南の国に家族旅行することになり、シュノーケリングツアーを申し込んだので、奮発して防水デジカメtg-870を購入しました。128gbのメモリカード、スペアバッテリ、デジカメケースまで買い揃えて出発しました。現地に着いて、ホテルのビーチでシュノーケリングの練習をした時に早速tg-870を使ってみました。始めの1時間ほどは使えていたのですが、途中から電源が入らなくなり、ホテルの部屋に戻ってカメラを確認すると、レンズの内側が曇って水滴が付いていました‥。もしかしてバッテリとメモリカードを入れる側面のカバーがきっちりロックできていなかったのかと思いましたが、ロックはされており内部も濡れていなかったので、使い方に問題はなかったと思います。tg-870が故障してしまったので、肝心のシュノーケリングツアーでは、現地で売っていた使い捨て防水フィルムカメラを購入して代用しました。(デジカメ全盛の時代にフィルムカメラとは‥)たまたま初期不良品に当たったのかも知れませんが、防水を売りにしているカメラが簡単に浸水したのはショックでした。オリンパスに返品を要求しましたが拒否されたので、他の方が同じ様な目に遭わないために、怒りを込めてレビューを書かせていただきました。もうオリンパスの製品は二度と購入しません。—[2016/8/30 追記]その後、販売店経由で返品を要望したところ、初期不良が確認できれば返品対応できるとのことで、浸水した現物を送付して結果を待っていました。一昨日、販売店から連絡があり、メーカー(オリンパス)側でも浸水を確認したので、返品対応(返金)できますとのこと。amazonからも返金の連絡がありました。それにしても、今回のオリンパスのサポート対応は最低でした。「返金はできない。修理対応になる」の一点張りで、客を怒らせカスタマレビューで酷評され、最終的には浸水を認めて返金(販売店経由)し、マイナス評価のカスタマレビューだけ残るという、悪いお手本のようなサポート対応でした。客を怒らせるサポート対応をしているメーカーは、そのうち淘汰されるでしょう。.

スキューバダイビングで使用しましたハウジング無し、最大水深8メートルで電源が入らなくなり陸上でバッテリーカバーを開けたら水がポタポタとこぼれてきた今後はオリンパスの商品は止めておくかな.

初めて近くの川で使ってみました、30分でレンズが曇り電源が入らなくなりました。修理を依頼したところ気温が高くなかったですかと聞かれ、温度差でそのようにと言われました。深さは1メートルほど、修理代は2万円、画質の悪さを考慮して価値なしと判断、中止しました。.

私は釣りが趣味で、水上から水中写真が撮りたく購入しました。水中でもピントがちゃんと合うし、専用のシーンメニューも用意されてましたので、撮影に関しては特に問題無く使用できました。私の調査不足からの不満点ですが、使用方法としてカメラを水中に沈め、水上からwifi操作で撮影しようと試みたところ、水中ではwifiの通信が出来ないため、カメラを完全に水没させた時点で通信不能状態になりました。チルト液晶は便利ですが、上方向にのみチルトですのでカメラを縦に構えローアングルで撮りたい時にはあまり効果ありません。.

