オリンパス OLYMPUS 防水デジタルカメラ TOUGH TG-610 ブルー 5m防水 1 : 感動した!

以前までμ770SWを私用・仕事(工事現場)と長く使っていましたが、35mmフィルム換算で、広角28mmが欲しくて、本製品を購入しました。現在のデジタルデータ写真提出は、CALSモード撮影機能がついているカメラを買うのが主流と思いますが、何気にCALSモードが使えない(見るに堪えない・何も設定変更できない、おまけみたいな機能)コンパクトデジカメが多く、買っても1〜2か月で買い直しと、何度か散財しました。本カメラはCALS機能はついてなくても、写真撮影要綱の(1280×960、500kb程度の容量)を、設定「1M」で十分フォローでき、なおかつファインモードで、かなりくっきり映り込みます。(写り具合は、好みの個人差があるとおもいますが)暗所用のAF補助光などはありませんが、撮影対象にライトをあて、ピントをあわせて撮影すれば、それほど問題ありません(別途でヘッドライトを使いながら撮影しています)起動は、770よりほんの2〜3秒ほど遅いですが、現在のカメラでは早いほうだとおもいます。昔のデジカメは撮影サイズが書かれていたのに、現在は1Mだの、8Mなどと記載されていて、用途によっては選びにくいですね。パンフ位には書いておいてくれるとうれしいですが。長くなりましたが、工事用デジカメとしては十分使えると思います。GPS機能が不要であれば、お勧めできますね。.

他のデジカメをあまり使った事有りませんが、デジカメを添付のusb-アナログケーブルでテレビに表示する場合、給電出来ないのが残念です。HDMIならUSBで給電しながら使えるのかなあ・・・。実家に持って帰って、親に孫の写真や動画を見せたいけど、バッテリーを常に気にしています。また、PCにUSB経由で取り込む場合は常に充電状態?でしょうか。バッテリーの劣化も気になるなあ。ブログに写真をUPするので、毎日USBで接続しています。(少しずつ継ぎ足し充電はどうなんでしょう)みんなどうやって使ってるんだろう?あと、その本体側のミニUSB?のポートは結構、緩いので使い続けていると心配だなあ。ただ、デジカメの撮影機能には特に不満はありません。.

基本的な性能はひととおり備えていて、前機種からチェック入れていましたが、価格も下がって購入。シュノーケリングで海の中を撮影するには便利です。ただし、海に持っていくにはすぐ傷がついてしまうので、シリコンジャケットをすぐあとに購入しました。.

とにかく電池の終わるのが早い元々カシオの防水デジカメを使っていてそれと比べると、3分の1ほどしか持ちません。そこで、あまりにも電池消耗が酷いのでメーカーに送り初期不良が無いか現品確認をしてもらったほど。。。機能的にはとても面白いものもあり家用として今も使用していますが旅用としては正直使えません。.

風雨に強く、落として安心。登山に無くてはならない必携のアイテムです。.

それまで使っていたSONY同等品に対し、あまりにも写りがわるく、驚いて返品しました。返品対応は悪くなかったですが、失敗個体だったのか、この商品には幻滅しました。多少高くても納得のいく商品を手にしたいものです。.

OLYMPUS 防水デジタルカメラ TOUGH TG-610 ブルー 5m防水 1.5m耐落下衝撃 -10℃耐低温 1400万画素 3Dフォト機能 Eye-Fiカード対応 TG-610 BLU

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●TG-610 ブルー●OLYMPUS

今回は、ワンコと湖で水遊びをするので初めて防水付きを買ったのですがつい、水の中に落としちゃいました。でもやっぱり大丈夫です。操作もし易く、買って良かったと思った一品です。.

色、機能ともに問題ない。 ただし、もう少し軽量化ができれば更にようのだが?.

これまで使っていたカメラの液晶が壊れたため、新しいカメラを探していました。沖縄へ旅行することにしていたため、海水浴でも使えるものとしてこちらを購入しました。海中で撮影してみましたが、綺麗に撮れました。なかなか表現が難しいのですが、ボディの塗装が軽いというか薄いというか、すぐに剥げそうな感じです。(実際に剥げたわけではありません、手にした感覚です。)バックのなかでいつのまにか電源が入っているということが数回あり、いざ撮影しようとするとバッテリー切れになってしまいました。独自規格の電源コードですので、電源コードがないと充電できません。水遊び等のレジャーにはおすすめと思いますが、電源スイッチが難点ということで星ひとつ落とします。.

