E-p1⇒e-p3⇒と機種を重ねて行くにつれ成熟度を増していくミラーレス一眼の代表作「pen」ですが、今回決定的なのはやはり基本画質の向上です。e-plシリーズ/pmシリーズの台頭、リリース間隔の差でフラッグシップ機だったものの機能差がどうしても表面化してきた頃満を持しての「e-p5」デビューとあって気合の入れ方が違います。ぱっと見ではp3の方がコントラストが強めの画調でよく見えるのですが、やはり画素のアップで細かい部分の描画力はさすが最新機種の底力が遺憾なく発揮されてます。e-m5の登場時画質に驚いて一時とても購入するか悩んだのですが、やはり自分は「pen」のモノとしてのバランス感が好きだったのでこの機種まで待っていて良かったです。p3で若干野外の白昼(晴天の日)見辛かった有機elディスプレイのライブビューモニタも今回チルト式液晶モニタに変更され撮影の自由度が上がり、5軸対応ボディー内手ぶれ補正機構と相まって撮影時抜群の安定感があります。ホディカラーは製品のイメージショットだけ見てるとオモチャっぽく見えて実際見るまで若干心配でしたが、全くの杞憂でした。特にウッドグリップの色調/質感がホワイトカラーのボディと非常にマッチしておりこれまでに所有しているp1/p3以上にお気に入りです。今回ボディのみにしたのは、p1/p3の時に購入したレンズやキットレンズが被りそうと言う理由もありますが、レンズキット2種にはvf-4の「ブラック」が標準添付になっている事でしょうか。(欲しいと思った17mm/f1. 8のセットがセットとしては割安でも純粋な金額としては手の届かなかった金額と言うのもありますが・・・)もちろんあのファインダーは非常に魅力的なのですが、どうしてもホワイトボディには調和がとりづらいという一点で見送ったわけです。出来れば今後ホワイトが無理ならシルバーでもいいのでvf-4のカラーバリエーション展開をして欲しい所です。2軸のダイヤルも操作しやすい位置にあり、p3と比較してスピーディなモード変更、微調整が可能です。特に撮影時右手親指の掛かる部分にあったダイヤルがp3の時は若干気になった物ですが、この心配も解消です。また、地味に細かい所(でも重要)ではやっぱり電源のオンオフをレバースイッチで操作出来る様になった所(笑)実はよく押し間違えていたのでこれは助かります。その代わり十字ボタン部分が若干操作し辛くなった様な気がします。ボディキャップレンズは意外とマトモに写るのでサッと鞄に入れてあるのを取りだして撮る分には面白いと思います。常用するかは別ですが。wi-fi機能は限定的な使い方になるのでここは改善の余地があるかも知れないです。(これは本筋と言うより付加機能なのでそこまで重要では無いですが)ios/androidだけでなく、やはりpcに転送も出来る様になって欲しかった所。モバイルで使っているmacbook airの11inchモデルにはsdカードスロットが無いので特にそう思いました。ファームウェアのアップデート等でこの機能が使える様になったらとても嬉しいですが・・・。いずれにしろ全体の底上げが大きいのでp3以前のpenシリーズを持っていて次の機種を考えているなら筆頭になると思います。(plシリーズも良い所まで来てますがやはり質感や操作性の部分ではフラッグシップ機に及ばないので、ここは考えどころです。).

一眼レフも持っていたのですが取り回しが上手じゃないのでコンデジを購入一眼レフと違って軽いし取り回しが非常に楽ですが難点としては機能が少なくなるのでガッツリ良い写真取りたい人にはやはり一眼レフがいいと思います。旅行やスポーツ観戦とかで持っていくには邪魔にならないし首も疲れないので非常にお勧めです。.

