コンパクトカメラを常用していましたが、思ったような色合いで撮影できなかったので、中古でしたが思い切って購入してみました。コンパクトカメラの画像は、pcで修正をしなければいけなかったところが、コントラストもかなり満足に近い出来になりました。ピントもファインダーを使うことで、きちんと合わせることができました。重さとサイズだけもう一回り小さ(軽る)ければ、文句なしです。.

もう2年ほどになりますが、とくになんの問題もなく使わせてもらっています。ありがとうございました。.

中古の割りに綺麗なカメラでした、機能がいまいちです、まずフォーカスが定まらない、ストロボが自動でポップアップしない、液晶の映りが悪い、ファインダーを覘くと被写体がぼけて見えます、値段が問題ですね。.

解放F値 :F2.7(W)〜F5.8(T)はF2.0(W)〜F5.8(T)程度までカバーしていれば良かったのだが残念。連続撮影 :通常1.3画像/秒、AF連写0.6画像/秒、LV連写0.6画像/秒は遅い十分な撮影が困難。      (一眼レフカメラと比較すると非常に見劣りする)起動時間 :1.6秒は遅い。      (一眼レフカメラと比較すると非常に見劣りする)電池   :専用リチウムイオン充電池で有り、長時間対応で小型に作られている。      (国内の山岳や海外等の充電が出来ない所で使用する場合単3電池が使用出来ないのが残念)大きさ  :122.9*92.4*107.7mmは非常に使いやすい。      (グリップ部がもう少し膨らんでいれば更に握りやすくなるが残念)      (少し大きくなっても単3電池が使用出来れば更に良いが残念)質量   :601gは軽くて非常に使いやすい。      (少し重くなっても単3電池が使用出来れば更に良いが残念)一眼レフカメラで良く有るとっさのレンズ交換の必要も無く、上記以外の機能は満足できる程度でかなり理想に近く作られている。.

  • ストロボ
  • 中古でしたが買って正解でした。
  • 旧型でも大満足です

Canon デジタルカメラ PowerShot SX30 IS PSSX30IS 1410万画素 光学35倍ズーム 広角24mm 2.7型バリアングル液晶

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●PowerShot SX30 IS ブラック●Canon

使いやすくてとても良いです。まだ完全にすべての機能を理解してはいませんが、今後もがんばって使いって行きます手にして本当に良かったです.

数年前s3isを10倍ズームが魅力で購入してずーっと使っていたのですが今回最新型のsx40hsが出たあおりでこの機種が値下がりしたので大手通販が下げるのを待って購入しました、手にしてみると少し大型になっていて貫禄が出ていました、前機種では各種swがボタン式で撮影中に当たっていろいろな機能が誤作動して困っていましたがこの機種ではコントローラー方式で誤作動しにくくなっていますし画素数の増大には印刷した写真でも目を見張るほどぬけの良い画像になって満足です、新型との画素数の違いで敢えて旧型を購入しましたが良かったと思っています、.

レビュー筆者 写暦30年 (嘘なし!)キャノン一眼のIS手ブレ補正とUSM超音波モーター駆動レンズ という二つの武器 そして使えるAF 一眼レフは買えなくても或いは それほど大きいものは持ち歩きたくない場合でもSX30は高級料理店のお手軽なランチメニューとして価格相応かそれより少し上等なある一定の満足感は提供してくれると思います。一眼レフ経験の長いユーザーが初めてこの機種を使うともう一眼はいらない そう感じてしまうくらい心地よく簡単に素晴らしい結果をもたらします。超望遠でこの軽量ですからその時点で一眼は凌駕されてしまっているのですがでは一眼と比較してほんとうに同等なのか? というとそこは良く出来ています一眼ほどトーン(階調)が出ないのです簡単に言うと 夕焼けを撮影したとします隣で同時に同じ風景をキャノンの一眼で撮影したとしたならこのSX30ISのほうがはやく陽が落ちてしまうかもしれません。また曇りの天気で撮影をした場合やはり そのまま あまり絵が映えない写真になるでしょう、人間の肉眼が見た以上のキレイさにすることはこのカメラでは難しいです。あるいは、大勢を相手に集合写真を撮って あとでこの人だけ引き伸ばしてほしい そういうニーズが来たら完全に一眼の勝ちです。あとは、やはりローコスト機ですからレンズのシャープ感が不足しています。でも そういうことを差し引いても私はこれはかなり立派なカメラであると思います。動画撮影機としては動画撮影中ももちろんピント合わせもパワーズームも効く動画を撮るのには非常によいです。これは、あまり大きな声で言えませんが・・・某、動画サイトこれをリッピング(デジタルで複写、ダウンロード)すると違法ですよね(知ってますか?)でも、この機を丁寧に使う・・それは観音教スバラシイ と唱えですね(笑すると できてしまいますよ・・それ以上は言いませんが、あとは 一応 ほんとに一応ライバル機っぽいニコンP70×とか・・あれは もうjis規格ホットシューを外している時点で論外です。ユーザーサイドでモノを考えるという姿勢がキャノン製品に比較し劣ります!これと同等の望遠をとなると一眼レフではとんでもないことになるので気楽に飛行機や鉄道 運動会などの写真を撮影されるのであればお勧めです。 余裕で星五ついえ、本当は☆六ツ、いえ8ツくらい差し上げたいところです。もう 丁寧に扱う 愛情をもって扱えばどんな高価格カメラより素晴らしいです、このSX30ISの後継機でも それは同一の基本性能があると言えます。撮影見本 http://blog. Jp/glitter_and_elegance/e/303dc0aa9a4668780d18f60d023ad475.

