮った写真が心から美しいと思えたのもこのdp1が初めてです。自然で美しい色彩の写真が撮ることに関心がある方で、一眼でなく、日々の感動を残したいと考える方には、私としてはお勧めだと思いました。.

現在、eos kiss x3  パナソニックlx-3 シグマdp1を使用しております。解像度で言えばdp1が一番よいですが、風景専門となります。書き込み速度、afが遅くホワイトバランスにも苦労します。ゆっくり、まったりと風景を撮影するのにはとても適したかめらです。透明感のある写真を映し出してくれます。しかし室内での子供のスナップには全く適しません。とても尖った個性的なカメラですが、それゆえに魅力的にも思えてきます。lx-3はコンパクトでf2. 0と明るくafスピード、連写スピードもあり子どもたちを写す室内でのスナップに適しています。しかし望遠に弱いため公園、運動会ではkiss x3 を使用しております。いずれも素晴らしいカメラですが、それぞれ長所、短所があります。状況に合わせて使い分けると良いかもしれません。.

外観および状態がこんなに良い商品は初めてで十分満足しております。.

このカメラは「お散歩」の相棒。動いているモノを撮ることは少ないので一緒でした。予備のバッテリーなどを購入していたので、ここまで保ちました。外付けファインダーなどがあるので新しいのにするか・・・迷っているところです。.

  • 全てが違っていた
  • 意外と小さい
  • 銀塩使いに勧めたい

シグマ デジタルカメラ Dp1

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • メーカー型番 : DP1
  • 画素数 : 1406万画素
  • サイズ : 11.3(W) x 5.95(L) x 5.03(H)mm
  • 撮像画面サイズ : 20.7×13.8mm
  • 記録メディア : SDカード/SDHCカード/マルチメディアカード

モニター画像はほめたもんではないですが、現像した画像は大変満足できるものです、私sd9やニコンd300も使ってますが街のスナップはこれ1台ですみそうです、もちろん素早い被写体への対応は無理ですがじっくり撮影される方やいつもカメラを身につけておきたい方などには強い味方になると思います、私はネックストラップで首から提げております。.

手ぶれ補正がないので手ぶれに注意し、露出にも注意し、できるならば段階露光で、意外と被写界深度が浅いのでピントにも注意し、rawで撮影。1枚1枚丁寧に現像すると感動的画質に巡り合えます。今までのコンパクトデジタルカメラの画像はなんだったのか?いや、一眼レフの画像もなんだったのか?と、思います。うそ偽りのない画像がリアリティと空気感を再現してくれます。更に世界2大カメラメーカーのニコンもキヤノンも出せなかった、大型センサーを積んだこのカメラをコンパクトデジタルカメラを発売したことのないシグマが出してくれたことに敬意を表し買うべき1台だと思います。売れなければ2度とこのタイプのカメラは発売されません。.

「早速、レストランで食事を撮影しましたがレンズが閉まらなくなり使えなくなりました。撮影した数枚の絵は流石に綺麗なのですが、。販売元には連絡して、早速に引き取りのご返事を頂きました。中古で安価でしたのでこうしたことはあると覚悟しておりましたが、販売元の対処に感謝します。.

多くのレビューで難しいと書かれていますが,ほんとに難しいです.いかに今まで簡単なカメラに慣れてしまっていたかがわかります.でも,デジタルなのでその点に関してはがんがんトライして勉強できます.レンズが一般的な一眼レフやコンパクトカメラに比べて暗いのでコンパクトな3脚を付けて使っています.シャッター速度に応じて脚を一本だけにして1脚で使ったりして手ぶれを防いでいます.これでかなり手ぶれは防げます.また,慣れてない人にこのカメラのシャッターをお願いすると,高い確率で失敗します.これも三脚でふせげます.カメラが軽いので,軽い三脚でじゅうぶんです.コンパクトカメラだと,狙われている感じがあまりしないので被写体の反応も自然です.dp2も試したくなりますね..

発売がとても待ち遠しく、予約までして購入しましたが、実用としては期待に反しておおよそ喜べないものでした。あまりネガティブな事は書きたくありませんが、同じ気持ちの人は多いように思います。個人的には撮影テンポの悪さが最も目につきました。液晶に数秒間撮影した画がずっと残るのも4、5年前のデジカメのようです。キレイな画像だけを求めるなら、フィルムカメラでいいわけです。デジカメならではの便利さ、融通の良さ、レスポンスの良さなどがこのカメラには欠けているように感じられました。.

Raw撮りのおかげで銀塩時代では味わえなかった現像の楽しさを知る。連写が遅いが銀塩カメラのリズムを思い出して使えば問題無し。フォーカスは確かに遅いが、晴天時は充分絞ってマニュアルフォーカスダイヤルを使い目測で撮れば速写能力はある。開放f4までだが、1/20までの(もっといけるかも)シャッターなら、かつての銀塩使いなら手持ちで何とかなる。.

Amazonでリコ−gxrを購入し、2台とも不良品だったのでamazonではカメラは購入しないと決めていましたが、dp1がamazon以外で購入できなかったのでしかたなくamazonで購入しました。今回はラッキ−にも良品でした。しかもフ−ドまでついていました。購入しなくてすみました。このはカメラは以外と小さいです。dp3をもっていますがぜんぜん違います。こんなに小さいとどこでも持っていけそうです。 28mmなので常用カメラになります。操作性などは確かに貧弱ですがこんなものだとわりきれば使えます。ファインダーvf11をつけるとなんのストレスなくバシバシとれます。画質も問題ありません。dp3と遜色ない画質です。こんなのが1万えんそこそこで購入できるとはほんとうにラッキ−です。.

