オリンパス Olympus デジタル一眼レフカメラ E-5 ボディ : 画質は良いのだが・・・。

はじめは重く感じましたが、使うにつれその感覚はなくなりました。.

E-1(現役)に買い足す形で購入しました(e-3は買わないまま)。メインレンズは相変わらず初期型のzd14-54で、画像形式もjpeg撮影のことが多いのでまだまだe-5を使いこなしているとは言い難いのですが、(アダプターを介して)omズイコー90mmf2マクロを使った時、そのきめ細やかな描写力に度肝を抜かれました。小生はビンボーなので竹レンズしか持っていませんし、e-1の頃にはあまり不満に思いませんでしたが、今は松レンズが欲しくてたまりません。また、90mm他mf単焦点レンズを使うのが楽しくなりました。頑丈だし、e-1同様に長い付き合いになりそうです。純正レンズのラインナップに不満を感じますが、ボディとしては星5つです。(2012年1月追記)上記で触れた「頑丈さ」について、加えておきます。(ここからは松・竹レンズ使用が前提ではありますが)e-1を買って間もない頃、一度水没させた経験があります。でも無事でした。一応メーカーで点検はしてもらいましたが「何ともない」との返答で、当時はメーカー側も驚いたようです。5年ほど後(パッキン交換無し)に土砂降りの雨の中で使ったこともありますが、このときも特に問題はありませんでした。公称では「防塵防滴」ですが、その実力は「生活防水」くらいはあるという印象でした。この耐水性能は後のe-3、e-5にも受け継がれています。積極的に水に浸けるような使い方は避けるべきでしょうが、少なくとも雨とかしぶきくらいでは気にする必要はありません。またこの気密性はデジタルカメラにとってのもう一つの大敵である塵対策の点でも優れていることを意味しています。そしてセンサーに付着するゴミの問題も、オリンパス独自のダストリダクションシステムのおかげで、通常のホコリなどであればほぼ完璧です(水滴などには効きません)。私は大変ホコリっぽい環境で撮影する機会が時々ありますが、e-1、e-5でこの問題で困った事も気を使ったこともありません。金属ボディで多少手荒な扱いでもへこたれないのも助かります。私は地方の田舎町に住んでいるため、カメラの調子が悪くなったからといってすぐにメーカーのサービスセンターに持ち込んだりは出来ません。私にとってこの「壊れない」という安心感は、とても重要なのです。.

オリンパスのEシリーズを集めたくて購入しました。備品、本体とも全て揃っていましたが、アップデートがされていたのが残念です。.

カメラ本体は期待通りでしたが、バッテリーチャージャーのケーブルが入っていませんでした。送付漏れでしょうか?あれば送っていただきたいと思います。.

  • E-5はテレセントリックへの見果てぬ夢と希望のかけら
  • 良いカメラなので予備機として中古を追加購入しました。
  • 今更ながらですが良い物は良い

Olympus デジタル一眼レフカメラ E-5 ボディ

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • ●E-5 ブラック●OLYMPUS ボディ

最安値のdere shopさんから購入しましたが、オリンパスのwebサイトで製品登録できません。もしかしてバルク品? 保証書はハングル(納品書が同封されていなかったので郵便の伝票を保管していますが保障が効くのか不安)、説明書はハングルと英語の2冊が付属、日本語説明書はcd-romでpdf版が同封されていました。製品自体は全く文句ありません。e-30と併用していますが、ファインダーの見易さ、解像感、厳しい条件でのaf性能、シャッター音の静かさ、いずれも別物です。.

フォーサーズ(eシリーズ)システムを、仕事で長期使用していますがズイコーレンズ性能を存分に引き出す最高のカメラです。e-3~30~620~5と用途によって使い分けていますが、高感度以外は文句なし。まさに良き相棒として今後も大いに活躍してくれます。.

E-620が好いと思って一年ほど前に買ったんですけど、e5は、センサ同じでも別物です。オリンパスのミラーレス機と他社機(センササイズとピクセル数は上)のそれと高感度性能を比較評価されている雑誌やブログなどがありますが、アンフェアだと思います。同じiso感度で暗部の立ち上がりが違うと思います(ノイズは暗部の立ち上がりで違いが出ていると思うのですが)。デジタルって逆にスペックだけではないと思います。.