 powershot s5 is からのグレードアップです。花、人物、風景、小鳥をこの1台で対応が可能です。しかも軽い。 s5では小鳥を撮る際はコンバータレンズを付けていたが、本機ではその必要を感じないのがよい。 従来のシリーズで踏襲してきた乾電池でなくし、バッテリーになったことは残念だが、光学35Xを組み込むためなんで仕方がないか!? また、スーパーマクロとマクロを一体化したためによるためか、超接写においてピント合わせがイマイチと感じる。 本機の最大の特徴は光学35X、840mに相当するもので素晴らしい。それだけ拡大するとブレが多発すると思うが、ブレ防止機構が強化された模様だ。.

本当は一眼レフカメラが欲しかったのですが高くて手が出ませんでした。私にはこの位が丁度良いです。!.

まだ、購入して日も浅いので、全てにわたって書けませんが、’@2. 7液晶は明るくて見やすい。大きさもバリアングルだからこんなもんでしょう。’a35倍ズームは高い所にある花を撮るのに有力。’b背丈の低い草花を取るにバリアングルは必要条件です。’cボタン類は、多すぎるが取り扱い性好いのでOK’dISO感度が1600迄あるので、手振防止に有力。’e紫系の花はホワイトバランスをしないと適切な色が出ない。’f600gの重さは握力の落ちた人にはこたえる。”gキャノン製であれば、共通のソフト(特にフォトレタッチが使える。)があるので便利。.

 eos-1dのような外観と35倍ズームに惹かれ,発表と同時に予約。発売開始日に購入しました。これまで数百カット撮影した感想をレビューします。【概観】 eos-1dを小さくした感じで,個人的には好印象です。プラスチック外装ですが,つや消しの部分とつやありの部分が使い分けられ,高級感があります。ホットシューカバーのデザインも気に入っています。【画質】 1,410万画素ccdの威力は絶大です。まず発色が鮮やか。初期設定でも十分にプリント映えします。高倍率ズームレンズの割にはなかなかの性能でa4サイズまで引き伸ばしてプリントしてもまったくあらが見えません。普段は最低感度(iso80)を多用しますが,iso400まで上げてもノイズらしいノイズが見当たりません。常用感度域では十分満足できる画質です。広角側のレンズの収差も気になりませんし,望遠側での色収差も感じません。高倍率ズーム機としてはかなり優秀だと思っています。【気に入っている点】  本機はアダプターを介することでplフィルターを装着することができます(67ミリ)。風景写真などで威力を発揮します。またフルモードのaeを備えており,多彩な表現が可能です。バッテリーが専用充電式になりましたが,相当容量のあるバッテリーのようで,数百カットではバッテリインジゲーターは減りもしません。背面のマルチコントロールダイヤルも操作性が良く,必要な設定を素早く行うことができます。外付けの大型ストロボも装着でき,屋外から屋内までオールラウンドに使えるところも魅力です。【残念な点】  ここまで贅沢に作ってある機種ですから,ぜひraw撮影モードはほしかった。またhsシステムを搭載していたらもっと撮影の幅が広がったことでしょう。キヤノンのhsシステムはできれば全機種標準装備となってほしいと思います。evfの発色はちょっと派手目で,長時間見ていると目がチカチカします。【本機を活用するために一言】  確かに35倍ズームはすごいです。ですが,日中屋外でも最望遠を手持ちで撮影するのは困難が伴うと思います。本機は小型軽量であるにもかかわらず35倍ズームを搭載しているというのが売りですが,超望遠撮影をするにあたってはやはり三脚が必須だと思います。大きいものでなくて結構ですので,三脚の併用をお勧めします。失敗写真を減らすコツです。.