アウトドア用に購入しました。ドライシュノーケリングで4mほど潜水しましたが、防水機能は十分で満足しました。落下衝撃に対する強さについてはまだ分かりません。画質については、そこそこです。水中モードにすると青みを帯びた画質になります。このようなタイプのカメラなので贅沢は言いません。十分です。ただ、操作性があまり良くありません。私にはこのボタンが操作しづらく感じました。(okボタンを押そうとしても、なかなか垂直に押せず、次ページに行ってしまう)画像の選別・削除はpcで行った方がいいかと思います。全体的には満足です。これからの操作性の向上に期待。.

発売とほぼ同時に購入し、2015年3月まで使用していました。とうとう起動しなくなり、tg-835に買い替えますが、それまで活躍してくれた事に感謝の気持ちを込めてレビューしたいと思います。現在画素数としては1600万画素が主流ですが、こちらは1400万画素。両者を比較しても、特にこだわりのない自分が日常で使用するレベルではそう変わりありませんでした。アート的な加工も必要ないので普通に撮影してるだけでしたので、何ら不都合はありません。ただ、マクロを取ることが多くなってくると、やはり焦点がなかなか合わない等の問題がありました。もう少し明るい画面が欲しいとか、正直そういう要求には応えられなかったと思います。背面のモニターについては明るい場所では見にくかったのですが、当時の液晶としては普通ですね。モニター部分に保護フィルムを張っていたのですが、いつの間にか取れてしまって、気がついたら細かい傷が沢山ついてしまって、それはショックでした。傷のつかないガラス製とかにはならないのですかね、こういう部分は。あと、レンズ部分に可動式のカバーがついていますがほこりに弱いと思わされました。どうしても動きが悪くなる。今のタイプは逆にカバーがなくて傷つかないかと心配にさせられますが(笑)。さすがに4年使うと塗装されてる部分などは剥げて下地が見えてきています。でも、日常的に使って、防水性に異常はなかったし、シンプルなデザインで飽きは来なかったです。相当愛着がわいています。修理も考えましたが、基盤交換の必要性があるということで、今、一年落ちのtg-835の購入金額の1/3ほどかかることがわかりました。デジカメの修理は、お金かかりますね。そういうわけで残念ながら修理には出さず買い替えとします。今まで本当にありがとうございました。.

OLYMPUS 防水デジタルカメラ TOUGH TG-610 ブルー 5m防水 1.5m耐落下衝撃 -10℃耐低温 1400万画素 3Dフォト機能 Eye-Fiカード対応 TG-610 BLU : そんな癖が付いてしまってますので、また落とす事も出来ません。釣りが趣味なので持って行きますが、もしもの時を考えると安心です。.

良いところ)何といっても、雨天やシュノーケリング程度までの、スナップ、動画でほとんどのシーンを網羅できる手軽さが良い。雨の戸外でデジイチで撮影するのは、何かと神経を使う。海外旅行に持参したが、手軽にポケットに入れて、昼間なら、歩きながらバシバシ撮っても、手振れ補正が効いて失敗は少ない。ほとんどiautoで事足りるが、ピントを限定したい場合は、pモードで、focus lockを使用するのが良い。レンズは小さいが、意外によく写る。手持ちのデジイチ2台、コンデジ3台の中で、稼働率が一番良い機種となった。不満なところ)水中のマクロ撮影のled照明が、1ヶ所からなので、影や明暗ができる。少なくとももう1ヶ所あるといい。グリップ部分はもう少しでっぱりがあったほうがホールド感はいいのでは。コンデジは薄ければいいというものでもないと思う。ストラップがチャチであったので、他のカメラのもので代用した。耐衝撃性があるといっても、落ちれば擦り傷ができるので、シリコンカバーのようなものを付属してもらうと良いが。全体としては満足している。.

