オリンパス OLYMPUS 防水デジタルカメラ μTOUGH-8000 シルバー μTOUGH-8000SLV : アウトドアに最適ですが、レンズが…

カメラに思っていたほど、傷等が無くて使いやすくて、良かったです。.

レンズが小さくインスタントカメラ的に人物を写す程度であれば問題はないのですが…、難しいのは解っていましたが…、やはり写りは…です。オールラウンド的すぎるのかも知れませんが、アウトドアでの記録用に使っている私にとっては、大きさ軽さタフさではこれに勝るものなしです。雨が降ろうが槍が降ろうが、足を滑らしてがけから転げ落ちようが怖いものなしで使っています。ということもあって、写りの不満を引いて星四つです。.

三台目のデジカメです。欲しい機能をすべて手に入れるのは無理なので悩みました。結論としては、いつも持ち歩けるシャッターチャンスに強いカメラです。旅行が好きなので、デジカメを持ち歩いて撮影します。最初に購入したc2040zは暗いところに強いので、フラッシュ禁止の博物館、美術館ではとても良かったです。2台目は望遠が欲しくてc760にしました。これは意外と小さくて富士山の撮影などが楽しかったですが、昨年スイスに旅行した時に悪天候で安心して使えず、やはり最近のデジカメに比べると大きくて少し不便でした。良かったのは音声付の動画です。そんな訳で、三台目はかなり悩みました。xdカードをかなり持ってるので、オリンパスに抵抗は無かったのでμ9000も候補でしたが、10倍ズーム持ってるのでμtough-8000にしました。決め手は防水性能など常に携帯できそうな点です。シリコンジャケットも購入したのでフィット感も良くて、いつも持ち歩けて満足しています。購入して気がついたのは広角が思ったより楽しいことと、sdカードは安くて良いです。それぞれ特徴のあるデジカメの機能が一台にまとまると良いのですが、特徴を理解して大事に使おうと思ってます。.

μ1030swにインテリジェントオートとタップコントロールを追加して、画素数を増やしたモデル。こういう特殊なデジカメの場合、便利機能はあってもいいのですが、何より優先されるのが堅牢さです。なのに、使いもしないタップコントロールを無理矢理追加して、肝心な耐衝撃性能を落としています。(μ1030swは3m落下に耐えるのに、この製品は2m落下の衝撃までしか耐えません。つまり衝撃性能を落としています)画素数が多くなったことは有り難いですけど、それならtft画面を2. 0に大型化して欲しいし、タフに使う場面では、専門的な写真を撮ることが多いので、オート機能はμ1030swと同じで充分ですし・・・・。どうしてもメーカーはタップ機能を定着させたいようですが、海中でタップ機能なんて使いませんし、冬山登山で撮影するものの多くは、風景でしょう。分厚い手袋を装着したままで。機能ぎっしりで、使うのに大変そうなこのカメラ。タフさも曖昧なので、私は今回の買い替えは控えようと思います。μ1030swの性能が、良過ぎたということです。海中でタップしてスライドショー・・・。やる人は少ないでしょう。.

  • まだ使っていますが・・・
  • 困っていましたが助かりました!
  • 仕事用に最適

OLYMPUS 防水デジタルカメラ μTOUGH-8000 シルバー μTOUGH-8000SLV

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●μTOUGH-8000 シルバー●OLYMPUS

仕事用に購入しました。最近は、誤作動するので、困り者です。金額の割には、耐久性に不満が残ります。.

建設業(土木)に携わっているので、工事記録などでデジカメは欠かせません。工事用デジカメは多数でていますが、どれも高価 そこで工事用でない防水・防塵・耐衝撃のデジカメを探して見つけたのがコレ。 使ってみたら、もう最高! 安い(工事用と比較して半値以下!) し、機能も申し分ありません。おまけにポケットにいれておけるサイズと重さ。 迷っている方がいたら是非おススメします。費用対効果バッチリ。.

寒さ、水、衝撃に強くアウトドアが好きな人にはお勧めだと思います。欠点を挙げるとすれば、・やや重い・望遠が弱い・xdピクチャーカードが対応(sdカードユーザには欠点ですが、microsdカードが挿入できるアッタチメントがついていました)だと思います。.

使いがってが良く防水なので、気軽に使え、画像もいいです。.

御社には何の落ち度もありません。当日どうしてもカメラが必要で。指定日に間に合わなかったので、キャンセルをしました。機会がありましたら、お世話になります。.