いろいろ調査しましたが、このカメラの望遠機能と値段で選びました、購入して良かったです。.

○なところこのタイプの高倍率望遠レンズを搭載したカメラとしては比較的綺麗な静止画と動画が撮れますね。手振補正機能もかなり強力で、最望遠端での動画撮影時に方手持ちでもあまりブレを感じさせないのは凄いと思います。また、fhdで動画が撮れても望遠側でグニャグニャフォーカルプレーン現象が出て使い物にならないあのカメラや、動画撮影中は光学ズームが使えないふざけた仕様のあのカメラたちと違い、30isはそう言ったストレスとなる部分がないのも良いですね。また動画撮影中に静止画が撮れる(録画が一瞬途切れるが)のも便利ですね。△なところ静止画撮影時の連写モードを何とかして欲しいですね。画素数落としてもいいんで、10枚/秒とかの高速連写モードとかは欲しかったですな。フレーミングアシスト機能は便利な反面、撮影中にうっかり親指でアシストボタンを押してしまい慌てる事もしばしば・・・まあ慣れの問題なのでしょうが。.

購入後、2〜3回使用したら、電源スイッチを入れると画面に「レンズエラーを検知しました」とメッセージが表示され、自動的に電源が切られてしまうようになりました。マニュアルを見ると「頻繁に表示される時は故障が考えられます」と書いてあり、その通りになりました。不幸にも旅行先で問題が起きてしまったため、役にたたず、スマホで写真を撮りました。メーカーはマニュアルにまで問題の発生を予見するかのようなコメントを載せているので安かろう悪かろうの製品であることを宣言しているものと思われます。故障がなければ性能は素晴らしいので残念です。.

SX30を購入しました未だ購入して間がたっていないので、完全には此のカメラの性能は未だつかんではいないのですが?一番に気になったのが、レンズフードとフイルターが同時に使用出来ない事で、此のカメラの最大の欠点ではないかと思われます此れもフイルターをキャノンのデジタル一眼と併用の産物であはないかと思われ、せっかくの高性能カメラの魅力を半減していますこれらもレンズレンズ先端部分(レンズキャップはめ込み部分(溝部分))にネジ溝を付けそこにフイルターをセット出来る設計にすれば簡単に解決する問題ですが、なぜこの様なカメラを作ったかは疑問です、其れと室内人物を撮影しましたが窓から外の風景が紫外線の影響か青っぽく写りました、同じ位置から、パナのデジカメでも写しましたが室内と窓から見える風景は室内と野外との色温度に違和感は有りませんでした、液晶モニターはバリアブルタイプでこれは一部高級カメラにしか使用されていないが、なかなかいいです、特にビユーファインダーや通常の液晶モニターでは、中腰での撮影姿勢で腰が痛くなる様な事は皆無です、.

小型軽量コンパクトで超望遠ということで、非常に携行性にすぐれているので、利用シーンは多いでしょう。デジタル一眼eosの交換レンズ一本分の重さで、24〜840mm(35mm換算)を一本のレンズでカバー、さらに、デジタル4倍を加えると、140倍というトンデモ級の高倍率になっています。ここまで超望遠では、約600gという軽量さが逆にアダになって、ブレやすくなりますが、フレームアシスト機能と、約4. 5段分の手ブレ補正機能が優秀で、コツをつかめば、そこそこのショットが撮れます。powershotg10ユーザーですが、g12買換えではなく、望遠サイドの補完用に購入しました。そのため、バッテリーが共通するというのも、選択の一因になっています。動画については、夜間、光源がフレーム内にあると、ちょっとノイズが入ってしまいますが、ま、ccdのサガということですね。また、連写については全く期待できません。フルhd動画で、連写もそこそこ欲しいという場合には、cmos搭載のpowershotsx1isの後継を待つ方がいいでしょう。てか、年末とかに発売されたら暴れますケドネ・・・。.