発売直後購入し愛用しています。これまでe-3を使ってきましたが完全にe-5に移行しました。フォーサーズシステムの長所である優秀なレンズ群、防塵防滴、ダストリダクション、的確なafの恩恵を最大限に引き出す一つの到達点です。画素数的にはe-30と同クラスですが、ローパスと2つの画像処理cpu搭載でオリンパスらしい優しさを残しつつ解像度を上げる納得の画質です。zdレンズをお持ちの方、興味をもたれた方は是非e-5で撮影をされてみてください。天候に関わらず撮影に集中できる、写真愛好家の好ましい相棒になってくれるでしょう。.

外見はe-3と比べても違いが少ないですが、中身は大きく進化しています。・iso1600が常用可・解像度感が向上しzdレンズ群のパワーを十分に引き出せるようになった・操作性、レスポンスの向上・アートフィルタ、hd動画機能の追加e-30、ep-1などのいいとこ取りもきっちりやってます。e-3を愛用していた経験からすると、オリンパスの防塵防滴はほんものです。e-3ユーザーでもなかなか信じない人が居ますが、海で潮被ったって、シャワーで流せるくらいです。耐寒性も、プロの方が-60度のマグロ冷凍庫内で撮影した逸話もあります。定評あるダストリダクションも、オリンパスユーザーで、素子のゴミとりで悩まされた方はほとんど居ないでしょう。is(手ぶれ補正)も強力です。私の経験では、zd50-200×1. 4テレコン(35mm換算で560mm望遠)が手持ちで可能(エアショー撮影)です。-1星は、軽量化が無かったこととデザインが代わり映えしないこと。.

小型軽量とか高画質を求めるならばこのカメラでは無く最新型なり違うカメラを選べば良いと思います。イメージセンサーの画素数だけで言うならそれこそエントリー機や最新のスマホにも劣る画素数しか有りません。ただ、このカメラは暗闇とかは増感してもノイズが目立つ写真になる。その辺りは仕方がないです世代古いんだから。その代わりにカメラとしての安心感がこのカメラの魅力。条件さえ揃えば良い写真が撮れます。a4位で家庭のプリンターで印刷するなら大丈夫だと思います。但し、カメラ自体が大きく重い。撮る側も撮られる側も身構えたりする部分はあるかもですね。.

でかい重たい、いいんですそれが一眼レフ、物欲は、止まった。e-30を使っていましたが高感度が今一で、いつか買ってやる、ついにゲット。e-30とは、なんか写真が違うなぁ、e-30も味があると言うのもわかってしまいました。このカメラ暗いところいい感じで撮影できます、強力な手ぶれ補正でシャッター速度8とかでも神経を集中すれば手持ちでも撮影可能ですね。iso1600でも個人的にノイズは、我慢できますね。e-30は、iso800かなぁ・・・・・アートフィルターが追加されてドラマチックモードは、クセになりますね。zuikoのフォーサーズレンズが優れものなのでこのボディーとのマッチングは、完璧。最近の一眼は、価格もそれなりで性能もかなり良くなっています。しかしこのモデルだってフォーサーズの最終バージョンなので底力は、相当だと個人的に感じています。検討の余地は、まだまだ残っている最高のカメラだとかんじました。持っている、他のカメラ処分しようと思わせてくれました。.

発売は2010年10月29日ですが、未だに現行品に負けていない凄いカメラです。om-d e-m1も所有していますが、e-m1と遜色ありません。昔のzuiko digital のフォーサーズマウントレンズには、高性能な凄い描写力のものがたくさんありますので、嵌っています。なぜ、オリンパスはマイクロフォーサーズに移行したのか? フォーサーズセンサーは小さいからカメラ本体も小型化しないと生き残れないと思ったのか? 高性能な大型のフォーサーズマウントレンズには、e-5は最適です。.

E-5は手に取ったときの重量感を筆頭に(比較機)E-300と比べ数段の良さが分かります。またレンズもE-300のレンズが全て使えてとても経済的な所もお気に入りです。.