  • 良き!!!
  • 気に入ってます
  • 快適です。

OLYMPUS コンパクトデジタルカメラ STYLUS TG-870 Tough ホワイト 防水性能15m 180°可動式液晶 TG-870 WHT

  • モデル番号を入力してください
    これが適合するか確認:
  • 光学ズーム:5倍
  • 画面サイズ:3インチ

2017年5月に「ホワイト」を手に入れました。2015年4月に購入した『tg-835 tough blu』が、撮影時に『tarion a555 自立式一脚』が倒れたことによる衝撃で壊れました。(2年間の使用で、同様のケースで何度も(10回以上)倒しましたが、基本、大丈夫で、「tough」をうたっているのは、問題ないレベルです。)同時に購入していた「物損2年補償」が切れた直後だったので、泣く泣く「オリンパス オンライン修理受付サービス」に修理の申込みをしたところ、『「tg-835」は「部品」がなくて、「修理」も「交換」もできないので、代わりに「修理代金」で「tg-870」の「ホワイト」と「交換」できますがいかがでしょうか?(ただし、「tg-835」は送り返さないといけない、「tg-870」の「保証期間」は6ヶ月の「制約」あり)』という旨の提案があり、「tg-835」の「カラー(青)」が気に入っていたことと、「修理申込み」の前に(「『tg-5』の発売」が発表される直前に)、『tg-4 tough red』を購入していたので、どうしようか迷いましたが、「仕事」で、同じく「チルト液晶」がある『tg-860』を使ったことがあり、気に入っていたことと、「tg-870」は既に「製造中止」になっていて「レア感」もあり、お得に感じたので、承諾しました。当時は「修理代金」は一律12,000円(税抜)で、プラス「消費税」と「代引き手数料?」324円で13,284円かかりましたが、「保証期間」の「制約」はあるものの、この値段で「tg-870」が手に入ったので、良しとしました。(ただし、「tg-835」の「補償」が切れていなかったときに、「補償」を使用して、「ダダ」で「tg-870」と交換できていたのかは分かりません。(店によっては、「修理代金」が「補償内容」を上回ると「ポイントバック」で済ませてしまう「補償」もあります。なお、このレビューを書いた時点では、「オリンパス」のホームページを確認したところ、「修理代金」は、2018年4月4日(水)受付分からは「一律料金」は「廃止」されています。当時、修理できなかった「tg-835」も「修理可能製品」になっています。)「使用感」は基本的には満足です。「tg-4」にはない「超広角21mm」や「チルト液晶」や「三脚取り付け穴」が「縦横2個」付いている(ただし、「横」は中央ではなく、隅に付いているので、若干、使いにくい)等が「tg-4」とは違った「使用感」を生んでいます。私が投稿する「amazonレビュー」の「写真」「動画」のほとんどは、「この製品」で撮影したものです。「画質」は「tg-4」より劣る印象を受けますが、「tg-4」は「シリコンジャケット」が手に入らなかったこともあり、外ではほとんど使っておらず、「使い勝手」では「この製品」が上回ります。「唯一の不満」は、撮影した「写真」を確認したときに「写真」が回転してしまっていることが多いことです。「縦向き」にして撮影したものが「90°回転」しているのは、カメラの向きを変えなくても確認できるということで、まだ良いのですが、「横長」の「液晶画面」に「縦向き」で「写真」を表示しているので、小さくて確認しづらいことがあります。ひどいのは「横向き」で撮影したものが「90°回転」していることです。「被写体」が「90°回転」している上に表示も小さくなるので、確認しづらいことこの上ないです。「チルト液晶」の関係で、「上」または「下」に向けたとき「画面」の「文字表示」が「180°回転」することがあり(「tg-4」では、この事象はありません)、微妙な位置で切り替わると元に戻すときにイライラしますが、こちらは、まだ我慢できます。「チルトセンサー」の「性能」によるものならば仕方がないですが、「誤作動」だったり、「横向き」で撮影したものが「90°回転」されてしまうのは、なんとかして欲しいです。若干の不満はありますが、「保証期間」を過ぎても正常に使用できていますし、概ね満足です。.

上下、左右パノラマが簡単に取れます。超広角21mmがいいです。加えて、星空の動きが簡単に取れるのが最高!!軽くて、薄くて、小さくて。。。登山には今のところこれが最高だと思います。(デジイチに超広角15mm→重い、かさばる!!).

海とプールへ持って行き気兼ねなく使用でき、動画も非常に綺麗でした。電源onスイッチがもう少し大きいと海の中でも操作しやすくなるねと思います。.

撮影機能の充実、カメラ性能に関しては申し分ない。ただし、三脚を付ける場所が真ん中になく端にあるために短い三脚を付けると不安定になる。これが残念。.

重いのが少しあれですが、とっても満足です。これからたくさん撮りたいと思います(^_^).

自撮りも画面を見ながら簡単にできて使いやすいです。操作性もかなり満足です.