本当のプロ中のプロの集まりであるオリンパスが作ったものであるからして、製品に関して素人の私がとやかく言う筋合いではない。私の幸せは、クラシック音楽と出会った事、日本の古典文学と出会った事、65歳になっても元気で生きている事、そして若き日にオリンパスと出会った事。e-p5は持つ喜びを与えてくれる。持つ喜びの湧かない機械類はどんなに高性能でも価値は半減する。昔、om-1を購入し嬉しくて寝る時も枕元に置いてニヤニヤした事が、このe-p5にも当て嵌る。高級感、重量感、ゾクゾクとする。 さて使用感であるが、基本的には他のオリンパスの製品と大差はないものの、高速シャッター、低iso設定は大変有難い。 チルト液晶はついているが、写真を撮る際やはり「覗く」と言う事が重要な行為であり、不可欠な動作である。 ここはビューファインダーの登場である。しっかりと対象をファインダーの中で捉え、余分な物を消し去り、精神集中、息を停めてズシリとシャッターを押す。この行為なくして写真を撮る喜びは半減する。それにより撮れた写真に魂が付着する。この機械は作品に魂を付着させる事が出来る唯一のカメラである!.

【デザイン】これは秀逸ですね。ほれぼれするデザインです。プレミアム仕様の木製グリップがいい感じ。【画質】パッと見の派手さはありませんが解像感は十分、高感度の画質も良好で私の使用条件ではiso3200までは実用範囲内です。【操作性】2ダイヤルになったこともあり、他に所有しているe-pl3に比べて飛躍的に向上しています。ニコンd700と同じ感覚で使えますのでd700から持ち替えても違和感なく使用できて助かります。【バッテリー】私の使用状態では丸一日は持ちますが、バッテリーの残量警告が出てから急激にドロップするので予備は必要かと・・・【携帯性】キットレンズを装着した状態で500グラム強・・・機体が小さいのでズシリとした感じですが十分に軽量です。【機能性】2レバーになった事が操作性の向上に大きく貢献していますね。ss 8000/1 五軸手振れ防止もいいですね。ただ手振れ防止の効果が感じられない事がたまにあります。【液晶】とても綺麗です。視野角が大きいのもグッドです。日中の視認性以外はまったく文句ありません。【ホールド感】木製グリップは滑りやすいかと思っていたのですがそのような事もなく機体の小ささの割にはグリップしやすいかと・・・【総評】同梱のvf-4の高性能さには驚きました。所有しているニコンf100のファインダーといい勝負です。素晴らしいですね。撮影する喜び、所有する喜びを持てるいいカメラです。ただひとつ困っている事があります。ほれぼれと眺めている時間が多くなり撮影時間が減りました。最後になりましたが背面液晶に指紋がつきにくいのはとてもいいですね。メーカーさんはもっとこの点を宣伝してもいいと思います。.

 olympusのマイクロフォーサーズ機は,e-p1→e-p3→om-d em5と使っています。最初は決して褒められた性能ではありませんでしたが,モデルチェンジごとに改善され,ファームウエアのバージョンアップも地道に続けるというメーカーの姿勢には好感が持てます。om-dでほぼ完成されたと思っていましたが,5軸手ぶれ補正や1/8000秒という高速シャッター,操作性に優れる操作性をpenシリーズのボディに取り入れたことは,メーカーとしてもよく頑張ったと思います。 細かい機能については,メーカーのwebサイトやガイドブック,スマホのアプリに譲りますが,今回プレミアムボディを手にして,penシリーズのウリである高級感については文句なし。満点です。12mmや17mm,75mmの単焦点レンズを絞り開放で使用する際,iso100が使えるようになったのも◎。また,約236万ドットになったビューファインダーvf-4は,とても見やすく撮影の際に便利です。 penシリーズの完成形と言いたいところですが,高級感あふれる木製グリップは滑りやすく,e-p3での望遠撮影の際気に入っていた,大型グリップに交換できないことは残念です。ツーダイヤルは便利ですが,penシリーズのシンプル&高級というコンセプトを考えるとちょっとマイナスでしょう。om-dシリーズとの棲み分けも微妙なところ。カメラ自体は最高ですが,期待を込めて星一つマイナスにしました。.

正直電子ビューファインダには慣れそうにありませんが、そもそも必要が無いかも。レンズが軽くて小口径のため、f値が暗めではあるが、最高感度iso25600のcmosセンサーがそれを補って余りある。.

小型、軽量でとても使い易くて良いです。使い勝手も手になじみ、グリップ感もあって良い商品と思います。.