E-5は4年前に新品購入して1台持っていましたが、私にとってE-M1とPROレンズ郡にはいまいち納得できなかったのと、E-M1mkⅡは画素数向上以外の機能は必要なかったし、価格が予想以上に高かったので、マウント変更する気持ちになれなかった事もあって、E-5を中古で探していたら納得できる良い状態の物が格安だったので即購入してしまいました。E-5を2台持ちになったので、私の撮影状況を考えると買い替えの必要は壊れるまで無いと思っています。E-5は画素数で言えば、今では少ないと思いますが実際に撮影してプリントしてみると、自宅のプリンターで伸ばした限りでは多少のトリミングであれば、A3ノビでも普通に展示して見るにはまったく支障ありませんね。贅沢を言えば、トリミングの為にもっと画素数を欲しいとは思いますが、画素数か増えるとプリンターももっと良い物が欲しくなりますね。私は、身体障碍者で右半身麻痺が有るので、通常の撮影時で約2kgのカメラは移動する時は少しきつく感じていますし、さらに視覚障害もあるので液晶パネルは見難いので、EVFファインダーよりもOVFファインダーのe-5が撮影には使いやすいです。私の身体状況でも、E-5と12-60SWDの組み合わせで、24mm画角なら1秒近いシャッタースピードで手振れが起き無い、しっかりとした手振れ補正はとってもうれしいです。防水機能も、普通の雨の中の撮影ではレンズ正面に水滴を着けなければ、カメラ全体が濡れてもまったく問題ありません。防塵機能もしっかりしていて、レンズ交換をかなりしていますが、撮像センサーにはゴミが付いた事がありません。最新のハイエンドカメラと比べるいろいろと敵わない所もありますが、現在のハイエンドカメラの価格を考えるとE-5は良いカメラだと思います。.

フルサイズ一眼レフがフォーサーズと同じテレセントリック性能を獲得するにはレンズの直径がフォーサーズレンズの二倍必要です、これは物理法則上絶対です!この事を分かっていない人が多過ぎます、フォーサーズのセンサーサイズは、フルサイズ用レンズより収容性能に優れつつ画質の高度な追求が可能なレンズサイズを決定後に、そのレンズサイズに合わせテレセントリック性能を最大限に発揮しうるセンサーサイズとして決定された物であり、サイズが小さいとの評価は間違ってます、繰り返しますが、事前決定のレンズサイズに合わせて真の光学的高性能を発揮可能な最大の大きさのセンサーとして開発された物、それがフォーサーズです。レンズマウントの直径と殆ど変わらない大きさのイメージサークル(センサーサイズ)でテレセントリックなんてあり得ません!それは物理法則上絶対です。[フォーサーズセンサーがあれ以上少しでも大型化すると、テレセントリック性能を維持するためには、レンズの大きさがフルサイズ用レンズのそれを超えてしまいます、それでは色々な意味で(価格も含め)商品価値が低下します]しかし結果的にフォーサーズの素晴らしさは伝わりませんでした、結局、何をどうしてもフォーサーズは最初から敗れる運命だったのかも知れません、オリンパスの技術者が掲げ目指した夢や理想は大衆には伝わりませんでした、光を真っ直ぐにセンサーに届けたい!そんな実直な技術者の想いや願いは消費者には全く関係の無い他人事だったのです。私はデジタル補完技術に頼らず純粋に光学的高性能を追求せんとしたフォーサーズの設計思想の中に、光学機器が目指し、けして蔑ろにしては成らないカメラとしての絶対的真理が有るように想えて、とても惹かれます。(e-システムはテレセントリック性能においてシステムカメラの中で最強です).

