★2019/5/5追記:いろいろ後続品が出たし、これまで使ってきて★このカメラはズームもできないし、フラッシュもありません・・・何故なら、これは【アクションカメラ】だからです。つまり、tvで芸人が被ったヘルメットについてる小さいカメラ「gopro」等と同じ種類のカメラです。【デジカメ】ではありません。だから一般的なデジカメと同列扱いすると、まるで見当違いな評価になります。「手軽に360度の写真が撮りたい。ついでに動画も少し」といったデジカメが欲しい人はリコーの「thetaシリーズs」を買った方が良いでしょう。sp360は、あくまで「360度の長時間『動画』を撮りたい」って人向けのアクションカメラです。■撮れる絵について■■■■■■■■■■■■■■■■■見ての通り、1つのレンズで半天球の映像を撮ってます。魚眼レンズを利用して歪んだ絵というか「円形の絵」が撮れるので、それをソフトウェアで補正して360度の絵にする仕組みです。商品説明に「4k画質」とありますが、普通の人が想像する「4kの絵」が撮れるワケではありません。4kとは「3840ドットx2160ドット=8294400ドット(約830万画素)」であり、このカメラで撮影できる「2880×2880=8294400」という解像度と計算上は同じなので4k画質、と表現してるワケです。嘘ではないけど、ある意味「言葉のトリック」と言えるかも?一般的デジカメの4K画質で半天球の分だけ撮影すると、だいたい半天球のうち4分の1の範囲を4k撮影する事になります。(120度の画角だとして水平に3方向+上または下)このカメラは、その半天球の全域を一回だけで撮影するワケですから、「同じ撮影範囲の部分だけ」を比べれば1/4の画質になってしまいます。この違いを知らない人が映像を見たら「全然4k画質じゃない」と思うでしょう。つまり、当然ですがスマホやデジカメの「複数枚の写真を合成した360度写真」の方が奇麗に写るワケです。でも「360度を一回で撮影した」写真と複数枚の合成写真は「同じ写真」ではなく、あくまで「似た写真」になるだけです。例えば、周囲に大勢の人がいる場所(マラソン集団の中央とかダンスパーティとか)で撮影するとどうなるでしょう?合成写真では、被写体が動き回ってオカシな写真になるでしょう。動画に至っては普通のデジカメ等で360度の動画撮影はできないから、もう比較する事が不可能です。ここに一般のデジカメ等に対しての【sp360の最大の価値】があると思います。ちなみにフロントモードという「一般的なデジカメと同じような絵」を撮れるモードがあって「3840×2160」と普通の4k画質での録画も可能です・・・が、撮影範囲が206度(!)と超超超広角なので、かなり歪んで見えます。(fullhd以下でなら150度/173度に変更可能)静止画は206度固定で、解像度によって正方形、4:3、16:9になります。★最近だと「全天球」カメラも当たり前になりました。(安い物で2万以下!)★それでもsp360 4k以上の高画質な半天球カメラは10万円以上するような高級品のみ。★2台使っての【5. 7k(5760*2880)で30fpsの全天球】録画は現在でも最高画質。(他製品は25fps)■録画時間■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■microsdhc-32gだと、約4. 17gb(約9分20秒)のファイルが7つ、1. 5gb(3分20秒)のファイルが1つ作成されました。合計すると69分弱です。microsdxc-64gだと、約4. 17gbのファイルが14個、1. 99gb(約4分25秒)のファイルが1つ、合計2時間15分です。最大128gなので、やろうと思えばぶっ通し4時間半の録画が可能だと思われます。取説にもありますが「クラス10以上のsdメモリ」が必須です。4k画質で360度録画すると、作成される動画ファイルは「2880×2880 24bit avc/h. 10kb/s」となります。なんと60mbps!(bsデジタル放送のフルhdでも24mbps)これはsdメモリの性能で書かれる「mb/s」に換算すると約7.

画質の向上を期待もっと高くていいから綺麗なのだしてほしいかな.