防水機能には問題ないのですが、何しろ反応が鈍すぎて、シャッターチャンスなんかあったもんじゃないです。使う頻度はとても少ないカメラです。おまけに重たすぎてポケットには入りませんね。.

海や山などで夏休みに活躍できそうなので、他の機種と悩みましたが、比較的悪い評価が少なかったtg-610にしてみました。画質もコンデジとしてはそれほど問題ない程度で、どうしても室内など暗いところは苦手ですが、アウトドアでの使用は問題ないと思います。シリコンカバーもつけてみましたが、カバーの上からでもそれほど操作に支障はないみたいです。ただ、やや起動やボタンの反応が遅いこととレンズカバー(シャッターのように開閉する構造)の部分が砂浜では砂でひっかかってしまい、壊れてしまったかと心配しました。その場で海水で水洗いしたら動いたので問題ないのですがどうせならカバーはなくてもいいのかもしれません。電池の持ちもそれほどハードに使い続けなければ悪くはないと思いました。冬もゲレンデで使ってみたいと思います。.

釣りで使っていますが防水仕様なので万が一のときに安心と思って購入しました。.

 仕事で記録用に使っていた他メーカーの薄型コンデジを落として壊してしまい、いざという時に撮れないことの無いよう耐久性が高く価格がこなれたこのカメラを選択しました。耐久・耐候性能を除けば同価格帯の普通のコンデジと比較して勝るところはほとんどないと思われますが、カメラの「特長と実売価格」を考慮すれば及第点でしょう。・耐久・防水性:(まだそれほどハードな使い方はしていませんが)、汚れた手で扱っても後で水洗いできることがなにより便利です。・オートでの画質:過去使用していたμ1030swより画素数は増えていますが、写真については進化は感じません。仕事の記録用にはオートで、少ない画素数(≒データ量)で明るくメリハリある絵が撮れるのが理想なのですが、淡い色味や暗い場所での弱さなどあり、写真データのパソコンでの修正機会が増えました。・使い勝手:通常のコンデジと比較すれば大きく重く起動も鈍いので、仕事以外で使用しようという気にはなりそうにありません。(スキー・海水浴などの遊びのスナップ用には防水で小さく画質も良く操作系も充実したsony dsc-tx5を使用しています。それ以上ハードな環境に持ちだす機会はあまりなさそうです。)一方、仕事の外出先から戻って会社で充電することが多いので、写真データをパソコンに抜き出しながらusbから本体に充電できるのは、かえって便利です。操作系は硬く、(最近のコンデジに比較したら)各操作に対する反応は鈍いのですが、それほど使いにくさは感じません。.

バイクで走りながら写真を撮るのが趣味なので、時として雨にも遭遇してしまうこともあり、以前のコンデジではその都度濡れないように気を使っていた。tg-610は日常防水はもとより衝撃にも強いという事で購入した。確かに雨中走行時でもカメラを首から下げたままでも気にならなくなった。手袋をしたままの操作性も問題なし。ただし、片手での操作時レンズの位置が悪く指が写り込んでしまう。出来る事ならレンズがボディーの真ん中にあると良かったと思う。.