E-420、e-520に続く3台目として購入。いずれも panasonic フォーサーズ用 ライカ d vario-elmar 14-150mm asph. 高倍率ズーム l-rs014150、 olympus 標準パンケーキレンズ zuiko digital 25mm f2. 8 と olympus マクロレンズ zuiko digital 35mm f3. 5 macro  を使用。前2台は気軽に使える軽さが魅力、描写の方は優しい感じ。pana leicaの高倍率ズームをつけて大変便利に活躍してくれます。順に25mm標準・単焦点を購入、描写力がズームとは違うことを実感。まだまだシャープに写したい欲望からmacroを購入、標準レンズにはない世界がそこにあります。ここまでは良かったのですが、なぜかもやもやしたものが・・・e-5にしたらどうだろう、もっと良くなるはずだ。オリンパスを捨てて他メーカーの豪華なラインナップに移行すべきか大変悩みました、でもpana leicaもzuikoも大好きですし。どなたかのレビューに、「未来を気にして今を犠牲にしたくない」の一行が背中を押してくれました。e-5装着で間違いなく持ち玉はグレードアップ、同じレンズとは全く思えない満足と喜びを与えてくれます。もちろんzuiko shgレンズをお持ちの方なら文句なし、オリンパスの頂点を手にすることでしょう。e-420、e-520にはもう戻れません。.

前から見るとロゴ以外はe-3と区別つかないボディ。裏側液晶モニター側以外は同じといってもいいくらい。縦グリバッテリーアダプターhld−4がe-3/e-30と共用できるというのもある意味、同ボディという証拠みたいなものです。考えように依っては名前をe-3mark2として出て来てもよかったとも。他社中級機と比較して高い、センサーが小さめのフォーサーズなのにaps-cやフルサイズと比べてボディが小さくない。よくいわれます。でも基本同じメカニズムなのだから大きさが単に小さくなる訳ではないでしょう。小さくしても大型レンズのホールド性なども低下するだけです。50万円を超えるようなc社、n社のフラッグシップは別として他社中級機と大差ない大きさだと思います。e-3譲りというかe-3と一緒のしっくりくるホールド感。hld-4と併せてもハイグレードクラス以上のレンズ、特に望遠系とのバランスは秀逸だと思います。今や当たり前の、ダストリダクション。半端じゃない安心感の違う修理保証のある防塵防滴。ローアングルやハイアングルでも構図確認しやすいバリアングル液晶の大型鮮明化。e-3以後の発売機と同様の1200万画ですが素画素数だけが画質ではない、それを知らしめた画像処理エンジンの更新。撮影表現としてのアートフィルター搭載。メディアがcf&xdからcf&sdの2スロットになり大容量化しているsdが使えるという事でバックアップなどがしやすくなりました。できればjpegとrawと記録振り分けに対応して欲しかったです。フォーサースはセンサーサイズがフルサイズやaps-cよりコンパクト故にノイズが出やすくなるのはある程度やむ負えないところでもあります。ただ消してべたっとのっぺりとさせるよりディテールを残す事が上手く出来ているとも思います。高画素化よりも高感度対応はより頑張っていただきたいですがiso1600でも十分実用レベルだと思います。代わり映えしないのではなく、変えない、使い勝手を熟成させてゆく。フラッグシップのモデルチェンジだからこそ、目立たなくとも、地味な着実なブラッシュアップでいいと思います。(残念だったのが、これが最後のフォーサーズとなってしまった事です。).

オリンパスフォーサーズ機のフラッグシップ最終章ですがe-3からの買い替えで非常に信頼のおける機種、ミラーショックも非常に小さく手ぶれ補正効果も抜群【センサーサイズが小さいため】耐久性抜群なので何時までも安心して使えますオリンパスがマイクロフォーサーズ後継機はe-m5に移行した理由はセンサーサイズが小さいためミラーレスに全面移行した今は時代の変遷と言え惜しい気がします。因みに当時e-3に12-60mm/f2. 8 swdを装着して はあの宇宙飛行士が宇宙に連れ出しシャトル機内で撮影した逸話があるくらいです。.

今日、届きました。きちんとした対応 ありがとうございました。.

画質は良いのですが、何分1200万画素なので、現在の機種とは比べるわけにはいかないのですが、写りはあまりよくなかったのです。今回は中古品と言う事で、約6万円で購入しましたが、あまり活用できませんでした。最後のフォーサーズと言う事で購入を決めたのに、発売当時は良い画質だったと記憶していますが、今となってはかなり見劣りします。総じて満足はしています。とにかく、ありがとうございました。.