マイクロフォーサーズは初めて買いました。操作感ですが、上面にダイアルが3つ付いていて、1つはモード選択で、他の2つで絞りとシャッタースピードの調整、背面についたレバーを切り替えると、iso感度とホワイトバランスの調整します。マニュアルモードで操作する際、絞りとシャッタースピードを同時に変更できるのが非常に使いやすいと思いました。wifiでスマートフォンに写真を送ったりする機能があります。全部の写真を転送したりする用途ではあまり使えないと思いますが、撮った写真をちょっとsnsに投稿したいな、と思った時にとても便利でした。簡単操作でスマートフォンでは撮れないキレイな写真で投稿できるのでとてもいいです。電子ビューファインダーは、画面が広くてとても見やすくて良いです。知人が持っているom-d e-m5と比べても大きくて見やすかったです。見た目や質感についてカメラ自体の大きさはコンパクトなのですが、重さは家庭用のデジタル一眼レフと変わらない重さです。同じ35mmレンズをつけたpentax k100dと17mmレンズをつけたe-p5ではe-p5の方が若干重く感じました。人により印象は違うと思いますが、シャッター音やシャッターを押した感じはとても気持ちが良いです。プレミアムモデルは前面のグリップが木製になっています。質感がとても良くて、気に入っています。ただ、背面のグリップは他モデルと同じ樹脂製なのですが、これも木製だったら良かったのにな、と思いました。13万は高いな(>_.

利点と欠点

メリット

  • 操作しやすいです
  • これはイイ
  • 一眼レフも持っていたのですが

デメリット

ミラーレスには興味なく、今まで使っているカメラともレンズの互換に問題がありましたので、敬遠していましたが、友人の薦めもあって、購入してみました。ところが、本当にきれいでお気に入りの写真があまり苦労せずに撮れるようになり、普通の一眼に戻れなくなりつつ有ります。いろいろと機能も豊富で、使いやすいんですが、便利さというよりきれいな写真が簡単に撮れるのが何よりうれしいです。デザインも、ちょっとレトロな感じもあって、ちゃらちゃら感の無いのがいいです。知り合いがe-p5を買ってましたが、プレミアムにすれば良かったとかなり後悔してました(笑.

オリンパスは、一眼レフから実質撤退宣言をした。光学ファインダーを持たないカメラは、カメラ機能付き液晶ディスプレイだ。そんな製品しか作らないメーカーは、カメラメーカーではない。流行と金に魂を売って、フィルム時代の誠実な製品開発姿勢を投げ捨てた。パナソニックの方が、技術・道具としてのカメラ開発に対してはるかに誠実だ。パナソニックよりオリンパスを選ぶ人間の気が知れない。オリンパスのカメラは、ファッションとして見せびらかすためのカメラだ。 しかも、嬉しがりな趣味による外観はフイルム時代を冒涜するパロディだ。カメラと写真を楽しむ者は、オリンパスというメーカーと関わらないだろう。なぜなら、オリンパスは今やファッション小物のメーカーだからだ。オリンパスは、写真・カメラという哲学に愚直に真摯に向きあい続ける富士フイルムというメーカーの対局にある。売れれば何でも良いのだ。オリンパスから、昔のように、ドキッとさせられるような商品は二度と出ないだろう。未だにフォーサーズセンサー搭載のレンズ固定コンパクトカメラが出ないのが、その証拠だ。製品の思想が矛盾しているのだ。フォーサーズがそんなに優れているなら、真っ先に作るはずだ。昔のオリンパスなら、(単焦点レンズ・フォーサーズセンサー・レンジファインダー)搭載で、grの6割の大きさ。という商品を真っ先に開発しただろう。液晶は小型化するが画素密度を向上させるなどして。。ユーザーがドキッとするようなカメラを。フイルムカートリッジに制約されていた時代とは違い、デジカメはセンサーが大きくとも小型化に遙かに有利なのだ。センサーが小さいからカメラを小型化できる、というのは大嘘だ。フォーサーズの欺瞞だ。カメラメーカー・オリンパスは死んだのだ。いま、最もカメラと写真撮影を冒涜しているメーカーは、まさしくオリンパスである。.

特徴 OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット(ビューファインダー VF-4セット) シルバー プレミアムモデル E-P5 17mm F1.8 LKIT SLVPR

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 製品概要:持ち歩く上質感を実感できるPENシリーズ。

ベスト OLYMPUS ミラーレス一眼 PEN E-P5 17mm F1.8 レンズキット(ビューファインダー VF-4セット) シルバー プレミアムモデル E-P5 17mm F1.8 LKIT SLVPR 買い取り