スキューバダイビングで使うために、防水ハウジングのpt-051と同時購入しました。単体防水である為、万一水没した場合でも持ちこたえる可能性が高く、そこに期待しての購入です。通常の陸上での使用に関しては次第点だと思います。特に不満はありません。既にレビュー(良い評価の方)を書かれている方々の意見とほぼ一緒ですので私の感想は割愛させて頂きます。もっとも、中には散々にこきおろしている方もいらっしゃいますが、私は決してそんな事は無いと思います。安くてそこそこの性能はありますし、悪くはありません。ただし、私のようにスキューバダイビングで使う事をメインに考えてる場合は要注意です。まず第一に、ホワイトバランスが水中モードの場合、赤が強く出過ぎる事があります。元々水中では赤が死んでしまうので、その分赤補正が強く入っているのはどこのメーカーでもどの機種でも一緒ですが、この機種はそれが極端過ぎます。ストロボ光の当たり具合によっては被写体が真っ赤っ赤になったり、水中の浮遊物が赤いポチポチになって写り込む事があります。その場合、ホワイトバランスをいじったり、被写体との距離や角度を変えたりといった工夫が必要になります。ただ、この問題点に付いてはこのカメラの癖を知って自分なりの対処法を得てしまえば、そんなに苦にはなりません。実際私は2・3回使ったら大体の対処法は判りました。第二にダイビングで使うにはバッテリーの容量が不足しています。純正バッテリーのli-50bは925mahで、互換品も同程度で作られているようですが、このバッテリ-では2ダイブ持ちません。購入後5回ほどダイビングで使いましたが、水温22・3度位の海で1ダイブ50分程度ですと、2ダイブ目の30分経過した辺りで電池マークが点滅し始めます。先日、水温16度の海でも使いましたが、その時は2ダイブ目の30分程度で完全に放電して使えなくなりました。従って予め予備のバッテリーをその日の予定ダイブ本数分以上用意しておいて(2ダイブなら2個以上。3ダイブなら3個以上)、エキジットしたらその都度交換するか、若しくは大容量の互換品のバッテリーを探す必要があります。(市場にあればの話ですが)私が過去に使った他機種での経験上、もしも1200mah〜1500mah程度のものがあれば1個で3ダイブ持つと思います。第三にこれはカメラではなく、ハウジングの問題なのですが、この機種用ハウジングのpt-051は専用アダプターをカメラにセットしてから装填する仕組みになっていまして、作業は簡単なのですが、これを毎回やるのはチョット面倒臭いです。また、柔らかい樹脂製のアダプターが間に入ることでシャッターの切れるタイミングが単体時と比べて少しモタったり、たまに半押しが上手くいかない事があります。スキューバダイビングでの水中撮影という特殊な使い方限定ですが、この機種にはこういった幾つかの問題点がありますので、こういう使い方を想定している方は考慮に入れた方が良いと思います。.

私の趣味は、釣り、登山です。釣りも毎年アラスカに3ヶ月の長丁場でした、魚の来ない時はトレッキングを楽しんで居ます。 これが20年以上になります、その間にいくつカメラをダメにした事か。魚とファイト中に気をつけてはいるのですが、何処かにぶっつけて居るらしく壊れてしまってます。又雨でカッパを着ていても何時の間にかポケットが濡れていて使用不能になっていました。登山中に首にぶら下げていると、何処かにぶつける、衣類の中では汗でレンズに曇りが入って居ました。悔しい思いを何度した事か!しかしこのカメラは少々乱暴に扱っても大丈夫、これでカメラを気に掛けずに扱う事が出来ます。 こんなカメラ、もっと早くに見つけていれば良かったと思ってます。 来年のアラスカ行きが楽しみです。魚探にも使えるのではと思って居ます。                     .

値段も14000円切るまで下がり防水耐衝撃性ということで購入、評価が意外と高いのでちょっと画質にも期待したのですが、残念な画質です。もともとの価格に見合った画質ではありませんね。電源入れて液晶見るとボヤーッとしてノイズも多くプレビューもピンぼけに見えます。ハイパークリスタルビューと謳っていますが、プレビューで撮影状態確認が出来ないレベルで最低です。リコーr8から買い替えで画素数も多いし今年のモデルなので悪い方向には行かないだろうと踏んでいたのが失敗でした。線が荒いしノイズも多いので撮影条件次第ですが総じて個人的にはl版までですね。画素数増やすよりsz-1の様に受光量増やしてほしいですね。古いr8と撮影画像を比較したら後悔してしまいました。とはいえ雨天時や水が掛かる事が多い所で使うのでやむなしと諦めていますが、防水耐衝撃にこだわらないなら、別の機種をお勧めします。もっと使い込んで少しでも良い所を見つけてみようかと思います。フランスへ旅行に行った友人が壊れる事もないだろうと言う事で持って行きました。写真は最高画質の設定で4gbのカードに撮れるだけ撮ってきてましたが、使用感を聞くと液晶がぼやけててピントが合ってるか分からなかった。あと撮った写真がどれもシャキッとしてないとの事でした。説明書も読みながら、行く前に色々確認して行った様ですが使った感想はイマイチみたいです。ただシリコンジャケットを装着させておいてので取扱いは気を遣わず良かったようです。耐水耐衝撃以外は良いとこなしなのか・・・晴天下で十分な光量があればそれなりに撮れるんですがね。(でもそんな事は当たり前ですね).