Dsc-hx5vを使っていたが一寸軽めだったので買ってみた。plやらフードやらで5万円の奮発だ。仕様書通り、連写の遅さといつまでたっても読み込み中の画像が消えてくれないのにはがっかり。格別連写の早さを期待してはいなかったが、この遅さ、今時のカメラにこんなのあり?読み込みと連写が特別遅いかわりに?倍率がすごい。こんな倍率をフル活用できればすごいと思うが逆にこんな倍率本当に必要か疑問に思ってしまう。経験ばかり長くて描写の善し悪しなんかさっぱりの私には、どれを見ても画像はきれい。特筆は電池のもち。いつまでたっても(何とも抽象的)目盛りが欠けてこない。持った感じは手の大小に影響されそうだ。私には少々おさまりが悪いが、もう少し小さい方には誠によさそう。.

2010年11月時点で他社から出ている同様の高倍率ズーム機との比較です。また、三年前のベストセラー機でもある同社powershot s5is機とも比較しました。ライバル社の対抗機種としてはパナソニックのlumix dmc-fz100や富士のfinepix hs10、同finepix s2800hd、オリンパスのsp-800uz等でしょうか。ライバル機と比較して、起動やズームの速度は格段に速いのでストレスを感じません。特にズームの速度は本機の特筆すべき長所です。これはs5isでもそうでした。次に、高倍率機としては現段階では最高の光学35倍(24mm〜840mm)可能です。他社製品は軒並み18-30倍までなので、その点でも本機は一歩リードしています。ズーム撮影に欠かせない光学手ブレ補正もこの機種は有効にはたらきます。ただ運動会等で走る子供を遠くから撮影する時などはどうしても高倍率ではターゲットを見失ってしまいやすい上に、ぶれも気になります。それでも晴天の屋外など光量が十分な場合には、ほぼ大丈夫でした。もちろん三脚があったほうが良いですが、手持ちでもそれほどぶれることなく撮影できました。ライバル機でバリアングル液晶を搭載しているのはfinepix hs10くらいです。s5is時代からこの液晶は大変すばらしく、撮影の幅を広げてくれます。静止画・動画撮影を問わず、このバリアングル液晶は本当に使いやすいです。動画撮影は他社ライバル機より頭一つ抜けていると思います。s5is時代から撮影時の光学ズームやオートフォーカスが可能でしたし、ステレオで録音もできました。他社ライバル機も改良を重ねましたが、まだ本機のほうが優れているのではないでしょうか。もちろん1280×720ピクセルの高画質なハイビジョン動画を撮影できます(但し低スペックpcで処理するのはきついです)。また、接写機能が0cmマクロ撮影可能(s5isも)であったり、一眼レフeos用フィルターを装着できたり、工夫された作りが光ります。以下、改良してほしい点を書きます。最初に残念な点は、エネループを含め充電可能な単三電池仕様から専用電池に切り替わった点です。これは好みもあるのでしょうが、どこでも購入可能な単三電池は、確かに重くてかさばりますが、それだけのメリットがありました。次に残念な点は、1450万画素までアップしたこともあって、画質のノイズが増えているように感じるところです。どのメーカーのどの機種にもほぼ共通して言えることですが、画素数アップは画像のきれいさにはつながりません。この種の機種にハイスペック一眼レフの代用はつとまりません。raw撮影を希望するユーザーは一眼レフをもとめるべきだと思います。光学ズームが低倍率で、やむなくデジタルズームする必要があるような場合には、画素数アップはそれなりにメリットがあります。しかし本機のように元来35倍もの光学ズームを搭載しているのであればその必要性はほとんどありません。むしろ1000万画素程度におさえて、暗所でのノイズ低減を目指してもらいたいです。次に残念な点は、このシリーズがずっと弱点としている連写機能についてです。まったく改善されておらず、1. 3コマ/秒という「連写」とは呼べないレベルのままです。他社ライバル機が8-15コマ/秒であるのとは比べものになりません。よってスポーツ撮影等には不向きだと思います。運動会の子供のゴールシーンを連写で撮ろうと思っている人には他の機種をおすすめします。以上、いくつか要改善の点も記述しましたが、総合的には上述した通り良く工夫された作りであり、満足度の高いカメラだと思います。特に望遠機能は秀逸で、これに特化した使い方を求めるユーザーにはおすすめできます。.

使い勝手はいいですけど、画素数が少ないせいかあまり鮮明な画像は取れません。スマホのビデオの方が画質が良かった.

小型で軽く使いやすい。野鳥を撮影するとき、このカメラが使いやすいです。.