5mに耐える衝撃性能。何とも曖昧です。タフシリーズに位置するのに、インテリジェントオートが付いていたり、tft画面は相変わらずの2. 7。防塵性能は有り難いですが、ダイバーの道具にはならない。子供のいたずらに心もとない。画素数も1000万画素と控えめ。それでいて、新型だから価格が高い。一体、どういうところでタフな性能を生かせるのか。冬山登山やウィンタースポーツには良さそうですが・・・。冬山登山でビューティーモード・・・?誰が使うのでしょう。これならタフさも画素数も兼ね備えているμ1030swの流通在庫を買ったほうが得策です。価格も安いですし。インテリジェントオートが付いていますから、女性には使いやすいかも知れません。但し、お洒落なカメラとは言い難いですね。ちょっと、オリンパスさんの設計部門が混乱しているようです。ここはしばらく技術革新の動向を見守ったほうが良さそうです。次のモデルあたりから、魅力的な機種が発売されるような気がします。中古になった時の買取価格も低くなるでしょう。お急ぎのかたはμ1030swを買って、お急ぎでないかたは次の機種に期待しましょう。 コメント (5) | ブックマーク | 最新のコメント: dec 14, 2009 8:37 pm jst.

水中撮影ができるという、ただそれだけで楽しさが増します。旅先の海や湖や川や池などで撮るのが楽しそうですね。とある神社の湧水を利用した池で魚を撮ってみましたが、なかなか良く撮れました。それに雨の日でも気にせずに撮れます(レンズに水滴が付くと撮影の邪魔になりますが)。他にも手ぶれ補正や、肌を滑らかに撮るビューティーモードや、最短2cmまで近寄れるスーパーマクロ、最大3枚までつなげられるパノラマ撮影など、機能面もそれなりに充実しているかと思います。メニューも分かりやすくて良いですね。水深3mまでというのは中途半端な感がありますが、海水浴程度までなら十分でしょう。できれば5m〜10m位あった方が安心できますが……。耐衝撃1. 5mも同様ですが、無いよりマシですね。値段を考えたらかなり良いのではないでしょうか。.

ダイビングで水中ハウジングと共に愛用してました。シャッターが下りなり、潜っている途中から使用不能になりました。修理代よりお安く手に入れる事が出来ました。ハウジングは健在なので、このデジカメを探していました。以前も一度同じ故障で、修理に出しまして「またか⁉︎」って商品なのでしょうか?とりあえず、又共に潜りたいです。.

質感、重量、大きさとも満足できるレベルです。今後も長く使用したいです。.

  • 2回しか使ってないのに
  • この値段でこの性能は驚き
  • シャッターが下りなくなり、

OLYMPUS 防水デジタルカメラ μTOUGH-6000 ホワイト μTOUGH-6000WHT

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • スタイリッシュにフィールドを制覇
  • メーカー型番 : μTOUGH-6000WHT
  • CCDサイズ : 薄型1/2.3型
  • 総画素数 : 約1030万画素
  • 焦点距離(35mm換算) : 28~102mm

雨の日の仕事で必要でしたので購入しました。広角28mmで手ブレ補正が付いて防水、尚且つカッコいい!節々にネジが剥き出しで頑丈そうな金属ボディの外観、ボタン類も剛性感があり不用意に押すことは無いと思われる配置、明るい所でも見やすい綺麗な液晶、などが気に入っております。やはり濡れても大丈夫というのは、すごく安心できます。ネックストラップを使用していて、まず落とすことはないので衝撃性能は試せませんが、少し汚れた時サッと水洗いしても大丈夫でした。以前はパナのFX01でしたが、600万画素から1000万画素にアップしたという印象は写真からは感じられないのが残念。PCで等倍表示すると、ピントが甘い感じです。やはり極小CCDなので仕方がない処でしょうか。レンズが飛び出さないし、起動は早くて良いのですが(フラッシュOFF時)。でも、撮影後の次に撮影可能になるまでがちょっと長いかなと思います。フラッシュは常にoffでも遅い・・保存に時間がかかっているのでしょうか?microsd(hc)をxdカードに変換するアダプターが同封されているので、class6の高速カードを用意すれば速く保存されるかもしれません。 (同封されているなら同封していると書いて欲しかったですね。  今後消え行く2gbのxdカードを一緒に買うんじゃなかった・・・  xdカードがネックで購入を躊躇っている人もいるかもしれないのに!)設定なども一度決めてしまえばあまり変えずautoでほとんど撮影するのですが、タップコントロールをONにすると、いつの間にかマクロになっていたりします。なので、タップコントロールは使い所が見出せない状況です。メニュー内も色んな機能があちこちバラバラで、デジカメ初心者だと迷うかもしれません。色んなところから同じ機能が呼び出せるといった統一感がない仕様のように思います。.

軽運送をしていて、大きくて古いコンデジが壊れたので、持ち運びに便利で、車にも載せてよいように衝撃に強いこの機種を選択しました。まだ1月の使用ですが、気になったのは、まずズームが早くて、思った通りの画面で止めにくい事。オートの機能がたくさん付いているのは良いのですが、色合いは、オートよりもカメラマークのモード(半マニュアル?)のほうが良いようです。色合いがイマイチのような気がします。あと日付は、プリント時には入るようですが、ブログに載せたりするときにも入ると良いと思います。.

警告音が鳴り レンズが開かず・・・・ 2回目の旅行の途中に 使えない状態・・・普通に撮影してるだけなのに・・ 説明書見ても警告音に対しての説明が一つもないなんて・・・やっぱり中古はダメだという事でしょうか? ガッカリ ( ;∀;).

初めてデジカメを購入するにあたって気軽に持ち歩けて、細かい事を気にしないで済む防水、耐衝撃性のあるものを探していました。μtough-6000は軽くて操作も簡単ですが、他の同タイプのデジカメと違うのは電源offにすると自動で閉まるレンズカバーが付いている事です。本体をそのままズボンのポッケにつっこんで歩く私にはレンズの汚れを気にしないで済むのはうれしいです。.

小さくて名前のとおりタフなデジカメです。どんな所にでも持って行けます。.

先に保有しているリコーのコンデジに比べて反応が少し遅いのや、電池の持ちが悪いという点はありますが、コスト以上の性能には正直驚き!風景や草花、水中まで!あくまでも個人的な印象ですが、意外と逆光に強くオートのバランスも良い感じでした。店舗でみたとき、反応がもっと遅いと思っていましたが実用レベルとしては十分でした。(タップコントロールはいらないのでoffにしたせいだろうか?)レンズカバーは通常使用するには良いのですが、試しに水中撮影した後はカバーがある分水滴が残りがちでした。(普通の人は水中撮影はほとんどしないでしょうが)総合的には大変満足しています。.

Olympusのμtough-6000は、使い勝手も良く大変気に入っております。天候に左右されず、気を遣わないで使用出来るところがいいですね。また、microsd→xd変換アダプターが使用出来大変重宝しております。.