画質、撮影機能、操作性など、満足いくものはひとつもありませんでした。防水カメラとして防水が利いているのはいいのですが、カメラとしては最低のランクです。ブレブレです。普段はcanonの一眼レフを中心に、canonやnikonのコンデジを使用していますが、いかにオリンパスの操作性が悪いかわかりました。逆にcanonやnikonがよすぎるのかもしれません。シャッターの不安定さや画質の低さはこれだけ技術が発達した世の中でショッキングなカメラでした。このカメラのレビューで、”そこそこ”の評価をしている方の気がしれません。.

通販で新品を購入して1年、壊れました。基本的に登山で使用し、ポケットに入れて行動していました。使用感は・電池の消耗が早い・起動が遅い。・頻繁に勝手に起動して電池を食う。省電力モードにしても、通常の撮影時にすぐ省電力に切り替わり(10秒ほど)再起動まで時間がかかる。・パノラマがズレまくる(腕のせいかも)・上下左右のボタン操作がやりにくい。何度消去に失敗したか・・・冬山でも使用しましたが、電池の消耗は他のカメラ以下に感じました。−10℃まで耐えられますという宣伝文句に期待してしまったせいかもしれませんが。長期縦走の際に予備バッテリーli-50bを持参しましたが、それも一瞬で無くなりました。様々なモードで撮影できるのは楽しかったです。.

パナソニックのlumixを使用していたが、2度、地上から数センチというところで落とした。不注意とはいえ、こんなことで動かなくなるなよと思った。1回目は修理に出したが、2回目はもう諦めた。もっとタフなものが欲しいと思って、探したらtg-610に出会った。私は撮影にあまりズーム機能を使わないので、同じ価格帯の中で、一番タフなカメラを選んだ。1. 5メートルからの落下にも耐えるし、5メートルの防水機能もついている。雨の日でも使用できるのが素晴らしい。ただ充電池を充電するのにデジカメ本体に充電池が入った状態でないと充電できないのが、ネックだったが、他社の充電器を安価で買うことができたので、予備の充電池を充電しておけば、長時間の撮影でも大丈夫。.

入っている電池はすでに充電されてないので、充電器がないと一枚も撮れません。またキズだらけで美品でもありませんでした。.

キャンプや海水浴、スキーで使用しようとして買いました。性能や画質については他の皆様にお願いします。(写真の事は全くの素人なんで。。。)実際にキャンプでは不意の大雨。。。でも何も問題がありませんでした。キャンプに泥、砂はつきものですので、レンズカバーがあるのもキャンプ向きかなと思います。また、初期不良がありましたが、オリンパスの対応は実に良かった!これから、使い倒してやります。.

ペンタックスのオプティオwpiからの乗換えです。電池の寿命とレンズの傷のため、買い替えました。起動はペンタックスの方が早かったです。ペンタックス1秒オリンパス 3秒ぐらいですね。操作性はスティックなのでちょっと面倒ですが、慣れれば誤操作はないと思います。画質は特に不満はありません。現場監督であるため道路工事等で使用していますが、特に不満はありません。ガシガシとそこらじゅうにぶつけていますが、壊れてません。特に不満なく使ってますが、起動が遅いくらいがちょっと・・・.

登山にて使用電源オンの立ち上がりは遅いですが基本的に満足しています。.

安くして下さって、有難うございました。とても良いです。.

アウトドア、特に登山のお供用としてμ795swを使ってきましたが、最近誤動作などの不調が出始めたことと、やはりズームが3倍しかないのも物足りないため買い替えとなりました。μ795swより多機能になっているのでしょうが、その種の機能は殆ど使わないと言うか出番はありません。野外で使うのでとにかく防水、岩場でぶつけることもあるので耐衝撃性、山の上は寒いので耐寒性の三つが要件ですから、それを満たしていることで特別な不満はありませんね。動画撮影用ボタンが独立して使いやすくなっている反面、迂闊に押してしまいそうな不安も感じるのはマイナスポイントだと思います。電池の容量を指摘されている方もいらっしゃるように、確かに少ないみたいですが、個人的には山を登ってる最中にはシャッターを切るチャンスも少ないので、電池切れについては旧型でも経験していませんからこの機種も多分大丈夫なのでしょう。あと、旧型は記録メディアがxdピクチャーカードという絶滅危惧種でしたが、この点も一般的なsdカードになって汎用性は良くなりました。購入時点では生産完了品(つまり売れ残り)だったので、価格的には半値以下になっていたので助かりました。.