防水仕様に惹かれて購入いたしました。が、写真の画質が芳しくないんですね。又、レンズカバーの開閉で修理も致しました。防水の件では気に入りましたが後はイマイチかな?。最近のスマホの方がよい画質は撮れますね。.

人から借りていた物を無くした弁償として購入しましたが、程度もよくて、無くした物以上の品物でした。いい買い物ができました。とても助かりました。ありがとうございました。.

現状では価格帯から見てPANAのFT1と競合していると思う。スチルカメラとしての性能は同等。防水性能、耐衝撃性能はこちらが上だが、ハイビジョン動画が撮れない、メディアがXDピクチャーカードのみ(アダプタを介してマイクロSDが使えるが不便。)。次期モデルでSDHCカードに対応しハイビジョン動画が撮れるようになれば、全体的に購買意欲は増すものと考える。一般ユーザーはおそらく海辺や山岳での使用を想定すると思われるので、耐衝撃性能よりは防水性能と動画機能を重視するのではないかと思うが如何。.

シュノーケルくらいならそのまま海中に持ち込める10メートル防水デジカメの先駆け、オリンパス・ミューシリーズの上位モデル。今年あたりから、これまで扱ってなかった社からも防水デジカメが出て、この分野の商品は注目だと思われます。本商品は、前面の金属板など耐衝撃性を意識した作りが強化されて高い質感があります。落下にもホコリにも強くて、海などの野外環境で、砂や波を気にせず使い回すには最適でしょう。タップコントロールは、タップ(軽くたたく)操作によって、撮影・再生のモード変更などをしようというもの。手袋をして撮影することが多い雪山や海中で効果が期待されます。試してみると、「慣れれば便利かも」という感じで、私には「役に立たない機能」と断ずることはできませんでした。725SW〜1030SWなど旧来のミューシリーズは、ユーザーの性別を選ばないコンパクトボディのお手軽さも魅力でした。堅牢さを追求するだけなら、もっと本格的な製品もあるわけで、質実剛健さを増した本シリーズの方向性がどのくらい受けるか気になります。.

水中使用を目的に購入しました。電源を入れてから撮影モードに切り替わるのが他社カメラ(比:ペンタックス・カシオ)より遅く、マニュアル設定モードは、一番最後に撮影した設定を次に電源を入れたときに引きずります。恐らく他の方も迷われている要因のmicrosdは、抜き差しが非常に面倒。ダイビングでは10メートル以上には別売りケースが必要ですし、タップコントロールもほとんど出番がありません。ズームレンズが出てこないのでレンズの収納部の破損などが無いのが安心ですが、今更 新機能が付いていなくても全然よかったかなと、、、ひとつ前のものを買われてもよいのではないかと思いますし、他社の水中可用にすればよかったなと思っています。旅行には他社製品と共に持ち歩いています。.

さすが、オリンパスの防水デジタルカメラはいいね。川のカヌー中に激しい運動しても 防水機能がきいて、撮影もいい。海でも 撮影うまくできていい思い出もできます。.

画質や操作性なんかどうでもいいんです。このカメラのすごいのは、防水性です。上着のポケットに入れたまま、思いっきり洗濯(脱水まで)してしまったのですが、無事でした!不具合もなく完璧な状態です。個体差があるかもしれませんが、少なくとも私の所有する物はかなりタフです!!.

ハワイ旅行に持って行きました。海中の撮影もできると期待していたのですが、海に入ってものの5分もしないうちに動作がおかしくなり、陸に上がってバッテリーケースを開けたところ海水がドボドボ出てきました。もちろんカメラはうんともすんとも言わなくなり、代わりのカメラを買いに走る羽目になりました。カメラはもとより防水カメラの取り扱いも心得ているつもりです。使用前にパッキンを入念にブロアで清掃し、洗面台で浸水が無いかも確認しました。帰国後サービス窓口に持ち込みましたが、原因不明で新品交換となりました。代用品のカメラ代も返して貰いたいくらいです。オリンパスのカメラは初めてだったのですが、他に気になった点は。1.4:3のみで3:2のモードがない。2.USBが独自規格で使い勝手が悪い。などです。ちなみに代用品に買ったKodakのカメラは写りも大変すばらしく、3:2のモードもついていて、一般的なminiusbで本体充電もできる優れものでした。防水はついてませんでしたけれど。.