Sigma 製品はsd1m・sdqを持つてますが、dp1はsd14と同じセンサーを持つているとの事で買いました。jpeg取って出しを基本にするユーザーにはお勧め出来ません、 raw撮影でパソコンsigma hotopro6. 5で現像する方向けです。このレンズの難点は近接出来ないのが惜しです最低でも被しゃ体60-70cmは離れないと合焦しませんようするに風景専用かな。.

As a long-time foreign resident in japan i bought my sigma dp1 in march 2008 from yodobashi camera in shinjuku. I brought it on a trip to oahu, hawaii where i had ample opportunities to photograph the beautiful nature, the beaches, the sunsets etc. All my shots were done as x3f (sigma’s foveon raw format) and converted to both tiff 16 bit and jpg using accompanying “sigma photo pro 3. 1” software for the mac (lately updated to the improved version 3. I also took similar photos with a sony dsc t100 for comparison. I first looked at the converted, but unadjusted, images which were already great. But after using the “review images/adjustment controls” in the “auto” position individually on each image, it brought out much more detail and much more vivid colors. The aps-c sensor and 28 mm special lens really shines. I have not taken such great photos since i bought my rollei 35s on my first trip to japan in 1979. The dp1 has its limitation in low-light conditions (since it is only an f4 lens), and the built-in flash only works for very close range (while the optional flash is better). The optional range finder (that i also bought) looks cool, but i did not find it particularly useful and ended up using the lcd for all shots. The lens hood with a (separate) standard filter was a very useful and is recommended. Notice that some businesses in japan and korea are coming up with half-leather cases for the sigma dp1 which protects it, and also makes it look a lot cooler. Most go in a “retro” direction, which probably fits the camera.

保存状態も良好で気に入っています。ゴールデンウィークに活躍することを期待します。.

巧く使いこなせば、まさに一眼に匹敵する一枚を撮ることができます。発色も意外となめらかで万人向けかもしれません。しかし毎回アンダー気味で、撮影毎に当たり前のように補正をしています。晴れた野外は液晶での視認が見難いため、撮影結果を予想できるくらいの撮影経験&スキルが必要になります。気軽に何枚も撮るよりも、1枚ずつじっくり撮るというスタイルになりがち。この作業は玄人嗜好かもしれませんが、日々持ち歩き記録する「日常機」にするのは厳しいと言えます。操作系にかなりクセがあるので、満足できる撮影ができるまでには慣れが必要。それを覚悟して購入するのをお勧めします。画素数や写りの際立ちなど他のコンパクト機を先んじていますが、それ相応の価格のため性能に驚きはないというのが率直な感想です。現状は荒削な印象ではありますが、後継機がとても楽しみなカメラでもあります。.

まだ購入して間もないのでよくわかりませんたしかに全ての動作はこんなもんでしょう。今のとこ写り(jpeg)はミラーレスの新しいものといい勝負ですね。皆さんの言うように何枚かとると奇跡の一枚とやらが取れることを期待します。手ぶれは思ったほど私の使い方だとないです、脇締めてしっかりもてば大丈夫そうです。マニアカメラですね.

ものすごく、撮影する人を選ぶカメラだと思います。かなりクセがあるので、まず普通のコンパクトカメラをイメージして購入すると後悔すると思います。正直、afが大変遅いのと感度が800、そして開放がf4しか無いので室内での撮影にはかなり苦労します。友人などとの室内のスナップでは必ず、シャッター優先で最初にraw撮影し、後で補正するという事をしています。何となく露出がアンダー気味に写るのはこのカメラの特徴でしょう。また、液晶のレベルが低く、撮影後の確認するときも結構きついです。出来ればファインダーを初めから付けておいて欲しかったです。ただ写りはものすごいものがあります。コンパクトカメラでありながら、一枚一枚時間をかけてとるカメラなのでしょう。.

今や、携帯電話(スマートフォン)の付属カメラで風景や思い出を残す時代です。写真を撮るのに特別な機材も技術も必要ありません。適当にシャッターを切り、失敗してもまた撮ればいいーー記録写真ならばそれでもいいでしょう。しかし、そんな時代だからこそ、付属のカメラではない確固たるカメラを持つ意義とは、携帯電話の延長線上にあるようなコンデジばかりのカメラ業界で、このdp1を持つ意義とは、なんなのでしょうか。私にとっては、「写真の楽しさを味わうため」です。写真に興味を持ってデジタル一眼レフを購入したものの、なんだか機械に振り回されてシャッターを切っている閉塞感が拭えず(無論私の腕にも問題はありますが)、様々なメーカーのカメラを調べる内に、このdp1に辿り着きました。dp1は、私の一眼レフとは何もかもが違っていました。起動してからシャッターを切れるようになるまで時間がかかること、afに時間がかかること、撮ったら撮ったで書き込みに時間がかかること、バッテリーがすぐなくなること、設定画面のuiが使いづらいこと。そして、撮影した写真に初めて感動したこと。あの日の気持ちは、私がカメラを握っている限り、決して忘れることはないでしょう。.