購入して2週間で壊れた。セルフタイマー12秒使用して撮影したら、電源が突然落ちて、その後に電源を入れてもバリア部分が開かず、evfは真っ暗のまま・・・ファームバグ?一週間前にオリンパスのピックアップサービスに連絡してボディを渡したが、その後連絡が来ない。今日、カスタマーサポートに連絡したが、いつ返却できるか分からないので待ってくださいとの事・・連絡しなければそのままだったのか!?今週末に使用する予定があるのに使えないとは、せめて修理期間に代行機種を渡すなりすれば良いのに、信用を無くしたにも関わらず、サービスが悪すぎる。カメラが返ってきた時の謝罪がどのような対応なのか期待して待つことにする。.

今回の購入条件は、防水3〜5m、防塵性で2万円以下と言う条件で色々なデジカメを見ました。比較したのは、パナソニック、ソニー、オリンパスの3メーカーを比較しましたが、防水性、防塵性の実績では、圧倒的にオリンパス、解像度では、ソニーとなり、悩んだ結果、実績でオリンパスを購入しました。今回、ハワイでシュノーケリング、プール等で色々な場面で使用しましたが、シュノーケリング時には、画像が少し暗めに見えますが、基本水中なので暗めになってしまうのは、仕方がないのかしれません。基本的には、凄く満足でした。他機種も結構、暗めになってしまうと言われています。操作性では、ズーム部分が少し、使いづらいです。昼間(海での撮影)、夜景撮影もしましたが、一般人にしては、大変綺麗に撮れます。安価・防水・防塵で選ぶのであれば、お勧めな商品だと思います。.

購入して2週間ほど使用していますが、値段の割に十分な性能があると思います。しかし、以前私が使用していたricohのcx1と比べると、起動から撮影までにかかる時間、撮影から次の撮影までの時間など、撮影スピードが遅すぎる気がします。慣れれば問題ないと思いますが、撮影したいと思い立ってから行動に移すまでに現在違和感を感じます。画質、機能などには満足しており、マジックフィルターは今後徐々に使いこなしていきたいと思います。アウトドア好きの2台目カメラにはお勧めです!.

早速シュノーケリングで使ってみたが、防水性能に不安は感じなかった。だた、スモークのゴーグル(競泳用)では全く背面の液晶画面が見えず、勘を頼りにシャッターを切るしかなかった。しかしシュノーケリング用のゴーグルは透明なので水の中でも液晶画面はよく見えたので、これは使い方の問題。マリンパック無しで水中に潜れるデジカメはやはり手軽で良い。他のレビューを参考にしてシリコンのプロテクターでカバーしていたので、背面ボタンの機能が読みにくくなるが、これは慣れの問題。ここからは弱点を少々。まず電池の持ちが悪いこと。200枚ほど撮影したが、電池2個が空になった。どちらも直前に満充電していたので、これではいかにも電池が持たな過ぎる。このカメラは水中専用に使うことにして、旅行のスナップなどは別のカメラにした方がいい。それから水中の映像はほぼ見た目通り撮れるが、南国の海でも水中では地味な映像になりがちなので、他のカメラの機能にあるように、カラーマネジメント機能があると良かった。ビビッドカラーとか彩度を上げた映像が記録できるといちいちパソコン上で加工する手間が省けるのでは?いずれにせよ、防水機能つきのコンパクトデジカメが安く買えたのはラッキーでした。.

プレビュー(液晶画面)、見づらいです。シャッター速度も遅め。画像も決してよくない。でも、雨の日、キャンプ、海、フェスetc…雑に扱えるので満足。ちなみに2011年に購入しましたがサブとして未だ現役です。.