前モデルは3日ほど使ってオークションに出しました 当時自分はドローンをやっていて広角でとれるカメラが好きでした。ですがGOPRO3+のほうがいいし(パノラマな動画が好き)ドローンのカメラマウントもGOPROのものだったので合わないと判断。。今回手に入れようと思ったきっかけは、どんな時でもスマホのシャッターをきる主に思い出写真を心がけていて、空間保存として360度取れてサイズも前モデルの2倍以上上がったということで購入。あえてシータでなくSP360。禿げてない自信があるが自分が映ったり髪が映りこむのでNG。画質も同時点でこっちがいいし。使ってみたところやはり微妙と思いました。アプリ経由だとスマホに保存は720P(再生できるビデオとして)だし、PCで無加工だとまん丸な絵だし せめてパノラマが保存されていると期待したアプリでの720pってことですが前モデルはiphoneで使っていましたがアプリが良かったのか iphone版アプリだからか きれいに映ってた気がする 現時点のアプリは間に合わせ感がある.

よくできてると思いますが、実際このカメラでいう4kの最高画質で動画を撮影したところで、データーの変換にえらく時間がかかります。30分のデーターをyoutubeにアップするのも1日がかりです。。。汗 youtubeに4kでアップしてもまともに再生できません。相当なグラフィックカードなのか、高速回線がないと、現状では見るすべもないのかもしれません。って考えると、普通のsp360でよかったかもとちょっと思いました。商品はとても面白く性能もいいです。買ってすぐに、2台体制にしたくなりました。でも、遊び用にはちょっと価格が高いかな。性能落として、小型とか、廉価なものが出たら、相当買いだと思いました。.

録画を始めて15分、電源を入れて20分程でしょうか。熱で勝手に止まりました。そこまでの映像が録画されていればまだ許せます。確認するとファイルはあったので助かったと思ったのですが、残念ながら動画ファイルも壊れた状態になってしまっており、大切な映像を見られませんでした。4kで画質も良く、映像は面白いのですが、5月の気温でこれですので、残念ながら夏場は使い物にならないと思います。水の中に入れたり、バイクなど空冷状態になるとすれば、使えるのかもしれませんが、あまり信用出来ないカメラだと思います。これから買われる方はくれぐれもご注意ください。.

連続撮影で約30分が限界4kとあるけど撮ったものをvrにすると画質がハイビジョンより落ちる。ノーマルの状態天球型?で見ると4k画質と思われる。あと商品紹介の写真のように縦置きで撮った動画がメーカーの動画ソフトでは横置き設定でしか見ることができなくて見づらい。.

4kとそうでない画質の差はよくわかりませんが、撮影後にソフトでぐりぐり動かせるのは斬新で楽しいですねyoutubeへの360度アップロードはyoutube側の制限?で画質が落ちてしまうのが残念ですが・・・車載動画で1台で前後左右撮影できるのはとてもおもしろいですただ現状ではアクセサリーが販売されていないため本格運用はアクセサリーケース買ってからですね.

専用ソフトでvr動画に変換し、youtubeに投稿してみたが、非常に画質が悪い。1080でアップしたが、360の画質を引き延ばした感じ。商品名の360って角度のことじゃなくて、画質のこと?変換ソフトの問題であれば、早急に修正バージョンをだすなり、対応をしてほしい。5万円近い金を払ってこの画質では、なんとなく、詐欺にあったような落胆したきぶんになる。.

2個使って360度撮影を試した感想です。sp360 4k用ダブルベースマウントを使って撮影すると充電しながらの撮影ができません。20~30分くらいで熱暴走で停止します。専用ステッチソフトで結合しますが、書き出しはmp4のみです。また、作成した後の再生環境が限られます。.

開封するとサイコロのような筐体と安っポイケース、キャップ、充電器のみ。購入時にこの手のカメラに本来入っているべき撮影の為の基本的なパーツ類が皆無。本体買ってから撮影するまでに、バラで買っても約30,000円の糞バカ高いパーツ代をこんなクソカメラの為に余分に出費させる徹底ぶり。(それでも品切れ状態)商売のやり方が糞ですネ。操作性も最悪、画面とボタン類が同じ面に無いのでセッティングしてからだと自分が上下に激しく動くしかない。さらにスイッチが小さくて長押しなければならず入れるのにコツがいる。その上、シャッター確認のチロロッという音が小さくて聞こえない。シャッター入れたと思っても入ってなかったり、熱で止まったりと、仕事どころか遊びでも使えない何から何まで糞だらけのカメラです。このカメラと、sonyfdr-x3000rをヘルメットに付け、同じ外付けバッテリーで給電しながら同時に撮影しましたが、sonyの方が数倍扱いやすかった。.

コダック アクションカメラ Pixpro Sp360 4k :